作品投稿掲示板 - B-REVIEW
重要事項
お知らせ
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

狂気、ファック、バイ、そし……

自由 暴力 そして 輝き

虹がある。 邂逅と官能、詩。  現場からでした。

湯煙

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

大人

ただ  納豆  は苦手

生き返る、 笑いながら、 台所で、 さばかれるキミ、さあ、明日から食わず嫌いはやめよう。

湯煙

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

ヘビと戦う

家に蛇は、居つくことがある。

子どもの頃、蛇は家を守るから 粗末にしてはいけないと、聴きました。 なるほど、そういうことか。

真清水るる

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

風景を食む

我々も本作の出来に食まれていく

この良さは読まぬと分からぬが、読むと確実に心が仕留められる。独特の風景の描写は人の記述がないからこそ冷涼な空気を作り出す。

ふじりゅう

失踪

現代詩が現代であることを実感できる

古風な詩作品から一線を画した作風に我々は驚く。

ふじりゅう

お別れの挨拶

&氏による待望の一作

ロシヤ、という響きの不思議さに、貴方はもう逃れられない。。。

ふじりゅう

フィラデルフィアの夜に Ⅻ

フィラデルフィアシリーズ最新作!

羽田氏のフィラデルフィアシリーズ最新作が公開された。その完成度には毎度驚かされるばかりだ。

ふじりゅう



詳細設定を開く

海の見える車

 元澤一樹
 1   332.4   0   0 

冷たくなる手のひら 重くなるまぶた 頬をつたう熱と 呼吸音 髪の毛の絡まり 足先のしびれ 軟体動物的な舌のうごめき 鼓膜を震わす 柔肌の吸水性 球体関節の知恵の輪 なだらかな朝の透明度 水槽に沁みいる鳥のさえずり ガラス窓に突き刺さって......


現代詩 縦書き
作成日時 2020-04-06

あなたの手つき

 弓巠
 2   440.9   0   0 

まばたきと まばたき の あいだ で 落としてしまった たくさんの自 分のつぶが ひかりのふりをして ぼ、、く、、から逃げ て、海とよばれた おおきな 水 のかたまりへと くだっていく、ほかの、かつて 誰かだったつぶたち をあつめ......


現代詩 縦書き
作成日時 2020-04-02

桜の雨

 星空そとば
 10   1094.7   3   0 

わたしにとって、桜とは空から降ってくるもので、それは天気の一種であります ビニール傘の薄い膜が、わたしを花びらから護っています なぜならわたしは弱く溺れており 水溜りを撫でる北風が、わたしの姿を(あるいは、誰かを?) 際限なく細切れにして 際限なく傷......


現代詩 縦書き
作成日時 2020-03-30

ハウスベーカリー

 れいんまん
 5   199.9   0   0 

わたしの旦那はパンをやく わたしも家にいるけれど わたしを無視してパンをやく 窓の前に干してあるのに 窓を閉めて 洗濯物も乾かない ここにとじこめた空気に火をともして あなたはわたしが ハダカになったとしても あなたは構わずパンを......


現代詩 縦書き
作成日時 2020-04-08

吸血鬼

 萩原 學
 2   407.4   0   0 

ブレーキのない自転車で普通に坂を下るのは無謀と言える でも後ろからついてくる物があって全力で漕いでも離れなかったらどうしよう 自分の足以外にも頼もしい動力が欲しいところだが 買ったばかりのロケットも壊れてしまって修理に出したところで 修道院の僧侶だって......


現代詩 縦書き
作成日時 2020-03-03

行方のない散歩

 なゆた創a.k.a.NORANEKO
 1   363.0   0   0 

生白くうなだれた背なに黒くコートかかり ただ空気を吸いたくて、と懐にしのぶ言い訳 後ろめたい影が青いことを知りながら 歯抜けのような桜の枝枝に兆すみどり葉 ぼんやりと晴天がこんなにも重い 家で飲んできたコーヒーの香りはとうに失せ じっとりと苦さだけ......


現代詩 縦書き
作成日時 2020-04-04

明日に君がいて

 フィフティー(石嶋ユウ)
 0   179.8   0   0 

桜が咲いて散って セミが声を上げてすぐに死んで 葉が赤に染まって落ちゆき 雪が積もっては溶けていく 僕らがよく知るこの星は この繰り返しで成り立っていて 無情にも存在はすぐに居なくなる そんな世界で君に出逢えたのは ......


現代詩 縦書き
作成日時 2020-04-05

美しい国の住人(すみびと)

 トビラ
 2   329.9   0   0 

三つの本があった * 猫の本を開くと よんひきのねこがとびでた あたたかくやさしいねこは 高い所に登って外を見た 遠い所の変化を捕まえた しょうじきでやさしいねこは 炬燵(こたつ)の中でまるくなった もふもふとほっこり......


現代詩 ビーレビ杯不参加 縦書き
作成日時 2020-04-04
投稿作品数: 75