●●●●●● ● ●●●● ●●●● - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

帆場 蔵人@⚰

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

三浦果実

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

三浦果実

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

三浦果実

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

三浦果実

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

三浦果実

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

三浦果実

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

●●●●●● ● ●●●● ●●●●    

●● ●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●●●●● ●●●● ●●●● ●●●● ● ●●● ●●● ●●●●●●●● ●●●● ●●●● ●● ● ●●● ● ●●● ●●● ● ●●●●●● ●●● ●●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●● ●● ● ●●●●●●● ●●●● ●●● ●●● ●●●●●● ●● ●●●●● ●●● ● ●● ● ●●● ● ●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●● ●●● ●●●●●● ● ●●● ● ●●● ●●●● ●●●●● ●●●●● ●●●●● ● ●●● ●● ●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●●●●● ●●●● ●●●● ●●●● ● ●●● ●●● ●●●●●●●● ●●●● ●●●● ●● ● ●●● ● ●●● ●●● ● ●●●●●● ●●● ●●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●● ●● ● ●●●●●●● ●●●● ●●● ●●● ●●●●●● ●● ●●●●● ●●● ● ●● ● ●●● ● ●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●● ●●● ●●●●●● ● ●●● ● ●●● ●●●● ●●●●● ●●●●● ●●●●● ● ●●● ●● ●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●●●●● ●●●● ●●●● ●●●● ● ●●● ●●● ●●●●●●●● ●●●● ●●●● ●● ● ●●● ● ●●● ●●● ● ●●●●●● ●●● ●●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●● ●● ● ●●●●●●● ●●●● ●●● ●●● ●●●●●● ●● ●●●●● ●●● ● ●● ● ●●● ● ●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●● ●●● ●●●●●● ● ●●● ● ●●● ●●●● ●●●●● ●●●●● ●●●●● ● ●●● ●● ●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●●●●● ●●●● ●●●● ●●●● ● ●●● ●●● ●●●●●●●● ●●●● ●●●● ●● ● ●●● ● ●●● ●●● ● ●●●●●● ●●● ●●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●● ●● ● ●●●●●●● ●●●● ●●● ●●● ●●●●●● ●● ●●●●● ●●● ● ●● ● ●●● ● ●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●● ●●● ●●●●●● ● ●●● ● ●●● ●●●● ●●●●● ●●●●● ●●●●● ● ●●● ●● ●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●●●●● ●●●● ●●●● ●●●● ● ●●● ●●● ●●●●●●●● ●●●● ●●●● ●● ● ●●● ● ●●● ●●● ● ●●●●●● ●●● ●●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●● ●● ● ●●●●●●● ●●●● ●●● ●●● ●●●●●● ●● ●●●●● ●●● ● ●● ● ●●● ● ●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●● ●●● ●●●●●● ● ●●● ● ●●● ●●●● ●●●●● ●●●●● ●●●●● ● ●●● ●● ●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●●●●● ●●●● ●●●● ●●●● ● ●●● ●●● ●●●●●●●● ●●●● ●●●● ●● ● ●●● ● ●●● ●●● ● ●●●●●● ●●● ●●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●● ●● ● ●●●●●●● ●●●● ●●● ●●● ●●●●●● ●● ●●●●● ●●● ● ●● ● ●●● ● ●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●● ●●● ●●●●●● ● ●●● ● ●●● ●●●● ●●●●● ●●●●● ●●●●● ● ●●● ●● ●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●●●●● ●●●● ●●●● ●●●● ● ●●● ●●● ●●●●●●●● ●●●● ●●●● ●● ● ●●● ● ●●● ●●● ● ●●●●●● ●●● ●●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●● ●● ● ●●●●●●● ●●●● ●●● ●●● ●●●●●● ●● ●●●●● ●●● ● ●● ● ●●● ● ●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●● ●●● ●●●●●● ● ●●● ● ●●● ●●●● ●●●●● ●●●●● ●●●●● ● ●●● ●● ●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●●●●● ●●●● ●●●● ●●●● ● ●●● ●●● ●●●●●●●● ●●●● ●●●● ●● ● ●●● ● ●●● ●●● ● ●●●●●● ●●● ●●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●● ●● ● ●●●●●●● ●●●● ●●● ●●● ●●●●●● ●● ●●●●● ●●● ● ●● ● ●●● ● ●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●● ●●● ●●●●●● ● ●●● ● ●●● ●●●● ●●●●● ●●●●● ●●●●● ● ●●● ●● ●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●●●●● ●●●● ●●●● ●●●● ● ●●● ●●● ●●●●●●●● ●●●● ●●●● ●● ● ●●● ● ●●● ●●● ● ●●●●●● ●●● ●●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●● ●● ● ●●●●●●● ●●●● ●●● ●●● ●●●●●● ●● ●●●●● ●●● ● ●● ● ●●● ● ●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●● ●●● ●●●●●● ● ●●● ● ●●● ●●●● ●●●●● ●●●●● ●●●●● ● ●●● ●● ●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●●●●● ●●●● ●●●● ●●●● ● ●●● ●●● ●●●●●●●● ●●●● ●●●● ●● ● ●●● ● ●●● ●●● ● ●●●●●● ●●● ●●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●● ●● ● ●●●●●●● ●●●● ●●● ●●● ●●●●●● ●● ●●●●● ●●● ● ●● ● ●●● ● ●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●● ●●● ●●●●●● ● ●●● ● ●●● ●●●● ●●●●● ●●●●● ●●●●● ● ●●● ●● ●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●●●●● ●●●● ●●●● ●●●● ● ●●● ●●● ●●●●●●●● ●●●● ●●●● ●● ● ●●● ● ●●● ●●● ● ●●●●●● ●●● ●●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●● ●● ● ●●●●●●● ●●●● ●●● ●●● ●●●●●● ●● ●●●●● ●●● ● ●● ● ●●● ● ●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●● ●●● ●●●●●● ● ●●● ● ●●● ●●●● ●●●●● ●●●●● ●●●●● ● ●●● ●● ●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●●●●● ●●●● ●●●● ●●●● ● ●●● ●●● ●●●●●●●● ●●●● ●●●● ●● ● ●●● ● ●●● ●●● ● ●●●●●● ●●● ●●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●● ●● ● ●●●●●●● ●●●● ●●● ●●● ●●●●●● ●● ●●●●● ●●● ● ●● ● ●●● ● ●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●● ●●● ●●●●●● ● ●●● ● ●●● ●●●● ●●●●● ●●●●● ●●●●● ● ●●● ●● ●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●●●●● ●●●● ●●●● ●●●● ● ●●● ●●● ●●●●●●●● ●●●● ●●●● ●● ● ●●● ● ●●● ●●● ● ●●●●●● ●●● ●●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●● ●● ● ●●●●●●● ●●●● ●●● ●●● ●●●●●● ●● ●●●●● ●●● ● ●● ● ●●● ● ●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●● ●●● ●●●●●● ● ●●● ● ●●● ●●●● ●●●●● ●●●●● ●●●●● ● ●●● ●● ●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●●●●● ●●●● ●●●● ●●●● ● ●●● ●●● ●●●●●●●● ●●●● ●●●● ●● ● ●●● ● ●●● ●●● ● ●●●●●● ●●● ●●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●● ●● ● ●●●●●●● ●●●● ●●● ●●● ●●●●●● ●● ●●●●● ●●● ● ●● ● ●●● ● ●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●● ●●● ●●●●●● ● ●●● ● ●●● ●●●● ●●●●● ●●●●● ●●●●● ● ●●● ●● ●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●●●●● ●●●● ●●●● ●●●● ● ●●● ●●● ●●●●●●●● ●●●● ●●●● ●● ● ●●● ● ●●● ●●● ● ●●●●●● ●●● ●●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●● ●● ● ●●●●●●● ●●●● ●●● ●●● ●●●●●● ●● ●●●●● ●●● ● ●● ● ●●● ● ●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●● ●●● ●●●●●● ● ●●● ● ●●● ●●●● ●●●●● ●●●●● ●●●●● ● ●●● ●● ●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●●●●● ●●●● ●●●● ●●●● ● ●●● ●●● ●●●●●●●● ●●●● ●●●● ●● ● ●●● ● ●●● ●●● ● ●●●●●● ●●● ●●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●● ●● ● ●●●●●●● ●●●● ●●● ●●● ●●●●●● ●● ●●●●● ●●● ● ●● ● ●●● ● ●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●● ●●● ●●●●●● ● ●●● ● ●●● ●●●● ●●●●● ●●●●● ●●●●● ● ●●● ●● ●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●●●●● ●●●● ●●●● ●●●● ● ●●● ●●● ●●●●●●●● ●●●● ●●●● ●● ● ●●● ● ●●● ●●● ● ●●●●●● ●●● ●●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●● ●● ● ●●●●●●● ●●●● ●●● ●●● ●●●●●● ●● ●●●●● ●●● ● ●● ● ●●● ● ●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●● ●●● ●●●●●● ● ●●● ● ●●● ●●●● ●●●●● ●●●●● ●●●●● ● ●●● ●● ●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●●●●● ●●●● ●●●● ●●●● ● ●●● ●●● ●●●●●●●● ●●●● ●●●● ●● ● ●●● ● ●●● ●●● ● ●●●●●● ●●● ●●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●● ●● ● ●●●●●●● ●●●● ●●● ●●● ●●●●●● ●● ●●●●● ●●● ● ●● ● ●●● ● ●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●● ●●● ●●●●●● ● ●●● ● ●●● ●●●● ●●●●● ●●●●● ●●●●● ● ●●● ●● ●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●●●●● ●●●● ●●●● ●●●● ● ●●● ●●● ●●●●●●●● ●●●● ●●●● ●● ● ●●● ● ●●● ●●● ● ●●●●●● ●●● ●●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●● ●● ● ●●●●●●● ●●●● ●●● ●●● ●●●●●● ●● ●●●●● ●●● ● ●● ● ●●● ● ●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●● ●●● ●●●●●● ● ●●● ● ●●● ●●●● ●●●●● ●●●●● ●●●●● ● ●●● ●● ●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●●●●● ●●●● ●●●● ●●●● ● ●●● ●●● ●●●●●●●● ●●●● ●●●● ●● ● ●●● ● ●●● ●●● ● ●●●●●● ●●● ●●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●● ●● ● ●●●●●●● ●●●● ●●● ●●● ●●●●●● ●● ●●●●● ●●● ● ●● ● ●●● ● ●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●● ●●● ●●●●●● ● ●●● ● ●●● ●●●● ●●●●● ●●●●● ●●●●● ● ●●● ●● ●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●●●●● ●●●● ●●●● ●●●● ● ●●● ●●● ●●●●●●●● ●●●● ●●●● ●● ● ●●● ● ●●● ●●● ● ●●●●●● ●●● ●●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●● ●● ● ●●●●●●● ●●●● ●●● ●●● ●●●●●● ●● ●●●●● ●●● ● ●● ● ●●● ● ●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●● ●●● ●●●●●● ● ●●● ● ●●● ●●●● ●●●●● ●●●●● ●●●●● ● ●●● ●● ●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●●●●● ●●●● ●●●● ●●●● ● ●●● ●●● ●●●●●●●● ●●●● ●●●● ●● ● ●●● ● ●●● ●●● ● ●●●●●● ●●● ●●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●● ●● ● ●●●●●●● ●●●● ●●● ●●● ●●●●●● ●● ●●●●● ●●● ● ●● ● ●●● ● ●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●● ●●● ●●●●●● ● ●●● ● ●●● ●●●● ●●●●● ●●●●● ●●●●● ● ●●● ●● ●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●●●●● ●●●● ●●●● ●●●● ● ●●● ●●● ●●●●●●●● ●●●● ●●●● ●● ● ●●● ● ●●● ●●● ● ●●●●●● ●●● ●●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●● ●● ● ●●●●●●● ●●●● ●●● ●●● ●●●●●● ●● ●●●●● ●●● ● ●● ● ●●● ● ●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●● ●●● ●●●●●● ● ●●● ● ●●● ●●●● ●●●●● ●●●●● ●●●●● ● ●●● ●● ●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●●●●● ●●●● ●●●● ●●●● ● ●●● ●●● ●●●●●●●● ●●●● ●●●● ●● ● ●●● ● ●●● ●●● ● ●●●●●● ●●● ●●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●● ●● ● ●●●●●●● ●●●● ●●● ●●● ●●●●●● ●● ●●●●● ●●● ● ●● ● ●●● ● ●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●● ●●● ●●●●●● ● ●●● ● ●●● ●●●● ●●●●● ●●●●● ●●●●● ● ●●● ●● ●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●●●●● ●●●● ●●●● ●●●● ● ●●● ●●● ●●●●●●●● ●●●● ●●●● ●● ● ●●● ● ●●● ●●● ● ●●●●●● ●●● ●●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●● ●● ● ●●●●●●● ●●●● ●●● ●●● ●●●●●● ●● ●●●●● ●●● ● ●● ● ●●● ● ●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●● ●●● ●●●●●● ● ●●● ● ●●● ●●●● ●●●●● ●●●●● ●●●●● ● ●●● ●● ●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●●●●● ●●●● ●●●● ●●●● ● ●●● ●●● ●●●●●●●● ●●●● ●●●● ●● ● ●●● ● ●●● ●●● ● ●●●●●● ●●● ●●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●● ●● ● ●●●●●●● ●●●● ●●● ●●● ●●●●●● ●● ●●●●● ●●● ● ●● ● ●●● ● ●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●● ●●● ●●●●●● ● ●●● ● ●●● ●●●● ●●●●● ●●●●● ●●●●● ● ●●● ●● ●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●●●●● ●●●● ●●●● ●●●● ● ●●● ●●● ●●●●●●●● ●●●● ●●●● ●● ● ●●● ● ●●● ●●● ● ●●●●●● ●●● ●●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●● ●● ● ●●●●●●● ●●●● ●●● ●●● ●●●●●● ●● ●●●●● ●●● ● ●● ● ●●● ● ●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●● ●●● ●●●●●● ● ●●● ● ●●● ●●●● ●●●●● ●●●●● ●●●●● ● ●●● ●● ●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●●●●● ●●●● ●●●● ●●●● ● ●●● ●●● ●●●●●●●● ●●●● ●●●● ●● ● ●●● ● ●●● ●●● ● ●●●●●● ●●● ●●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●● ●● ● ●●●●●●● ●●●● ●●● ●●● ●●●●●● ●● ●●●●● ●●● ● ●● ● ●●● ● ●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●● ●●● ●●●●●● ● ●●● ● ●●● ●●●● ●●●●● ●●●●● ●●●●● ● ●●● ●● ●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●●●●● ●●●● ●●●● ●●●● ● ●●● ●●● ●●●●●●●● ●●●● ●●●● ●● ● ●●● ● ●●● ●●● ● ●●●●●● ●●● ●●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●● ●● ● ●●●●●●● ●●●● ●●● ●●● ●●●●●● ●● ●●●●● ●●● ● ●● ● ●●● ● ●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●● ●●● ●●●●●● ● ●●● ● ●●● ●●●● ●●●●● ●●●●● ●●●●● ● ●●● ●● ●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●●●●● ●●●● ●●●● ●●●● ● ●●● ●●● ●●●●●●●● ●●●● ●●●● ●● ● ●●● ● ●●● ●●● ● ●●●●●● ●●● ●●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●● ●● ● ●●●●●●● ●●●● ●●● ●●● ●●●●●● ●● ●●●●● ●●● ● ●● ● ●●● ● ●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●● ●●● ●●●●●● ● ●●● ● ●●● ●●●● ●●●●● ●●●●● ●●●●● ● ●●● ●● ●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●●●●● ●●●● ●●●● ●●●● ● ●●● ●●● ●●●●●●●● ●●●● ●●●● ●● ● ●●● ● ●●● ●●● ● ●●●●●● ●●● ●●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●● ●● ● ●●●●●●● ●●●● ●●● ●●● ●●●●●● ●● ●●●●● ●●● ● ●● ● ●●● ● ●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●● ●●● ●●●●●● ● ●●● ● ●●● ●●●● ●●●●● ●●●●● ●●●●● ● ●●● ●● ●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●●●●● ●●●● ●●●● ●●●● ● ●●● ●●● ●●●●●●●● ●●●● ●●●● ●● ● ●●● ● ●●● ●●● ● ●●●●●● ●●● ●●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●● ●● ● ●●●●●●● ●●●● ●●● ●●● ●●●●●● ●● ●●●●● ●●● ● ●● ● ●●● ● ●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●● ●●● ●●●●●● ● ●●● ● ●●● ●●●● ●●●●● ●●●●● ●●●●● ● ●●● ●● ●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●●●●● ●●●● ●●●● ●●●● ● ●●● ●●● ●●●●●●●● ●●●● ●●●● ●● ● ●●● ● ●●● ●●● ● ●●●●●● ●●● ●●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●● ●● ● ●●●●●●● ●●●● ●●● ●●● ●●●●●● ●● ●●●●● ●●● ● ●● ● ●●● ● ●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●● ●●● ●●●●●● ● ●●● ● ●●● ●●●● ●●●●● ●●●●● ●●●●● ● ●●● ●● ●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●●●●● ●●●● ●●●● ●●●● ● ●●● ●●● ●●●●●●●● ●●●● ●●●● ●● ● ●●● ● ●●● ●●● ● ●●●●●● ●●● ●●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●● ●● ● ●●●●●●● ●●●● ●●● ●●● ●●●●●● ●● ●●●●● ●●● ● ●● ● ●●● ● ●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●● ●●● ●●●●●● ● ●●● ● ●●● ●●●● ●●●●● ●●●●● ●●●●● ● ●●● ●● ●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●●●●● ●●●● ●●●● ●●●● ● ●●● ●●● ●●●●●●●● ●●●● ●●●● ●● ● ●●● ● ●●● ●●● ● ●●●●●● ●●● ●●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●● ●● ● ●●●●●●● ●●●● ●●● ●●● ●●●●●● ●● ●●●●● ●●● ● ●● ● ●●● ● ●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●● ●●● ●●●●●● ● ●●● ● ●●● ●●●● ●●●●● ●●●●● ●●●●● ● ●●● ●● ●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●●●●● ●●●● ●●●● ●●●● ● ●●● ●●● ●●●●●●●● ●●●● ●●●● ●● ● ●●● ● ●●● ●●● ● ●●●●●● ●●● ●●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●● ●● ● ●●●●●●● ●●●● ●●● ●●● ●●●●●● ●● ●●●●● ●●● ● ●● ● ●●● ● ●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●● ●●● ●●●●●● ● ●●● ● ●●● ●●●● ●●●●● ●●●●● ●●●●● ● ●●● ●● ●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●●●●● ●●●● ●●●● ●●●● ● ●●● ●●● ●●●●●●●● ●●●● ●●●● ●● ● ●●● ● ●●● ●●● ● ●●●●●● ●●● ●●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●● ●● ● ●●●●●●● ●●●● ●●● ●●● ●●●●●● ●● ●●●●● ●●● ● ●● ● ●●● ● ●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●● ●●● ●●●●●● ● ●●● ● ●●● ●●●● ●●●●● ●●●●● ●●●●● ● ●●● ●● ●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●●●●● ●●●● ●●●● ●●●● ● ●●● ●●● ●●●●●●●● ●●●● ●●●● ●● ● ●●● ● ●●● ●●● ● ●●●●●● ●●● ●●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●● ●● ● ●●●●●●● ●●●● ●●● ●●● ●●●●●● ●● ●●●●● ●●● ● ●● ● ●●● ● ●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●● ●●● ●●●●●● ● ●●● ● ●●● ●●●● ●●●●● ●●●●● ●●●●● ● ●●● ●● ●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●●●●● ●●●● ●●●● ●●●● ● ●●● ●●● ●●●●●●●● ●●●● ●●●● ●● ● ●●● ● ●●● ●●● ● ●●●●●● ●●● ●●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●● ●● ● ●●●●●●● ●●●● ●●● ●●● ●●●●●● ●● ●●●●● ●●● ● ●● ● ●●● ● ●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●● ●●● ●●●●●● ● ●●● ● ●●● ●●●● ●●●●● ●●●●● ●●●●● ● ●●● ●● ●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●●●●● ●●●● ●●●● ●●●● ● ●●● ●●● ●●●●●●●● ●●●● ●●●● ●● ● ●●● ● ●●● ●●● ● ●●●●●● ●●● ●●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●● ●● ● ●●●●●●● ●●●● ●●● ●●● ●●●●●● ●● ●●●●● ●●● ● ●● ● ●●● ● ●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●● ●●● ●●●●●● ● ●●● ● ●●● ●●●● ●●●●● ●●●●● ●●●●● ● ●●● ●● ●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●●●●● ●●●● ●●●● ●●●● ● ●●● ●●● ●●●●●●●● ●●●● ●●●● ●● ● ●●● ● ●●● ●●● ● ●●●●●● ●●● ●●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●● ●● ● ●●●●●●● ●●●● ●●● ●●● ●●●●●● ●● ●●●●● ●●● ● ●● ● ●●● ● ●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●● ●●● ●●●●●● ● ●●● ● ●●● ●●●● ●●●●● ●●●●● ●●●●● ● ●●● ●● ●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●●●●● ●●●● ●●●● ●●●● ● ●●● ●●● ●●●●●●●● ●●●● ●●●● ●● ● ●●● ● ●●● ●●● ● ●●●●●● ●●● ●●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●● ●● ● ●●●●●●● ●●●● ●●● ●●● ●●●●●● ●● ●●●●● ●●● ● ●● ● ●●● ● ●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●● ●●● ●●●●●● ● ●●● ● ●●● ●●●● ●●●●● ●●●●● ●●●●● ● ●●● ●● ●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●●●●● ●●●● ●●●● ●●●● ● ●●● ●●● ●●●●●●●● ●●●● ●●●● ●● ● ●●● ● ●●● ●●● ● ●●●●●● ●●● ●●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●● ●● ● ●●●●●●● ●●●● ●●● ●●● ●●●●●● ●● ●●●●● ●●● ● ●● ● ●●● ● ●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●● ●●● ●●●●●● ● ●●● ● ●●● ●●●● ●●●●● ●●●●● ●●●●● ● ●●● ●● ●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●●●●● ●●●● ●●●● ●●●● ● ●●● ●●● ●●●●●●●● ●●●● ●●●● ●● ● ●●● ● ●●● ●●● ● ●●●●●● ●●● ●●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●● ●● ● ●●●●●●● ●●●● ●●● ●●● ●●●●●● ●● ●●●●● ●●● ● ●● ● ●●● ● ●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●● ●●● ●●●●●● ● ●●● ● ●●● ●●●● ●●●●● ●●●●● ●●●●● ● ●●● ●● ●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●●●●● ●●●● ●●●● ●●●● ● ●●● ●●● ●●●●●●●● ●●●● ●●●● ●● ● ●●● ● ●●● ●●● ● ●●●●●● ●●● ●●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●● ●● ● ●●●●●●● ●●●● ●●● ●●● ●●●●●● ●● ●●●●● ●●● ● ●● ● ●●● ● ●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●● ●●● ●●●●●● ● ●●● ● ●●● ●●●● ●●●●● ●●●●● ●●●●● ● ●●● ●● ●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●●●●● ●●●● ●●●● ●●●● ● ●●● ●●● ●●●●●●●● ●●●● ●●●● ●● ● ●●● ● ●●● ●●● ● ●●●●●● ●●● ●●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●● ●● ● ●●●●●●● ●●●● ●●● ●●● ●●●●●● ●● ●●●●● ●●● ● ●● ● ●●● ● ●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●● ●●● ●●●●●● ● ●●● ● ●●● ●●●● ●●●●● ●●●●● ●●●●● ● ●●● ●● ●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●●●●● ●●●● ●●●● ●●●● ● ●●● ●●● ●●●●●●●● ●●●● ●●●● ●● ● ●●● ● ●●● ●●● ● ●●●●●● ●●● ●●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●● ●● ● ●●●●●●● ●●●● ●●● ●●● ●●●●●● ●● ●●●●● ●●● ● ●● ● ●●● ● ●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●● ●●● ●●●●●● ● ●●● ● ●●● ●●●● ●●●●● ●●●●● ●●●●● ● ●●● ●● ●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●●●●● ●●●● ●●●● ●●●● ● ●●● ●●● ●●●●●●●● ●●●● ●●●● ●● ● ●●● ● ●●● ●●● ● ●●●●●● ●●● ●●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●● ●● ● ●●●●●●● ●●●● ●●● ●●● ●●●●●● ●● ●●●●● ●●● ● ●● ● ●●● ● ●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●● ●●● ●●●●●● ● ●●● ● ●●● ●●●● ●●●●● ●●●●● ●●●●● ● ●●● ●● ●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●●●●● ●●●● ●●●● ●●●● ● ●●● ●●● ●●●●●●●● ●●●● ●●●● ●● ● ●●● ● ●●● ●●● ● ●●●●●● ●●● ●●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●● ●● ● ●●●●●●● ●●●● ●●● ●●● ●●●●●● ●● ●●●●● ●●● ● ●● ● ●●● ● ●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●● ●●● ●●●●●● ● ●●● ● ●●● ●●●● ●●●●● ●●●●● ●●●●● ● ●●● ●● ●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●●●●● ●●●● ●●●● ●●●● ● ●●● ●●● ●●●●●●●● ●●●● ●●●● ●● ● ●●● ● ●●● ●●● ● ●●●●●● ●●● ●●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●● ●● ● ●●●●●●● ●●●● ●●● ●●● ●●●●●● ●● ●●●●● ●●● ● ●● ● ●●● ● ●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●● ●●● ●●●●●● ● ●●● ● ●●● ●●●● ●●●●● ●●●●● ●●●●● ● ●●● ●● ●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●●●●● ●●●● ●●●● ●●●● ● ●●● ●●● ●●●●●●●● ●●●● ●●●● ●● ● ●●● ● ●●● ●●● ● ●●●●●● ●●● ●●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●● ●● ● ●●●●●●● ●●●● ●●● ●●● ●●●●●● ●● ●●●●● ●●● ● ●● ● ●●● ● ●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●● ●●● ●●●●●● ● ●●● ● ●●● ●●●● ●●●●● ●●●●● ●●●●● ● ●●● ●● ●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●●●●● ●●●● ●●●● ●●●● ● ●●● ●●● ●●●●●●●● ●●●● ●●●● ●● ● ●●● ● ●●● ●●● ● ●●●●●● ●●● ●●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●● ●● ● ●●●●●●● ●●●● ●●● ●●● ●●●●●● ●● ●●●●● ●●● ● ●● ● ●●● ● ●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●● ●●● ●●●●●● ● ●●● ● ●●● ●●●● ●●●●● ●●●●● ●●●●● ● ●●● ●● ●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●●●●● ●●●● ●●●● ●●●● ● ●●● ●●● ●●●●●●●● ●●●● ●●●● ●● ● ●●● ● ●●● ●●● ● ●●●●●● ●●● ●●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●● ●● ● ●●●●●●● ●●●● ●●● ●●● ●●●●●● ●● ●●●●● ●●● ● ●● ● ●●● ● ●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●● ●●● ●●●●●● ● ●●● ● ●●● ●●●● ●●●●● ●●●●● ●●●●● ● ●●● ●● ●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●●●●● ●●●● ●●●● ●●●● ● ●●● ●●● ●●●●●●●● ●●●● ●●●● ●● ● ●●● ● ●●● ●●● ● ●●●●●● ●●● ●●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●● ●● ● ●●●●●●● ●●●● ●●● ●●● ●●●●●● ●● ●●●●● ●●● ● ●● ● ●●● ● ●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●● ●●● ●●●●●● ● ●●● ● ●●● ●●●● ●●●●● ●●●●● ●●●●● ● ●●● ●● ●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●●●●● ●●●● ●●●● ●●●● ● ●●● ●●● ●●●●●●●● ●●●● ●●●● ●● ● ●●● ● ●●● ●●● ● ●●●●●● ●●● ●●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●● ●● ● ●●●●●●● ●●●● ●●● ●●● ●●●●●● ●● ●●●●● ●●● ● ●● ● ●●● ● ●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●● ●●● ●●●●●● ● ●●● ● ●●● ●●●● ●●●●● ●●●●● ●●●●● ● ●●● ●● ●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●●●●● ●●●● ●●●● ●●●● ● ●●● ●●● ●●●●●●●● ●●●● ●●●● ●● ● ●●● ● ●●● ●●● ● ●●●●●● ●●● ●●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●● ●● ● ●●●●●●● ●●●● ●●● ●●● ●●●●●● ●● ●●●●● ●●● ● ●● ● ●●● ● ●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●● ●●● ●●●●●● ● ●●● ● ●●● ●●●● ●●●●● ●●●●● ●●●●● ● ●●● ●● ●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●●●●● ●●●● ●●●● ●●●● ● ●●● ●●● ●●●●●●●● ●●●● ●●●● ●● ● ●●● ● ●●● ●●● ● ●●●●●● ●●● ●●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●● ●● ● ●●●●●●● ●●●● ●●● ●●● ●●●●●● ●● ●●●●● ●●● ● ●● ● ●●● ● ●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●● ●●● ●●●●●● ● ●●● ● ●●● ●●●● ●●●●● ●●●●● ●●●●● ● ●●● ●● ●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●●●●● ●●●● ●●●● ●●●● ● ●●● ●●● ●●●●●●●● ●●●● ●●●● ●● ● ●●● ● ●●● ●●● ● ●●●●●● ●●● ●●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●● ●● ● ●●●●●●● ●●●● ●●● ●●● ●●●●●● ●● ●●●●● ●●● ● ●● ● ●●● ● ●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●● ●●● ●●●●●● ● ●●● ● ●●● ●●●● ●●●●● ●●●●● ●●●●● ● ●●● ●● ●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●●●●● ●●●● ●●●● ●●●● ● ●●● ●●● ●●●●●●●● ●●●● ●●●● ●● ● ●●● ● ●●● ●●● ● ●●●●●● ●●● ●●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●● ●● ● ●●●●●●● ●●●● ●●● ●●● ●●●●●● ●● ●●●●● ●●● ● ●● ● ●●● ● ●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●● ●●● ●●●●●● ● ●●● ● ●●● ●●●● ●●●●● ●●●●● ●●●●● ● ●●● ●● ●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●●●●● ●●●● ●●●● ●●●● ● ●●● ●●● ●●●●●●●● ●●●● ●●●● ●● ● ●●● ● ●●● ●●● ● ●●●●●● ●●● ●●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●● ●● ● ●●●●●●● ●●●● ●●● ●●● ●●●●●● ●● ●●●●● ●●● ● ●● ● ●●● ● ●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●● ●●● ●●●●●● ● ●●● ● ●●● ●●●● ●●●●● ●●●●● ●●●●● ● ●●● ●● ●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●●●●● ●●●● ●●●● ●●●● ● ●●● ●●● ●●●●●●●● ●●●● ●●●● ●● ● ●●● ● ●●● ●●● ● ●●●●●● ●●● ●●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●● ●● ● ●●●●●●● ●●●● ●●● ●●● ●●●●●● ●● ●●●●● ●●● ● ●● ● ●●● ● ●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●● ●●● ●●●●●● ● ●●● ● ●●● ●●●● ●●●●● ●●●●● ●●●●● ● ●●● ●● ●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●●●●● ●●●● ●●●● ●●●● ● ●●● ●●● ●●●●●●●● ●●●● ●●●● ●● ● ●●● ● ●●● ●●● ● ●●●●●● ●●● ●●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●● ●● ● ●●●●●●● ●●●● ●●● ●●● ●●●●●● ●● ●●●●● ●●● ● ●● ● ●●● ● ●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●● ●●● ●●●●●● ● ●●● ● ●●● ●●●● ●●●●● ●●●●● ●●●●● ● ●●● ●● ●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●●●●● ●●●● ●●●● ●●●● ● ●●● ●●● ●●●●●●●● ●●●● ●●●● ●● ● ●●● ● ●●● ●●● ● ●●●●●● ●●● ●●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●● ●● ● ●●●●●●● ●●●● ●●● ●●● ●●●●●● ●● ●●●●● ●●● ● ●● ● ●●● ● ●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●● ●●● ●●●●●● ● ●●● ● ●●● ●●●● ●●●●● ●●●●● ●●●●● ● ●●● ●● ●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●●●●● ●●●● ●●●● ●●●● ● ●●● ●●● ●●●●●●●● ●●●● ●●●● ●● ● ●●● ● ●●● ●●● ● ●●●●●● ●●● ●●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●● ●● ● ●●●●●●● ●●●● ●●● ●●● ●●●●●● ●● ●●●●● ●●● ● ●● ● ●●● ● ●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●● ●●● ●●●●●● ● ●●● ● ●●● ●●●● ●●●●● ●●●●● ●●●●● ● ●●● ●● ●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●●●●● ●●●● ●●●● ●●●● ● ●●● ●●● ●●●●●●●● ●●●● ●●●● ●● ● ●●● ● ●●● ●●● ● ●●●●●● ●●● ●●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●● ●● ● ●●●●●●● ●●●● ●●● ●●● ●●●●●● ●● ●●●●● ●●● ● ●● ● ●●● ● ●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●● ●●● ●●●●●● ● ●●● ● ●●● ●●●● ●●●●● ●●●●● ●●●●● ● ●●● ●● ●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●●●●● ●●●● ●●●● ●●●● ● ●●● ●●● ●●●●●●●● ●●●● ●●●● ●● ● ●●● ● ●●● ●●● ● ●●●●●● ●●● ●●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●● ●● ● ●●●●●●● ●●●● ●●● ●●● ●●●●●● ●● ●●●●● ●●● ● ●● ● ●●● ● ●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●● ●●● ●●●●●● ● ●●● ● ●●● ●●●● ●●●●● ●●●●● ●●●●● ● ●●● ●● ●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●●●●● ●●●● ●●●● ●●●● ● ●●● ●●● ●●●●●●●● ●●●● ●●●● ●● ● ●●● ● ●●● ●●● ● ●●●●●● ●●● ●●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●● ●● ● ●●●●●●● ●●●● ●●● ●●● ●●●●●● ●● ●●●●● ●●● ● ●● ● ●●● ● ●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●● ●●● ●●●●●● ● ●●● ● ●●● ●●●● ●●●●● ●●●●● ●●●●● ● ●●● ●● ●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●●●●● ●●●● ●●●● ●●●● ● ●●● ●●● ●●●●●●●● ●●●● ●●●● ●● ● ●●● ● ●●● ●●● ● ●●●●●● ●●● ●●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●● ●● ● ●●●●●●● ●●●● ●●● ●●● ●●●●●● ●● ●●●●● ●●● ● ●● ● ●●● ● ●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●● ●●● ●●●●●● ● ●●● ● ●●● ●●●● ●●●●● ●●●●● ●●●●● ● ●●● ●● ●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●●●●● ●●●● ●●●● ●●●● ● ●●● ●●● ●●●●●●●● ●●●● ●●●● ●● ● ●●● ● ●●● ●●● ● ●●●●●● ●●● ●●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●● ●● ● ●●●●●●● ●●●● ●●● ●●● ●●●●●● ●● ●●●●● ●●● ● ●● ● ●●● ● ●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●● ●●● ●●●●●● ● ●●● ● ●●● ●●●● ●●●●● ●●●●● ●●●●● ● ●●● ●● ●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●●●●● ●●●● ●●●● ●●●● ● ●●● ●●● ●●●●●●●● ●●●● ●●●● ●● ● ●●● ● ●●● ●●● ● ●●●●●● ●●● ●●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●● ●● ● ●●●●●●● ●●●● ●●● ●●● ●●●●●● ●● ●●●●● ●●● ● ●● ● ●●● ● ●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●● ●●● ●●●●●● ● ●●● ● ●●● ●●●● ●●●●● ●●●●● ●●●●● ● ●●● ●● ●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●●●●● ●●●● ●●●● ●●●● ● ●●● ●●● ●●●●●●●● ●●●● ●●●● ●● ● ●●● ● ●●● ●●● ● ●●●●●● ●●● ●●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●● ●● ● ●●●●●●● ●●●● ●●● ●●● ●●●●●● ●● ●●●●● ●●● ● ●● ● ●●● ● ●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●● ●●● ●●●●●● ● ●●● ● ●●● ●●●● ●●●●● ●●●●● ●●●●● ● ●●● ●● ●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●●●●● ●●●● ●●●● ●●●● ● ●●● ●●● ●●●●●●●● ●●●● ●●●● ●● ● ●●● ● ●●● ●●● ● ●●●●●● ●●● ●●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●● ●● ● ●●●●●●● ●●●● ●●● ●●● ●●●●●● ●● ●●●●● ●●● ● ●● ● ●●● ● ●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●● ●●● ●●●●●● ● ●●● ● ●●● ●●●● ●●●●● ●●●●● ●●●●● ● ●●● ●● ●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●●●●● ●●●● ●●●● ●●●● ● ●●● ●●● ●●●●●●●● ●●●● ●●●● ●● ● ●●● ● ●●● ●●● ● ●●●●●● ●●● ●●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●● ●● ● ●●●●●●● ●●●● ●●● ●●● ●●●●●● ●● ●●●●● ●●● ● ●● ● ●●● ● ●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●● ●●● ●●●●●● ● ●●● ● ●●● ●●●● ●●●●● ●●●●● ●●●●● ● ●●● ●● ●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●●●●● ●●●● ●●●● ●●●● ● ●●● ●●● ●●●●●●●● ●●●● 


作成日時 2021-06-04
コメント日時 2021-07-12

●●●●●● ● ●●●● ●●●● ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 59
P V 数 : 3304.9
お気に入り数: 3
投票数   : 5
ポイント数 : 4
#現代詩
項目全期間(2021/09/20現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性11
エンタメ33
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント44
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性11
 エンタメ33
技巧00
音韻00
構成00
総合44
閲覧指数:3304.9
2021/09/20 19時16分48秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

●●●●●● ● ●●●● ●●●● コメントセクション

コメント数(59)
三浦果実
作品へ
(2021-06-04)

やりましたね!

0
mimi
mimi
作品へ
(2021-06-04)

⢔⣠⠠⣂⣠⣂ ⢔⠶⣂⠷⣸⠓⢜⠠⡶⢲⢂⢄ ⠠⡶⢦⡢⠢⣳⡨⣣⡨⠠⡶⣗⡌⠕⢸⡂⢑⢪⠷⠚⠠⡶⢲⢐⠖ ⣗⣾⢑⣬⡥⢮⡔⣣⡨⡢⡂⢑⡚⣷⠘⡠⡓⡚⣑⣺⠠⡶⢆⣢⢦⡢⢤ ⠂⠦⠠⢂⡴⠒⠠⢔⠠⢢⠆⣢⢲⢤ こんばんは。 これは点字ですか? でしたら斬新で素敵な作品ですね。 現代詩の新たな側面を勉強できました。 ありがとうございます。

0
鈴木夜道
鈴木夜道
作品へ
(2021-06-04)

 これは!  DNAの配列をシーケンスしたものですね!  いわば『遺伝詩』ということか…  スマホでフリックすると  ドットが明滅し流れる「ある情報」が  外眼筋を細かく収縮させ  解読しようと視覚野に電流が生じる  「ある体験」となりました

1
いすき
作品へ
(2021-06-05)

どこで繰り返しになってるんだろうと思って●の登場頻度をエクセルで数えてみたら ●● ●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●●●●● ●●●● ●●●● ●●●● ● ●●● ●●● ●●●●●●●● ●●●● ●●●● ●● ● ●●● ● ●●● ●●● ● ●●●●●● ●●● ●●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●● ●● ● ●●●●●●● ●●●● ●●● ●●● ●●●●●● ●● ●●●●● ●●● ● ●● ● ●●● ● ●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●● ●●● ●●●●●● ● ●●● ● ●●● ●●●● ●●●●● ●●●●● ●●●●● ● ●●● ●● ●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●●●●● ●●●● ●●●● ●●●● ● ●●● ●●● ●●●●●●●● ●●●● ●●●● ●● ● ●●● ● ●●● ●●● ● ●●●●●● ●●● ●●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●● ●● ● ●●●●●●● ●●●● ●●● ●●● ●●●●●● ●● ●●●●● ●●● ● ●● ● ●●● ● ●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●● ●●● ●●●●●● ● ●●● ● ●●● ●●●● ●●●●● ●●●●● ●●●●● ● ●●● が37回リピートされてるんだとわかった(これは、発見です!) 画面の倍率を変えたりして文字にならないかなーって思ったけどならなかった でも、変に暗号だったりアスキーアートだったりじゃなくて、かえって良かったのかもしれない 魅力的な作品だと思いました

1
いすき
いすきさんへ
(2021-06-05)

↑のコメントはうそで、もっと細かく ●● ●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●●●●● ●●●● ●●●● ●●●● ● ●●● ●●● ●●●●●●●● ●●●● ●●●● ●● ● ●●● ● ●●● ●●● ● ●●●●●● ●●● ●●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●● ●● ● ●●●●●●● ●●●● ●●● ●●● ●●●●●● ●● ●●●●● ●●● ● ●● ● ●●● ● ●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●● ●●● ●●●●●● ● ●●● ● ●●● ●●●● ●●●●● ●●●●● ●●●●● ● ●●● が1単位っぽいとわかりました ミステリーに触れたみたいに気持ちがときめいています

1
湯煙
作品へ
(2021-06-05)

視覚的なインパクトがありますね。池田亮司などの量子音楽のインスタレーションなどを想起させるようでした。タイトルのドットを反転させたものがスクロールを促すように切れ目なく続いていることがポエジーなのかなと。たとえば少し異なりますが田中宏輔さんの●詩シリーズがありましたから新しいといった感じはありませんでしたが面白いと思いました。

0
藤 一紀
作品へ
(2021-06-05)

目に悪いと思いました。

2
カオティクルConverge!!貴音さん
作品へ
(2021-06-05)

自分もこういうのやってた。 そしてそれをやる人は好きです。 隠されたメッセージがあるならまだ解読は出来ないけどね。

0
カオティクルConverge!!貴音さん
作品へ
(2021-06-05)

自分もこういうのやってた。 そしてそれをやる人は好きです。 隠されたメッセージがあるならまだ解読は出来ないけどね。

2
十(つなし)
十(つなし)
作品へ
(2021-06-05)

これを「現代詩」、「文学」と言えるのか、疑問があります。 ぱっと見、解読コードなり相対する何かがあるのは分かりますが、無いのかもしれないとも思いました。 どうやらDND配列を意味しているようだとコメントから分かりますが。 果たして文学か?と考えると首を捻ります。 「表現作品」という意味では異議はありませんが。 これは文学なのかなと考えると、自分にはちょっと分かりません。 良し悪しではなく。 解読させるのではなく、文字を使って想像や体験をさせるのが文学かなと。 的外れな見解であれば失礼しました。

2
真清水るる
作品へ
(2021-06-05)

これは、文学極道かどこかで 拝見したことがあるきがさします。(勘違いならすみません。)そのときの私の感想はモールス信号のように 感じました。

1
エイクピア
作品へ
(2021-06-05)

私は点字のような印象を受けました。実際の点字はこのようなものではないでしょうが、点字的な、概括的な印象で点字であるようなそんな気がしました。

0
なないろ
作品へ
(2021-06-05)

インパクトが大きくてつい、開いてしまいましたが、私には難しかったです。 まだ、面白みや、深さに気付くことが出来ない自分の浅さに、淋しくなりました。

0
三浦果実さんへ
(2021-06-06)

neue Ära recordsさん、ありがとうございます。 ●いっぱい書いてみました。

0
mimiさんへ
(2021-06-06)

mimiさん、ありがとうございます。 点字のつもりではないのですが、面白い着眼点でした。 精神的な意味で●の量を増やしました。 ひょっとすると警戒色のようなつもりで書いたのかもしれないので、反響の多さに驚いています。

1
鈴木夜道さんへ
(2021-06-06)

鈴木夜道さん、ありがとうございます。 遺伝子ならぬ遺伝詩、奇妙なデザインの生き物が生まれそうです。 とあるブラジルの養蜂家がアフリカの蜂とヨーロッパの蜂を交配させ、世にも恐ろしい殺人蜂を生み出したという話を思い起こしました。 この●は生きていて、呼吸をし、見つめ返しているのかもしれません……。

0
いすきさんへ
(2021-06-06)

いすきさん、ありがとうございます。 仰る通り、同じ配列を繰り返しました。 文字数制限の問題で最後は途中で切れてしまっています。 ●は伏せ字であり、私しか分からない上に、私自身さえも何を書いたのか忘れてしまっています。 しかしながらも暗号文ではなく、ただ●を伏せ字として使う上で書いた文章です。 晒されてしまうと大怪我してしまうような極めて個人的な情報が●の中にかくれんぼしています。 伏せ字ではあっても大切なことなので、何度も繰り返しました。 この●は闇です。黒塗りされた自分自身です。

1
湯煙さんへ
(2021-06-06)

湯煙さん、ありがとうございます。 音楽の分野には疎いのです。J-POPしか聴きません。 湯煙さんのコメントを読み、音楽の分野にも手を伸ばそうかと思った次第です。 田中宏輔さんは天才で、実験作品を枯れることの知らない泉のごとく生み出していく書き手ですから、先行作品は幾らでも見つかるのだろうと思います。 「●詩」を僕も知っていて、ややもすると無意識のうちに影響を受けていたのかもしれません。「●詩」を読んで、●の効果について考えさせられた時期があります。伏せ字として*でもなく■でもなく●を選んだ理由はそこから来ているのだと、今思い返してみれば心当たりがあります。所謂、この投稿作品は田中宏輔さんの「●詩」の逆Ver.と言えるかもしれません。 ―― このコメント以降、“作品を掲示板トップに移動させない”にチェックを入れさせて頂きます。全てのコメントを返すまでに何日間もかかると思われるからです。恐縮ですが、小分けしながらコメントを返させて頂きます。

2
藤 一紀さんへ
(2021-06-06)

藤 一紀さん、ありがとうございます。 肯定的に捉えます。眼精疲労のチェックができる作品としての可能性を見出されたような、ある意味において存在意義を与えられたような心持ちです。いずれはステレオグラム画像と同等の効力を持った作品も書いてみたいです。

1
ryinx
作品へ
(2021-06-07)

ドットの配列が面白いと思います。 一気にスクロールすると、 黒の中にグレーが見えます。 もし水色や(極論です) 例えば、薄いグレーから濃いグレーまでの階調が見えたら面白いと思いました。

1
カオティクルConverge!!貴音さんさんへ
(2021-06-07)

カオティクルConverge!!貴音さん、ありがとうございます。 ●を見るのも嫌になるくらいにコピーアンドペーストを駆使しまくりました。草間彌生の芸風(芸風というのも失礼かと思いますが……。)ですね、水玉模様といえば。 好感に感謝します。メッセージそれ自体は●の中に丸ごと隠しているのですが、隠していることそれ自体がひとつのメッセージにもなりうると思いました。

0
十(つなし)さんへ
(2021-06-07)

十(つなし)さん、ありがとうございます。 視覚詩、コンクリート・ポエトリーもあるくらいです。新國誠一の視覚詩は果たして「文学」になりうるか? 文学に対する標準的な態度として「読む」行為もあれば、「見る」行為もあっていいと思います。“Word Cascade(言葉の滝)”なる眺めるだけで癒されるサイトがあるのですが、私にとってはサイトそれ自体が一つの詩に映ります。

1
真清水るるさんへ
(2021-06-07)

真清水るるさん、ありがとうございます。 先行作品はネット詩含む詩史を辿れば見つかるのだろうなと思います。コンクリート・ポエトリーだってもう半世紀も前の使い古された手法ですし、私としてはただ思いついたので投稿しました。●の持つ視覚的な効果を期待しました。

1
よびな
よびな
作品へ
(2021-06-08)

この詩を読んでの感想です 最初はコンピュータの二進数かなと思いましたがタイトルが17ケタなのでおそらくちがうな、と思いました。あわたけたかひろさんというかたの「たぶん惑星」という漫画にこういった表記の二進数が載っていました。 草野心平の冬眠という詩を思い出しました。●が地中の蛙を意味するそうですが、これだと埋まりすぎですね。

2
わたしも
わたしも
作品へ
(2021-06-08)

この作品をあえて詩の作品としてではなく、世の中の普通の情報・ニュースの中に置いてみました。また詩を書く人の側からではなく詩を書かない人の側から見てみました。すると、ああこれは国会で流行りの情報開示請求に対する新種の返答かな、という感想を持ちます。黒塗りのアレです。作者の意図とは違っていることは十分に理解していますが。 ナゾを解こうとも試みましたが、残念、無理でした。私としては「時の地雷」で爆破するしかありません。

0
エイクピアさんへ
(2021-06-08)

エイクピアさん、ありがとうございます。 点字のつもりではなかったのですが、面白い着眼点だと思いました。実際に点字で作られた詩集があるのかなと思い、ネット検索してみると既に出ていました。点字と詩の融合ですね。文字を点字に翻訳することを「点訳」というのは初めて知りました。 点字ではないのですが、展示することそれ自体が作品であるような、デュシャンの「泉」ではないのですが、私のひずみでもって埋め尽くした後、空っぽになったような気分です。

1
なないろさんへ
(2021-06-08)

なないろさん、ありがとうございます。 全ての言葉が伏せ字としての●によって蚕食されているだけの作品であり、それ以上の意味はないんです。 淋しい、確かに淋しくさせる作品かもしれないです。意味を●で消した作品ですから、こんなに長くても静寂しかないので、淋しくさせるのかもしれません。

0
妻咲邦香
作品へ
(2021-06-09)

何処で手を引くか、ですよね? あ、見事だ、と思える場所が多分何処かにあった筈。 有りがちな手法に新たな息吹を吹き込む力に感心しました。 今これを出したそのタイミングの読みも含めて。

0
田中宏輔
田中宏輔
作品へ
(2021-06-09)

きれい。

0
植草四郎
作品へ
(2021-06-09)

なんかよく分らんが凄い。作者の中では規則性とかあるのかな?って気になりました。

0
三浦果実
作品へ
(2021-06-09)

この作品の良さって一言でいうと、サービス精神100%だってことだと思うんです。どなたか言うてましたが、ビーレビに投稿されてる作品に限らず、詩作品って過剰な「私」が詰め込まれたものばかりで、読んでいてしんどいと。 この作品、●を並べ書く作者の快楽は察せても、作者の「私」はまったくないじゃないですか。だから気持ちいいんだと思うんですよね。

2
ryinxさんへ
(2021-06-13)

ryinxさん、ありがとうございます。 確かに展開性に乏しい作品かと思われます。階調化するのも面白いかもしれませんね。

1
よびなさんへ
(2021-06-13)

よびなさん、ありがとうございます。 2進数と言うと映画「マトリックス」を思い出します。「たぶん惑星」にこういった表現がされているのは興味深いと思いました。草野心平の「冬眠」には鷲掴みにされた過去があり、類似品を量産していた時期があります。忘れていたけれど思い出しました。

0
作品へ
(2021-06-18)

わたしもさん、ありがとうございます。 暗いニュースならぬ黒いニュースになりそうです。 情報開示請求が国会で流行っているんですか? 詳しくは分かりませんけれども情報公開法のことですか? だとすれば、国会は対象外ですからきっと違いますね。情報開示請求が国会で流行っているのは知りませんでした。 なぞなぞではなくて、見た目重視の作品です。周囲の反応が気になって投稿した次第です。丸投げで恐縮です。 「時の地雷」が何のことなのか分からなかったのですが、ふとわたしもさんのプロフィールを見ました。ああ、なるほど、「時の地雷」は、わたしもさんの過去作品なのですね。 ナガサキを●で伏せたのですね。第二次世界大戦後の墨塗り教科書を思い出します。歴史で学んだことなので詳しくは分かりません。 もう爆破されたのでしょうか? このコメントが読まれるかどうか分かりませんが一応、残しておきます。

1
まさ
まさ
作品へ
(2021-06-19)

なんとなくですが、 子どもの頃に、ワープロを使って こういう遊びというかいたずらというかを しがちだった気がします。 そんなことを思い出しました。

0
妻咲邦香さんへ
(2021-06-20)

妻咲邦香さん、ありがとうございます。 全ての●に包まれているのは便所の落書きよりも剥き出しのリアルな本音です。 ●からは私しか知り得ない涙が出てくるばかりです。 しんどい時に部屋を真っ暗にしておきたがる精神状態と似たようなものです。 これを出したタイミングについては完全に偶然です。私は自分が書きたいものを書いて投稿しただけです。

1
田中宏輔さんへ
(2021-06-20)

田中宏輔さん、ありがとうございます。

0
作品へ
(2021-06-20)

0
植草四郎さんへ
(2021-06-28)

植草四郎さん、ありがとうございます。 書いた文章の上に●を乗せてみただけのもので、深い意味はないんです。最初から全て伏せ字にするつもりでしたので、どうせなら表立って言えないような、とんでもないことを書いてみようと思っていました。それは別にどんな内容だって構わないことで、最初から●ありきの作品を書くつもりでした。

1
三浦果実さんへ
(2021-06-28)

neue Ära recordsさん、ありがとうございます。 ●しかない作品に対する洞察力、感服せざるを得ません。●100%の作品ですから、ある意味においては解釈を拒絶しているのかもしれません。 それがプラスに働いたのなら幸運としか言えません。 仮に自分のことを書くことにしても、あくまでもそれは詩の材料としてであって、何よりも先ず作品として面白いかどうかが大前提となっています。 自分のことを書くことは、私に言わせれば、辛辣ではありますが、惰性であると思っています。 自分のことを書く“だけ”では、モノづくりの放棄ですら思いますし、楽しすぎです。せめて新聞くらいは読むべきですし、もっと外に目を向けるべきです。アイデアの成分は無限のように落ちているのだから、拾い集めるべきです。 辛辣になってしまいましたが、自戒を込めて。

2
まささんへ
(2021-06-28)

まささん、ありがとうございます。 子ども心、遊び心は、どんな作品を書くにおいても重要なものであると私は思っています。遊び心さえ持てないときは、書くのをやめた方がいいとまで思います。どんなに苦しくても、苦しい作品を書くにしても、どこかで遊び心がなければ読めたものにはならないんじゃないかと思っています。絶望していながらも楽天的な性格である方が、つまりは矛盾を抱えている方が魅力的な作品を生み出しうると。宮崎駿とかは戦争反対の立場をとっているのに、戦争反対を唱えるためには、戦争そのものを描かねばならなくて、それでいて戦争を描いている時に高揚してしまう自分もいるそうです。矛盾がない人は、大抵は自分の中でも綺麗に自己完結してしまうから、何かを書く時も当たり障りのない着地点が前もってあって、予定調和のまま終わってしまいがちです。矛盾を抱えている方が、やはり作品としても読み応えがあるというか、自分の中にある矛盾にどれだけ自覚的でいて、そしてどう決着をつけるかというのは、詩を書く時のみならず全表現において重要な宿命でもあり、永遠に終わらない勝負であると思います。

2
まさ
まさ
類さんへ
(2021-06-28)

neue Ära recordsさんへのコメントを含め、 自分の創作に対する考え方の痛い所をつかれたと思い、 何度も読み返しました。 ご返信ありがとうございました。

1
cold fish
cold fish
作品へ
(2021-06-28)

こんばんわ。 私は美術史を大学で専攻しているのですけど、詩を読む人の世界では未だにこういう作品を面白いと認識されるのですか?だとしたらとても残念な気持ちになります。

2
鈴木夜道
鈴木夜道
cold fishさんへ
(2021-06-28)

 専攻だかウンコだかしらねども  先行類似した手法で  すでに手垢にまみれていようと  在野の無名人が一文字づつ並べてみようとした  その手つき、その内心を  虚心坦懐に相対して  読めないこと自体が含みもった心象を  読めると錯覚することをせせら笑うことも  たしかにそれは自由だろう  当初のアンリ・ルソーを  くだらぬお絵かきと認識して  くさし唾棄した人間たちのように  そのカチコチに凍ったウンコが  みっしりとつまった前頭葉へ  熱した金属棒を鼻から差し伸べて  やわらかく溶きほぐして御覧ずれば  ただのドットも読み解けるよな  自由な気持ちになりましょうぞ        

2
survof
作品へ
(2021-06-29)

作品そのものよりもコメント欄における、作者の主張がとても興味深いですね。コメントばかりをかなり前のめりになって読んでしまいました。もっと作者の主張を読んでみたいです。●がすべて作者のコメント欄における主張で埋め尽くされていたなら・・・と思ったほどです。 こういう作品の場合、まず作者が匿名で投稿されていること、それからこのようなネット掲示板に投稿されていることがあわさって、作品は文脈をほとんど持っていません。ここまで文脈がないなかで作品について何を語ることができるだろう・・・というのは、疑問としてはあります。おそらくそれについては自覚的であったと好意的に解釈したとしても、読者からコメントを引き出しつつ、後出しじゃんけんのようにそれらを迎え撃つかのような作者の姿勢には、駆け引きの熟練さが感じられなくもありません。 他の方へ返信を引用して恐縮ですが、例えば >子ども心、遊び心は、どんな作品を書くにおいても重要なものであると私は思っています。遊び心さえ持てないときは、書くのをやめた方がいいとまで思います。どんなに苦しくても、苦しい作品を書くにしても、どこかで遊び心がなければ読めたものにはならないんじゃないかと思っています。 もしこれが本作品において作者の意図したことであるならば(作者はそんなことは一言もいっていないわけですが)この作品はちょっと安易すぎるか、あるいは攻撃的すぎるかのどちらかだと思います。 あるいは、本当に純粋な遊びだったというのであれば、コメント欄でも作者はもっと遊んでいいのではないか?と思うのです。あるいは、作品の意図がどうあれ、コメント欄でいきなり真顔になる作者の姿こそが見るべきものなのかもしれません。 ちなみにですが、何年か前に別の方による似たような見かけの作品があり、この時も、コメント欄における作者の主張にこそ読むべきものがあったのを改めて思い出します。この作品を知っての上での投稿だとしたら相当の手練れだな・・・と思ったのでした。 https://www.breview.org/keijiban/?id=962

2
cold fish
cold fish
鈴木夜道さんへ
(2021-06-29)

ごめんなさい。 正直気持ち悪いです。その口上みたいな文章。 面白いや文学的なエスプリを利かせたつまりなのかもしれませんが 全部滑っていて、それを書いた人が自覚せずにこんな皆が見ている場所 に投稿していること自体もものすごく気持ち悪く感じます。 だから、詩はきっと読まれなんでしょうね。書いてる人が読まれない理由を作ってるのかもしれませんね。

2
鈴木夜道
鈴木夜道
cold fishさんへ
(2021-06-29)

 ああ…完全に論破だ…  ひろゆきってすごいや

0
森石 州未州
森石 州未州
作品へ
(2021-06-29)

拝読しました。 この詩のような奇抜な試みは、有名どころでは草野心平のかえるから俳句に至るまで行われているのは諸氏が既に述べておられますね。 点字だったり、遺伝詩(素晴らしい!)だったり、様々な解釈があり実に面白いです。 ただわたしはcold fish氏の主張も理解する者です。 美術史においてはマニエリスム等、批判と礼賛の歴史が繰り返されているからです。 ならば現代において、かの一見荒唐無稽とも思われる試みに対し、 一定の理解と関心を得られるにはどうするべきか。 過去へのリスペクツを匂わせる他はありません。これは文学も画学も同じです。 そういう意味ではこのコメント欄が作品を完成させています。万歳!!

3
森石 州未州
森石 州未州
森石 州未州さんへ
(2021-06-29)

失敬、最後勢い込んで【このコメント欄が】と書いてしまいましたが、 わたしの言わんとするところはみなさんの議論が、この作品の、 ひいては現代詩の【これでいいのか?】というしがらみを打破する契機になるだろう、 という主旨であります。決してわたしだけのコメントを指して書いたことではありません。 ややこしくてスイマセンでした。

0
cold fish
cold fish
森石 州未州さんへ
(2021-06-29)

こんばんわ。 そうですね。ただ、私は、未だにこの手の作品が議論になる時点でうんざりしちゃうんです。 もう議論は散々されてきてるんです。そしてされてきました。僕らよりももっともっと賢い人達が 何百枚にも及ぶ論文や本で、または論争でうんざりするほど議論しちゃってるんですよね。 だからとても悲しい気持ちと残念な気持ちになります。もういいよ、って肩を叩いてあげたくなるんです。もういいんだよ、って。君は知らないだけで目を輝かせてるけど僕は知ってるから、もういいよ、って。ある人達の世界では当たり前のことがある人達の中ではあたりまえじゃないのは仕方ないですけど、でもそれって本当にかっこ悪いですよね。僕はかっこ悪いのは嫌なので、もういいんだよ、って言ってあげたいです皆に。昔の偉い人達はもっともっと先に行ってたのに、その人達から見たら未来に生きてるはずの僕らが、全然、未来に生きてないって悲しいですよね。僕は本当にこのコメント欄を見て 悲しくなっちゃいました。僕らはいつの時代を生きてるんだろう?かっこ悪いのは早く卒業しないとだめですよ!

3
森石 州未州
森石 州未州
cold fishさんへ
(2021-06-29)

ご意見もっともかと思います。 このような議論は様々なところでかつ高次元になされたことでしょう。 しかし、あなたのいわゆる肩を叩く行為においても歴史的に繰り返されてきた、 ということを理解せねばなりません。 美術史においてはかのマネが肩を叩いてくる人たちのアカデミックな気風を嫌い、 サロンにおいて仲間たちと印象派の先駆けとなりました。日本では白樺派が誕生し、 まるでオカシイとすら言われたゴッホですらフォビズムのきっかけとなりました。 当時、草の根とすら呼べないレベルの人が現代において偉大な先達となっているのです。 じゃあ結局、誰がどの時点でなにに対し、もういいんだよと言えるのでしょうか。 それは何十年、何百年も先にならないと分からないことです。 さて、あなたのお気持ちはこれまでの経緯から察するに余りあるのですが、 規約に抵触することですし、これ以上はお止めになったほうがよろしいでしょう。

1
白萩アキラ
作品へ
(2021-06-30)

ここ数日ビーレビを見ると本作がよく目に入ってきていたのですが、正直私にはこういう作品の楽しみ方がよく分からないんですよね。 何番煎じだとか議論され尽くしてるとか、それ以前の話で、ただ単に理解ができない。 普段ならこの手の作品は即ブラウザバックしてしまうところです。 しかし、それにしても本作はよく目について、コメント欄が盛況だなと思い覗いてみた次第です。 そしたらなんというか、私が詩や芸術の歴史に関して無知だからでしょうか。 コメント欄を読んでいると大人の会話の中に紛れ込んだ子供みたいな気分になりました。 本作に関して自分だけが何も理解出来ていないし、興味もそれほど持てていない。 規則性があることとか、視覚的な効果とか、過去の類似作品からの影響とか、面白いと感じられるかもしれない要素はいくつかあるのでしょうが、仮にそれらに初読から気付くことができたとしても、やはり普段の私なら深入りして考えたりはしないでしょう。 これはもう個人の好みの問題で、一生この手の作品には面白さを感じないのか、或いは知識等によって自分の感性が変わっていくのか、自分自身で実験していくのは面白いのかもしれない、とふと思いました。

0
蛭子子
蛭子子
作品へ
(2021-06-30)

スクロールによる明滅が視覚的で面白かったです。 詩の価値である言葉というところに喧嘩を売っているようで詩としては好意的に見れないんですが、ビーレビューという「場」を活用していて、ビーレビュー作品としてはとても面白いと思いました。

0
三浦果実
類さんへ
(2021-06-30)

>それがプラスに働いたのなら幸運としか言えません。 わかります。時々ビーレビにも現れるアートや文学の文脈を前提に評を述べられるのって、その評者のマウント取りの恥ずかしいことは置いといても、視野狭窄な評はいろんなことを不運にしてしまいますよね。 返レス不用でございます。

2
survof
三浦果実さんへ
(2021-06-30)

>その評者のマウント取りの恥ずかしいことは置いといても、視野狭窄な評はいろんなことを不運にしてしまいますよね。 みうらさん、このコメントは流石に応えました。結構効いてるんで満足していただいて大丈夫です。

0
survof
三浦果実さんへ
(2021-06-30)

「堪える」か。。誤字失礼しました。

0
ゴロ(ちゃん。)
作品へ
(2021-07-01)

結構隙間空いてるから英語なのかな?

0
作品へ
(2021-07-12)

皆様、コメントありがとうございました! どんなコメントでも嬉しいです。 とにかく私は●100%の作品を投稿したかった、それだけです。 あと、投稿時、酔っ払っていたのも関係あるのかなと思います。 酔っ払ってなかったらこんなもん投稿しなかったでしょう。 意外と好評で、自分でもワケわかんないなと思っています。 まさか、一瞬でもトップ(人気作品)を飾るとは。。 完全スルーされてもおかしくない作品と思うのですが……まぁ〜きっと運が良かったのでしょう。 私はただ単に思いついたから投稿しただけで、他に何も考えていません。 全てのレスに返したかったのですが、もう私の中でこの作品名は完全に色褪せたものになっていて、 返す気力が湧いてきません。 何か過剰な反応もあったのですが、肩の力を抜いてほしいと思います。 何もないですよ、この作品には。議論? 議論もないだろう、ただ一人一人に返しただけのものを議論とは言わない。 僕は別に全てのレスに対して「ありがとうございます」の一言で済ましてもよかったんですよ。 今だって酔っています。明日平日ですね。もう寝ます。 英語、英語ではないですね。秘密です。 モールス信号の作品、初めて見ました。結構興味深いです。

0
トラ丸
作品へ
(2021-07-12)

面白かったです。

1

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1