作品投稿掲示板 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

のいえられこーず

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

のいえられこーず

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

のいえられこーず

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

のいえられこーず

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

のいえられこーず

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

のいえられこーず

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085



詳細設定を開く

名もなき偉人への讃歌

 叩見四畳半
 4   135.0   0   0 

人間は精神の檻から逃れられない。 それは人間が考えることしか出来ないからだ。 必死に檻の鍵を探して逃れたとしても 結局は檻の中にいる。 人間は精神の檻から逃れられない。 人は仮説を立てる生き物だ。 ただ仮説は仮説でしかない。 相対の中で生......


現代詩
作成日時 2021-02-27

砂上楼閣

 割れた日食
 0   74.7   0   0 

雪の冷たさにしのびこみ 正しくあるように拝む 寒さを解体し 出てきたのは青空と毛布だった 早足で通り過ぎてゆく人々の顔はかたく張りつき 目には何も映っていなかった 空虚であるからにはあたたかさを望むべきだと思う 手を差し伸べても払いのけるのが人情......


現代詩
作成日時 2021-02-27

雪の子

 帆場 蔵人@⚰
 3   230.4   0   1 

日陰に隠れていた 雪の子が見つかり 陽の下に散らされ きらきらきらきら、と 子どもたちや猫たちの 軽やかな足音と踊って あの空に昇っていくよ だれもが春めくなかで ひそやかにひそやかに 春とすれ違いに 小さな雪の子は 冬を閉じてい......


現代詩 縦書き
作成日時 2021-02-27

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

 くおんと月夜乃海花
 6   549.5   1   1 

__Q.貴方はいつの日から感情を「あえて」隠すようになったんですか? A.別に隠してるつもりはないです。 Q.それでもある時から「やめましたよね」? A.そうですね。 Q.あなたたちの作品や応援してくれていた人の気持ちはどうなるんですか? A.uるr......


現代詩
作成日時 2021-02-22

目が覚めたら

 iyyo
 4   310.7   0   0 

明るいけど今は何時だ カーテンを開けるのも面倒 きっと向こう側は別の世界かなんかだろう 僕は知らない あーあ そのまま天井の模様を眺めた 同じ模様が一つ、二つ… もう一度、目を閉じた 静かな湖 大きな湖に、僕は浮かんでいる 何処まで......


現代詩
作成日時 2021-02-26

 エイクピア
 5   317.9   0   0 

当然キスはするんだろうなと 言われてもこれから渦の中に 吸い込まれようとしているのに 鼻がカラフルに彩られ キスもくそもないもんだ 風呂には腕だけが浮いて居て 友達が軍隊に入って胸を痛めた事だけは 渦の底から教えてくれる 鉄棒に歯で打撃を与えて......


現代詩
作成日時 2021-02-26

駅前広場の微睡みは

 アキラ
 2   410.7   0   0 

自動販売機の脇にある ペットボトルは無意味に響く カラスはいくつか鳴いていた 真夜中だったか明け方だったか 私はあの時ベンチにひとり ひとりでいたのにハッキリ届いた カラスはぐるぐる廻ったままで その静寂への波紋みたいだ 始発の時刻とタ......


現代詩 縦書き
作成日時 2021-02-25

イヤホンのコード

 まさ
 2   227.0   0   0 

よく イヤホンのコードが絡まる 私は絡まったイヤホンのコードを ほどくのが苦手だ 絡まっている部分に 向き合って どこが問題で なにが支障になっていて どうすれば解決するか よく考えればほどけることは わかっているのだが 絡まっている部分......


現代詩
作成日時 2021-02-26
投稿作品数: 1821