作品投稿掲示板 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

のいえられこーず

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

のいえられこーず

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

のいえられこーず

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

のいえられこーず

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

のいえられこーず

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

のいえられこーず

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車



詳細設定を開く

クロソイド曲線

 afterglow
 28   1709.3   6   16 

国境のトンネルを 口下手な父の背中を 後部座席に寝ているふりで 長い時間きいていた にぎわう峠のドライブインで いったい何を食べたのか 今はもう覚えていない 見知らぬ町 見知らぬ人々 いつもとは違う顔の父がいた ナトリウム灯に 群が......


現代詩 受賞作
作成日時 2021-01-22

 鈴木歯車
 7   846.9   1   0 

ジャングルジムの中に絡み取られていると フェンスの向こうを歩く人がやけに目についた 人間の条件を少しずつ失うような心地だった 昼下がり あるとき すべての踊り場から あたたかい知性が伸びて いつのまにか背中にさずかる 春は波のようにやってく......


現代詩
作成日時 2021-01-01

 美味くも不味くもないエビチリ
 2   85.6   0   0 

逆 逆 悲しみの逆 逆 よろこびの逆 つらさと憎さに果てはない ・ ・ ・ 憧憬 醜い音 赤い 黄色い 青い ちらちら光るもの 芯のあるまなざし するどくとがった ・ ・ ・ ・ わたしはひとりでこのしま......


現代詩
作成日時 2 時間前

恥ずかしいったらありゃしない

 藤 一紀
 1   285.6   0   1 
<批評対象作品>

まったくやらかしちまったな……という感がある。私はこの作品にコメントを入れた。大抵いつもの長々しいやつだ。コメントを入れ終わってしばらく経ってから、この「やらかしちまった」はやってきた。誤読したかも。いや、誤読したにちがいない……。 もとより私は誤読というも......


現代詩 批評 選評文
作成日時 2021-01-26

ひとつ、ふたつ  ~「のんのんびより のんすとっぷ」 第……

 渡辺八畳
 3   359.2   1   0 

モンシロチョウの鱗粉が草葉に落ち さらさらとした僅かな音も 耳へしっかりと伝わる朝の陽ざし 枝、ひとつ落ちていて 牛、それをまたぐ ぷ、ぷ、ぷ、バスのガス 小さな窓から見える数人 陽ざしはそこにもそそがれる 吐息を通し 笛を吹くこ......


現代詩 動画 縦書き
作成日時 2021-01-25

実像の閾、形而下の輪転

 鷹枕可
 7   595.9   3   0 

  耶蘇の血を享けて 水栓の無い洗礼槽     壜詰の葡萄    滴る細緻なその花蘂に   市場は四方の闌を    聖霊窒息の真昼に副えて  臙脂色の恒星を指す  天文台に観測された    対称形を呈す      菫色の地球を姿見の闇に浮べ ......


現代詩
作成日時 2021-01-17

ひとりぼっちの、歌

 帆場 蔵人@⚰
 9   693.3   3   8 

ひとりぼっち、の人は ひとりぼっちの景色を 知っていて 遠くを静かにみつめている たまに夜半の丘に立っては 叫んだり泣いたりしている 眠れば星雲の渦にまかれて わからない ばかりの銀河を 考える人のポーズで 億年も 浮遊して考えず......


現代詩 受賞作
作成日時 2021-01-23

kodou

 うえからしたや
 0   127.8   0   0 

緊張と緩和 繰り返すこの街で溢れ出す  取り留めのない言葉達が止まらない 音はない 呼びかけにも応じない だが確かに感じている 追いつけない追い越せないこの俺の中の 黄昏を拒んだ 薄曇りのPM3 oclock  刻々と落ちる 太陽の輪郭だけが......


現代詩
作成日時 02:40:15
投稿作品数: 288