2020年-詩人追放 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

伝記びりびり

言語と身体のきしみ

緘黙のぼくは、祖父母の目の前で、伝記を破り捨てることにした。

r

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

name

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

yasu.na

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

2020年-詩人追放    

下駄箱の中には何もなく 完全な朝だったのに、それでぐしゃぐしゃ。 おれのおもちゃは消毒液のボトルくらいなもんだ。 学校の5年生になったら下駄箱の割り当てが変わったのだが、 5年2組4番の下駄箱には仔豚を模して四肢を伸ばしたゴムの 玩具が置いてあった。 といっても、いい顔をしているので囲い込んだもんだ。 そんでもう6年生になってこのかたこの騒動。 やさしい夢をたいていはみるのだけど、ある日 豚が人間を食っていた! 「先生は宮沢賢治氏の手紙を読まずに食ったのですね あれは先生の思っていたようなものじゃないのですよ あれは宮沢賢治氏の書いたようなもんじゃないのだよ おれが、先輩であって名前も知らぬものの生命をだよ このおれが、永らえさせてやるために、送ったんだ」 下駄箱なんて交通の要衝だから いつまでも居ちゃいけないよ (風邪も流行ってるんだから) おれも6年目だ、落ちついてあるべき人間だ。 だのに先生は名前もなく、人間を食った!  本当に今日、カーボベルデでコンキスタドールが死んで  詩人が最後の人種になったのだ。  おれは踏みつぶされてある、名のなき詩人の名の下に。  おれはすがめになってある、名のなき詩人の名の下に。 ナムサダルマプフンダリカサスートラ 夢の彼方でやさしいものの声のするには、 おれはもう6年だ。ちょっとした、人間総体の幸福のためにも 営業をかけるべきだなあ。豚であって人間を食うようなものは なんであれ幸福を生まないからなあ。

scroll


作成日時 2020-06-27
コメント日時 2020-07-15

2020年-詩人追放 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 18
P V 数 : 1805.3
お気に入り数: 1
投票数   : 0
ポイント数 : 6
#現代詩 #縦書き
項目全期間(2020/10/28現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性20
可読性21
エンタメ00
技巧11
音韻00
構成10
総合ポイント62
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性11
可読性11
 エンタメ00
技巧0.50.5
音韻00
構成0.50.5
総合33
閲覧指数:1805.3
2020/10/28 15時27分04秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

2020年-詩人追放 コメントセクション

コメント数(18)
千才森 万葉
千才森 万葉
作品へ
(2020-06-29)

うーん、うーーーーーん。まだ誰も来ていないみたいなので、取りあえず、前の方に椅子を置かせてもらいます。読み込んでみたい作品です。読み込むことに意味があるのかどうかはわかりませんけども。 わたしには正確に意味を読み取れないのですよ。ただ、自信満々に言葉を配置してる姿や、感情の起伏を巧みに操ることで先へと引きずっていくところに、恐ろしさを感じます。 あー、いまのところ書ける感想があんまりないです(笑) あー。 正直、あまり読み込まない方が良いのかなとも思うんですよ。深読みしてしまうと出会った時には戻れないですし。 ただ、このまま流れてしまうのもちょっと残念ですから1度だけ上げておきます。

1
沙一
作品へ
(2020-06-29)

宮沢賢治の『アメニモマケズ』は、作品というよりはメモ書きだったそうで、賢治は法華経に傾倒していたこともあり、そのアメニモマケズのメモ書きには「南無妙法蓮華経」とも書かれていたそうです。宗教性もありますし、教科書など一般の目にふれるときは削除されていたのではないかと察せられます。「ナムサダルマプフンダリカサスートラ」は、南無妙法蓮華経のサンスクリット語の音訳ですね。 賢治の有名な『アメニモマケズ』だって、もとはメモ書きなんだから、詩を書こうとしなくたって詩は生まれるんだと、それなら詩人なんて肩書きはやめちまえ、と、いわゆる〈詩人〉を揶揄しているように感じられてしまいました。 冒頭は、下駄箱から靴が盗られていたというような、いじめを受けている小学生を思い浮かべました。そこで『アメニモマケズ』の精神とも重なる思いがしますが、豚が人間を食う、主体の鬱屈した心理から表出したかのような夢が不気味で、一筋縄ではいかない読後感。 感情移入するというよりは、宮沢賢治に関する衒学的な要素のほうが強く感じられましたが、夢想的な描写と骨太な筆致には、引き込まれるものがあります。

1
鳴海幸子
沙一さんへ
(2020-06-29)

沙一さん、コメントいただき本当に嬉しいのですが、あなたの読みは 重要な部分で 完全に 間違っています。 作者の説明が足りないところもあったようですが、あまり作者が余計なことをいうのも野暮なようなのでいくつかのことをのみ言うのですが。 冒頭は登校の場面ですよ。作者の一貫校は作者も含めて善良なモヤシ君ばっかでしたので、そんな心配はいりません。 あと、作者の衒学っぷりはそんなことではとどまっていないんですね。 賢治に関して、というだけでいえば、「手紙」( amazon.co.jp/手紙-四-宮沢-賢治-ebook/dp/B009B1D4VQ )を読んでこれを書きました。

1
鳴海幸子
千才森 万葉さんへ
(2020-06-29)

千才森さん、椅子、超ありがとうございます。 作者としてはシンプルに政治的に書いたつもりなのですが・・・。 6月の選考おつかれさまです!

0
鳴海幸子
作品へ
(2020-06-29)

#アドバイス募集 です。

1
獣偏
作品へ
(2020-06-30)

作者は年長の方でしょうか 素人目にとても巧みな詩だと思いました 宮沢賢治の「手紙」は、最後の「このはなしはおとぎばなしではありません」の一文が印象的だったことを覚えています 「カーボベルデでコンキスタドールが死んだのは本当ですか?」と、お釈迦様に訊くように 作者に見えているビジョンをもっと教えてほしくなる詩でした

1
帆場 蔵人@⚰
作品へ
(2020-07-01)

久しぶりに青空文庫で手紙四、を読み返してもどうにも読み解く力がないのでわからない。人間総体の幸福のためにも、手紙四だとすべてのいきもののほんとうの幸福こうふくをさがさなければいけない、ですよね。冒頭の下駄箱のところでは宮沢賢治が小学校に忍び込んで書いたものを下駄箱?に入れただったかのエピソードを思い出しました。名前もなく、人間を食ったのだから豚は先生か。名前というのは個人を識別するものだから、先生(社会で先生と呼ばれるような人たち全般を指してるのかなぁ)という立場で対等な人間としてではなく生徒?の大切な物を踏みにじったという事だろうか。とりあえず、手紙全部を読み返してみようかと思いました。

1
鳴海幸子
獣偏さんへ
(2020-07-01)

巧みですか。やっぱ、一連目がよかった。これを変奏しながら説明する、方便の方法だったんじゃないですか???...獣偏さんの方がこうしたことは意識的にやられているようだから、そういわれるとうれしいです。 ちなみに、新型豚インフルの発見は僕のビジョンじゃないですからね。マジで。

0
鳴海幸子
帆場 蔵人@⚰さんへ
(2020-07-01)

じゃ、あなたは人間じゃないんですね、帆場先生。 And Father, I love you like the little bird that picks up crumbs around the door.

0
帆場 蔵人@⚰
作品へ
(2020-07-01)

わざわざブレイク引用する方が先生、みたいですね。名前のない先生、わざわざどうも。人間でしょうねぇ、しょうもない事で小鳥みたいにぴーちくぱーちく、やってる。人間も小鳥も豚も、先生とか呼ばれるものもさして変わらずちっぽけでそんな具合でいいんじゃないですかね。

1
エイクピア
作品へ
(2020-07-02)

例えばアニメの千と千尋の神隠しで言えば娘から見れば父と母が豚であるような、比喩ではなくて、本当に豚として描かれてしまう、豚になって居る。何か悪いものの譬え、自分から見て、と言う風に、先生が自分のなしたものを処分してしまった。豚である先生が後景に退く続編が有る詩だと思いました。

1
鳴海幸子
帆場 蔵人@⚰さんへ
(2020-07-02)

帆場さん、賢治の「手紙」は読まれましたか?たぶん、読まれたのだろうと思います、実はそのことは重要じゃないんですが。 そうだとしたら、これは素晴らしいことですよ、気付いてしまった!先生。 >読まずに食ったのですね 追放されるのは詩人じゃない、僕であり、あなたですよ! だって、僕と同じことをあなたは言えるし、あなたと同じことを僕は言える! 帆場さん、朝が来て、誰が誰だかわかる前にこれだけは言わせてください。あなたは >いい顔をしている

0
鳴海幸子
エイクピアさんへ
(2020-07-02)

なるほど。

0
沙一
作品へ
(2020-07-02)

宮沢賢治の『手紙』が念頭になければ正しく読めないとしたら、それは読み手を考えている作品といえるのでしょうか。そもそも作品は読み手を考えなければいけないのでしょうか。深く読み解かなくても、あるいは読み解きが作者の思惑とは異なっていたとしても、その文章表現に惹かれた方もおられるでしょうし、そうした表現を読み手が思い思いに愉しむだけでは不足でしょうか。 以上、この場に資する文学的に価値ある応答を期待して、質疑を述べさせていただきました。

2
鳴海幸子
エイクピアさんへ
(2020-07-03)

作者はボリス・ヴィアンの小説が好きなんですね。で、この手の暗喩は詩の教科書があったら必ず記されるべき項目だと考えているんですよ。

0
鳴海幸子
沙一さんへ
(2020-07-03)

沙一さんの興味は少なくともそれらの点にあるのですね。 最初の点についてはアドバイスと受け取り、次の作品に生かそうと思います。 しかし、この場所にはそれをものとしないやさしい読み手もいらっしゃるのだとも分かっているのです。 その他の一般的な問いへ一義的に答えることは避けますが、この作品という特殊の場合について応答するのも嫌ダッ! 作者としてはそれらのことは知ったこっちゃないです。語りえぬ美学に過ぎない。しかし、感情として ・作者がどうして作品を呪術と同じ力をもつ、作者と同じような体験に立って読まれもしたいと思わないでしょうか。 ここでは体験の連なりこそが詩を成り立たせるポエジーだから。 ・また、具体的なひとつのイシューを扱っていて、そこに "作者のような立場のものが、今この時代にあって、書くという史料的な価値" を狙ったこともあります。 いくら歴史家の数だけ歴史はあるといえど、史料を誤読されることへの生理的怒りといった種のものはあるものですから。 ・すべてが終わった後、あなたは >下駄箱には何もなく に戻らなければならない。 以上三点、応答ではなく、主張をしました。

0
沙一
鳴海幸子さんへ
(2020-07-03)

普段ならこのように作者様へ質疑をなげかけることはほとんどないのですが、ここのところ想うことがあり、不躾であると自覚しながらも質問させていただきました。有意義なレスポンスを、まことにありがとうございます。御作の読み方の幅が広がりました。

1
i 0 i
作品へ
(2020-07-15)

まず確かに言えることは、読んでいて飽きなかったです。面白い。場面はシュールで、文の連なりは意味を煙に巻くような不思議さがありますね。宮沢賢治だったり、最後の方のマンダラだったり、いい意味で理解不能で面白かったです。 幸子さんの頭の中を覗いてみたい。 俗にまみれて豚になるよりも、詩人となって無名のまま死んだ方がいいという幸子さんの熱意を個人的には感じましたね。

抒情:0% 前衛:50% 可読:25% エンタメ:0% 技巧:0% 音韻:0% 構成:25%  
1

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2