作品投稿掲示板 - B-REVIEW
重要事項
お知らせ
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

狂気、ファック、バイ、そし……

自由 暴力 そして 輝き

虹がある。 邂逅と官能、詩。  現場からでした。

湯煙

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

大人

ただ  納豆  は苦手

生き返る、 笑いながら、 台所で、 さばかれるキミ、さあ、明日から食わず嫌いはやめよう。

湯煙

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

ヘビと戦う

家に蛇は、居つくことがある。

子どもの頃、蛇は家を守るから 粗末にしてはいけないと、聴きました。 なるほど、そういうことか。

真清水るる

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

風景を食む

我々も本作の出来に食まれていく

この良さは読まぬと分からぬが、読むと確実に心が仕留められる。独特の風景の描写は人の記述がないからこそ冷涼な空気を作り出す。

ふじりゅう

失踪

現代詩が現代であることを実感できる

古風な詩作品から一線を画した作風に我々は驚く。

ふじりゅう

お別れの挨拶

&氏による待望の一作

ロシヤ、という響きの不思議さに、貴方はもう逃れられない。。。

ふじりゅう

フィラデルフィアの夜に Ⅻ

フィラデルフィアシリーズ最新作!

羽田氏のフィラデルフィアシリーズ最新作が公開された。その完成度には毎度驚かされるばかりだ。

ふじりゅう



詳細設定を開く

遠い風習

 白川 山雨人
 10   1013.2   0   20 

芝草をかむとね 破裂の音が聞こえるのさ 新しい月の生じる音 コップン コップン という音がね たとえば 糸のような雪がふり始めたら すぐにかんでみるといい 四月が破裂を始めているかもしれない それなら コップン コップン 伝えてくれる ......


現代詩
作成日時 2020-03-19

余熱

 クミトリナギ
 2   524.1   0   0 

銃があれば撃ちたいか 剣があれば斬りたいか 膨れ上がった風船と 行方知れずの感情が 肩を叩いて去ってゆく なにか呟き足早に 針でその身を刺したいか キリストひとりじゃ足りないか 人影見たら踏みたいか 烏が鳴くから帰ろうか ......


現代詩
作成日時 2020-03-20

練乳をポイントカードで買うと書いた紙がファミレスに落ちて……

 ゴロ
 0   219.5   0   0 

小さいよ、小さいよ、ぽたり、ぽたり、ポタポタと響き渡るスリッパを履く、水滴、それとも、線香花火、パッと散るあなたが好きだったと口に出したくないから診療所の待合室で黙っている。アルコール消毒をしているあの子からの脇の匂いが好き、なんで口に出したくないから診療所の......


現代詩
作成日時 2020-03-29

帰る(五月雨降られ)

 AB
 4   599.5   2   4 

   五反田へは 品川まわりの方が早いけど 君を思いだすために 久しぶりの家並みを見ながら 今の僕には池上線が ちょうどいい速度で 君と出かけた日 洗足池で降りだした雨は 五反田で本降りになっていた 東急デパートの屋上にテレビヒーローが来る......


縦書き
作成日時 2020-03-24

メメント・モリ2020

 なゆた創a.k.a.NORANEKO
 15   1087.6   0   5 

改札前にて考える人 Suica入りの財布を躊躇い 返す踵。徒歩でも余裕と 鼻にあたる針金を潰す 通りすがる、自転車の子らに竦む身 太陽が眩くってカミュの肖像 漂う後頭部、午前7時 車道を渡り、ワニを偲び 桜を写メる。セリフパロは 野暮だと画像......


現代詩 縦書き
作成日時 2020-03-25

永遠の反射

 舟虫/GAMAKATSU
 8   594.9   1   41 

音や言葉が人のなかで延々と反射し続ける 良いことも悪いことも 人は頑なに自身の栄光を心に持ち続けるのだろうか 何かを得たものは喜びを忘れられないのだろうか 最初に一つの心が生まれた その心はなにかを昔に成功させて喜ぶ  ......


現代詩
作成日時 2020-03-28

麗日

 石村利勝
 19   1852.8   4   48 

空の歌はきこえず さくら花閑(しづ)かなり ひとときの翳り 野ばらの苦い永遠 約束よ―― 時折みじかい愛が囁かれ 美しい童子が立ちぎきをする 空の歌はきこえず 午後の風のさやかに揺する 春草はなつかしむ なごやかな四月 ヒバリの夢は稚い ......


現代詩 縦書き
作成日時 2020-03-16

非在

 沙一
 16   1576.0   1   47 

沈丁花すがたなくとも香りけり 菜の花の蔭に仏の眠りをり 春雨や香たちのぼる観音堂 ひととせの俤(おもかげ)さがす花のころ かくれんぼみつからぬまま春の夜......


現代詩 縦書き
作成日時 2020-03-18
投稿作品数: 246