作品投稿掲示板 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

neue Ära records

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

neue Ära records

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

neue Ära records

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

neue Ära records

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

neue Ära records

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

neue Ära records

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう



詳細設定を開く

笑死、壊止

 0   165.4   0   0 

源泉は脆弱に流し曝す さらば 我が愛しき日々よ 恋人よ 友人よ 父と母を翻して産まれたは、昼夜 コンコンと敗色せよ 諾諾と ユキ 交したる。 桃の鼻に 点いた はなびらを、粧 . ゑみ給え 僕、重吹く(ヤツガレシブク)......


現代詩 縦書き
作成日時 2021-03-06

なぐさめ

 リん
 2   299.5   0   0 

もし僕が先に死んだら 言い終わる前に泪を浮かべていた 君の瞳にはいつも負けてばかり こんなに弱い僕だけど 君の匂いが僕を優しく包む もし私が先に死んだら 貴方は笑顔でいてほしい 貴方の笑顔が好きだから......


ビーレビ杯不参加 縦書き
作成日時 2021-03-02

プールⅡ

 鈴木歯車
 5   670.0   5   1 

水域から飛び出す光が交わることは ないと知っていたのに おまえは言葉にできないところから 取り出して洗ってしまう 空中で消えてしまうまでの動きで 窓が割れ そこにある意味 生活の取り決め あこがれが飛び降りていくとしても こわれやすい......


現代詩
作成日時 2021-02-25

名もなき偉人への讃歌

 叩見四畳半
 7   366.9   0   0 

人間は精神の檻から逃れられない。 それは人間が考えることしか出来ないからだ。 必死に檻の鍵を探して逃れたとしても 結局は檻の中にいる。 人間は精神の檻から逃れられない。 人は仮説を立てる生き物だ。 ただ仮説は仮説でしかない。 相対の中で生......


現代詩
作成日時 2021-02-27

好きなふしぎ

 ユナジィ
 2   236.0   0   0 

意図せぬままに おとずれる このきもちは なんだろか すべてのものが 柔らかく 茜色に染まるよな この現象は なんだろか 名前なんてあるだろか 生まれた街はどこだろか 風がくすぐる 浮かれたわたしのつま先を 優し涙が溢れだす 顔にか......


現代詩
作成日時 2021-03-05

詩の日めくり 二〇一五年四月一日─三十一日

 田中宏輔
 4   295.5   0   1 

二〇一五年四月一日 「少年はハーモニカの音が好きだと言った。」  これは、『ゲイ・ポエムズ』に収録した『陽の埋葬』の一つに書いた少年の言葉だった。ぼくがまだ20代だったころの話だ。なんで思い出したんだろう。その少年のことで書いていないことがあったからかも......


現代詩 縦書き
作成日時 2021-03-01

夢のプリズム

 komochi
 4   404.1   0   1 

寒々とした海岸を たった一人で歩いてゆきます 夜空の月はむなしくも欠け 波音静かに返ってゆきます かかる寂しき風景に ふとあなたの姿をかさねます その時あなたは1コのプリズム あくまで透けたその一片に 私の夢が映ります むなしい月......


現代詩
作成日時 2021-03-01

イヤホンのコード

 まさ
 6   411.1   0   0 

よく イヤホンのコードが絡まる 私は絡まったイヤホンのコードを ほどくのが苦手だ 絡まっている部分に 向き合って どこが問題で なにが支障になっていて どうすれば解決するか よく考えればほどけることは わかっているのだが 絡まっている部分......


現代詩
作成日時 2021-02-26
投稿作品数: 233