作品投稿掲示板 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

のいえられこーず

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

のいえられこーず

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

のいえられこーず

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

のいえられこーず

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

のいえられこーず

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

のいえられこーず

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車



詳細設定を開く

実験03

 類
 0   57.1   0   0 

小鳥を閉じ込めた  青空の破片が   鳥籠の中で静かに浮かんでいる 溶けた時計の重みに耐えかねて  折れた木の枝よ   緑色の血溜まりに蝿がたかっている 石は輸血されている  隣で兎が涙を零すのだ 地下室の机の上では  心臓の写真......


現代詩
作成日時 34 分前

何処へ

 紅茶猫
 1   136.0   0   1 

何処へ 漂流している 夜中のサイレン 漂流している 無言のいのち 人の消えた交差点 都会の十字架 詩人 綻びを言葉にしてはうり歩く 椿 赤いマフラーに雪......


現代詩 縦書き
作成日時 10 時間前

海で

 4   275.3   2   1 

吸い込んだ綿雲にむせ返ると 白い大波がクジラの唄で押し寄せてくる よる瀬もなく極寒と濫流の雷嵐に溺れながら かじかんだ手で太陽を求め、北極星を探した そして、 雲海を突き抜ける鉄階段 に、流れ着いた   ......


現代詩 縦書き
作成日時 2021-01-15

ラスト・リゾウト

 白川ロイヨ
 7   650.7   1   0 

踊子の掌が空をかき分ける 延びた先の風紋が 遠く光となる いくつもの筋を結び 瞬間に交差する 灯台守の掌が灯る 放り投げたものは返り 握りつぶしたものは熱を帯びる 光を埋める最後の期限を忘れたことなどなかった 最後の置き場所を考え......


現代詩 縦書き
作成日時 2020-12-31

はじめに光があった

 穴秋一
 2   333.5   1   1 

はじめに光があった 光はハウスダストとともにあった 光は朝であった 朝は誰もが知っていたが 誰も光のおかげだとは思わなかった 造られたもののうちで この光によらずに見えるものはひとつもない 光は眠気の中で輝いている 眠気はこれに打ち勝たなかった......


現代詩
作成日時 2021-01-09

車窓

 薄原もの
 0   111.3   0   0 

電車の窓に 小娘の顔がうつっている 車窓を流れるビルディングの、磨かれた側面に 電車がうつっている 箱にうつる箱の中に ほうけたような顔をした小娘がうつっている 誰だろうか、あれは。 私は宇宙の構造について考える ......


現代詩
作成日時 5 時間前

 夏村木
 3   371.5   1   0 

きいん、ぎいん、りょん。 くうろん。 くわれ、しかり。 はう、へ、さえ、みひり。 か、か、つと。 とへ、とえ、なわる、もい、き。 た、た、た。 れい。 れい。......


現代詩
作成日時 2021-01-11

窓の隅に花火

 つらら
 9   571.4   1   1 

真夏の午後独り リビングでただ横臥 夢も見ず ふと 窓の隅に花火が咲いた 僕はそれを手で隠した あの時とはとても遠く、小さく見えたから......


現代詩 縦書き
作成日時 2021-01-13
投稿作品数: 258