姉の自慰 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

着順は知らない

まるでショートフィルム

駆け抜ける風を感じて

ピム

伝記びりびり

言語と身体のきしみ

緘黙のぼくは祖父母の目の前で伝記を破ることにした。

r

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

犬のしっぽ

    遍界不曾藏  犬がしっぽを振る世界

湯煙

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

name

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

yasu.na

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

姉の自慰    

朝起きて  新規公開株のリストに目を通すと 姉の甘ったるい声が聞こえてくる そういう朝がもう何度も繰り返されている 僕が眠りのなかで耳の穴から腕の生えている 素敵な生き物と素敵な会話をしている間も 姉の生活は途切れずに続いており その様子は薄壁一枚隔てたこちらにも ひそひそと秘められているのか明かされているのか よくわからない感じで伝わってくる だいたいはスマホのゲームの音とともに もうしばらく家の外へ出ていない姉は 信じられないくらい明るくネットの仲間と溶け合っている 僕が眠りから覚めるときには 彼らの冒険や試練は たくましい傭兵たちの昔語りのようになっている 姉の自慰がはじまる 新規公開株のリスト及び株式の情報には 姉の自慰についての重要な事柄は何も記されてはいない 指値をいれるとあっという間に約定して だんだんと甘ったるくなって 仕手筋に絡めとられてただひたすらにつりあがっていく 本当にそんなに簡単につりあがってしまっていいものかい? そんな問いかけに意味などないと言いたいかのように 声はうわずっていく 丁度チャートのN字曲線のもみ合いあたりで すとん、と落ち着いたら 今度はうめき声のように 低く、けれどもそれはたぶん人の生にとって一番本質的な あの、欲望の声をあげる 僕はというとすでに大概売り抜けて 新規参入者が刈り取られていくのを無表情に見ている 都内にマンションを買おうと思っている 姉の自慰の届かないところで けれども姉の自慰がどこへもたどり着かない 漂流物のように 誰もいなくなったこの部屋で響いていることを想像すると お腹のへそのゴマあたりがとてもいたくなる 宛先不明になった姉の自慰が 名も知れぬロックバンドによって 小さい箱で演奏されていることを想像する 姉の自慰はたぶん何かを伝えることも誰かを慰めることもできないけど 多分その小さな箱に集まった人たちの共通のムードとして うん、姉の自慰だよね みたいな感じになるんだろう それってやっぱり耐えられないから 僕はマンションを買うのを先延ばしにし続けている


作成日時 2017-12-30
コメント日時 2018-01-11

姉の自慰 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 13
P V 数 : 613.1
お気に入り数: 0
投票数   : 0
ポイント数 : 0
項目全期間(2020/11/26現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:613.1
2020/11/26 12時52分42秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

姉の自慰 コメントセクション

コメント数(13)
花緒
(2017-12-30)

面白い一作だと思いました。こちらでお目にかかれて光栄です。 姉の自慰の声、はおそらく存在してはいるのでしょうけれど、妙に生々しいですけれど、実際に聴く機会なんておそらく殆どないはずで、あくまで想像上のものにすぎないのでしょう。株の上昇という、これまたバーチャルな、しかし、実体経済に確実に影響を及ぼす、数字の動きが重ね合わされているわけですけれど、バーチャルなものに支配されている現代人の空虚さが伝わってくるようです。小さな箱に集まった人たちの共通のムード、という、何というか、暗い嗤いが伝わってくる作品ですね。作中話者もデイトレーダーみたいだし、登場人物全員がバーチャル活動に依存した空虚な生活を送っているみたいで、ネット詩、という形態と通底するものを感じました。

0
蛾兆ボルカ
(2017-12-31)

今晩は。 タイトルが秀逸だと思いました。 また、ネットの投資でしょうか(詳しくないのですみません)お仕事の進みと、お姉様の盛り上がり具合が同時に描写されていく感じがとても上手く、言葉の真摯な離れ業となっていて、濃密な詩情を感じました。 一方で、 「お腹のへそのゴマあたりがとてもいたくなる」 と、いうフレーズには、少し小技というか、わざとらしさを感じてしまいました。 その後の、「このことの作品化」を思わせる、ライブハウスでの演奏についての云々も、少し興醒めな感じがします。 この語り手の優しい耳のすまし方からすれば、感じの良い、素敵なお姉さんというか、お姉さんの素敵な自慰じゃないですか。その寂しさや虚しさも含めて。 むしろ「曲にして演奏したい」ぐらいがしっくり来るように思います。 最後の一行はまた、ふわっとして、とても良い後味の作品だと思います。

0
カオティクルConverge!!貴音さん
(2017-12-31)

はじめまして、貴音です。 ライトコメントですみません。 投稿されてからBreviewに来たときは必ず読んでいます。 最初から最後まで流れが綺麗な詩だなと感じました。 でわ、失礼いたしました。

0
まりも
(2018-01-02)

〈耳の穴から腕の生えている/素敵な生き物〉 眠りの中でだけ会える、言葉からすると「異様」としか言いようのない、しかし〈僕〉にとっては〈素敵〉な生き物、これはいったいなんだろう。こんな不可思議な伏線が用意されているのに、どなたも、ここには言及していないですね。 耳をすませて、あらゆる気配を〈腕〉でかき集めていく行為を具体化したら、こんな生き物になるのだろうか。聴く、ということの、欲望。それは、隣室(存在するかどうかすら、不明の・・・心の中にある自分の部屋の隣で行われている、もう一人の自分の行為、であるかもしれず)に耳をすませる、ということ、見えないものに意識を注ぐということでもある。イメージとしてはヒエロニムス・ボスの描いた奇妙な生き物たちを比肩したくなるのですが・・・人間の欲望を「教化する」というタテマエを付与されて、実際には生理的欲望をむしろ喚起する為に具象化された生き物たち。 非常に魅力的な登場人物(登場動物?)なのに、ちらりと現れただけなのが、とても残念に思いました。 この耳から生えた腕、が、姉の自慰を行う指を持つ腕、であるのか・・・とも考えたけれど、うまくつながらない。 ネットゲームが喚起する生理的興奮、株のトレーディングが喚起する生理的興奮、そして、性行為が呼び起こす生理的興奮。脳内ドーパミンが分泌されるためには、他にも様々な刺激的な行為が存在する、のでしょうけれども・・・自慰は、他者とのコミュニケーションを必要としない(自分の内にこもった、自己完結する)生理的興奮ですよね。生殖の目的以外の性・・・コミュニケーションと生理的欲望の充足という二項を満たすための性行為は(ボノボやピグミーチンパンジーなど、類人猿の一部に認められているけれども)人間特有の行為だと言ってもいい。 自慰の場合は、コミュニケーションの充足の面は欠落していて、自己の欲望の充足だけが中心となる。想像力によって、見えない他者、見えない恋人の愛撫を妄想する、という仮想のコミュニケーションは存在するかもしれませんが。 ネットゲームの場合も、見えない他者がいるのかもしれませんが、見えないがゆえに、仮想の他者に限りなく近い。ソフトの中に組み込まれている、プログラミングされた「他者」との交流であるならば、これは完全な仮想の他者ということになるのでしょう。株のネットトレーディングも、見えない他者が存在している、はずだけれども・・・仮想の他者に近い存在なのではないか。数値の変化という極めて無機的な表示が、有機的に変動していくという株式市場の動きと、そのうねりに身を任せて、仮想の他者を相手に賭け事に近いような興奮を得るという行為。 指値や仕手筋といった、手や指に絡む言葉が喚起するイメージからの発想なのかもしれない、と思いました。「見えない手」が経済という生き物の肉体を愛撫したり弄んだりしている、ように、隣室という見えない場で、見えない手や指が、見えない姉の身体を快感へと導いていく。株式市場に身を揉まれる興奮とのアナロジーを生理的に捉えているようでもあり、とてもユニークな発想だと思いました。 5連目の、マンションを買おうと思っている、あたりから、また別の寓意性が現れるように思いました。少し論理的になる、ロジックが立ってくる、とも言えますね。 堅実な生活(姉の声の聞こえないマンションの一室)を購入する、その決断がなかなかつかない、と読むと、生理的興奮に導くもの、行為、から身を引き離して、一喜一憂する刺激的かつ内向的、自己完結的な暮らしから、一般的な平穏な生活へと脱したいと望みつつ、生理的な刺激を得られる場が〈小さい箱〉たとえばラジオから流れて来る音楽による、一時的な興奮、といったものに矮小化される、ということに、耐えられそうもないから、今の刺激的で内向的な生活をやめられない、という読み方をしたくなります。

0
芦野 夕狩
(2018-01-02)

皆さまあけましておめでとうございます もっと速やかにお返事返したいところでしたが、年末年始ということでばたばたしてしまいました。お許しください 花緒さん こちらでははじめまして。お久しぶりです。 「バーチャルなものに支配されている現代人の空虚さ」 ある種そうなのかもしれませんね、 こんな風に話してしまうのは僕が中身のことなんてこれっぽっちも考えないで詩など書いてしまうから、なんですが 人間は本来ヴァーチャルの方があってるんじゃないか、という気もします。 ほら、こうして、顔も知らない相手と、なんだか突然ねんごろな言葉や、本質的なことのように偽装された言葉を差し交すなんて とてもエキサイティングじゃないですか。 ボルカさん はじめまして(はじめましてではないんですが、説明がめんどくさいのではじめまして。 私には姉はいないのですが、というか、いたらこういうの書かないかもしれませんね。 という外野的な立場から言わせてもらうと、うん、姉の自慰、ってものすごくキュートでキャッチ―な響きですよね 「この語り手の優しい耳のすまし方からすれば、感じの良い、素敵なお姉さんというか、お姉さんの素敵な自慰じゃないですか。その寂しさや虚しさも含めて。 むしろ「曲にして演奏したい」ぐらいがしっくり来るように思います。」 と仰られるのもわかる気がします。 あんまり深くは考えてもいないんですが、 姉の自慰って100回言ったら、意味が抜け落ちて、殻になるみたいな でもそういうの許せない弟くんのやさしさみたいな、 そんな感じなのかなーと思いました(適当 これに関しては、とてもユニークで意見の分かれるところでありますね 自分の女房を他人に抱かせて興奮できるかできないかの境目がそこにあるような気もします。 貴音さん はじめまして。 この場合の「きれい」というのは皮肉と受け止めてよろしいでしょうかね? たしかに姉の指のぬめり気や、かすかに匂うアンモニアの香や指にひっそりとまとわりつく陰毛の黒さ、など書きわすれておりました これは厳しい評をいただけたと思いこれからの詩作に思いっきり生かしていきたいと思いました。 冗談です。 ありがとうございました。 まりもさん 〈耳の穴から腕の生えている/素敵な生き物〉 言われてみれば、弟くんは若干頭がおかしい これに関しては、まりもさんがのちに言及なさってる(神の見えざる手)にかかっていますね(嘘 僕にとっては自明な存在であるのですが、少し不用意と言うか、何の準備もなく読者に手渡してしまった感があります(嘘 ただこうやって、文脈に依存せずサブリミナルに配置することである種の想像力を刺激するのではないかという詩的テクニックです(嘘 すみません 作者がどこまでふざけていて、どこまで本気なのかわかりにくい詩だと思うので まりもさんのような真摯な読者を絶望させてしまわないか、というのが気がかりで気がかりで。 僕としていえることは、ちゃんと全面的に本気でふざけています、というのがやっとだということ、どうかご理解いただければと思います。 「指値や仕手筋といった、手や指に絡む言葉が喚起するイメージからの発想なのかもしれない、と思いました。」 これはほんと言われてみて、すごい解釈だと思いました。 もうこれ言われたら、「そや、そういう風に書いたんや」としか言えないくらい完璧ですね。 なので言っておきます そや、そういう風に書いたんや 5連目に関してはボルカさんに書いたものと同じになってしまうかもしれませんが、 自分の女房を他人に抱かせて興奮できるかできないか問題、みたいなことなのでしょうかね(すみませんでした 皆さま真摯なレス、まじ感謝です。 芦野

0
弓巠
(2018-01-07)

芦野夕狩さん、こんにちは。 非常に楽しく拝読しました。  自慰のイメージと、密室の結びつきが面白いと思いました。自慰、というものは基本的に人目を憚って行われるもので、それを知る人、見る人も自慰をしている本人しかいない、というものだと思っています。そうであるが故に、姉の自慰は密室の中でしか行われることはない。けれど、密室で行っているが故に、隣の部屋にいる弟にはその声が聞かれてしまう。そして、弟に届いているのは声だけである、そのために、弟の中では姉の自慰のイメージが膨れ上がっていく。そして、株価の変動のイメージが姉の自慰と結びついていく、という流れ。  弟が、マンションを買おうとしないのは、そうした姉の自慰のイメージが、誰にも聞かれないことによって、逆に普遍的なものになってしまうのを、恐れているから、と勘ぐりをしてみました。見えない、聞こえない、存在しないものほど、普遍的なものはないかな、と思ってしまうので。ただ、「小さな箱」で姉の自慰が演奏されるのは、密室のイメージがさらに密室のイメージに結びついているから、という読みもできると思いますね。    と、いう風に僕は初読で読みました。その上で、他の方のコメントと、芦野さんの返信を見て漠然と、作品の見え方と、作者の意図とが、どう関係してくるか、というのは結構難しい問題だなあ、と思いました。

0
完備
(2018-01-07)

一言コメントで恐縮ですが、タイトルが最高です。

0
白井草介
(2018-01-08)

芦野さん、はじめまして。「姉の自慰」、面白く読ませていただきました。部屋の壁が薄い、という強いかなしみをかんじました。自慰を聞かれてしまうのは、兄・姉(先に生まれたもの)の宿命なんでしょうかね。とくに壁が薄いとどうにもならない。この詩の、姉は部屋から出ずにインターネットのゲームの世界にいる。ひきこもりの、たぶんあまり清潔ではないかんじの姉、その自慰。それと、変な弟の株の売り買いが並行して書かれていて、とても奇妙です。しかし、ビューティフルとは言い難いですね。笑わせようとしているのでしょうか? 笑いました。いつかライブハウスのちいさな箱で「姉の自慰」を聴きたいとおもいました(本当は聞きたくないです)。

0
芦野 夕狩
(2018-01-09)

弓巠さん まぁ作者のコメントなんて後からいくらでも捏造できますので 中身のことはさておき 4連と5連と、あと題名で、読者をひっかけれることができたならよかったかなと思います こういうことを話してしまうのは本意ではないのですが 「「小さな箱」で姉の自慰が演奏されるのは、密室のイメージがさらに密室のイメージに結びついているから」 というご感想をうけまして 、あ、詩というのは密室を書くのと似ている、と少し思いました。 密室と言う、外から見ると何が起きてるかわからず、 人をやきもきさせ、あらぬ創造を働かせる作用が、とても詩というものに符合するのではないか、と。 関係ない話になっていたら申し訳ないのですが、 お読みいただけて大変ありがたく思いました 。どうもありがとうございます。 完備さんへ ありがとうございます。 あまり読者を信用していないので、できるだけ詩の良いところは前に前に置きたい派です(特にタイトル) お読みいただき大変ありがとうございました。 白井草介さんへ 笑っていただければ最高かなと思います、 これは、ビューティフルなものへの反抗心ではないんですが 結局短い読み物として詩を考えたときに、 笑いや、怖さや、美しさや、なんかしらの感情を思い起こさせるのが とても大事なんじゃないか、と甚く即物的に考えておりますので そういったことが白井さんのうちに実現できたということを教えていただき とてもうれしい気持ちになりました。 お読みいただきありがとうございます。 *初投稿なので勝手がわからないのですが、誤字はどうすればよろしいでしょうか。 【新規公開株のリスト及びの株式の情報には → 新規公開株のリスト及び株式の情報には】 です。訂正できないということならば、多少の誤字はあまり気にしないのですが、 もし訂正できるものならば、どうすればよろしいでしょうか?

0
まりも
(2018-01-10)

の、を削除しました。ご確認ください。 現状、投稿者が自分で訂正は出来ないことになっています。 投稿作品に、レスがついた後に作品が改変された場合(より良い作品にするための推敲であっても)レスと作品とが食い違ったり、コメント欄での議論が噛み合わなくなったりすることを避ける、という意味合いもあろうかと思います。

0
芦野 夕狩
(2018-01-10)

まりもさんへ ご丁寧な対応ありがとうございました。 誤字脱字等よくやらかすので、今後こちらに投稿させていただくときは、できる限り気を付けたいと思います。 お手数おかけして済みませんでした。

0
アルマ@封じられた語彙力
(2018-01-11)

ちょっとドキドキしました。盛り上がってく姉、淡々としている弟。 奇妙な光景だけど、きょうだいというのはそこらへん変に冷静だったりしますよね。

0
芦野 夕狩
(2018-01-11)

アルマさんへ 僕は姉さんはいないのですが、こんな姉いたら嫌だなあと思いながら書きました 笑 実際こういった姉弟がいるかはともかくとして、アルマさんの中で説得力を持ったのなら幸いですね。 ご感想頂き大変ありがたく思います。 お読みいただきどうもありがとうございました。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1