作品投稿掲示板 - B-REVIEW
重要事項
お知らせ
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

風景を食む

我々も本作の出来に食まれていく

この良さは読まぬと分からぬが、読むと確実に心が仕留められる。独特の風景の描写は人の記述がないからこそ冷涼な空気を作り出す。

ふじりゅう

失踪

現代詩が現代であることを実感できる

古風な詩作品から一線を画した作風に我々は驚く。

ふじりゅう

お別れの挨拶

&氏による待望の一作

ロシヤ、という響きの不思議さに、貴方はもう逃れられない。。。

ふじりゅう

フィラデルフィアの夜に Ⅻ

フィラデルフィアシリーズ最新作!

羽田氏のフィラデルフィアシリーズ最新作が公開された。その完成度には毎度驚かされるばかりだ。

ふじりゅう


John Does Jane Does Town

 0   2.6   0   0 

この町へ出稼ぎに来ている生産者は、ブランド名を付けて働いておりました。この町はテキストを産業としており、いかに上品なテキストを生み出し収益を得るかを競い合っています。しかし、それに不満を持った一部の生産者達は町の議会が行われた日に抗議をしました。 「我々......


現代詩
作成日時 2 分前

Her Blow eyes

 SNOWMAN
 2   227.6   0   2 

ここはないもない街  だからみんなで酒飲む 目を見て三つ質問するだけで  上目遣いしてくる女は 俺と違っていい大学に通ってる  部屋には入れるが情報は与えない 来月の携帯代は払えないし 麺をすすってるの現実 偽の日本人の名を  耳元で囁いてい......


現代詩
作成日時 2020-02-24

北に向かつて歩く一日

 1   218.5   1   0 

   北に向かつて歩く一日 長い雨があがつて まるい空には素敵なパレツト(ひたむきな青) 傘を一本ぶら下げて、僕は旅人になつた。 やはらかな叢に踵をぬらし 見果てぬ夢は遠く投げられ 北極星に向かつて尽きない抛物線を 傘を振りふり僕はなぞる......


現代詩
作成日時 2020-02-24

溶けた氷像

 大井美弥子
 7   878.6   1   24 

氷でできた彫像たちは 雲一つない快晴にきりりと映えるけれど 冬にしては珍しいその太陽に当てられてしまったせいで そのからだを溶かしてしまいます 金賞を受賞したらしいある氷像は 土台とその付近の装飾をのこして ばらばらに崩れて瓦礫みたいに横たわる......


テキスト
作成日時 2020-02-08

雑踏

 クミトリナギ
 1   258.1   1   3 

仮面の下 キミの面影 もう終わったはずなのに 輝きは増すばかり ぼんやりとしたモノが 確定してしまいそうで 夢を見ます 忘れそうな時に......


テキスト
作成日時 2020-02-22

 犬川ハイビ
 0   172.2   0   2 

雨は時々人の心を傾けるけど 僕は好きさ だって 雨は僕を溶かしてくれる 雨は僕を綺麗にしてくれる 雨は僕に寄り添ってくれる そう、いつだってね 雨は時々花の命を落とすけど 僕は好きさ だって 雨は僕を誤魔化してくれる 雨は僕を励ましてくれ......


現代詩
作成日時 01:27:50

ヒト

 chiho
 2   251.5   0   2 

生まれた瞬間は 単色 出会うたび 生地を擦って 言葉を交わすたび 生地を染めて 気づけば 全く違う服 擦り切れすぎて 繊維の一本も残らなくなっても 交わりを 断つことは できないから 時々 仕方なく 皮膚をむしって 代わ......


現代詩
作成日時 2020-02-24

わかっていること

 せいろん
 2   488.3   0   1 

この世で分かることなんて 何一つない 全てが夢オチの可能性だってある この世で分かることなんて 何一つないということが ただ一つだけ分かっていて 矛盾していて気持ち悪い......


テキスト
作成日時 2020-02-14
投稿作品数: 162