作品投稿掲示板 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

伝記びりびり

言語と身体のきしみ

緘黙のぼくは、祖父母の目の前で、伝記を破り捨てることにした。

r

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

name

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

yasu.na

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一



詳細設定を開く

あんたの「死」はなんだ

 舟虫/GAMAKATSU
 10   705.0   0   0 

「死」とはなんだろうか 心臓が動かなくなることだろうか 心拍数が途端に落ちていく 心臓の鼓動が早くなったり遅くなったり さもメトロノームのように一定のテンポを刻むものではない BPMというものだ  さも音楽の決まったリズムのようなものではない 心......


現代詩
作成日時 2020-06-04

 エイクピア
 4   553.6   1   0 

刺激的な朝が訪れる 野人の跋扈で異臭が解放され 今日背が伸びる 指が一センチだけ笑って居た 裏で見ていた虫が模糊として 蒙毅(もうき)を想起させる朝 自我のルオー化を止められず 抱くことを命令されて怯(ひる)む 朝が時間と共に移行する ジョー......


現代詩
作成日時 2020-06-30

秋を待つ人

 磁界の中心
 1   386.9   1   0 

白色への低温沸騰より間もなく時は裁断される 思いもよらぬ風が部屋に舞う 次第に部屋はその匂いで満たされて 空を縫う疾風 乾氷が水に入って息をする 間もなくその穏やかな霧は吹き上がり 不可視へのシームレスな息吹 時が光景を普段へと押し流......


現代詩
作成日時 2020-06-26

夕暮

 沙一
 14   1427.4   3   0 

踏切の向こう は異なる町 のようにみえる が渡って振り向けば さっきまで居たはずの向こう側 が異なる町のようにみえる 鎮守の杜 は樹々が伐採 されて見晴らしはよくなった が蔭に秘めていた 昏がりの富とでも云うべきもの は淋しくなってし......


現代詩 縦書き
作成日時 2020-06-18

気配

 羽田恭
 4   595.2   0   0 

僕が生まれて 40年近い時間が経つ その間 何があったのだろうか 同時に感じる数万の人の気配 コントローラー越しに伝わってくる 感情意思思考 僕は操られるまま その決断を下した心に触れた その心が幾度も 突如として消えた 数多くが 二度と感......


現代詩
作成日時 2020-06-24

しゅっせき

 なかたつ
 12   1069.6   2   0 

お店に入ります。何を買うか、決めていることもありますし、入ってから決めることもあります。いずれにしても、買うものを手に取って、レジに並びます。わたしの他にも、ものを買う人がいます。手に取っているものは、人によって違います。それでも、ものを店員に差し出して、お金......


現代詩 縦書き
作成日時 2020-06-30

排除

 &
 6   1461.9   4   0 

今朝、洗面所で歯を磨いておりますと 足元に一匹のゴキブリをみつけました 黒い身体のもぞもぞと もぞもぞと生きているものでした 殺すのも忍びないとちり紙で優しくつつみ ドアの外へ放り出しておきました どこか知らないところで幸せになってください ......


現代詩
作成日時 2020-06-29

化鳥のうた

 沙一
 15   1283.2   0   0 

いくら倦いてもやまない残響に こたえのない微熱をあずける ひみつの肖像に花言葉をみいだして 厭になるほど月のささやく夜にながめる アメジストが砕けた夢をみたあとに ゆびさきで輪郭をたしかめたくなった 残酷な菖蒲(あやめ)がめざめて うしろ......


現代詩
作成日時 2020-06-06
投稿作品数: 195