誰かがドアをノックしたから - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

エセ詩人

いでよ、エセ詩人!

コトダマ とはよく言ったものだ。 ハキダセ と 男は言う。 おまえは誰だ? わたしは何者だ?   

湯煙

硬派な作品

萩原朔太郎や中原中也のエッセンスを感じます。

千治

体験記『呆気ない宣告』

それはあなたの現実かもしれない。

大概のことは呆気なくドラマティックではない。そうした現実の丁寧な模写が作品に厚みを増している。

ほば

世界は自由だ━不死━

わかるということ

あなたにとっては何が、その理解が起きるピースになるだろうか?

ほば

ふたつの鐘がなるころは

鐘は明くる日に鳴る! いつでもそうだ!

運営在任中に出会った多くの作品の中のベスト。決して忘れない。

yasu.na

良い

シンプルに好き

あっす

パパの日曜日

パパの日曜日

いい

明林

終着点

生きる、その先に死地はない!

美しくさわやか、そして深い意味が込められたシーン、均衡の取れた心情と思想、強い意志で最終連へと迫る引き締まった展開、我が胸にこの詩文を抱いて!

yasu.na

九月の終わりを生きる

呼び覚ます声

夏の名残の暑さが去ろうとする頃、九月の終わりになると必ずこの作品のことを思い出す。

afterglow

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

るる

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち(久遠恭子)

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち(久遠恭子)

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち(久遠恭子)

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち(久遠恭子)

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち(久遠恭子)

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち(久遠恭子)

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち(久遠恭子)

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow



作品を
別枠表示

誰かがドアをノックしたから    

心霊写真には露出魔のまま急死した幽霊のペニスが映り込んでいた。 恐らく長さは18cmだろう。 惜しい人材をなくしたのね、とアメリカ人女性が呟いていたのを、僕は聞き逃さなかった。 窓辺には夕映えがオレンジジュースのように流れていて、僕らの影をゆっくり包み込んでいった。 「俺の拳銃だって立派なもんだぜ」 ズボンのファスナーを下ろして、二本指で開くと、中には何も無かった。真っ暗闇の中に、僅かに、土星が見えるばかり……。 アメリカ人女性は、寂しい顔でうつむいていた。白いその指先で、真っ暗闇の中に浮かぶ土星を撫でていた。 「感じる?」と言ったアメリカ人女性の頭部は大きな拳銃になっていた。 その銃口の中は深い井戸のようで、得体の知れない根源的な恐怖が息を吐いていると思った。 その時、誰かがドアをノックしたので、驚いた彼女はそのまま俺の胴体を撃ち抜いてしまった。 撃たれた経験のない俺はやっぱりビックリしたし、凄く痛かった。「熱い、痛い、熱い、痛い」が猛スピードで全身を駆け巡り、脳天を突き破るあの感覚は今でも筆舌に尽くし難いと思うよ。 とにかく、誰かがドアをノックしたものだから、俺たちは何も無かったように取り繕い、俺は俺の吹き飛んでしまった内臓をタンスの中に放り込み、彼女は頭部の拳銃をその銃口から裏返していって自分の顔を戻していた。 「誰だい?」ガチャとドアを開けると、心霊写真に映っていた露出魔の幽霊だった。やはり18cmはあると思った。大きなペニスをぶらんぶらんさせながら、こんなことを言っていた。 「夕日を感じるだろう。」 外から流れてくるオレンジジュースのような夕映えが、俺たちの影をすっかり包み込んでいた。 棒立ち状態の彼女が大きなペニスの前で機械のように喋っていた。 「私たちはこの世界がレイヤーの塊であることを認識しています。」 太陽が踊っている。 俺たちも踊っている。 彼女の乳房。 大きなペニス。 太陽が踊っている。 俺たちも踊っている。 彼女の乳房。 大きなペニス。 タンスの中の内臓たちが飛び出してきて、 家の周りをぐるぐるぐるぐる回る。 彼女の頭部は大きな拳銃。 太陽が踊っている。 俺たちも踊っている。 社会の窓。 土星が飛び出し、俺たちを踏み潰して行った。


誰かがドアをノックしたから ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 5
P V 数 : 2250.4
お気に入り数: 2
投票数   : 1
ポイント数 : 0

作成日時 2022-02-11
コメント日時 2022-03-27
#現代詩
項目全期間(2024/05/30現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:2250.4
2024/05/30 16時28分20秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

誰かがドアをノックしたから コメントセクション

コメント数(5)
三浦果実
作品へ
(2022-02-25)

ピックアップレビューを読んで、こちらの作品に気がついた。これがコメント0なのはたしかに皆、読み落としていたと思う。性的な表現はアメリカンな風味になるとコマーシャル化が簡単に成立するから不思議。日本人はアメリカのカルチャーに施されていて、それらへの反抗の歴史があるかもしれないけれども、戦後からの長時間の経過はDNAまで達しているだろう。おちんちんの在り方、性交の手法、そこには、村上龍の言及を読むまでもなく、情けない日本男児的な残念な結果がある。私はアメリカ人女性と性交をしたことはないけれども、南米ラテンの女性とはあって、その経験がとてもショックなことを教えてくれた。おちんちんは、彼女たちにとって痛いものでなければならないということ。いや、これは普遍なことではない。けれども、痛くて壊されてしまうぐらいに撃ち抜かれたいと、多くの女性が潜在意識にあることを私は知っている。アメリカンでなくとも、日本人男女の間でも、優しい男よりも野蛮的で知性無き男たちに日本の女性たちが寄れてしまい、私の優しさなど、なんの武器にもならなかった痛い気持ちを極私的な恋愛経験からも示しておきたい。幾人かの乱暴者たちが踏み潰しながら私の前を過ぎていった。土星や火星やらのセンチメンタルだけが私には残された。 そんな感じにこの作品を読んで思う。

0
三浦果実さんへ
(2022-02-25)

ありがとう。 こんばんは。 おつかれさま。 優しさは武器にならないかもしれないけど、優しく戦うことはできるだろう? いいかい、おちんちんとは、優しい武器なのだよ。 >>痛くて壊されるぐらいに撃ち抜かれたいと多くの女性が潜在意識にあることを私は知っている 私はフェミニストではないけど、真実なら知ってる。 ぶっ壊すぐらいに撃ち抜きたいと多くの男性が潜在意識にあることを私は知ってる。 でもね、優しさを失いたくないだろう? 私はこの詩をおちんちんで書いた。 いついかなる時も優しさがあればいいと思ってる。 戦うこともあるだろうけど、そんな時も優しく戦うことを、忘れてはいけないなと思ってる。 乱暴者に対しても、優しさとは戦わないことではなくて、優しさとは負けることでもなくて、優しさと戦わないことは必ずしもイコールではなくて、ただ戦う時でも、優しさを失わなかったらいいんだ。 これだよ。

0
柳煙?
類さんへ
(2022-02-26)

(^。^)

0
柳煙?さんへ
(2022-02-26)

/(^o^)\

2
ほば
作品へ
(2022-03-27)

これはほんと、傑作。詩作品として素晴らしい、という意味でも傑作だし、笑っちまうような爽やかさがまた愉快な傑作。皆んな、土星に轢き潰されようや。

1

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1