隔てる - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

終着点

生きる、その先に死地はない!

美しくさわやか、そして深い意味が込められたシーン、均衡の取れた心情と思想、強い意志で最終連へと迫る引き締まった展開、我が胸にこの詩文を抱いて!

yasu.na

九月の終わりを生きる

呼び覚ます声

夏の名残の暑さが去ろうとする頃、九月の終わりになると必ずこの作品のことを思い出す。

afterglow

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

真清水るる

時の名を考える

奇妙な味わい

時の名前、おもしろい発想です。黒髪ワールド炸裂です。

yamabito

声明 流木から

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

魔法はある 犬ver

うまいと感じました(内容は15禁)

レスが少ない順から眺めていったんですが、埋もれてましたので掘り出しました。

yamabito

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち❤️久遠恭子

初恋

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち❤️久遠恭子

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち❤️久遠恭子

藤の花

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち❤️久遠恭子

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち❤️久遠恭子

犬のしっぽ

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子

あなたのために

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

真清水るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

ほば

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

隔てる    

瞳の奥に夜を見た 片耳に髪をかけて小さく笑うひと 山のはざまから闇は喰われてゆく 切っ先を映す白いまつげ きみの前に人が きみの目に星が その奥にはただひとつの孤独 未だ眼を開けない時 何物でもあれぬ誇りをきみは抱きしめている あをのを踏み分けて 谷底になびく銀色の夢を見た 桜色のゆびさきに歯を立てて 断絶の境界を知る このよろこびを知りたくはなかった かなしみは稚いてのひらに うつくしいままに浸みこんでしまった しっかと立つこの足元しか もう持てるものはない あなたの星がみたかった いつだってそれをみていたひと もうあなたではいられない ひとりきりの瞳の奥に 孤独が佇んでいる


作成日時 2019-02-20
コメント日時 2019-03-05

隔てる ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 7
P V 数 : 766.1
お気に入り数: 0
投票数   : 0
ポイント数 : 6
項目全期間(2022/09/28現在)投稿後10日間
叙情性10
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧50
音韻00
構成00
総合ポイント60
 平均値  中央値 
叙情性11
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧55
音韻00
構成00
総合66
閲覧指数:766.1
2022/09/28 12時34分11秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

隔てる コメントセクション

コメント数(7)
三浦果実
(2019-03-04)

作品が持つ作者の連続性を考察するに、一つのイメージがみつかる。それは自然。自然を書く時、事象を描いて終わる作品には魅力が宿ることがない。なぜならばその事象は作者に見せてもらわなくとも既に私は知っているし自然のリアリティとは外界に在るのではなくて、感触にこそあるものだから。あきらさんの作品に通底する自然とは、作者の息遣いである。1連目の山のはざまもそうだし、特に挙げるとしたら、 >桜色のゆびさきに歯を立てて の表現に作者の息遣いが際立つ。 辛口に本作を評すれば、結末を孤独の一言に収めてしまっているところにイージーさを感じる。別に即興の安易な表現を否定はしない。しかし即興の表現にこそ息遣いが出る。孤独がそれまでに在る自然な息遣いを不自然にしてしまっている。なぜならば自然とは内なる感触である。孤独とは、あるかもしれない外界の幻想だ。次回作も楽しみです。

0
あきら@ちゃーこ
(2019-03-04)

わたしは孤独を個を確立することによって獲得するものととらえているのでまああれですがコメントありがとうございます

0
鈴木 海兎 ??
(2019-03-05)

詩をなんどかパチクリ読んでおります。 感想トップバッターみうらさんのこの詩に対して自然に読み取る方向は最初は私も同じでしたが、どうも作者様の塩対応をみる限り、同じ轍を進む勇気もないので方向転換してみます。 私は自然ではなく 孤独の発生というところについて 詩を想います いつ孤独を覚えたのだろう。 ただ孤独を知るようになるのは物心ついてからだろう。 覚えたところはどこだろう。 詩を読んでなんとなくぽややんと考える。 それは間違いなく母胎から隔てたときにこそ孤独をおぼえるだろう。 ただ、生まれたばかりの赤子の知覚はおぼつかない。孤独をどうやって覚えたのか。それは、あえて書くなら「魂」が先行して、そのあとを追うように赤子の知覚と身体がついてくるのだろう。 純度の高い孤独とそれとは正反対のもの。 生まれた直後の赤子には孤独とそれを包む反対のものが嵐のように吹き荒んでいるのかもしれません。 孤独が存在を示しつつ それを包む、遮る反対のもの 生命の誕生はやはり壮大です。 さて、こんなことを書いても孤独に近づくことはできませんね。 詩からもだんだんと離れているようなのでおしゃべりはこれまですね。 最後に僭越ながらもアメリカの詩人の言葉をご紹介させていただければとおもい。指を置きます。 孤独について立ち上がって語るとき 孤独は生き物のように逃げてゆくが、 ひとたび語るのをやめたとき 僕らは孤独で出来た椅子に座っているのだ。

0
三浦果実
(2019-03-05)

作者の塩対応へ甘味を加える意味合いと海飛さんの孤独への言及に乗っかって再びコメントさせていただきます。 詩作品を前にしますとついつい感傷的な観点から切り込みがちです。その感傷的な観点を用いずに本作から孤独を汲み出す時、真の孤独とはなんぞや、孤独の事態、孤独の本質が見えてきます。それを例えるならば、範馬刃牙と範馬勇次郎の対比にも相通ずること。独断でいえば刃牙は最強を最愛という感情から手に入れました。片や勇次郎は苦痛というリアリティから最強を手に入れた。最強であるがゆえに両者ともに孤独であるかといえば、そうではありません。最愛を知る刃牙には愛という他者が在る。勇次郎の苦痛には他者はありません。したがって孤独とは勇次郎です。つまり何が言いたいのか、本作を突き詰めて読む時、そこに刃牙が望む勇次郎の孤独が重なります。最強を目指すとして、それは未だに孤独ではないということ。この隔たりは感情と抒情とも言えるかもしれません。 語り、失礼しました。

0
鈴木 海兎 ??
(2019-03-05)

あ、やっべー。 塩対応のくだりは冗談めかしたつもりで ある文章を、みうらさんをからかうつもりでの意味の文章をくっつけてまろみをつけてたつもりだったんですが スマホの電池切れで一度、文章を書き直した結果。その文章が抜けてました。 抜けたことによって、ちょっと厳しめの釘をさした感じとして読むひとに受け取られることをおそれているので あやまりにきました。 ごめんなさい。 責めるつもりは毛頭ありやせん。 今さら、その文章をくっつけても 余計読むひとにとってわからなくなってしまうので、ここらでひっこみます。 すみませんでした。

0
せいろん
(2019-03-05)

山のはざまから闇は喰われる、とはやがて来る日の出のことでしょうか?それとも山に沈む陽の様子が、山が夕闇を吸い込んでいるのでしょうか?いい詩で気になったので質問です!すみません。 とても美しい詩でした!

0
あきら@ちゃーこ
(2019-03-05)

ご質問ありがとうございます。 これは日の出でも日の入りでも良いのですが、昼と夜を隔てるひとつの時と思っていただければいいのです。 隔てることは個を得ることです。何かになることです。そして境界を得ることです。その点で言えば今月は全く作風は違いますが、同じことを語っていたのかもしれません。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1