作品投稿掲示板 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

のいえられこーず

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

のいえられこーず

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

のいえられこーず

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

のいえられこーず

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

のいえられこーず

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

のいえられこーず

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車



詳細設定を開く

空なんか見てんじゃないよ

 小林素顔
 29   3301.5   10   0 

あのねえ この世界で一番大きな存在だからって 空なんか見てんじゃないよ 自分の気持ちの移ろいに合わせて 雲の形を何かに例えるんじゃないよ 汚れちまった心を洗い流そうと思って 青空なんか見てんじゃないよ 説教だよ 何が悪いってんだよ お前ね......


現代詩 縦書き
作成日時 2020-04-05

Twitter

 星空そとば
 6   981.1   0   0 

脳 自我崩壊 夏の朝 夜空 幸せな幻覚 インターネット 償い 宇宙 祈り 肉体 冬 花が見たい たのしい たのしい 損壊 自殺 希望 希望 希望 あるはずだった未来 人生 破滅 にはは…… 光 氷の世界 愛が分からない 終焉 美しく燃える街 ツインテール 人生......


現代詩
作成日時 2020-04-23

口ほどに蝶

 なゆた創a.k.a.NORANEKO
 3   823.5   1   0 

角膜の剥がれるように羽化の滴が伝う 硝子戸に透けた翅として冷たく瞬き 唇ほどに物を言うモノクロ。 ●蝶/ㅤㅤㅤ ㅤㅤㅤ /○蝶 気の狂れた四月の仄あかい月 交尾のように緩慢な時流のとろみに 沈黙の背中が裂けている。 ㅤㅤㅤㅤㅤㅤ(未......


現代詩 縦書き
作成日時 2020-04-11

海 (思い出)

 宮永文目
 5   1135.1   1   0 

 セピア色した海岸に  古びた椅子が置いてある  あゝその隣には貴方の影が  白いパラソル 日を透くキトン  砂と潮との擦り切れに  あの懐かしの日は遠く......  ......


現代詩
作成日時 2020-04-19

恋の算数

 藤 一紀
 17   1375.0   3   0 

雲が走る風が走る 窓が走る屋根が走る なんでって電車が走ってるからさ そんでもって血液が走ってるから 顔をだして大口あけたら気球みたいに膨らむかしら うはっ! あなたの待っている駅まではもうすぐ もうすぐもうすぐ 距離にして何メートル? トキ......


縦書き
作成日時 2020-04-12

blink

 afterglow
 18   2547.5   0   0 

降り積もった花びらが 朽ちてしまう前に 見つけなくてはならない 指先に夜を感じながら 白い記憶を掻き分けてゆく 探しているものはもう 姿を成していないもの おぼろ月に照らされた 我の顔は 愚かだろうに 乞い求める心は瞬いて ......


現代詩
作成日時 2020-04-25

教義

 わたしだけのちいさなかみさま(凍結し……
 4   943.5   0   0 

1. 神のように振る舞う者がいたらそれは人間である。そのような人間を見かけたら積極的に殺すこと。 2. 生まれ落ちることであなたは、死ぬとき失うものと同じだけのもの、すなわち一切を既に失っている。 3. 存在しないものは存在するものより善いが......


現代詩
作成日時 2020-04-24

夜陰

 白川 山雨人
 8   1125.8   0   0 

一夜のせん妄滲む 憂鬱のまなこに 淡いウイスキーかざし 黒色の雲を見た 新鮮な生クリーム 落葉に重ねて 冷めた庭に置いても 季節は巡らない 紅い空肺胞みたし 哀惜のはびこり 黒青が周りに溶けて 終の刻のおもざし 夜陰深くなっ......


現代詩 縦書き
作成日時 2020-04-26
投稿作品数: 230