あなたへ - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

終着点

生きる、その先に死地はない!

美しくさわやか、そして深い意味が込められたシーン、均衡の取れた心情と思想、強い意志で最終連へと迫る引き締まった展開、我が胸にこの詩文を抱いて!

yasu.na

九月の終わりを生きる

呼び覚ます声

夏の名残の暑さが去ろうとする頃、九月の終わりになると必ずこの作品のことを思い出す。

afterglow

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

真清水るる

時の名を考える

奇妙な味わい

時の名前、おもしろい発想です。黒髪ワールド炸裂です。

yamabito

声明 流木から

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

魔法はある 犬ver

うまいと感じました(内容は15禁)

レスが少ない順から眺めていったんですが、埋もれてましたので掘り出しました。

yamabito

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち❤️久遠恭子

初恋

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち❤️久遠恭子

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち❤️久遠恭子

藤の花

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち❤️久遠恭子

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち❤️久遠恭子

犬のしっぽ

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子

あなたのために

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

真清水るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

ほば

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

あなたへ    

親愛なるあなたへ   お元気にしていらっしゃいますか   お身体に変りはないですか   ちゃんと眠れていますか   心苦しいときには   しっかりと休養をとれていますか      いきていることの    重さをたえられない時には   あなたからの手紙に何時も、   遠いあなたのことがおもいだされます   いまはどこにいるのでしょうか       わたしは、   何をあなたにとどけれけばいいのでしょうか   あなたに   ゆるされていた日々に   かけがえのないものを教えてくださったことを   こころのないわたしに、   こころをあたえてくださったことを   それを忘れてはいけない、   だから   わたしは恐れずに立っていたいのです   いたいのです、   けれども、    わたしは、弱くなってしまいました   つたえたいことばはいくつもあるのです   あるのです    けれどもことばにならないのです      ただ   あなたはどこかにいまも生きている、そう思えるのです        _        ✛   この世界のすべてがあなた   かけがえのない日をいきているから


作成日時 2019-07-28
コメント日時 2019-08-04

あなたへ ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 6
P V 数 : 1947.5
お気に入り数: 1
投票数   : 0
ポイント数 : 32
#テキスト #アドバイス募集
項目全期間(2022/09/29現在)投稿後10日間
叙情性1010
前衛性00
可読性77
エンタメ00
技巧77
音韻00
構成88
総合ポイント3232
 平均値  中央値 
叙情性3.35
前衛性00
可読性2.32
 エンタメ00
技巧2.32
音韻00
構成2.72
総合10.79
閲覧指数:1947.5
2022/09/29 14時49分10秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

あなたへ コメントセクション

コメント数(6)
田中修子
(2019-08-01)

鷹枕可さん、こんにちは。 もうすぐ私の作品へいただいたコメントへのレスがまとまりそうなので、すこし、お待ちください。 そうして、鷹枕可さんのこの作品へコメントさせていただきます。 私はあちらのサイトのころから鷹枕可さんの作品が大好きでした。 こちらのサイトで拝見できましてとても嬉しかった。 また、一番最新の作品を拝見し、「あ~またいつもの作風も残っている」と嬉しかったのですが、でも、この作品も私にとっては嬉しいものでした。 いつもの作品は、なんといえばいいんでしょうね。 「鷹枕可の世界観が炸裂している作品」というポイント項目があったら、私はぶっちぎりで100点入れてしまうと思う(迷惑)。世界観、SF観の人というか……。 いくら、世界が閉じているかもしれないとか、可読性が低いかもしれなくとも、私は、いつもの作品もとても好きです。 漢字の組み合わせをみてはニヒヒと笑ってしまう。 というか、案外、鷹枕可さんの作品は、鷹枕可さん独特の語彙で綴られたファンタジー社会を描いているようでありながら、きちんと現実社会への批判とリンクしているときもある。 ここまで精緻に作りこまれた世界は、日本というよりはむしろ、外国の、一流アーティストによるコミックを思いだす。アメリカのバットマンシリーズなんか、一コマ一コマ書き込みに描きこむようなアーティストにしか任されないけど、ああいう感じです。 で、そうやってシリーズを追ってきて、この、ふんわりとした優しい詩ですよ。びっくりしました。 初夏の、四つ葉がときたま混ざっているシロツメクサみたいな。 見落とされがちな、ポエム、と揶揄されがちなもの。でも、私、こういう優しくて読みやすくて淡い恋情が漂ってくるような、愛らしい小品がとっても好きなんです。あと、いままでの作風からこの作風になったから、何!? 何があったの!? と画面の前で、いい意味で、しばらく混乱していました。 いままでの世界が、ある種殺伐とした、基本的には閉じ切っていて、その世界へ迷い込むのが好きな人間、要するに閉じた世界を持ったもの同士しか行き来できない都市を描いていた人が、突如、ポストカードに鉛筆に水彩の柔らかい小さな絵を描きだして、みんなに送り出した、という感じ。 いったい何があったんだろうと思いました。でも、優しい気持ちになりました。 またいつか、いつもの鷹枕可の世界が炸裂している作品にもコメントさせてください。ありがとうございます。

0
鷹枕可
(2019-08-02)

田中修子さまへ。 身に余るおことばを賜りまして、心より嬉しく存じます。 全くお返事として成立をしていないような駄文をつづらせて頂きますが、今しか書き遂せないこととして、つかの間、傾聴を頂けますなら、嬉しく存じます。 以下、自らへの内省として、書かせて頂きます。 sns、ネットには、今という概念しか存在を致しません。過去、長期的展望といったものはインスタントな承認欲求を前に、無意味です。 情報の洪水のなかで、あらゆる直感的即断を要求され、人々はより煽情的に、不安定にならざるを得ない、それが今、という時代の趨勢なのでございましょう。 その様な環境の只中に於いて、熟考や、自己懐疑は捨て置かれるべきものと為って仕舞った様な印象を受けます。 漠然とした共通言語のコロニーを生成し、価値観の異差、に拠って否応なしに分断を科された「わたし」が辿り着く処とは、 外‐集合的な価値観へのヘイトスピーチであり、貌さえ知らぬ誰かへの、憎悪、そして徹底的な排斥でもあるでしょう。 若さとは往々にして、過激な思想や偏狭な暴力に惹き寄せられるものでもございます。 その点に於いて、――最早若くはない私は――未成熟な侭成長をしてしまった欠陥品なのでしょう。 至極簡単な事ですが、受け容れない者は受け容れられない、ものなのでしょう。 私は何時何処に於いても――受け容れられない、鬱屈や憎しみを抱えて、生きて来たものでございます。そして私は、他者や善意を信じない、人間と為って仕舞いました。 私は、鬼畜なのです。 本作「あなたへ」も普段の私ならば、下らない駄作として廃棄処分をしていたことでございましょう。 私に於いて共感は、敵なのです。 時処を溯りますが、私は、学生時代に於いて、排斥と暴力、つまり深刻な「いじめ」を受け続けておりました。 抵抗行為は、彼等と私を同じくする、醜い精神を発露する様な、悪への肯定と感ぜられ、それを自ら禁じておりました。 弁当箱に唾を落とされれば、粛々とそれを食し、シャープペンシルにて腕に夥しい刺突の穴を開けられれば、血の滲む侭それを任せ擱き、 逐一所作を嘲笑われつつ、教師にも見放され、言葉は悉く――同窓の彼等は一丸となり――無視を受け続けました。 殴打等の記憶は、曖昧にて、思い出すことは叶いません。 その時より、私の価値観は固定され、他者とはその様に振る舞う者である、と確信をして生きてきたのでございます。 短詩は、その頃より作り始めておりました。 内容は愚にも附かぬものではございましたが、生きる縁でございました。 決定的な、共感態度への否定、の契機となりましたものは、嘗ての親友より浴びせられた悪罵、でございました。 そして、私は、壊れました。 如何にか底辺高校を卒業し、私立大学への進学を果した頃には、自棄に陥り、碌に通学もしないままに退学届を提出することと、為りました。 それより引籠り続けまして、略今までの実人生の過半を、他者と会話する事も無く、過ごして参りました。 被害妄想が出現し、家族への悪罵を吐き、自室の壁を金槌を以て叩き、 何処かに盗聴器が仕掛けられているのではないかと、自室の畳を総て引き剥がす、等々、異常行動を来しました後、家族に連れられ精神科の門扉を叩きました所、 下された病名は、破瓜型統合失調症、でございました。 以上が、今に至るまでの私の履歴、でございます。 私は、救いの手を、知りません。 長々と、作品と関係の無いレスポンスをしてしまいまして、允に、申し訳ございません。

0
藤 一紀
(2019-08-02)

こんにちは。とても素敵な作品です。《わたし》が語る言葉の下にある心情の動きや時間への視線を感じとることができて、《ことばにならない》ものの存在と深みをくっきり表し得ていると思います。それも、ちっとも難解でなく、誰にでもわかる平易な言葉で。 特に私が好きなのは第二連の「、」にいたるまでの最終行です。

0
鷹枕可
(2019-08-02)

藤 一紀さまへ。 お褒め賜りまして、嬉しく存じます。 一度放たれた言葉は、放たれたままの容を取り、返って来るものであると、心して詩作に挑みつづけたく思う所存でございます。

0
せいろん
(2019-08-03)

とても読みやすいし、訴えかけるものがありました。 最後に追伸(P.S)のような書き方も、面白いです!畳み掛けるように美しい言葉を連ねていく技術を感じました。 良かったです!!

0
鷹枕可
(2019-08-04)

せいろんさまへ。 褒めて頂きまして、心より嬉しく存じます。 それと、 何時ぞやは、突き放した様なレスポンスを送ってしまって、ごめんなさいね。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2