死んだベテルギウス - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

真清水るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

ほば

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

三浦果実

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

三浦果実

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

三浦果実

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

三浦果実

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

三浦果実

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

三浦果実

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

ほば

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

死んだベテルギウス    

ベテルギウスが爆発をしてから 猫が鳴かなくなった 庭に知らない木が生えた 家族が苛々としている 遠くを犬のようなものが走っていく 隣に引越してきた女の子は発達障害だ 洗濯機が壊れた 椅子が空いた 紙が散らばった 新しい人形がふたつある 眠れない夜がますます増えた 命からがらだ 苺をみっつ食べた 何かを思い出しかけた ここにはもう誰もいない あの冬には星があった 雪がきゅうきゅうと言った それにやけに明るかった 果たしてこれで良かったのだろうか おそろしく寒い光だ どうやってここまで来たのか


作成日時 2020-01-23
コメント日時 2020-02-02

死んだベテルギウス ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 18
P V 数 : 3194.0
お気に入り数: 7
投票数   : 0
ポイント数 : 376
#テキスト #受賞作
項目全期間(2021/10/28現在)投稿後10日間
叙情性13722
前衛性597
可読性565
エンタメ487
技巧255
音韻244
構成273
総合ポイント37653
 平均値  中央値 
叙情性12.52
前衛性5.40
可読性5.10
 エンタメ4.40
技巧2.30
音韻2.20
構成2.50
総合34.24
閲覧指数:3194.0
2021/10/28 03時39分54秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

死んだベテルギウス コメントセクション

コメント数(18)
ミリウェイズ
(2020-01-23)

素晴らしい詩ですね。実際のニュースを見て書かれたのでしょうか?

0
黒髪
(2020-01-23)

僕も、とても惹かれました。心の中が、耕されるような気持がして、孤独だけれど、それが愛しい、 自分の中を、何かが過ぎていく、それもいい、というような、感想を持ちました。 >眠れない夜がますます増えた というところから、きたむらさとしさんの、絵本『ねむれないひつじのよる』を、思い出しました。 それは、雰囲気が似ていて、言葉の素晴らしさが似ていると思ったのです。 youtubeにあがっているので、参考になればと思って、リンクを張ります、余分なことをするのは、 僕の性癖かもしれません。 https://www.youtube.com/watch?v=SbKLE_ut7YY 精神の高さと、子どものような心の、同居、それを言葉などによって、作り出されていると思います。 秘密を持つことと、正直さを持つこと、そんなことを地球さんの詩から感じました。 そのように言えるようなことは、なかなかないことでもあります。 かなしみが、ゆきばを持っているから、どこかで春は、またやってくるに違いないと、 言うようなことを、感じます。

0
クヮン・アイ・ユウ
(2020-01-23)

星のおわりの別れ別れが、各テキストの散り散りな様相に現れているように感じられた。 しかし散らばるとは実は終わりではなく、また各地点で始まるようにも思われる。切れずに散らばる感覚がする。そのことが、作中わたしには突き止められないところで「どんな軌跡であろうととにかくここに来た」という事実に切れず繋がっているようにも読むことが出来た。 「寒い光」という言葉が大変印象的だった。温度と明度は表現上同居が出来るのに、それぞれがどこか違う次元に居るよう。そのうえで、こちらもきちんと繋がっているようだ。

0
武田地球
(2020-01-24)

ミリウェイズさん こんにちわ。コメントありがとうございます! ベテルギウスがもうじき?爆発するらしいというニュースを聞いて書いています。永い星の一生のおしまいに立ち会えたらうれしいなあと思っています。

0
武田地球
(2020-01-24)

黒髪さん まずyoutubeのリンクありがとうございます。余計なことなんてとんでもないです。とても嬉しくリンク先を拝見しました。 それから頂いたコメント自体に詩情が積もっているようで、そういったやり取りができたこと、とてもありがたかったです。人間としてもっと努力して、いい詩を書けるようになりたいと感じます。 余談ですが、昨日ほんの少しだけですがツイキャスを聴いていました。お互い、心身健康でありますよう、寒い日々を越えた向こうに春がありますように、願っています。

0
武田地球
(2020-01-24)

クヮン・アイ・ユウさん 作中のわたし同様に作者のわたしの心情もわからないのですが、読んでいただいた通りだったらとてもいいなあと、思っています。 散らばりが始まりや繋がりになっていると感じてくれたことが、大変ありがたくうれしかったです。 わたし自身、そういう風に生きて行きたいのです。 コメントありがとうございます。これからも精進します。

0
沙一
(2020-01-24)

この詩におけるベテルギウスは、ベテルギウスそのものではないように感じられます。実際は、爆発の予兆はありますが、まだ爆発していない、つまりまだ死んではいないのですが、この詩ではすでに起きたことのように語られている。壮大な天体現象への想像力が、作者の感受性によって、身近なものごとの終わり=死と結びついているのではないかと感じられました。それは作者自身にとっては自然な感覚なのであろうということも、この作品のもつ不思議な説得力が、おのずから証しているようです。

0
武田地球
(2020-01-25)

沙一さん おはようございます。 短い詩ですが、綺麗に読み解いてくださりありがとうございます。 説得力について、とてもうれしいです。 そしてわたしは、もっともっと説得力のある詩を書けるようにまたがんばります。

0
狂詩人
狂詩人
(2020-01-25)

散らかった文章達が、ベテルギウスの爆発、そしてこの地球という星の出来事であるという巨大なものの連関として不思議な繋がりを持っているように思いました。前衛的な感もあり、しかしどこかノスタルジックでもある。素晴らしいバランス感覚の詩です。

0
武田地球
(2020-01-26)

狂詩人さん こんにちわ。コメントありがとうございます。ここで詩を通じて言葉を交わせるのが、とても嬉しいわたしです。 バランス感覚に着眼していただき、ありがとうございました。 実のところ、わたしは頭の中も散らかってますが、なるべく丁寧に整理して、肯定的にそれから視野を広く持ち、暮らしていきたいです。

0
ハナビ
(2020-01-26)

ベテルギウスは遠い星、私たちが爆発に気づいたのは何百年も後の話。そのどこかに消えていた時間が当たり前のように目の前にふわっと現れた感覚が見事に描かれた詩と感じました。無常、虚無を感じました。

0
武田地球
(2020-01-27)

ハナビさん こんにちわ。どうも時々わたしは虚無的になってしまいます。詩ではいいのかもしれませんが、生きていくうえではややこしいですね。寒いですので風邪をひかないよう、ご自愛ください。コメントくださり、こうして言葉を交わせたことが、生きる励みになります。ありがとうございます!

0
右肩ヒサシ
(2020-01-31)

武田地球さん、こんにちは。 先日、ニュースで初めて変光するベテルギウスのこと、知りました。 ベテルギウスは神ではないけれど、日常のリズムの微妙な部分を支配している。生活の変調が眼に見える宇宙のニュースと論理なく結びつくさまが素敵です。 日常の異変のチョイスもいいですし、間に挟み込まれた「命からがらだ」という一行が、詩全体の共感性をぐっと高めてくれました。

0
武田地球
(2020-02-01)

おはようございます。ベテルギウスはロマンがありますね。わたしも最期は爆発して、綺麗に死にたいです。 いつも詩は起こったことを並べてかいています。 事実を見逃さない感覚を、もっと研ぎ澄ませて、詩をかけたらいいなあと思いました。足りていないように感じます。 右肩さんによんで頂くこと、いつもうれしいです。がんばりたいです。ありがとうございます、もう2月ですね、よい日をお過ごしください。

0
エイクピア
(2020-02-01)

ベテルギウスのニュースから発想されたとのよし。確かニュースではあのベテルギウスが暗い、また明るさが戻るかもしれないが、輝度なのか何か分からないのですが、太陽より大きいそうなので、私も興味を惹かれました。

0
あん
(2020-02-01)

すごく好きです。 ベテルギウスが爆発したことによりもたらされた異常、奇異が虚無感を持って表されている。 すごくいい世界観だと思いました。

0
武田地球
(2020-02-02)

エイクピアさん おはようございます。わたしはわたしの生死ばかり気にしているから、遠い星にも死が来るのがふしぎです。昨日は夜空がきれいでした。

0
武田地球
(2020-02-02)

あんさん おはようございます。よい評価をしていただき嬉しいです。 自分ではもっとうまく感じたい気持ちもありますが、なかなか辿り着けません。 またがんばります。 コメント励みになります。ありがとうございました!

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2