作品投稿掲示板 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

帆場 蔵人@⚰

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

neue Ära records

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

neue Ära records

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

neue Ära records

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

neue Ära records

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

neue Ära records

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

neue Ära records

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一



詳細設定を開く

死ね、ニュートン

 9   1265.3   2   2 

 せめて海という句点をつけて  この街を去れ!  おれの心は宝箱であった  いまでは空っぽですらない!  おぉ葉っぱが囁くふりを  するのが上手いんだ  おれはそこに矜持を見出し  血を吐くほど走った  それは奇妙な空だった  これから夏だと......


現代詩 縦書き
作成日時 2021-06-09

芋ようかん

 渚鳥
 3   203.3   0   0 

おみくじは吉 待ち人は来ないでしょう 減量中に、アンチ飢餓スイッチが入ってしまったのだがしかし 三食食べても、どうも最低限のカロリーが足りなくて メモを忘れてスーパーに行き 私ってサザエさんね さてはともあれ 調理に取り掛かった そのと......


現代詩 縦書き
作成日時 2021-06-19

さびしい

 ほかの なにか
 3   402.1   0   0 

優れていると思われ ほめられ大事にされるのとは また違っている 崇拝されたいのではなかろうか 私は憧れのあの人を崇拝するかの如く 愛しているが 私は崇拝されたいのだ 私の一言により容易に動かされる人の様を見たいのだ 憧れのあの人......


現代詩
作成日時 2021-06-15

工場の妖怪

 まさ
 1   164.8   1   1 

朝 薄もやでけぶる町 ラジオ体操にむかう道 木造の古い工場 ひび割れた窓ガラス から聞こえる 妖怪の寝いびき 僕はまるで 他人の工場をのぞき見する 少年のように 割れた窓ガラスから のぞき見る あお向けで眠る 穴あけの妖怪 ......


現代詩 縦書き
作成日時 2021-06-19

夏の日

 深尾貞一郎
 1   287.9   1   1 

畑の胡瓜に水をまく 用水路からジョウロで汲んで 根元の土にたっぷりとやる 細い竹でこしらえた支柱に つるを伸ばして 小指ほどの大きさの実は 黄緑色に育っている 熱中症にならぬよう 水分補給のたびに 口からこぼれた水が 金属のボトルをつた......


現代詩 縦書き
作成日時 2021-06-14

私の世界

 アイ
 0   112.4   0   0 

青々とした大海に 貴女の心は美しく 貴女の身体は妖艶 「あら 私は女?強引ね」 茶色く凍てつく大地に 貴方の心は強く 貴方の身体は武骨 「ほう 私は男?認識した」 両手伸ばした大空に 抱かれたいその先は......


ビーレビ杯不参加
作成日時 2021-06-20

ごしゃごしゃ!!泥だんご!

 石原誠
 1   182.0   0   0 

夜っていいよね 何もできないことを夜のせいにできるから アスファルトに張りついたチューインガムみたいだね 真夏にデロデロになっているやつ ね、チューインガムって溜飲それともチューin? 死にそうだね 消えてしまいたいのかな でもデロデロしてるから......


現代詩
作成日時 2021-06-20

●●●●●● ● ●●●● ●●●●

 38   1963.3   2   5 

●● ●● ●●●●●● ● ●● ● ●●● ●●●●●●● ●●●● ●●●● ●●●● ● ●●● ●●● ●●●●●●●● ●●●● ●●●● ●● ● ●●● ● ●●● ●●● ● ●●●●●● ●●● ●●●● ●●●●●● ● ●● ● ●●●......


現代詩
作成日時 2021-06-04
投稿作品数: 225