作品投稿掲示板 - B-REVIEW
重要事項
お知らせ
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

狂気、ファック、バイ、そし……

自由 暴力 そして 輝き

虹がある。 邂逅と官能、詩。  現場からでした。

湯煙

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

大人

ただ  納豆  は苦手

生き返る、 笑いながら、 台所で、 さばかれるキミ、さあ、明日から食わず嫌いはやめよう。

湯煙

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

ヘビと戦う

家に蛇は、居つくことがある。

子どもの頃、蛇は家を守るから 粗末にしてはいけないと、聴きました。 なるほど、そういうことか。

真清水るる

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

風景を食む

我々も本作の出来に食まれていく

この良さは読まぬと分からぬが、読むと確実に心が仕留められる。独特の風景の描写は人の記述がないからこそ冷涼な空気を作り出す。

ふじりゅう

失踪

現代詩が現代であることを実感できる

古風な詩作品から一線を画した作風に我々は驚く。

ふじりゅう

お別れの挨拶

&氏による待望の一作

ロシヤ、という響きの不思議さに、貴方はもう逃れられない。。。

ふじりゅう

フィラデルフィアの夜に Ⅻ

フィラデルフィアシリーズ最新作!

羽田氏のフィラデルフィアシリーズ最新作が公開された。その完成度には毎度驚かされるばかりだ。

ふじりゅう



詳細設定を開く

君に告ぐ

 伊丹真
 6   532.5   0   9 

今 この右手に触れるものを 決して放してはいけないよ その胸に挿したフリージアの 鮮やかな枯れる匂いも気配も 右に押せば左が動き のらねこは わぁ、と鳴いて今、 たまらなく胸をかかえる、 この今、 見るもの全てが美しく映る今日に ......


現代詩
作成日時 2020-03-29

バナナはおけつに入りますか

 ぱうら@ PAULA0125
 8   507.9   0   1 

拝啓 拝啓 お父上 バナナはおけつに入りますか このバナナはわたくしがつくりました 牛革で出来た 皮から抜くと 機能美に優れたバナナが現れます これはバナナでございます 硬くて実が しっかりしたバナナ 鋭い味が チャームポイント これをねこ......


現代詩
作成日時 2020-03-23

桜の雨

 星空そとば
 10   1096.1   3   38 

わたしにとって、桜とは空から降ってくるもので、それは天気の一種であります ビニール傘の薄い膜が、わたしを花びらから護っています なぜならわたしは弱く溺れており 水溜りを撫でる北風が、わたしの姿を(あるいは、誰かを?) 際限なく細切れにして 際限なく傷......


現代詩 縦書き
作成日時 2020-03-30

愛とウイルス

 武田地球
 28   1993.0   2   16 

愛も夢も信仰も「みえないから無い」と決めていた。 ちょうどその頃、やっぱりみえないウイルスがやってきた。 さっき外に出たら桜が咲いていて、今日はとても青い空で、まちがいなく春だ。 それなのにイタリアの病院のベットの上では、わたしと同じくらいの年の男が......


現代詩
作成日時 2020-03-24

独言少女

 ゆい
 23   1597.2   9   47 

髪がなびいて 唇に触れるので 私、風が憎いんです 町にはまだ、アンパンマンが 溢れているので 私、平和が見えています ミカンを剥いた指が 黄色くなっていて恥ずかしいので 私、恋を知っているんです 手に出来た真っ赤に割れる アカギレ......


現代詩
作成日時 2020-03-06

ヘビと戦う

 たけだたもつ
 18   2162.9   4   160 

    朝起きて、俺 ヘビと戦った 朝からとにかくひどい洪水で 俺の大事にしていたポシェットも流され 銀行などの床も水浸しになり 家の冷蔵庫は野菜室まで水が入り込み それでも、俺 ヘビと戦った ヘビは鎌首をもちあげ 毒があるのかないのかは......


現代詩
作成日時 2020-03-07

きりん

 鈴木歯車
 7   977.1   2   22 

海面水位は行けるとこまで行ってしまうから 島から出られなくなった どうぶつ とりわけ、うみねこの 冷たい輪郭をさがしています なんなら小さなきりんでも 草原を歩くひかり、なめらかな関節の群れなど 輝いていれば何でもいいのです やぶれ......


現代詩
作成日時 2020-03-31

裏庭に居ます

 千才森 万葉
 11   750.5   2   8 

『飲まれてしまえば石さえ朽ちる  風に 水に 身をさらすのは  光り輝くためなんかじゃない  何者なのかを忘れないため  いかなる瞳の中に居ようと  いつもの俺であって欲しいから  いつしか辿れる記憶になるまで  まるめた角を誇って行こう』......


画像
作成日時 2020-03-28
投稿作品数: 291