作品投稿掲示板 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

neue Ära records

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

neue Ära records

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

neue Ära records

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

neue Ära records

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

neue Ära records

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

neue Ära records

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう



詳細設定を開く

milk honey beast

 白犬
 1   632.5   1   0 

魂虐殺日記とかにばりずむ 薄く目を開けて 痛みをゆっくり舐めあげた 心に穴の空いていく人達にも教えてあげたい 獣 は、痛い所を自分で舐めるんだよって とつん、とつん、とつん 鳴る 小さな鼓動を濡らしてく (あなたたちはけしてその甘く穢れた皮......


現代詩
作成日時 2020-09-17

粘土

 ふじりゅう
 5   1170.0   2   0 

粘土を、こねる。やわらかい粘土達は、自らを無形と呼んでいて、私も、彼らを無形と呼んでいる。 無形の粘土達は、有形へ変容したがっていた、私も、彼らを有形とそっくりに形作ってみた、しかし、形を模した粘土に、感情を抱かれることが叶わないのだとぽつり、泣き崩れる......


現代詩
作成日時 2020-09-21

文月のわすれもの

 沙一
 8   1433.7   3   0 

嘘を愛する少女が嘘をやめてからあの風鈴は鳴らなくなった すずしくなっていく風は青い鳥のうたう声を知っていたはず 燃えるほど恋い慕った日がなつかしい秋がくるたび咲く彼岸花 こころに茨をもつ少年の笑みにも似ているまひるまの月 ......


作成日時 2020-09-23

スパゲッティマンの夢

 武田地球
 12   1499.7   2   0 

ゆるやかなカーブの途中、わずかに傾いて走る電車を見ている踏切の少年は、 夜勤明けの身体をひきずって、どうにかこうにか立っている。 お金がないからとスパゲッティばかり食べたら病気になって、スパゲッティマンと呼ばれた。 養護施設を出てからは、あまり人と話......


現代詩
作成日時 2020-09-30

違語

 もなか
 4   935.9   1   0 

頸を傾げ 游ぐ白鳥の 鉤括弧を孵化させる 言葉を寄せれば頬が温もる。そうしていくつもの冬を乗り越えてきた。 正義と正義と欲はきっと同じ意味であり、他人のものであるとは到底言い難い。しかし残念ながら私たちのものであるとも言い難かった。私た......


現代詩 ビーレビ杯不参加 縦書き
作成日時 2020-09-27

ベランダ

 こしあん
 13   1349.1   1   0 

かわかない洗濯物 お隣からとどくカレーの匂い ぬるくなった缶ビール コオロギと群青色 みつけた一番星に 手を伸ばす。 掴めるような気がして、 ......


現代詩
作成日時 2020-09-19

やまおりたにおり、折り目正しい但書付き

 こうだたけみ
 8   1339.9   3   0 

しとしとと雨が降っている。ゲリラ豪雨って やつに二日連続やられたから、こういうのは 新鮮だ。一昨日は悲鳴を上げた折り畳み傘で さえ柔らかくたわんで受け流せてる。ふと、 新規の取引先の受付にいた加藤さんってコを 思い出す。まだ話したことはないんだけど、......


現代詩
作成日時 2020-09-18

からっぽのぉせんたっき

 はたもり
 6   826.2   1   0 

どこふくかぜなあきかぜふく おちばからから からっぽの からっぽのぉ せんたっきぃのぉ かい!  かい 回(かい!) かいてんおん から!  から 空(そら!) あいてんのぉん くる! ば! 輪(わ!)葉(よぅ!) まわ......


現代詩
作成日時 2020-09-25
投稿作品数: 249