犬のしっぽ - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

着順は知らない

まるでショートフィルム

駆け抜ける風を感じて

ピム

伝記びりびり

言語と身体のきしみ

緘黙のぼくは祖父母の目の前で伝記を破ることにした。

r

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

犬のしっぽ

    遍界不曾藏  犬がしっぽを振る世界

湯煙

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

name

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

yasu.na

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

犬のしっぽ    

雨の朝、家を出て歩いていったら 犬のしっぽに追いついた 犬は黄色いかっぱを着て しっぽのほかは何処も見えない 棒状のドーナツみたいな しっぽが、垂直にたって ふるふる揺れながら すてきでしょ! 黄色いのよ! と、僕に言った (すてきだね) と、僕は言った 駅につく頃 黒いのじゃなくて 緑色の傘をさしてきて良かったな と、思った


作成日時 2020-10-09
コメント日時 2020-11-15
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

犬のしっぽ ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 24
P V 数 : 1855.0
お気に入り数: 5
投票数   : 4
ポイント数 : 13
#現代詩
項目全期間(2020/11/26現在)投稿後10日間
叙情性41
前衛性00
可読性31
エンタメ20
技巧30
音韻00
構成10
総合ポイント132
 平均値  中央値 
叙情性1.31
前衛性00
可読性11
 エンタメ0.70
技巧11
音韻00
構成0.30
総合4.34
閲覧指数:1855.0
2020/11/26 12時43分32秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

犬のしっぽ コメントセクション

コメント数(24)
くおんと月夜乃海花
作品へ
(2020-10-11)

犬の尻尾の可愛さがそのまま現れていて素敵です。黄色と緑で綺麗な組み合わせになってよかったなとほっこりします。

1
蛾兆ボルカ
くおんと月夜乃海花さんへ
(2020-10-11)

ありがとうございます。 自分でもこの作品は気に入ってます。 コメント、詩作の励みになります。

0
真清水るる
作品へ
(2020-10-12)

日常の中で、素敵だな。と、思うことを そのまま 言葉にして詩として掲示できるのって、すごいことだと思います。 わたしが もっとも尊敬する詩人は、まどみちおさんなのですが、 あの方がもっておられた優れた感覚を 蛾兆さんは もっておられる方だと感じ入りました。

2
藤 一紀
作品へ
(2020-10-12)

こんばんは。なんべん読んでも良いです。三連と最終連の関係とか、きっと犬の尻尾が元気よく動いてるんだろうなぁと想像できるところとか、それでいてきちんと抑えが効いているところとか。不覚にもほほえみを引き出されます。

1
蛾兆ボルカ
真清水るるさんへ
(2020-10-15)

ありがとうございます。 とても良いしっぽでしたので、伝わると良いなぁと思うのですが、楽しんで頂けたようで嬉しいです。 まどさんの感覚、僕も好きです。 まどさんの詩は不思議ですよね。

0
蛾兆ボルカ
藤 一紀さんへ
(2020-10-15)

ありがとうございます。 あのしっぽの動き、どうやったら表現できるのだろう、と思って、良い企みは思いつかなかったのですが、とりあえず修飾語などでの描写は諦めてみました。 いくらかでもイメージが表わせていれば幸いです。 ラストも迷いました。これで上手く行ってるのかわからなかったので、コメント頂けて大変参考になります。

1
蛾兆ボルカ
藤 一紀さんへ
(2020-10-15)

付記します。 すみません、作品を読み直してみて、「さんざん修飾語使ってんじゃん。」と、思いました(^^) この犬は小型から中型ぐらいの犬なんですが、この時、描こうとした場面では、犬はカッパにすっぽり包まれて、しっぽしか見えてないんですね。背中も足も顔も後ろ上方からは見えません。 それなのに嬉しそうな様子や元気な感じがハッキリわかりました。 犬がしっぽで感情表現するのは知ってましたけど、ここまでか!と驚きました。 そういうのをどうやったら描けるんだろう、と思いまして、三連と最終連を工夫したり、「元気に」「嬉しそうな」「明るく」などいくつか避けて、それらの感じを詩のボディで出せるかやってみました。の意であります。 作者にはそれが出来てるのかどうかわからないので、コメント拝読して嬉しかったです。 ありがとうございました。

1
r
作品へ
(2020-10-15)

深読みしてしまう悪癖からか、黄色と黒(実際には青紫)が補色の関係だからなのかなと勝手に想像していました。黄色に似ている緑だから良かった、犬と気持ちを共有できたような、そんな感慨なのでしょうね。 冒頭のほうで、なにか違和感があって、初読時からずっと引っかかっていたのですが、私にはどうしても、この犬が「黄色だから素敵なの」と思っているようには解釈できなかったところがあります。するとこれもまた理屈っぽくなりますが、動物は色の見え方が人とは違うので、黄色だからどうこうとはなりにくいと感じます。でも犬が喜んでいるらしいことはよく伝わってきますし、じっさい喜んでいるのでしょうけど、シンプルに散歩に出られた(雨の日なのに)喜びと解釈していました。 いろいろ言ってしまいましたが、この何気ない情景を真正面から描こうとする作者さんの筆致にとても好感が持てました。

1
エイクピア
作品へ
(2020-10-16)

不思議な味わいのある作品で、最後の連で傘の色にこだわる理由を考えてみました。犬がしゃべるのも奇妙なのですが、これは詩作者の妄想なのか、本当に喋ったと言う展開なのかしばし悩みました。緑色の傘は自然環境を象徴しているのではなくて、犬と作者の心の色ではないかと思いました。

1
藤 一紀
蛾兆ボルカさんへ
(2020-10-16)

こんばんは。二度にもわたる返信をいただきありがとうございました。 コメント中の「この犬は小型から中型ぐらいの犬なんですが、この時、描こうとした場面では、犬はカッパにすっぽり包まれて、しっぽしか見えてないんですね。背中も足も顔も後ろ上方からは見えません。」というのは、一連、二連で想像がつきました。三連は最初は「かわいいなぁ」くらいに感じていたのですが、読み返してみるに三連の「しっぽ」が四連に繫がっているんだな、ということに気づきました。そりゃあ「僕」は後ろから見ているんだし、犬はカッパですっぽり包まれていますもんね。つまり、 >すてきでしょ! >黄色いのよ! というのは「しっぽ」が動きで言っているのであって、「!」付きであるとすれば、もうすごく動いているんだなというのが像として、はっきり見えました。そこで思わず顔が綻んだわけです。顔文字で表すと「しっぽ」の動きは(≧▽≦)みたいな感じではないかと思います(^^) 普段はカッパは着ない。服は着ているかもですが、着ていないかもしれない。どっちにしても普段とは違っていて、それは最終連とも繫がってくる。 で、「僕」が(すてきだね!)と返したのでなく、(すてきだね)と返したのはすごくいいですね。もし「しっぽ」の「すてきでしょ!……」に対して「僕」まで「すてきだね!」と返していたら、犬の嬉しさが半減していたと思います。犬の嬉しさに焦点を当てるなら「僕」は「すてきだね」になるのがベストだと思いました。 それから、「駅につく頃」からはじまる最終連が、〈そういうのをさっき見た〉という風に、通過したことを語っているかのようになっているので、「僕」のとある日常の一場面というフレームにうまく収まっているように感じます。 以上、再コメントでした。

1
蛾兆ボルカ
rさんへ
(2020-10-16)

コメントありがとうございます。 深く読み込んで抱けて光栄です。 私はこれまで黒か青か透明の傘を使用していて、緑色の傘を買うことは記憶の限りありませんでした。 この詩に出てくる傘は、たまたま先日、ゴミ捨て場に捨ててあった傘を見かけて、開いてみたらまだ使えそうだったので拾った傘です。 そんな由来で手元に来た傘ですから、朝持ってゆくのに一瞬の躊躇いがありました。 私は補色の輪は覚えていないのですけど、青と黄色は合わないな、とか緑ならあの黄色と合うな、という感覚は作成時にあったと思います。 なので直感的に、ご指摘のような配色への着目になったのかな、と思います。 例示を青にするか黒にするかは迷いました。青だと理が勝って固くなるかな、と思って黒にしたのですが、補色ということなら作者も得心がゆきます。 犬の色覚のことも、作者の頭をよぎった一つでした。 犬は散歩を喜んでいるのでしょうが、ここでは語り手と「しっぽ」がテレパシーで対話してる様子を描こうとしました。そこは解釈の幅かもしれませんし、筆が足りてないのかもしれません。参考にさせていただきます。

0
蛾兆ボルカ
エイクピアさんへ
(2020-10-16)

コメントありがとうございます。 ご指摘の通り犬は喋りませんよね。 なので、「喋ったような気がした」というのも解釈としてあろうかと思います。 一方、世の中にはいろんな事がありますし、まして作品の中ですから、この犬に限って、実際に喋ったのかも知れません。そういう解釈もまた頷けるものと思います。 ありがとうございました。

0
蛾兆ボルカ
藤 一紀さんへ
(2020-10-16)

コメントありがとうございます。 この「!」は、その形から、しっぽらしさを視覚的に出そうとした名残です。 ですのでご指摘のように、語り手の台詞にはつけていません。 効果のほどは自信が無かったのですが、少しでも読者の意識下に作用すればイイな、と思ってました。 細部まで丁寧に読み取っていだけて、嬉しいです。

1
うるりひと
うるりひと
作品へ
(2020-10-25)

自分は犬が嫌いです。犬が可愛いだけの詩だったら、「なんだまたか」と辟易していたところですが、最終連の傘の色がすごくいいなと思いました。 深読みかもしれませんが、緑の傘は語り手にとって特別な誰かからの贈り物なのかな?と思いました。 犬が飼い主に着せてもらった黄色いカッパに尻尾を振って「黄色いのよ」と言っているように、語り手も普段の黒いのじゃなくて奥様か恋人か、母親かが用意してくれた緑の傘に「僕だって」と思っている。 そんな詩だったら素敵だな。と感じながら、この温かい詩を楽しませていただきました。

1
杜 琴乃
作品へ
(2020-10-27)

もし、犬が「雨のお散歩たのしいな!」とか言っていたら、ちっとも共感できなかったと思います。 これが、レインコートの色を喜んでいる、という点がとてもとても好きです。今日が雨だとか、お散歩が嬉しいとか、飼い主が好きだとか、打算的ではなくて、単純に「黄色」という色を喜んでいる(ように見えた)というのが本当にすてきだと思います。だからこそ、最終連の自身の傘の色にも肯定的になれたのではないかなぁと思います。実際、黒より緑のほうが明るい印象がありますし、さらに自身の選択にも間違いなかった、という気持ちがとても心地よいです。 私は雨のお出かけは好きではないのですが、そのような状況のなかでも心がほぐれるような出来事があるということを教えていただけたようで、勝手に嬉しくなりました。私も、犬はしゃべると思います。

3
ryinx
ryinx
作品へ
(2020-10-27)

この詩を読みながら、最初  どうしてしっぽだけで犬だって思ったのかなあ。  犬って嬉しい時にしっぽを垂直にたてるっけ?  何故 緑色の傘なんだろう など考えながら、読んでいたのですが、 何度か読んでいるうちに、そういった言葉が薄らいでゆき、 わくわくするようなあかるい気持ちが言葉を飛び越えてからだに流れ込んでくるように感じました。 言語作品なのに、あかるい気持ちが、言葉や単語をとびこえて沁み渡って来るようで、なにより不思議なのは自分の感情もそれに呼応するように、不思議な穏やかさに包まれるという感覚です。 とても素敵な作品だと感じました。 犬ってきっと純心なんですね

2
蛾兆ボルカ
うるりひとさんへ
(2020-10-27)

ありがとうございます。 傘のところ、語り手の気持ちを想ってくださり、作者としてはとても嬉しいです。 ここは「と、○○に思った」とか「と、○○な気持ちだった」などなどのように、何かのコトバや客観を入れるか入れまいか、作者としてはかなり迷ったところです。 犬が嫌いな方にも伝わったと拝読しまして、ほっとしております。

0
蛾兆ボルカ
杜 琴乃さんへ
(2020-10-28)

ありがとうございます。 実は私も雨は苦手で、晴れた日以外は寝ていたいもんだと、常づね思っております。 犬はどうなんでしょうね。 もしかしたら、犬にとっては、雨なのに散歩に行けるというのは、ミラクルな楽しさなのかもしれませんが、この作品に登場する犬がそう言わないのは、なるほど僕も、杜さんと同じく、雨が苦手だからかも知れません。 短い詩ですが、いろいろ伝わって嬉しいです。 ありがとうございます。

0
蛾兆ボルカ
ryinx さんへ
(2020-10-28)

ステキなコメント、ありがとうございます。 違和感や不思議さのようなもの(ちょっとした驚き?)と、それが納得される感じが、もし作品に宿っておりましたら、本作では作者冥利につきます。 コメント拝読しまして、嬉しく思っております。

1
湯煙
作品へ
(2020-10-31)

黒だと景色が見えないから半透明?の緑色の傘だったからよかった…。全然違うのかもしれませんが。ちょっとしたスナップショットのような光景を思いました。黄色のポンチョ?でしょうか、それとしっぽと傘と。!- エクスクラメーションマークや()の中の言葉や語りの柔らかさなどが、喧騒にある朝の雨から明るい気持ちが伝わるようでした。 感情を示すといった知識や情報がなくてもしっぽにはなにか存在自体が興味深く、見たり触れたり会話を行ったりと。そうしたきっかけとなるようなものでもあると気づかせてくれる作品のようです。

0
湯煙
作品へ
(2020-10-31)

いや違うのでしょうね^^; 黄色のカッパと黄色い気持ち、緑色の傘と緑の穏やかな気持ち。犬と語り手の存在が相通じた、そんな朝…と。わかりませんがそんなところです?

0
湯煙
作品へ
(2020-10-31)

何度もすみません。 先のコメントの最後が化けました。虹の絵文字を表示しました。ラジオウェーブブラザーズを思いました。古いですが。 失礼しました(_ _)

0
蛾兆ボルカ
湯煙さんへ
(2020-10-31)

コメントありがとうございます。 ご丁寧な追記と訂正もとてもありがたいです。 僕は性格に難があり、もし文末が「?」のままだったら、「それ、俺に訊くなよ!」とレスポンスしたくてむずむずしたのではと思います(^^) 私は作品は作者のモノと思っておりますが、作品の解釈は読者のモノと思ってます。作者の意図は意図として実在はしますけど、あとからの作者の意見は作品を書き換えない限りは、作品に殆ど何も付加しないとも思ってます。 読まれてこその作品ですから、どのような解釈も大歓迎ですが、湯煙さんの解釈も、優しく丁寧な解釈でとても嬉しいです。 犬と語り手の存在が相通じる、そんな奇跡が必要な朝もありますよね。 ピックアップへのご紹介もありがとうございます。大変光栄です。 これを機会に、サンマのしっぽ、ネズミのしっぽ、タヌキのしっぽ等、しっぽの詩を書く方が増えるとイイナ(いや、どうかわかんないけど^^;) しっぽ詩談話会とか、日本しっぽ詩会議とか、しっぽ詩派とか、そうゆうのが発展すると、、、いやどうかな。そんなもんでもないか。

0
滝本政博
作品へ
(2020-11-15)

私は犬を飼っているのですが、つくづく面白い動物だなとおもいます。 ときに、テレパシーで交信出来たとしてもおかしくはないと感じます。 最終連は不思議な効果をあげています。参考になります。

1
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1