せいろん

投稿作品数: 13
コメント数: 85
プロフィール:
詩を書いてます。 書きたいことを書きます。感想もご自由にお願いします(*^^*) #詩 #現代詩


眠る私とビル

2019-06-01

私を動かして

2019-05-01

空想と星空

2019-04-05

仮の住まい

2019-04-01

脱世界

2019-01-06

冷気

2019-01-06

私は良心

2018-09-24

絵と赤子

2018-09-23

以前エイクピアさんの詩の感想でも書かせていただいたのですが、難解な作品を書く方の批評をいつかしてみたい、と思っておりまして、その一つに渡辺八畳さんの詩があります。言ってしまえば私の理解力が乏しいのですが、この詩で言う夜の河、じゃぽんというのは日本(Japan)によせているのかな、と思いましたが自信がないです笑 由来のわからない風という表現だけで心を持って行かれそうなのは変でしょうか。とても魅力的です。 上にステレオさんがコメントされていますが、ステレオさんの詩もいつも安定の面白さですよね。お二人とも、これからも応援しております!! (やぁ! さようなら!)

2019-06-16

ふじりゅう様 コメントありかとうございます。 異常性のある世界観… とても嬉しいお言葉、ありがたく頂きます!! そうですね、この詩は引き止めようとする詩として書いてみたものです。 私の以前の作品をご覧になっているふじりゅうさんの知識なら、何を引き止めるのか、分かっていただけるのかもしれないと祈るように思うんです。 本当にありがとうございます。 (今にも向こう側へ)

2019-06-15

エイクピアさんの詩は、難解です。 きっと真意があって、それは精進すれば解るのかもしれないですね。少なくとも、今の私は未熟なので高嶺の花なのかもしれないです…でも、読み解こうとしている自分を愛せていて、エイクピアさんの作品で自己の発展に活きていて、感謝してます。 いつか、エイクピアさんの詩を噛み砕いて、批評をしてみたい、と思っています! (イージー)

2019-06-07

最後の連が、とても切ない。 昔の自分が良かった、と言われるが そんな自分は実際はバカ息子だったんだ… 若さ、精神の幼さというのは切なさを呼んできますね。 正直なところ、ふじりゅうさんの作品の中でもかなり好きな作品になりました。 お世辞じゃなく、本当に良かった… (オウト・ロック!!)

2019-06-07

不思議ですが、何とも言えない魅力を感じました。タイトルもダイレクトなようで意表を突いていて、キラキラネームの流行っている中のあえて渋い名前のようで、素晴らしいです。 なかなか出来ないことをされていると思います。 (リス)

2019-06-07

安定の面白さですね。 青の空、今もって…など、言葉のポケットの多さが素晴らしいです。 ラストが美しい。 とても良かったです! (彼女が、待っている。)

2019-06-07

ふじりゅう様 コメントありがとうございます。 コメント消えていたものふじりゅうさんだったんですね!分かって良かったです。 ふじりゅうさんの、ステレオさんへの批評が素晴らしくて、私にもコメント頂けて光栄です。 スパイダーマン!笑 嬉しいです。ありがとうございます。 (眠る私とビル)

2019-06-07

夕立様 コメントありがとうございます。 トリップ感ですか!嬉しいです。 そうですね。意識して書いた訳ではないですが、そう言って貰えて感謝しております! ありがとうございます!! (眠る私とビル)

2019-06-07

エイクピア様 コメントありがとうございます。 エイクピアさんには、いつも丁寧で真摯に私の拙い詩に向き合ってもらっているので、感謝しております。推察はかなり的を射ていて、びっくりです! 活力を頂きました。ありがとうございます!! (眠る私とビル)

2019-06-01

ふじりゅうさんの批評も素晴らしいし、ステレオさんのこの詩を読み返してみようと思いました。 (〈批評文〉空想のこころへ近づいてみるんだ(「TO THE MOTHER LAND」[stereotype2085]を読んで))

2019-05-31

なんだか夏の夜の、少しひんやりした感じがしました。表現もとてもリアルで秀逸だったと思います。もっと読んでみたくなりました。 (雨曝し)

2019-05-31

渡辺八畳さん すみません!私の文章がおかしかったです。 「一気に読んでしまいました、知的な〜」 でした。申し訳ないです。 失礼しました! (喜びを増やすより悲しみを減らしたい)

2019-05-28

生活の上で、お互い会話をするが本当に対話が出来ているのか、本当の意思の疎通が出来るのか、という意味が入っているような気がしました(多分私がズレてます笑)。 とても興味深い内容でした! (わたしの棲む私の国)

2019-05-27

ふじりゅう様 コメントありがとうございます。 そこまでくみ取って下さり、感激しております!そして丁寧な文章で分かりやすく、大変嬉しいです。 また来月も投稿しますので、是非ご覧くださいね。ふじりゅうさんの作品も楽しみにしています。ありがとうございます。 (いつでも泣ける)

2019-05-27

「新生児はこの世界からもう逃避できないことが確定してから視界が明瞭になる」 という部分が、舞台を作っている気がしました。一気に読んでしまうぐらいの知的な詩ですね…とても良かったです。 こう表現してしまうのか!…すごい、とつい未熟者な私なんかは思ってしまうんです。 渡辺八畳さんの詩は結構読んできましたが、前衛的な方の作品であると感じました。 次回作も期待しています。 (喜びを増やすより悲しみを減らしたい)

2019-05-27

南雲 安晴さん ふじりゅうさんの作品、とても良いと私も思いました。南雲さんの批評も素晴らしいと思います。ふじりゅうさんの詩は人間味が出ていて私も好きなんです。tOiLeTさんの出された話題は、ツイッターでも拝見しました。とても面白く、興味深い内容ですよね! 素晴らしい作品と批評でした。ありがとうございます。 (「文学」って何?(第二回)(ふじりゅう氏『初化粧』を読んで))

2019-05-25

ふじりゅう様 コメントありがとうございます。 あいかわらず、など勿体無いお言葉です!!嬉しいです。 ふじりゅうさんの詩も参考にして今後も書いていこうと思います。 ありがとうございます! (私を動かして)

2019-05-09

tOiLeT様 コメントありがとうございます。 そうです!精神病院です。 分かっていただけて嬉しいです。 袋のお菓子は、ハサミを使えなかったのを表現したのですが、不吉に思われたのは当たってますね。 「あなた」は私の母親です! ありがとうございます!! (いつでも泣ける)

2019-05-09

2つの単語が真逆のイメージの(美・醜 のような)ものを持っていて、たとえばそれは空想のキャンパスとバカな恋、ほっぺと世界の爆撃、のように 絶妙にバランスを取っている感じがして、ふじりゅうさんの才能を感じました。 内容は難解で自分の読解力のなさを思い知らされますが、読んでいて面白くて良かったです。 (初化粧)

2019-05-09

とても興味深い内容でした! ひとつ、特に面白かったのが、「推敲ってしたことありますか?」という一文です。なにげにツボでした笑 以前かるべさんの詩に間違った加点の仕方をしていたことを、改めてお詫び申し上げます。本当にすみませんでした! (B-REViEWは終わった)

2019-05-05

シュレディンガーの猫が出てきた時に、なんて多彩で面白い詩だろう、と思いました。ステレオさんの詩は安定して読んでいて楽しいので、ホッとします!こんな感想ですみません。 (陽・いずる)

2019-05-04

そうですよね… 私たちは偶然いい状態なのかもしれない。しかしそうでない人間もいますね。拝見して納得しました。 いい作品でした。ありがとうございます。 (その光景の中で)

2019-05-02

とても沙一さんのこだわりが出ている詩だと感じました。 あえて平仮名を使ったり、簡単な言葉と難しい(語彙力なくてすみません)言葉を混ぜてあるので興味深い内容でした。 上のコメントにもありますが、タイトルがいいですね。 私はいつもタイトルを付けるとき、作品中のフレーズを付ける脅迫みたいな念があるんですが、沙一さんはどうやっていつも思い付きますか? ぜひ聞いてみたいです。 (ハルピュイア)

2019-05-02

「蛾でありたい」 の詩が良かったです。 普通なら蛾からは希望などは感じないような気がしますが、比喩としてぴったりと合っていて、なるほどと思いました。どの詩もいいですが、私はこの詩が好きです! (前に書いた暗い詩)

2019-05-02

すごく読みやすく、面白かったです。 「アイツ」が死んだように、自らも今日死ぬかもしれない。 空想の理論から現実味を帯びていくところが興味深かったです。 良かったです! (変なヤツ)

2019-05-02

とても美しく、儚いような詩だと思いました。 自分もこういった綺麗な詩を書きたいものですが、上手く行かないです笑 参考にさせてください。 (弥生から皐月へ)

2019-05-02

「正しい見方を」 本当にそうだと思います! 良かったです。 (ネット詩人 宣誓)

2019-05-02

「僕らは魚になる」 から夢中になりました! カッコいい、クールな詩ですね。 とても個性が出た詩だと思いました。 良かったです。 (トビウオ)

2019-05-01

tOiLeT様 確かに、もっとそこに重点を置いて書いてみても良かったかもしれないですね!参考になります。 深くくみ取って下さってありがとうございます。感謝します! (私を動かして)

2019-05-01

エイクピア様 コメントありがとうございます。 そうですか!良かったです。 嬉しいです!ありがとうございます。 (私を動かして)

2019-05-01

大地を拒絶、という言葉がいいな!と思いました。いい作品ですね。 (落下)

2019-04-30

「風」とは、出入りする人間であって、出ていったお父さんとお母さんのことなのかもしれない、と思いました。だから、今は閉まっている。じいじとばあばがいるから?かなと。 間違っていたらすみません。とても静かで良い意味で無機質な所が怖さを感じさせる詩ですね! 面白かったです!良かったです。 (えまちゃんと風)

2019-04-28

はじめ、猫のことかと思ったのですが(藍猫さん、という作者様というのもありますね!)、別の解釈を考えました。 主人公は一人になりたい、孤独を味わうように恥じらいを抱いている。 しかし影は主人公に只管付いて回る。私の影だから。もはや影さえ、鬱陶しい。見ないでくれ、今の自分を。 そんな感じの解釈をしました。 本当に私の解釈はアテにならないので気休め程度にお聞き流しくださいね!笑 藍猫さんの詩はシンプルでいいですね。 (影)

2019-04-26

藍猫様 コメントありがとうございます。 なんと、過去作品のご感想感謝致します!! ありがたいお言葉、感謝致します! ありがとうございます。嬉しいです。 (空想と星空)

2019-04-26

張りぼてという造った自分 それを背負うのに疲れるが、それを認める存在も確かにある、というものでしょうか?(間違っていたらすみません。)いい表現だと思います! キャラを作る、演じる、という言葉がありますが、それも連想しました。 良かったです! (張りぼて)

2019-04-26

追記 私は、難解な詩をなかなかくみ取れません。正直なところ、難解な詩を書くことも出来ません。でもこの詩で、難解な詩を読み解くことのできるのが「あたりまえ」の人、そして私のように日常会話のような詩を書くのが「あたりまえ」の人がいる。それが当たり前、と解釈するとなんて救われることでしょう。 私はB-REVIEWの詩人さんの技術はすご過ぎて、とてもじゃないけれど真似できません。でもそんな拙い私の詩を読んでくださる、そして感想を述べてくださるありがたさ! シエスタさんもどんどん投稿してみてください。あなたの詩で楽になりました。 長くなり、自分のことばかり書いて申し訳ないです。 (あたりまえ)

2019-04-26

とても道徳的な詩でした。 最後の持って行き方が良かったですね! いい詩だと思いました。 (あたりまえ)

2019-04-26

「あの美しい話を 誰に語ればよいのか探している」 でやられました。 良い詩でした! (キオク)

2019-04-26

tOiLeT様 はじめまして!コメントありがとうございます。 そう言って頂けて、とても嬉しいです!本当に、心ここにあらず、みたいな詩を書きたかったので、受け取ってもらえて良かったです。 (仮の住まい)

2019-04-26

ふじりゅう様 コメントありがとうございます。 確かにご指摘のとおりだと思います! 精進致します! (仮の住まい)

2019-04-25

びっくりしました…引き込まれました。 「変哲もない会話に彼は侮辱を感じ」 「未来にも希望と願望はなかった」 「彼にとって生と死の価値は同じであった。」 簡単なようで出てこない言葉ですよね。すごいです。 そして近づく幻と、それとの決別… 笑い転げる主人公には怖ささえ感じます。 なんだか、夜の涼しい風とともに消える幻の獅子が見えるようです。 とても良かったです! (自・死)

2019-04-22

最後に「影」が二連しているのが、意表を突くようで上手いと感じました! 悲しい雰囲気漂う詩ですが、祝い踊る蝶などをポンと入れてくださっているので、最後の「影」が活きていると思いました。良かったです! (影)

2019-04-22

とても楽しんで読ませて頂きました。 話の展開や奥深さも効いていて、読みやすいのがいいですね。 「!」の使い方が上手いなあ、と思いました。 (砂場均し)

2019-04-21

5連目の全てが好きです!笑 その前に 「電車に飛び乗ってこい あとは寝てるだけでいい」 とあり、コメント欄で「転調を狙った」と拝見してなるほどと納得。 いい詩ですね! (透明度)

2019-04-19

地獄に堕ちるわ 爆発音 で最後の画像… 少し恐ろしい心地で、でも心地よかったです。 とても緊張して拝見しましたが、技術は勿論のこと渡辺八畳さんは色んな詩を書ける、引き出しの多い方だと思います。また拝見させてください! (PIPI粘膜 ~林千歩《人工的な恋人と本当の愛―Artificial Lover & True Love―》から~)

2019-04-19

土を破る、や雨に洗われる など 無理なく面白い表現が使われていて、読みやすかったです。 この詩自体も瑞々しく、作者はサラッと書き上げたのかもしれないなと思いました。良かったです。 (アスパラ)

2019-04-19

小瑠璃様 コメントありがとうございます。 とんでもないです。小瑠璃さんの詩を拝見しましたが、私は小瑠璃さんのような詩は書けないですよ。 嬉しいです。ありがとうございます。 (空想と星空)

2019-04-17

申し訳ないです! 帆場蔵人様 でした。呼び捨てにしてしまい、申し訳ありませんでした。 (空想と星空)

2019-04-17

渡辺八畳@祝儀敷様 コメントありがとうございます。 注目株、などそんな!…勿体無い言葉です。でも、そう言って頂けて涙が出るほど嬉しいのも本音です笑 B-REVIEWはほんとに楽しく、便利で大好きです! 帆場蔵人 コメントありがとうございます。 そう言って頂けて、嬉しいです! 感謝致します。 (空想と星空)

2019-04-17

はじめ、学校とか組織の中を表しているのかな、と思いました。 読者に問いかけるのもいいですね! 面白い作品でした。 (箱)

2019-04-17

「車窓に一瞬映った少年は、かつて僕が見ていた自分自身さ」という部分がとても好きです。 私は難解な詩をいつもくみ取れず、作者の方に申し訳ない気持ちでいます笑 とても美しかったです。 (さようなら 愛しい日々よ)

2019-04-16

ふじりゅう様 コメントありがとうございます。 ふじりゅうさんの作品を正しく汲み取れずに、申し訳ない気持ちでしたが、このように私の詩を真っ直ぐに受け取って下さって、まるで自分が一方的に支援していただいている気持ちになりました(とてもいい意味です笑)。 センス、など私には無縁の言葉を下さって、感謝しかないです。 そうですね、インパクトはないと思います。その通りだと思います! 精進します! ありがとうございます。 (空想と星空)

2019-04-16

ふじりゅうさん 全く的外れで、作品を汲み取れていなくて申し訳ないです…すみません。 とても深く、いい詩ですね! そんな意味があったとは… ありがとうございます。 (懐かしの鷽の森)

2019-04-16

口笛が足りなくなる、とは鳥の鳴き声を聴きたくなる、という意味でしょうか。とても今の季節に合った詩ですね! 嘘でも誠でも鳴かれたい…というのが儚く、沁みました。 好きな作品です。 (懐かしの鷽の森)

2019-04-15

とてもメッセージ性が強く出ていて、説得力のある、読みやすい文章でした。 多分これがB-REVIEWでは初作品ですかね?とても良かったです。 そうですね。言葉は届くのではなく、受け取れる人間が受け取るものなのかもしれないですね。 (あなたへ)

2019-04-13

哀愁亭様 コメントありがとうございます。 すごく嬉しいです!! そのように、詩を純粋に楽しんで頂いて、感謝します。 ありがとうございます。 (空想と星空)

2019-04-13

南雲安晴様 コメントありがとうございます。 ありがたいお言葉、頂戴して嬉しく思います。 静かな視界様 コメントありがとうございます。 確かに、この詩はストレートだと思います。 (仮の住まい)

2019-04-01

星に願いを、とは言いますが月に祈る、と読ませていただいたときに、Coccoさんの花柄という曲を思い浮かべました。月にさえすがるような、そんな夜が誰しもがありますよね。 ですが、とても疲弊したものを感じました。(それがまた良いのですが)元気に生きてくださいね。 (月への祈り)

2019-03-30

とても読みやすく、意外でした! 幅があるというのでしょうか。 恐れ入りました。 (進学や就職)

2019-03-30

すごい!これ作曲、編曲もstereotypeさんなんですか?いいですね。 (赤道直下で朝昼 女郎蜘蛛の奴隷やっちゃってます)

2019-03-30

きっと、深い意味が込められているんでしょうね。花を添えるのも、交差点がドクロなのもなにげにリアリティがあり、一方でゆらゆら幻想的で、追随して構成もとてもしっかり出来ていると思いました! 私には汲み取れないものでも、このサイトの方々なら大丈夫だと思います! いい作品でした。 (クレアおばさんゆさゆさ)

2019-03-30

かるべまさひろ様 コメントありがとうございます。 ありがたい言葉、嬉しいです。 4月にまた出しますので、是非よろしくお願い致します! (高層マンション)

2019-03-30

かるべまさひろ様 大変申し訳ございません…… 採点の方で間違ってしまい、何十点か入れたらキャンセルされて0に戻るだろうと思い、制限が効かなくなり103点まで入れてしまいました。 stereotypeさんには相談の方をDMにて送らせていただきました。 大変良い作品だった為、採点を初めてしてみたところミスをしてしまいました。 折角の作品を、このような形で汚してしまい、大変申し訳なく、失礼なことをしてしまいました。 本当にすみませんでした。 良い作品でした。 (葉緑素)

2019-03-22

打ちひしがれるほどに手が届かない すごい表現。素晴らしいです。 (故郷の中華街はいつも灰色)

2019-03-07

山のはざまから闇は喰われる、とはやがて来る日の出のことでしょうか?それとも山に沈む陽の様子が、山が夕闇を吸い込んでいるのでしょうか?いい詩で気になったので質問です!すみません。 とても美しい詩でした! (隔てる)

2019-03-05

マルボロに始まってマルボロに終わるところが、とても寂しく、「四年前」など具体的であり、煙草の火は消える。現実を生きているのだと痛感する詩でした。 良かったです! (雪 2019)

2019-03-05

なるほど!あえて聞き馴染みのある言葉を選んでいらっしゃるなんて、余裕があるんだなあと、惚れ惚れですよ!笑 とても爽やかな表現が続く中、ジョーカーが出てくるのはstereotypeさんの味であり良さだと感じました! (別れの流星群)

2019-03-02

横顔は後ろ姿を見せる直前であって、それに流星群のようにさくらが舞い落ちている、(解釈がガバガバですみません)流星群のさくらというのは皆の視線なのかなとも思いました! 多分stereotypeさんの思い描く世界とは違うかもしれませんが、いろいろな解釈があるということで、大目に見てください!笑 いいなあ〜 (別れの流星群)

2019-03-02

花緒様 コメントありがとうございます。 参考になります。 ありがとうございます。 渡辺八畳@祝儀敷様 コメントありがとうございます。 渡辺八畳さんの批評を拝見していたら、辛口(真面目)でしたので、私の詩もいつかキツイことを言われるのでは、と危惧しましたが、それを恐れないで投稿していきたいと思います!笑 それこそ川を上手く渡れるか、「挑戦」をこの詩で表現してみました。 ありがとうございます。 (確率が知りたい)

2019-03-02

エイクピア様 コメントありがとうございます。 そのように言って頂けて、とても嬉しいです。感謝致します!! stereotype2085様 コメントありがとうございます。 一生懸命渡ろうと思います!笑 はい!頑張ります! (確率が知りたい)

2019-03-01

エイクピアさんの詩はとても難解ですが、爽快です!! (午後の紅茶)

2019-03-01

渡辺八畳@祝儀敷様 コメントありがとうございます。 最初コメント読み始めたときはビビりました(笑)が、こんな私にお褒めの言葉をくださって、ありがたいです。 ほんとに、ほんとに嬉しい… ありがとうございます。 (希望のベランダ)

2019-02-18

stereotype2085様 コメントありがとうございます。 読んでくださってありがとうございます! そのように言っていただけて、とても嬉しいです。感謝します! 精進致します! (希望のベランダ)

2019-02-17

とても知的な詩で、難解なところがまた良いですが、角がない感じが、ふじりゅうさんの心の優しさがにじみ出ている気がして素晴らしいと思います。 (有想枕)

2019-02-17

後半の「ほんのすこしの〜」から始まるところがとてもお気に入りです!! 他の方も書かれていますが、本当に純真な詩。良かったです。 (友の詩)

2019-02-17

まりも様 コメントありがとうございます。 深く汲み取って下さり、感謝します。 まりもさんのコメントで、多くの贈り物を頂いた感じがして、元気が出ました! 確かに、ご指摘された通りだと思いました。精進します! 宝物にして心に残しておきます。 ありがとうございます。 (希望のベランダ)

2019-02-17

ふじりゅう様 コメントありがとうございます。 深く汲み取って下さって感謝します。 ほぼ後者の表現なんです。 あんまり自殺とか、大っぴらに書くと取り沙汰されるような時代とは言わないですが、表現の手法として詩があるのかな〜!とか思うんです。 ベランダから飛び降りる詩を希望みたいに書いてみました。 お見苦しい自らの解説お許しください。 ありがとうございます。 (希望のベランダ)

2019-02-05

環希 帆乃未様 コメントありがとうございます。 (希望のベランダ)

2019-02-04

エイクピア様 コメントありがとうございます。 絶望的な詩を書いたつもりが、このような形で解釈を受けると、逆に面白くワクワクした気持ちになるんですね! 本当に、ベランダは希望なんです!! その利用方法がなんであれ。 ありがとうございます。 (希望のベランダ)

2019-02-02

短い文ですが、とても考えさせられました。良かったです!!拙い感想ですみません。頑張って下さい。 (ただ楽なんだよな)

2019-01-06

ふじりゅう様 ありがとうございます!! いえいえ、私のハンドルネームは大したことないですよ!笑 せいろん→正論、セイロン茶葉 です! ふじりゅうさんは親しみやすいいいハンドルネームだと思います。 技術なんて!そんな。 お優しいお言葉、大切にしまっておきます!!頂きました。ありがとうございます。 (絵と赤子)

2018-09-25

ふじりゅう様 読んでいただき、ありがとうございます! ここまで考察してくださるとは思わず、びっくりもし、とても嬉しいです! 「狂気」という言葉を出していただき、感動しました。まさに狂気なんでしょうね。そうだと思います! ふじりゅう様の巧みな言葉選びに感服致しました。私の心を見透かされた気分です笑 すごい! ありがとうございます。 かるべまさひろ様 読んでいただき、ありがとうございます! 落ちたときの音、っていうものですよね。もしかしたらご存知かもしれませんが、Bjorkや戸川純さんなどの歌詞の影響で、死ぬ間際のあれこれがどれも言葉にするときれいなものですよね! コメントありがとうございます。 (私は良心)

2018-09-25

小杉匠様 私初めての感想コメントなので、お手柔らかにお願いします!笑 まず、選んでいる言葉が綺麗でした! そして何より最後の聳え立つ山々へ向かう鳥…一羽ですよね。誰しもがそうであるように、一羽。船は一隻ですね… かなり良かったです。 ちなみに私のような力不足な者のコメントですので、気休め程度に。笑 (隣町の雨)

2018-09-25

小杉匠様 読んでいただき、ありがとうございます! 私は、この世の中は本当に不条理で、正しい者や本当の実力が認められる時代ではないと思っているんです。 世の人に破壊された「壊れた心」をぶら下げて残っているのは、その人自身の揺るぎない道徳観。つまりそれを良心と書いてみました。(語彙力がないのかもしれません。すみません…) 社町 迅様 読んでいただき、ありがとうございます! 「壊れた心」は平常心だと思ってくださればよいかと思います! 平常心がもはや無くなって、その抜け殻をぶら下げている良心を書いてみました。 お二方、読んで感想まで下さり、感謝しております。こんな話をするのは変かもしれませんが、後からならいくらでも解釈の形を説明できるので、筆者はずるいように見えてしまったかもしれません…それは大変失礼だったかもしれません。ですが、正直に書いた心のままに説明の方やってみました!笑 ビシバシお願いします!笑 (私は良心)

2018-09-25

大変嬉しいです!! 参考になりました。 このサイトに投稿するのは初めてだったのですが、面白いです。 まりもさん、ありがとうございます。 感謝致します。 (絵と赤子)

2018-09-24