作品投稿掲示板 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

のいえられこーず

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

のいえられこーず

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

のいえられこーず

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

のいえられこーず

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

のいえられこーず

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

のいえられこーず

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085



詳細設定を開く

記述

 緑川七十七
 21   481.2   0   0 

本当の身体ができた 引用 まま、望まぬ かたち わたし まま ママ ママ 原文 かな かな やだ 書くと 言葉が でちゃう しかし、書くことは完了したこと 書いている 書きかえている 改ページ改ペ......


作成日時 2017-12-20

少女を叩いた

 エイクピア
 7   376.7   0   0 

ノアの洪水が首に突き刺さって 不快な午前中の微睡(まどろ)みは 新人には過酷な訓練を強いる 深く腰を落として寝入って居る 二月の初めの日は テレビのスタッフのような 有り得ない梅雨期に私を落とし込む 腰に来る爆弾をさっさと掃き清めて 活動したい......


作成日時 2017-12-31

 まりにゃん
 6   441.3   0   0 

雁が音 五時になり、その日は ずっと数字ばかり たとえばステンレス製の記号を象ったそれのことだが 視線がおいつかないでいた よくみかける(と彼らがおもいこんでいる) 冬の光景 古代の犀の化石標本を むこうの島まで観察にいった もちろんレプ......


作成日時 2017-12-09

虚ろが新宿のユメを彷徨う

 北村灰色
 9   468.1   0   0 

青一号に浸された空 腐敗した林檎飴が浮ぶ白昼に 誰もがコンタクトレンズを探し 誰もが行方不明者のまま 自らの張り紙を探し求めている 画鋲の代りにアイスピックで突き刺された モノクロの無機質な笑顔 無惨に消失したプライバシー 365ツイート 日々......


作成日時 2017-12-28

 イチゴミルク
 10   352.3   0   0 

青い空に べたべた色を塗り重ねて その透き通った 鏡のような姿を 見えなくしてしまった 今さら いくら磨き 払い落とそうとも 浮いた油のように 揺れたままで すくっては 放ち すくっては 放ち......


作成日時 2017-12-04

Defeat

 miyastorage
 5   372.8   0   0 

連中は右に折れていった。私はそれに続いた。連中の後ろ姿は、しかし、折れた先になく、振り返ると、連中の 一糸乱れぬ前進が目の前に迫っていて、私は、たちまちストレッチャーに乗せられた急患。私は連中の一人に尋 ねる。あなたはフレイヴァー・フレイブみたいな......


作成日時 2017-12-30

My Way

 坂岡ユウ |Yuu Sakaoka
 3   332.9   0   0 

誰かのことを意識して 前すら見えなくなる 皆に同調するばかり そんな僕だった あの日 何かが起きて ちゃんと地に足が着いた これからなんてわからない 自分らしく生きてみよう そう決めたときから 全ては変わっていった 無表情な過去 目......


作成日時 2017-12-31

下弦物語

 東川原未來
 14   653.3   0   0 

闇を殺す人は孤独ではない。 いつだって、骨乗り蛍が傍にいて、 足すために生まれてきたような彼の哀しい身体を、 芯から癒し、宇宙で抱いてくれるから。 いつでも、夜が来る前に、蛍は彼を抱きしめて、 それぞれの孤独な部分をジィっと焼き、 ......


作成日時 2017-12-30
投稿作品数: 123