藤の花 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

あなたのために

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

無題

ゼンメツ

伝説

三浦果実

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

真清水るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

ほば

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

三浦果実

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

三浦果実

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

三浦果実

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

三浦果実

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

三浦果実

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

三浦果実

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

ほば

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

藤の花    

 クジラの胃の中で溶け始めたような、そんな朝だった。朝になりきれない重い空気の中、歩き出す。歩くことに違和感はないが、いたるところが錆びついている気がする。明るい材料は特にないんだ。アスファルトの凹んだところのわずかな水たまりに目を落とす。もちろん、こんな、不毛な一人語りはどこにも行けない河原の石だ。  少し歩くと川の音が大きくなる。と同時に、鼻孔に突き刺さる芳香に心を奪われた。いたるところに絡みつく藤蔓の花の香りだ。その甘い香りに衝き動かされるものがある。いろんなものを失い、それに慣れてしまった自分が存在し、その負の安寧に包まっている自分がいる。直線的に永遠に続くかのような負の連鎖の中、それを切り裂くように、藤の花の香がいっとき私を解放した。

scroll


作成日時 2021-11-09
コメント日時 2021-11-27
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

藤の花 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 20
P V 数 : 1632.2
お気に入り数: 3
投票数   : 6
ポイント数 : 26
#現代詩 #縦書き
項目全期間(2021/12/02現在)投稿後10日間
叙情性88
前衛性00
可読性99
エンタメ00
技巧66
音韻00
構成33
総合ポイント2626
 平均値  中央値 
叙情性44
前衛性00
可読性4.54.5
 エンタメ00
技巧33
音韻00
構成1.51.5
総合1313
閲覧指数:1632.2
2021/12/02 09時03分41秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

藤の花 コメントセクション

コメント数(20)
てんま鱗子(揶白)
作品へ
(2021-11-10)

まるで開放など望んでいないような、それも「文章」の機能を最大限に開かせることの出来る作者の考え方に興味を抱いて止みません。

0
yamabito
作品へ
(2021-11-11)

てんま鱗子(揶白)さん、おはようございます。 早々のコンタクト、ありがとうございます。ですが、う~む、どうも私のポンコツ頭では理解できない文章でありまして、はなはだ理解に苦しむところではありますが。文体の中に潜む、いろんな要素を散りばめるという手法はいつも意識するところではあります。重ねてありがとうございます。

0
藤 一紀
作品へ
(2021-11-12)

こんにちは。冒頭から重々しさを保ったまま五感が変化して最後にパッと開く展開の快い散文詩でした。「十月」もそうですが、最後にきちんとカタルシスが感じられて好きです。溜めがいきているんだろうなあ。

0
yamabito
作品へ
(2021-11-12)

藤さん、こんばんは。 定型型の作品は、難しいというイメージを私は持っていて、散文的になってしまいがちです。 おっしゃる溜めの部分は恋にやっていますし、そこら辺は自分でもあざといな・・と。 いろいろとありがとうございました。

0
湖湖
湖湖
作品へ
(2021-11-15)

藤色って美しいですよね。残念にも藤の花の匂いを思い出せないのですが、簪とか、藤棚の天国のような美貌とか。負の連鎖の中で自然に抱かれて立ち返る、人間の原初らしさですね。独白という河原の石の悲しさよ、共感!

0
yamabito
湖湖さんへ
(2021-11-15)

湖湖さん、こんばんは。 共感していただき、温かい気持になりました。 幸福は,意外に身近なところにあるものですね。お読みくださり、ありがとうございました。

2
作品へ
(2021-11-15)

非常に体感的で、精神的な文体である。言語情報が五感に行き渡っており、それでいて夢うつつのような感触がある。自然への愛しさが詰まった心地よい秀作。

0
yamabito
作品へ
(2021-11-16)

類さん、おはようございます。 過分な御評価うれしく思います。 詩はどこにも存在しますが、それを文章で伝えることは至難の業ですね。もっと頑張らないと…・と思います。ありがとうございました。

0
沙一
作品へ
(2021-11-16)

「クジラの胃の中で溶け始めたような、そんな朝だった。」おもしろい表現で、とても印象的な書き出しだと思いました。しかしクジラのモチーフが作品を通して活きているかといえば疑問です。掴みとしては突飛なイメージに過ぎるような。 後半の、藤の花の香りに対する感応は素晴らしいです。

0
新染因循
作品へ
(2021-11-18)

わたしも沙一さんと同じように冒頭の掴みが印象的で強いなと思いました。水の属性にある単語が散りばめられているので、そこから > その甘い香りに衝き動かされるものがある。 とありますし、飛躍があったのだなぁという感じがして面白かったです。

0
yamabito
作品へ
(2021-11-19)

沙一さん、おはようございます。 クジラ…の1節は、おっしゃる通りでございます。自分でもあざとさというか、そういう、見た目の部分を意識していました。ですからもちろん、そんな体験などあろうはずもなく、どんな書き方で今の自分の心境を表わしたら良いのだろうか?と考えた時に、咄嗟に浮かんだのが鯨だったという乗りなんですよね。失礼しました。御批評、痛み入ります。

0
yamabito
作品へ
(2021-11-19)

新染因循さん、おはようございます。 詩でも散文でも冒頭の掴みはとても大切だと考えているのは、多くの筆を愛する方々のテーマだと思います。書き手のみならず、読み手にとっても冒頭の掴みは、読む気になるかならないかを決める一つの要素でしょう。ですがそれが胸やけを催すものであってはならないと思うのですが、私のこの作品では読み手によってはそういう要素を感じてしまうのでしょう。ただ、自分的には、そこまで赤面するところまでは至っていないかな?という自己擁護もさせていただいております。で、後半の飛躍ですが、もうちょっと時間をかけて飛ばしていくプロセスに出来たらよかったかな…と言う反省もありました。いろいろと御批評、ありがとうございます。

0
千休利
千休利
作品へ
(2021-11-23)

クジラの胃の中で溶け始めた朝、とはどういうことなんでしょうか。その疑問は解消されないにせよ、なんとなくどんよりとゆっくりとした朝というものは伝わってきました。藤の花により開放されるし自我、というものが伝わってくると思いました。

0
yamabito
作品へ
(2021-11-24)

千休利さん、おはようございます。 冒頭の質問にお答えしますと、精神的なグダグダ感を表わしているのでしょう、おそらく。 掴みの部分で、とりあえず掴んでしまおうという下心があったかどうか・・・微妙ですね。 ありがとうございました。

0
5or6.(天川五ヵ六)
作品へ
(2021-11-24)

良い作品でした。

0
yamabito
作品へ
(2021-11-24)

5or6.(天川五ヵ六)さん、こんばんは。 他サイトでもご活躍されたgoroさんですね。そんな方からお褒めの言葉をいただくなどとても恐縮でございます。

0
イリアス
イリアス
作品へ
(2021-11-26)

はじめまして。冒頭の”クジラの胃の中で溶け始めたような、そんな朝だった。”の部分が何となくどろりとした気分を感じられてとても好きです。散文型の詩はあまり得意ではないのですが、この詩はなんとなく、すっと頭に入ってきました。素敵です。うまく言い表せられなくてすみません。

0
yamabito
作品へ
(2021-11-26)

イリアスさん、こんばんは。お読みくださりありがとうございます。よいイメージを与えることができたようでうれしく思います。 イリアスさんの作品もこれから読ませていただき、何か感想などを書いてみたいと思います。

0
エイクピア
作品へ
(2021-11-27)

クジラの胃の中と言えばピノキオを思い出しますが、溶け始めたと聞けば、「ような」と比喩的な言い方でもはっとします。僅かな水たまり、私を開放する藤の花。道路と藤が相補的に土を想像させるようなそんな感じをこの詩に抱きました。

1
yamabito
作品へ
(2021-11-27)

エイクピアさん、おはようございます。 なんか、あったな…と思いましたが、ピノキオの中の一節でしたか。ブラックジャックにもそういったストーリーがあったような気がしておりました。 ほんのわずかな事柄から、人は心が動くものだとつくづく思うこの頃です。

0
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
推薦文を書く

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2