作品投稿掲示板 - B-REVIEW
重要事項
お知らせ
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

狂気、ファック、バイ、そし……

自由 暴力 そして 輝き

虹がある。 邂逅と官能、詩。  現場からでした。

湯煙

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

大人

ただ  納豆  は苦手

生き返る、 笑いながら、 台所で、 さばかれるキミ、さあ、明日から食わず嫌いはやめよう。

湯煙

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

ヘビと戦う

家に蛇は、居つくことがある。

子どもの頃、蛇は家を守るから 粗末にしてはいけないと、聴きました。 なるほど、そういうことか。

真清水るる

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

風景を食む

我々も本作の出来に食まれていく

この良さは読まぬと分からぬが、読むと確実に心が仕留められる。独特の風景の描写は人の記述がないからこそ冷涼な空気を作り出す。

ふじりゅう

失踪

現代詩が現代であることを実感できる

古風な詩作品から一線を画した作風に我々は驚く。

ふじりゅう

お別れの挨拶

&氏による待望の一作

ロシヤ、という響きの不思議さに、貴方はもう逃れられない。。。

ふじりゅう

フィラデルフィアの夜に Ⅻ

フィラデルフィアシリーズ最新作!

羽田氏のフィラデルフィアシリーズ最新作が公開された。その完成度には毎度驚かされるばかりだ。

ふじりゅう



詳細設定を開く

やさしい風(やまいよ、やさしく、いなくなれ、の祈りを込め……

 花澤悠
 0   146.5   1   0 

やさしい風が 首すじに心地よく 水玉のワンピース 着飾って街をゆく 春の陽気が大好きだ だれかもわからない ひとのしんせつがやわらかく うれしい 橋を渡るときに 川面をみると 岩には一匹の亀がいて あゝ、これが甲羅干しと言うんだっ......


現代詩
作成日時 2020-04-04

別れ

 羽田恭
 4   314.7   0   11 

今より ここより 二度と会うことなく 別れていく 手に触れ 匂いが届いた 五感の全てで感じる事はもうない 明日 今日 次の瞬間にも 死ぬかもしれない 今 彼らとの終わりが この一歩より告げられている 幸運を 達者で 元気で ......


現代詩
作成日時 2020-04-02

 さ
 3   206.3   0   0 

俯いて隠した歪めた顔も意味はない 死人のつもりで家を出る 髪振り乱すほどの価値ないって言い聞かせ 今日もまた気に入りの靴履いて 竹の切り口で怪我をした夜、 かわいがられる人間のつもりか どちらも怖くないふりをして 進む 過ぎるのを待つ......


現代詩
作成日時 2020-04-03

私は遺伝子を嫌悪する。

 シナスタジア
 0   233.8   0   0 

私たちはいつだって、 大丈夫(・ ・ ・)だと思っている。 「あなたに遺伝子をあげたい。」 いつからか、人はおかしくなってしまった。 楽しげに笑うあなたの顔、壊れているよ。 乱立するビルディングの下で、食事をするあなた、狂っているよ......


現代詩
作成日時 2020-04-03

凍てつく空の森から

 冬崎日市
 0   197.9   0   0 

枯れた感情の花束を 忘れていったあの子は 夢で見かけたあの花によく似てる 優しさと憂いの雨を受けたように 白けた空に凍った涙が 太陽に温めれられて溶けるんだってさ その涙があの子を育てたの 沢山の跡を心に残しながら 柔らかな憂いがそっと......


現代詩
作成日時 2020-04-03

ピース、ストロボ

 takada
 0   196.4   0   0 

   ある日友人が呟いた   「鷺て、ポキておれそうね」    白く細かった鷺が水しぶきの中    静かに足を上げていた    自転車で走っていると、いつも    ポケットにあるピースの箱がいつのまにかなくなる    そっと自転車を下り......


現代詩
作成日時 2020-04-03

廃校舎

 蘭木堂
 0   189.5   0   0 

 ぼくがそこにいた頃は  みんなが元気にはしゃいでた  ぼくがそこにいた頃は  変わらずみんなはしゃいでた  きみが入ってきた時は  何かとても恐ろしいことのようで  きみが歌ったあの詩(うた)は  今でも耳に残っ......


現代詩
作成日時 2020-04-03

暖かなお祝い

 はたもり
 3   383.8   0   7 

シマウマのしまが増えた 誰も増えたしまを知らんけど 誰も増えたしまを疑わない リスは踊ってどんぐりやった キリン 模様の絵をやった イノシシ 牙を触らせてやった ヒトはろうそく灯したケーキをやった みんなみんな祝ってやった 歌ってやっ......


現代詩
作成日時 2020-03-31
投稿作品数: 246