作品投稿掲示板 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

路地裏空想

日常の狭間のアトラクション

とてもいい。程よいユーモアに張り詰めた気持ちもほぐされる。

ほば

B-REViEWは終わった

詩を愛するすべての方へ

詩投稿サイトは終わったのか、そもそも始まっていたのか、ただひとつわかっているのは、作品をとおした交流が求められているということ——

沙一

良い

シンプルに好き

あっす

パパの日曜日

パパの日曜日

いい

明林

終着点

生きる、その先に死地はない!

美しくさわやか、そして深い意味が込められたシーン、均衡の取れた心情と思想、強い意志で最終連へと迫る引き締まった展開、我が胸にこの詩文を抱いて!

yasu.na

九月の終わりを生きる

呼び覚ます声

夏の名残の暑さが去ろうとする頃、九月の終わりになると必ずこの作品のことを思い出す。

afterglow

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

るる

時の名を考える

奇妙な味わい

時の名前、おもしろい発想です。黒髪ワールド炸裂です。

yamabito

声明 流木から

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

魔法はある 犬ver

うまいと感じました(内容は15禁)

レスが少ない順から眺めていったんですが、埋もれてましたので掘り出しました。

yamabito

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

初恋

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

藤の花

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

犬のしっぽ

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

あなたのために

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人



詳細設定を開く

もたざるものの、

 鷹枕可
 2   440.3   2   0 
<批評対象作品>
鯨の鱗

私は、レトリックとか、を読み解ける人間ではないのですが。一読、すっかりと引き込まれました。 季節を知らないこと 自然風物を知らないこと。 それらが二十世紀の遺物と語られる行には、 彼等、若い方々の表現の意味する所がしたたかに腑に落ち、始めて共感の橋を架......


現代詩 批評 選評文
作成日時 2022-11-15

19時の幻覚

 如月
 2   267.0   0   1 

暗がりを焼く部屋の中 鏡の別人、二人目の肌 問う、私は無駄? 僕の扉を開けたのは? 桃源郷に血迷って 無様晒し、血が穢れて この病気は治らない もう誰とも話せない 何もしてない、何も知らない、何も話してない、何も悪くない、何も書......


現代詩
作成日時 2022-11-16

どうしたらいいの

 堕天使
 4   367.6   0   2 

愛だなんて 私には手に入れることができないさだめ すぐに溶けてしまう すぐに消えてしまう すぐに色あせてしまう すぐに穴が開いてしまう そもそも愛なんて不確定で 抽象的なものを追い求めたのが間違いか 私は 愛そうとした人に何もかも依存してしまう 愛か......


現代詩
作成日時 2022-11-14

捧げ歌

 yatuka
 2   498.7   1   0 

神への賛美を輝く瞳で書くあなたを 僕の暗がりは恋慕で真っ黒に汚す 何故こどもを産まなければいけないのか この体にも芯の奥の方に星の種が宿る 悲しみが劣情を清く洗い流そうとする 一篇の抒情詩を美しいと思う心が醜さを救う 叩き付けようとした筆先から......


現代詩
作成日時 2022-11-06

るー

 14   588.5   0   0 

「もう、抱いてやるー」の「るー」がたまんないねと まりんはちょうどいい年頃だった 四角いし 所々丸いし いや四角いし やっぱり丸いし 小麦粉を減らす今回は オーバル型のお皿を使う るー、るー、と何回も言う 化粧を落とす間にも るー、るー......


現代詩 縦書き
作成日時 2022-11-10

武器商人

 福まる
 0   240.6   0   0 

努力って自分が幸せになるためにするもんだろ 断じて他人の為じゃない 俺は幸せになるために沢山の連中を利用し用が済んだら処分してきた 今回もそうだ規模が少し大きいから少々面倒だけど なあに問題はない後はこの地域に武器を供与してと さあここでも戦争を起こ......


現代詩
作成日時 2022-11-14

I WAS BURNT

 AIひよこ
 2   206.7   0   0 

きみのしんぞうは、しんでしまったらしい かぜがささやいている ひかりのなみだ ゆめをみていた、のは、(蛍光灯?) まぶたのうらがわ あかいろがきらいになった ピーーーーという発信音のあとに きみのしんぞうは、しんでしま......


現代詩
作成日時 2022-11-13

最上川

 2   268.8   0   0 

五月雨を集めていた たくさんの川を機械的論考の数々で 打ち破って 積み上げられ 帰るのも馬鹿らしい 勤怠にも時間は残らず一体なんだったのだろう 五月雨を集めてみました 試合には勝てません リーダーとして情け無い 血が止まらない ......


現代詩 縦書き
作成日時 2022-11-07
投稿作品数: 205