作品投稿掲示板 - B-REVIEW
重要事項
お知らせ
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

狂気、ファック、バイ、そし……

自由 暴力 そして 輝き

虹がある。 邂逅と官能、詩。  現場からでした。

湯煙

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

大人

ただ  納豆  は苦手

生き返る、 笑いながら、 台所で、 さばかれるキミ、さあ、明日から食わず嫌いはやめよう。

湯煙

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

ヘビと戦う

家に蛇は、居つくことがある。

子どもの頃、蛇は家を守るから 粗末にしてはいけないと、聴きました。 なるほど、そういうことか。

真清水るる

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

風景を食む

我々も本作の出来に食まれていく

この良さは読まぬと分からぬが、読むと確実に心が仕留められる。独特の風景の描写は人の記述がないからこそ冷涼な空気を作り出す。

ふじりゅう

失踪

現代詩が現代であることを実感できる

古風な詩作品から一線を画した作風に我々は驚く。

ふじりゅう

お別れの挨拶

&氏による待望の一作

ロシヤ、という響きの不思議さに、貴方はもう逃れられない。。。

ふじりゅう

フィラデルフィアの夜に Ⅻ

フィラデルフィアシリーズ最新作!

羽田氏のフィラデルフィアシリーズ最新作が公開された。その完成度には毎度驚かされるばかりだ。

ふじりゅう



詳細設定を開く

世界

 百均@B-REVIEW ON/
 14   274.8   0   0 

 あした、逆上がりが出来たら褒めてくれるかな。  きっと誰かが、わたしの事を見てくれるはずだと  淡い期待を抱きながら、夕暮れの公園で  鉄棒とエッチしている  私はなんのために  何を、どのようにして、空を駆け上がる必要があるのだろうか......


作成日時 2017-08-20

センサイ

 弓巠
 4   244.1   0   0 

ただ弱さだけを尖らせて あの夏の光からあの雪の降る音から 綴いてきた ばらばらの自分も時間の流れも 何も与えはしなかった ただ弱さが育っていった 水晶のように刃のように 武器として 使えないほどに鋭く それで人を殺そうと思った日も確かにあって......


作成日時 2017-08-16

「おくわ」伝説

 白島真
 19   238.7   0   0 

とり残された桜並木の土手を歩く はなびらが路上を染めるころ 時折、うすい血のにおいがする おくわ団子のたれが濃すぎたせいだろか 土手には風化した石造りの祠がひとつ 傍らに曼珠沙華の茎がせつなげに赤をひそめ 贄の娘おくわが聞く とおい夏祭りの声 ......


作成日時 2017-08-30

広島

 fiorina
 22   481.2   0   22 

娘の仮住まい 四畳半の離れで泣いている さっきまで笑っていた 明かりが消え 向こう向きに横たわったまま 肩をふるわせ それでも最後まで観るのだというように テレビの画面は進行していた 森繁の演じる「恍惚の人」 午後には殺虫剤を......


作成日時 2017-08-08

 湯煙
 10   195.3   0   0 

祖父が 最近 セケンで聞く ニンチシヨウ というものである と知って 驚きはなく あっさりぼくは 納得したのだった 心中 安心を思ったのだった ぼくの祖父は わるいひと ではないけれども 良い関係なのだけれども よくわからない......


作成日時 2017-08-11

<演劇「王女メディア」>

 fiorina
 4   237.5   0   0 

      演出:蜷川幸雄  美術:辻村ジュウサブロー  主演:平幹二郎 +DVD ギリシア悲劇は悲劇を通して人間存在の闇を探る。 その闇の彼方に光を求めようとする。 レトリックとリアルの宝庫であり、決して色あせることのない人間の物語だ。......


作成日時 2017-08-25

変調

 水星
 7   190.4   0   13 

口にするものはおさめていた 写真は色つやが褒められるから 芽が伸びつづけるのをそのままに あなたも帰ってくる いつかは 蝙蝠くわえて さかさからの景色は気になり 可聴域も変調したくて 牙 のびつづける うれしい 声 まわりつづける 音......


作成日時 2017-08-24

バスが来る文体

 シリュー
 9   210.2   0   0 

やはりまず書くことが大切なのだ。例えばきみは、詩を書こうとしている、お話を書こうとしている、批評を書こうとしている、哲学を書こうとしている、文字を書こうとしている。言葉は、始まりがあって、終わりがある。それは序列になっている。それは過去と未来がある。それは出来......


作成日時 2017-08-30
投稿作品数: 117