作品投稿掲示板 - B-REVIEW
お知らせ

   

作成日時 2017-12-09
コメント日時 2018-01-16

雁が音 五時になり、その日は ずっと数字ばかり たとえばステンレス製の記号を象ったそれのことだが 視線がおいつかないでいた よくみかける(と彼らがおもいこんでいる) 冬の光景 古代の犀の化石標本を むこうの島まで観察にいった もちろんレプリカだったのだが、関節には 奇数が食ませてある 材質のわからない皮膚や角質のあらゆる部分を 色彩が埋めつくしている わたしはそのことを驚歎に値すると 認識した ここまでのrecitativoは おそらくウシツツキによるものである 七号棟から 落葉の浮いたプールが眺められた ほかにも蜂の巣が 植物にからみついた莨をすう鰈の卵巣のように たれさがって 馬の首や、紙の吐息など つめたい額にひらいたひかる茸 果樹園 ふるえる耳も


項目全期間(2019/11/22現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:132.3
2019/11/22 20時19分43秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。


コメント数(6)
花緒 (2017-12-10):

万物は数である、というピュタゴラスの言葉を思い出しました。この作品には数字がたくさん出てきますね。科学的なことはわたしにはよくわかりませんが、事物は、分子とか原子とかの連なりによって構成されているのでしょうし、その組み合わせ方はきっと数学で表うるような法則に則っているのでしょう。それは蜂の巣のような幾何学的なフォルムのものだけでなく、ふるえる耳もそうでしょうし、という感じで読みました。作者が意図するところと合致しているのかは分かりませんが。 言葉の選択が洗練されていると感じるので、何度でも読めてしまうというか、再読に耐える良さがあると思います。その一方で、なんとなく知っているものに当てはめて、かろうじて最後まで読むしかないわたしのような「読めない」読者にとっては、結局、なんとなく知っているものをこの作品を通じて確認しているに過ぎず、何か知らなかったものを読み取るといった類の読書体験には至らないということも思いました。

完備 (2017-12-10):

私はこの作品を批評する言葉を持ちません。好みかで言えば大変好みです。素晴らしいと感じましたが前述のように批評する言葉を持ちません。そもそも真に優れた作品はそう簡単には批評できないでしょうから、この作品が真に優れた作品であるかどうかはさておき、その可能性を持っているとは言えるのかもしれません。

百均@B-REVIEW ON/ (2017-12-19):

言葉にならないですね。まず言葉を知らない。そこから詩の読みを始めたからかも知れませんが、 >雁が音 茶葉の一種なんだなと思う所から、文字の持つイメージと音、の広がりが広がっていきました。なんというか自分の文字に対する向き合い方の詰めの甘さみたいな物を、ガツンとやられたような感じです。まぬけな感想で申し訳ありません。ただ、僕はこの「雁が音」が「かりがね」という音で、最初に提示された事に感動しました。それが僕の無知が導き出した感慨であった事が、今そこで自分の無知が生きた事がある意味良かった。 >ここまでのrecitativoは >おそらくウシツツキによるものである   雁が音を調べ始めたのはここの連がタイミングなのですが。ウシツツキも初めて知りました。最後の連こそ本領発揮という形で、そこまで適度に揺らされてきた感覚を更に揺らされて酔ってしまったようです。自分の信じてきた見方、当たり前の光景が言葉という酒によってグニャグニャにされていく。様な感じです。陳腐な感想で申し訳ない。良い悪いではなくて、ひたすらショックでした。

まりも (2017-12-24):

アステリスク、題名のように置かれると、不思議に一番星に見えてきます。 その後にひびく「かりがね」の音と、雁がブイ字型になって空を渡っていくイメージ。 西の空は茜色に燃えていて 東の空は藍色に沈んで、ようやく一つの星が、光始める。 最初のひとつ、が現れ、その後、無数の光が暗闇に点滅を始める、 そんな宇宙の中に、私たちが住んでいる、ということ・・・ 無彩色という色彩を、モノトーンの微妙な差異の中に、 無限の色彩の諧調を見いだす、ということ。 むこうの島、を、べックリーンの「死の島」を引き寄せながら、読み重ねていました。 いつの、まにか・・・。 ウシツツキ・・・を鳥のイメージとして捉えるなら、 古代の犀(誇大の差異と、音が同じ、なのだなぁ、などと思いつつ)の背に乗っていたウシツツキを連想、するわけですが・・・ うつししき、と、空目したのです。 現識と書いたとしても・・・それは、現世(うつしよ)のうつし、ではなく、ゲンシキ、と読むのでしょうけれど。 それでも、夢の中をスライドしていくような本作を拝読しながら、ウシツツキがいつのまにか現識などと、読みたがえてしまう。その惑いを、楽しんでいる感覚がありました。 落葉の浮いたプールのわびしさ、言の葉のイメージ、蜂の巣、蝶・・・蝶の卵巣とあるけれども、私はなぜか、カマキリの卵巣(泡立ったまま固形化して、風に吹かれている、乾いたゆりかご)を連想しました・・・ 馬の首(なんとなく一角獣の白い首筋を思いつつ)紙の吐息(紙吹雪きの舞う人工空間と、神の吐息、のイメージを重ねつつ)ひかる茸、のイメージ・・・そして、果樹園。 豊かさの、そして淋しさの(死を種子として熟れていく果樹の)木立の中で、紙吹雪のように落ちていく葉を眺めながら、私たちは何を聴くのでしょうね・・・。

蛾兆ボルカ (2017-12-24):

今晩は。 私は詩を書くとき、意識の流れを偽造して、そこにリズムのようなものを誂え、いわば一本の紐のような書き方をするのですが、この詩は絵のように意識を対象全体に拡散して書かれているように感じました。 時間を止めることに優れた叙述で、感情も止まって見えます。無音が耳に聞こえるような印象がありました。 とても個人的な偶然ですが、私は数千か数万匹の蛾を解剖して、その卵巣を取り出して、ある実験をしたことがあります。ですので、複雑にビーズを繋げた首飾りのような、あの卵巣を想像しましたが、それを冬の蜂の巣に喩えるのは、不思議な感覚でもありました。無音の中に、何か始まるもの、と解そうかと思いましたが、腑に落ちず、残りました。 この詩は、もしかすると、ある種の原初的な風景であり、そこへのノスタルジーを誘うのかも知らない、という気配を微かに感じましたが、どこかまだ、物足りなさも感じました。

う ら み (2018-01-16):

記号とは「冬の光景」である。なぜならば「よくみかける」ものだから。これは、奇数を食ませた犀の関節を「化石標本」にみたことにより認識する。それは、よくみかける冬の光景を「色彩が埋めつくしている」気づきの驚歎。しかし、その驚歎もまた「おもいこみ」という主観なのではないか。つまり、ウシツツキの独唱。あるいは奇数食ませとはメタファーとしてのウシツツキ。 「ふるえる耳」に、冬の記号は、つめたい吐息としてきこえてくかもしれない。私の耳にも。

投稿作品数: 1