魂魄 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

大人用おむつの中で

すごい

これ好きです 世界はどう終わっていくのだろうという現代の不安感を感じます。

硬派な作品

萩原朔太郎や中原中也のエッセンスを感じます。

千治

体験記『呆気ない宣告』

それはあなたの現実かもしれない。

大概のことは呆気なくドラマティックではない。そうした現実の丁寧な模写が作品に厚みを増している。

ほば

世界は自由だ━不死━

わかるということ

あなたにとっては何が、その理解が起きるピースになるだろうか?

ほば

ふたつの鐘がなるころは

鐘は明くる日に鳴る! いつでもそうだ!

運営在任中に出会った多くの作品の中のベスト。決して忘れない。

yasu.na

良い

シンプルに好き

あっす

パパの日曜日

パパの日曜日

いい

明林

終着点

生きる、その先に死地はない!

美しくさわやか、そして深い意味が込められたシーン、均衡の取れた心情と思想、強い意志で最終連へと迫る引き締まった展開、我が胸にこの詩文を抱いて!

yasu.na

九月の終わりを生きる

呼び覚ます声

夏の名残の暑さが去ろうとする頃、九月の終わりになると必ずこの作品のことを思い出す。

afterglow

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

るる

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち(久遠恭子)

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち(久遠恭子)

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち(久遠恭子)

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち(久遠恭子)

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち(久遠恭子)

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち(久遠恭子)

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち(久遠恭子)

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow



作品を
別枠表示

魂魄    

さいしょから なにも なかった。 そこには もとから なにもなかった。 ゆうきも むきも なかったから、 べつに ふつうの ことだった。 それなのに それだというのに わたしは いつから いきていると  しんじこんで いたんだろう。 わたしは いま しんでいる。 きづくのが すこし おそすぎた。 もうてん だった。 たましい だけで せかいを あるき たましい だけを たべつづけていた。 きづかなかった。 せかいから しを かくされていた。 それにきづけなかったから きょう また いきなくては いけなくなった。 くやしい。 せかいめ だましたな。 しを かくす なんて ふとどきものめ。 しようも なくなり つぎの しを まつ。 つぎは ぜったいに すくってやる。


魂魄 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 7
P V 数 : 2099.1
お気に入り数: 0
投票数   : 0
ポイント数 : 45

作成日時 2020-02-07
コメント日時 2020-03-20
#テキスト
項目全期間(2024/07/21現在)投稿後10日間
叙情性72
前衛性2725
可読性31
エンタメ53
技巧00
音韻11
構成22
総合ポイント4534
 平均値  中央値 
叙情性1.20
前衛性4.51
可読性0.50
 エンタメ0.80.5
技巧00
音韻0.20
構成0.30
総合7.53
閲覧指数:2099.1
2024/07/21 01時54分40秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

魂魄 コメントセクション

コメント数(7)
るる
(2020-02-16)

こんにちは 魂魄って、死者のたましいのことをイメージしますよね。でもたしか、「魂」も「魄」も、どちらも日本語では、一字だけで独立させて記述しても「たましい」と読むんだったと思います。検索にかけてみたら、「中国において本来は,人間の体内のエネルギーである気を司るのが魂,形体を司るのが魄と呼ばれていた。」とありました。つまり、魂魄という言葉は もともと生きている人間を対象としていた言葉が魂魄だったようですよ。 この詩は死者の目線の詩のようですが、生きている人の魂と魄で考えるなら 人間の体の中のエネルギーは、 「さいしょから なにも なかった。」というより 最初は、エネルギーは あまりなかったんだと思います。赤ん坊の体がとても ちいさい状況からだんだんと大きくなるように「魂」も「魄」も徐々に エネルギーは増えるもんなんじゃあないかしら? 死者目線でこの詩を書いておられるのはわかるんですが、 生きているから詩が書けておられるだしなあ。むむむって思いました。 ぜったいに すくってやる。って書いておられるけど、それは、今ですよお。

0
花澤悠
花澤悠
(2020-02-16)

ごめんなさい。このサイトは初めてで、なにをどうするのが正しいのか、まったくわかりません。 って、まずは、断っておきます。 で。 純粋に、わからないことがありましてね、この『rura』さん(?)って、すんげー詩を書いてません? ごめんなさい。 過去、なにかがあって、この詩人さんが、そういう目にあっていて、それを知らないお前が、こいつの人間性も知らないで、ただの詩だけを読んで、なにを薄っぺらいこと言ってんだと言われれば、それは私は、 知りませんし。 だって、ここって、《詩》を評価するサイトなんですよね? 一編の。 《詩》を、扱うべきではないのかなぁ、と、何も知らない私なんかは思うのですよ。 で、だ。 なんで、こんなにややこしい話をしているのかといえば、だ。 それこそ、なんで、この詩人の評価がこんなに低いのかが、まるで理解できなくて。 逆に、えっ? このサイトの詩人さんたちって、この詩以上の心打つ詩を書けてるのかなぁ?って、問いたくなったり、ならなかったり、ラジバンダリー(って、古ッ!)。 ええ、わからなくて。 ごめんなさい(って、何度めの謝罪?)。 私の感性が、おかしいのかなぁ? すっごく、こころ撃たれた詩です。 特に、 《くやしい。 せかいめ だましたな 》 なんて汎用的に全世界的に、こころの乾いた砂場に、ああ、それこそ、岩にしみ入る蝉の声のように、しみ入るでしょう? なぜ、この詩人が、このていどの、評価なのかが、わからない。 あー、そうさ。 あたしがあたし個人の詩人(自称)のサガで、こいつに負けたんだと、思ってしまっただけの話かもな? あッ、しまった。 なんか、ボイントみたいの、入れようとしたら、前衛性ってのに、22、いれたのは、1入れて、あれ?前衛性ってのは、無いなのかなぁ、って10くらいまで行ったら0に戻るのかなぁって、押し続けた結果です。 だから別に前衛性を、感じた訳では無いのです。悪しからず。 やっぱ、もう一回言うよね? ごめんなさい。

0
ミリウェイズ
(2020-02-16)

独特の間というか、感情というか、何かそういったものを感じます。これがなぜひらがなで書かれたのか、私にはよくわかりませんが、ひらがなだからこそ伝わってくるものがあるのだろう、とは思えます。

0
るる
(2020-02-16)

花澤様 運営の真清水と申します。 私が、ためしに、ポイントを前衛に1ポイントを付与してみましたら、付与できました。 いまいちど 、前衛のボタンを押してみてくださいませ。 ポイントについて、説明させていただきます。 ポイントは 他者の作品と相対的に評価するためのものではなく、該当作品への絶対評価です。 ポイントは、読者の評価表現方法の 一つです。しかし、他の作品より優れものものであるという評価ではありません。 他の作品より優れていることを評価する方法が他にありますので、ご案内いたします。 ビーレビ杯と称してだれでも 毎月5作品を優秀作品として 推挙できますので、是非 推挙をしてさしあげてくださいませ。

0
花澤悠
花澤悠
(2020-02-16)

ごめんなさい(と、また更に謝る私)。 もう、こんなこと、しませんから。 でも、最後にちゃんと言っておかないといけないと思うから言うけど。 私はこの詩に《前衛性》を《感じなかった》のです。 ただ、押し間違えた1があってしまって、それを、9まで行ったら0に戻るのかなぁ、って。 ってゆうか、送信してないから、訂正できるのかなぁ、って、単純に思ってたんですけど、ここのポイントの付与って、《送信》とは関係なく押した時点で取り消せなくなるものだと、知りませんでした。 それを知らなかった初心者の過ちです。 ホント、お騒がせして申し訳ありません。 って、何度謝ればいいんだろう、私。 やっぱ、慣れないところの投稿は、もうすこし考えて、しなきゃ、ですね? でも、更にいうと、そういう常識を超えて、ですね、この詩人さんが、いいなって、思ったって、ことなんですけど。思わず、そのサイトの常識とか何も知らなくても、語りたくなるほど。 そこだけは、ご理解いただきたい、なぁ。 えっ? これで、送信してもいい? なんか、間違ってない? わかんないけど、まぁ、取り敢えず、送信します。 ポチッと、な(って、古ッ、ヤッターマンでしたっけ?)。

0
千才森 万葉
千才森 万葉
作品へ
(2020-03-01)

コメント欄がわいわいしてる? なるほど、なるほど。 わたしは好きですね、描かれている世界観が好みなんですよ。詩としてよりも物語として面白そう、とでも言いますか。 死んでいるというので、死の世界にいるんだろうなって考えます。すると、死の死は生(裏の裏は表)、生まれ変わりを意味することになるかな。 ひらがな表記なのは、うん、評価は分かれそう。わたしは、「あり」かなと。上手下手はわかんないですけどね。言葉を忘れてしまうほど長い間、死後の世界に生きていることを表現したいのかなーって感じたので。 >くやしい。 せかいめ だましたな。 しを かくす なんて ふとどきものめ。 この二行が凄くいいなって思います、予想していなかった生々しい感情が飛んできて、わくわくさせてくれます。そう、物語として活きるんですよね。台詞を使うと、主人公の性格が具体的になり、読者が感情を寄せやすくなります。いわゆる感情移入しやすくなる。 一方で、 >つぎは ぜったいに すくってやる。 この行がいきなりすぎて、ちょっと話の流れを掴みにくかったです。序盤に、布石が置かれているともっとズシッと決まったのかなって思いました。 多分ですけど、最初が弱いのかなと。1連2連が弱くて、読者をその先まで引っ張れない気がしました。後半まで引っ張ってこられれば、もっと好きになる方も多くなりそう。

0
rura
作品へ
(2020-03-20)

放置している間にコメントが付いていて嬉しいです。 なんにも考えずに脈絡もなく文字を打ち込んでいるだけで、正直言ったら言葉のごみ箱みたいにこの掲示板を扱ってしまっていて、なんか申し訳なくなりました。 また暇なときになんか書きます。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1