作品投稿掲示板 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

のいえられこーず

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

のいえられこーず

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

のいえられこーず

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

のいえられこーず

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

のいえられこーず

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

のいえられこーず

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車



詳細設定を開く

 いけい・るか
 2   374.0   0   1 

僕の身体を知覚したソファーへ 身を委ねたい欲求の中に  抵抗しがいのある要素は 微塵もないのだ ゆくゆくは 窪みに落ちこみ そこから繁る 暖かな眠気が (義務を負った) 心臓に 寝汗をこびりつかせる 肥大していく 僕の拳が 巨大な実在感を ......


現代詩
作成日時 2020-12-21

打刻

 なかたつ
 20   1901.1   7   9 

砂浜を踏み込んだ その感触はいつまでも足裏にあるけれど 砂たちは この体の重たさを忘れていく 「花火は地上からあがるから、花の火なんだね」 「そして、あの色は、いろんな金属が光っているんだね」 (きみの目をよく見るのは  ぼくの目の中で何が燃......


現代詩 縦書き 受賞作
作成日時 2020-12-26

ジャム

 妻咲邦香(小さな気持ち)
 2   233.3   0   0 

ままがやくそくをやぶったひ ぼくはするどいいたみをおぼえた ままがやくそくをやぶったひ みんなかぜにふかれてとんでいった なにもかも なにもかも ひとりでせおいきれるとおもいこんで そうだんしたんだ そらとよるとちょきんばこに いきること......


現代詩 縦書き
作成日時 2020-12-11

ラスト・リゾウト

 白川ロイヨ
 7   746.1   1   0 

踊子の掌が空をかき分ける 延びた先の風紋が 遠く光となる いくつもの筋を結び 瞬間に交差する 灯台守の掌が灯る 放り投げたものは返り 握りつぶしたものは熱を帯びる 光を埋める最後の期限を忘れたことなどなかった 最後の置き場所を考え......


現代詩 縦書き
作成日時 2020-12-31

ちがう星

 武田地球
 16   1799.3   3   6 

別れと出会いが渦を巻いている。あたらしく旅立つ人や引力に寄せられてやって来る人。こんな小さなわたしにも、驚くような出会いがあったりして、やがてまた、たったひとりに還っていく。 おともだちがちがう星に行って、みえなくなった。 おいかけるつもりはなかったけ......


作成日時 2020-12-11

おっぱいがいっぱい

 二ノ宮橙子
 1   462.1   1   0 

無機質な美術館で みつけた、おっぱい くちびるに 小さい笑みを浮べる オンナ それに全て明け渡し 眠る産まれたてのいのち タイトルは忘れたが 目にはしっかり焼き付いている あかんぼうも つかれた♂も ピリピリした♀も すべてわす......


現代詩 ビーレビ杯不参加 縦書き
作成日時 2020-12-31

雪のバラード

 うるりひと
 2   438.1   1   1 

涙腺をいっぱいにした雲が 凍てつく空を覆う 私はひとり小舟に揺られ 寒さに膝を抱える バルカロールが聞こえる ああ もうすぐ雪が降りそう 雪は凍ったあなたの涙 溶けて消えゆく冬の幻想 私は咽び泣く北風の中に 懐かしい声を探す バルカロー......


現代詩
作成日時 2020-12-14

浩然大拙

 外町 利典
 3   280.0   0   1 

吹き抜けてく風は強く 車は倒れる 崩れる街 落ちていく人 耐え難い炎 すべてはいつも間違いか ロマンス小説を読み 冒険を抱き 涙を流し 言葉をこぼし 優劣をつけて 焚き火の前で踊る 同じように音楽が 凍えそう 焼かれそう 何度も口にし 何......


現代詩
作成日時 2020-12-06
投稿作品数: 242