七月の雨 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

帆場 蔵人@⚰

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

三浦果実

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

三浦果実

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

三浦果実

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

三浦果実

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

三浦果実

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

三浦果実

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

七月の雨    

 山域は乳白色となり、雨粒が地面を叩く音が、朝未明から始まった。決まって七月は、雨が多いと、誰彼なく言うのだった。  雨が満ちてくる。体の中にも脳内にも、まるで人体は海のように静まり、宇宙のように孤独になる。  半眠りの意識の中、タオルケットの感触が心地よくて、そして柔らかく寝返りを打てば、雨音が骨まで入り込む。私という人体模型は、雨を歓迎しているのだろうか。  七月は、どこか物悲しい。半袖に突き出た二の腕のまとわりつく湿気が、ニイニイゼミをよぶ。  空は粘っこく泡立ち、息を止めている。 どうか、助けてください、 声にならない声が小窓から出ることなく停滞している。  七月は、湿り気で飽和され、落としこまれた安寧が発酵し始める。ぶつぶつと菌が活動をし始め、巨大な入道雲を、埃っぽい陽向のにおいを、待っている気がする。

scroll


作成日時 2021-08-01
コメント日時 2021-08-14
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

七月の雨 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 30
P V 数 : 1969.3
お気に入り数: 4
投票数   : 8
ポイント数 : 14
#現代詩 #縦書き #受賞作
項目全期間(2021/09/20現在)投稿後10日間
叙情性87
前衛性00
可読性20
エンタメ00
技巧32
音韻00
構成10
総合ポイント149
 平均値  中央値 
叙情性1.61
前衛性00
可読性0.40
 エンタメ00
技巧0.60
音韻00
構成0.20
総合2.81
閲覧指数:1969.3
2021/09/20 20時13分01秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

七月の雨 コメントセクション

コメント数(30)
早瀬野卑
早瀬野卑
作品へ
(2021-08-01)

異界は人体桃源郷だったのですね。

0
田中宏輔
田中宏輔
作品へ
(2021-08-01)

声にならない声が小窓から出ることなく停滞している。 うまいなと思いました。

1
YUMENOKENZI
作品へ
(2021-08-02)

はじめまして。 雨の日の、雨の多い季節の空気感が、筆者の感情を通して目に見えるように伝わります。 ミルフィールみたいに重なっていく、本当に美しい文体ですね!

1
yamabito
作品へ
(2021-08-02)

早瀬野卑さん、おはようございます。 なんか、思いつきで詩句をさがしたりししてると、ふと見つかることがあるのですが、そんな感じでしょうか。御批評、ありがとうござしました。

0
yamabito
作品へ
(2021-08-02)

田中宏輔さん、おはようございます。田中さんのお目に留まる詩句があったようでうれしく思います。 御批評、ありがとうございました。

0
yamabito
作品へ
(2021-08-02)

YUMENOKENZIさん、おはようございます。本来、武骨な作品がメインなのですが、今回は女性的な部分(私は男ですが)をちょっと意識して書いてみました。気に入っていただけて嬉しく思います。ありがとうございました。

1
ryinx
作品へ
(2021-08-03)

とても美しいと思いました。 言葉のひとつひとつの連なりに必然性があり、 ひとつの小宇宙を覗き込んでいるような想いです。

0
キチガイの私
キチガイの私
作品へ
(2021-08-03)

雨の表現が上手だなと感じました。 まるで人体は‥の表現が好きです。

1
yamabito
作品へ
(2021-08-03)

ryinxさん、こんばんは。 ありがとうございます。今回は、従来の朴訥な山野に関する詩というよりも、内面的なものを意識した結果、うまく到達できた気がしています。過分な御評価うれしく思います。

2
yamabito
作品へ
(2021-08-03)

キチガイの私さん、こんばんは。 雨は私にとって、以外に嫌ではなく、休養できるという安心感のような気が致します。なので、自分の許容範囲の中に降り続ける雨は、どちらかというとドラッグのような一面を持っているのかもしれません。御批評、ありがとうございました。

1
ハービー
ハービー
作品へ
(2021-08-05)

0
yamabito
作品へ
(2021-08-05)

ハービーさん、どうもありがとうございます。

0
仄秋チズ
仄秋チズ
作品へ
(2021-08-05)

読んでいて、どこか心に天気雨が降る心地がしました。素敵な詩ですね。

1
深尾貞一郎
作品へ
(2021-08-05)

/まるで人体は海のように静まり、宇宙のように孤独になる。/ /半袖に突き出た二の腕のまとわりつく湿気が、ニイニイゼミをよぶ。/ この部分が良いと感じました。

0
セインSK
セインSK
yamabitoさんへ
(2021-08-05)

素晴らしい独特の世界観、表現、言葉の選び方などなど私にはまだまだ及ばない詩の奥の深さを感じました。

1
cold fish
cold fish
作品へ
(2021-08-05)

ブンゴクの頃から、あんまり変わってないね。 正直言って、良いと思わないかな。 このくらい書けてあたりまえじゃないのかな。 それとも、これを評価している人は、このくらい、もかけないレベルなんだろうか。 普通でしょう。このくらいかけて。

0
yamabito
作品へ
(2021-08-05)

仄秋チズさん、こんばんは。感じるものがあったようでうれしく思います。どうもありがとうございます。

1
yamabito
作品へ
(2021-08-05)

深尾貞一郎さん、こんばんは。 お気に留まる部分があったようで、よかったです。ありがとうございました。

0
yamabito
作品へ
(2021-08-05)

セインSKさん、こんばんは。 いろいろと手探りで言葉を探しているのですが、小手先だけの部分も多々ございまして、まだまだ勉強中の身です。ありがとうございました。

0
yamabito
作品へ
(2021-08-05)

cold fishさん、こんばんは。 そうですか、ただ、私的には文学極道時代よりは幾分すっきりしているかな?という認識があります。 御批評、ありがとうございました。ところでどなたでしたか?

0
cold fish
cold fish
作品へ
(2021-08-07)

たしかにすっきりはしているけれども、それだけではやっぱり足りなんじゃないかな。 どこかで見たことあるようないかにもな比喩ではなくて、貴方の感性や視点によるものが あったほうが良いと思うよ。山の荒れ具合を動物に例えたり、雨音が骨に入るとき、もしかしたら 骨は普段と違う音がするだろうし、雨を含んだ骨は今までと違う質感もしれない。そうなったら、 それは、人でない何か別の生き物として感じられるかもしれない。 もう一歩踏み込んだものがあったほうが良いと思うよ。もう一歩踏み込んで書けない人は、そらこの 作品ぐらいで良いと思うかもしれない。実際、このサイトは書けない人が圧倒的に多いからね。でも、 それではつまらないよね。

0
yamabito
作品へ
(2021-08-07)

cold fishさん、以前あなたに、そういう路線で行くなら宮沢賢治を読めばいい、そんなことを某サイトで言われたことがあります。ただ、その当時、私には宮沢賢治は難しすぎた。何年か過ぎ、また久しく読んでみようと思います。一見、毒舌的でありながら、親身にアドバスをしてくれる存在はなかなか居りません。このサイトでは貴重な書き手だと思います。

1
真清水るる
作品へ
(2021-08-07)

0
yamabito
作品へ
(2021-08-07)

真清水るるさん、ポイントありがとうございます。

0
華乃
華乃
作品へ
(2021-08-09)

自分の中にも似た感覚があり、親近感を覚えました。 言葉の選び方が繊細で感情をそこに上手く投影されているなぁと思いました。 こんな詩が書きたいです。

0
yamabito
作品へ
(2021-08-09)

華乃さん、こんばんは。過分な御評価うれしく思います。 言葉を選択するにあたり、ああでもない、こうでもないとワンパな言葉選びに辟易することがあります。なので、最近はあまり言葉選びの固執せず、オリジナルな感覚で書いてみようと思っているのですが、なかなかの頭の悪さなので、困っています。御批評、ありがとうございました。

0
エイクピア
作品へ
(2021-08-10)

ニイニイゼミのところが印象的でした。独特の解釈だと思いました。

0
yamabito
作品へ
(2021-08-11)

 エイクピアさん、おはようございます。  蝉はそれぞれエゾハルゼミ→ニイニイゼミ→エゾゼミ・アブラゼミ→ミンミンゼミ→ツクツクホウシと秋の終わりまで種類を変えては鳴き声を聞くことができます。  微妙な部分を感じ取っていただけた酔いで安心しました。

0
真清水るる
作品へ
(2021-08-14)

わたしは山道入り口に住んでいるのですが、現在は雨が降ってます。この詩を読んでいると この詩に描かれている空間と 私が息をしている空間とが、さくらんぼの実のように ふたつの空間が つながっているかのような臨場感がありました。 余談となりますが、この詩に投票をおこなったのですが、コメントがない場合は どうやら無効票となるようです。票だけを入れた方は 何かコメントをお書きになると、良いかもしれません。

1
yamabito
作品へ
(2021-08-14)

真清水るるさん、こんばんは。そうですか、メビでしたでしょうか、真清水さんのお住まいのお話を聞いたことがありましたが、同じような環境なのですね。共通の部分で感じ入ることができて私も嬉しく感じます。ありがとうございました。 余談についてですが、コメントをつけなくてもポイントは付けられると認識しておりましたが…、違いましたっけ?

0
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 3