カーテンを開けたら - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

狂気、ファック、バイ、そし……

自由 暴力 そして 輝き

虹がある。 邂逅と官能、詩。  現場からでした。

湯煙

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

大人

ただ  納豆  は苦手

生き返る、 笑いながら、 台所で、 さばかれるキミ、さあ、明日から食わず嫌いはやめよう。

湯煙

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

ヘビと戦う

家に蛇は、居つくことがある。

子どもの頃、蛇は家を守るから 粗末にしてはいけないと、聴きました。 なるほど、そういうことか。

真清水るる

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

風景を食む

我々も本作の出来に食まれていく

この良さは読まぬと分からぬが、読むと確実に心が仕留められる。独特の風景の描写は人の記述がないからこそ冷涼な空気を作り出す。

ふじりゅう

失踪

現代詩が現代であることを実感できる

古風な詩作品から一線を画した作風に我々は驚く。

ふじりゅう

お別れの挨拶

&氏による待望の一作

ロシヤ、という響きの不思議さに、貴方はもう逃れられない。。。

ふじりゅう

フィラデルフィアの夜に Ⅻ

フィラデルフィアシリーズ最新作!

羽田氏のフィラデルフィアシリーズ最新作が公開された。その完成度には毎度驚かされるばかりだ。

ふじりゅう

この作品は読んだことがありません。


カーテンを開けたら    

このカーテンを開けたら 私は何を思うんだろう 闇が町を覆っていて 悲しみに暮れるかもしれない 光が私を包んで 暖かな心に満たされるかもしれない この窓はいつも現実を映すから 私はカーテンを閉めていた 今こそ開けるとき そう明日への窓を 私開けるんだ 開けた途端 その高さにひれ伏してしまった ここは多分私が落ちるためにある そして私は にんまり笑って


作成日時 2019-09-01
コメント日時 2019-10-06

カーテンを開けたら ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 11
P V 数 : 959.7
お気に入り数: 0
ポイント数 : 29
#テキスト
項目全期間(2020/04/02現在)投稿後10日間
叙情性83
前衛性10
可読性119
エンタメ10
技巧10
音韻20
構成50
総合ポイント2912
 平均値  中央値 
叙情性1.60
前衛性0.20
可読性2.22
 エンタメ0.20
技巧0.20
音韻0.40
構成10
総合5.83
閲覧指数:959.7
2020/04/02 14時22分07秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

カーテンを開けたら コメントセクション


コメント数(11)
みうら (2019-09-01):

独白を主体とする作品は好みです。カーテンの開閉に心情を表されるところ、よくわかります。可読性に5点入れました。

0
せいろん (2019-09-02):

み う ら様 コメントありがとうございます。 深く読み取って下さり、嬉しく思います。 少し話はずれますが、今回のみうらさんの試み、素晴らしいと思います! ありがとうございます。

0
ふじりゅう (2019-09-05):

落ちる瞬間をあえて書かない点が面白いと思いました。明日はなさそうなのに、あえて明日と書いている辺りが良いと思いました。

0
藤 一紀 (2019-09-05):

こんばんは。とても妙ちくりんです。私ならいろいろ考える前にカーテンをあけます。カーテンをあけるから闇でも光でも見えるのであって(実際は光や闇は見えなくて、明るさや暗さが見えるのですが)、ともかく考えるより先にカーテンはあけるものです。それなのに、あけるまでに四連分も言葉を費やしてあけたあとのことを書いている。なんて無駄なことをしてるんでしょう。 と、感じなくもないですが、ひとには怖れや不安というものもあり、そのために躊躇して踏み出せないということがあります。そして踏み出すためには踏ん切りも必要な場合がある。とすると、この一連から四連が、《私》が行動を起こすのに必要な“ため”であって、“ため”があるから行動できるのだとしたら、無駄であるどころか、この作品の核になっているとも言えます。したがって“妙ちくりん”は撤回します。 ただ、以上のように読めば、この作品でもっとも味わえるのは四連目までで、それ以降は印象が弱くなる感は否めません。あるいは最初から結末(オチ)ありきの一連~四連ということであれば、些か残念でもあります。ちなみに一連~四連が“ため”でないとしたら、五、六だけで詩は、あくまでほぼですが成立するのではないかと思います。

0
せいろん (2019-09-05):

ふじりゅう様 コメントありがとうございます。 細かいところまで読み取って下さり、感謝です!!

0
せいろん (2019-09-05):

藤 一紀様 コメントありがとうございます。 こんばんは!! 初めてコメント頂くので、嬉しいです。 本当にその通りだと思います。 藤さんのコメントを通して自分の今回の詩を見ていくと、違う姿が見えてくるようで、情けなくもあります!笑 頑張ろう!と思えました。 ありがとうございます!

0
真清水るる (2019-09-05):

こんにちは  カーテンを開けるといえば、私の場合は 荒井由実の「やさしさに 包まれたなら」という曲を思い出しました。その曲では、カーテンを開けて 新鮮な空気や光を部屋に取り込むと、やさしさに包まれるというのが、「やさしさに 包まれたなら」なのです。この詩においても カーテンを開けるという具体的な所作のある詩は良いなあと思いました。 話はすこし変わるのですが、わたしの知人に 長年ひきこもりを経験した人がいます。その人は朝夕が逆の暮らしをしているので 部屋の入口を固く閉ざしている人です。 世の中には まったく部屋からでようとしない生き方の方がいることを、私の場合は この詩で連想しました。 カーテンを 開けるという 一見、さりげない所作ですが、この詩がもし 高層マンションの窓のカーテンを 開けるときの心境を書いておられるなら、そのあとにつづく事象は 言うのも苦しい事象がある可能性を 私は思いました。それは、心の冷え冷えとする事象だと いわざるを得ません。 そんなことを考えてしまった私は、つい 荒井由実の「やさしさに 包まれたなら」という曲のような やさしさに つつまれてほしいなと 個人的には おもったのです。

0
楽子楽子(2019-09-05):

引きこもりやってたときの心境まんまでウッとなりました なんとなくカーテンを開けたあと視線より上空をみがちなのもあり (引用) 開けた途端 その高さにひれ伏してしまった ここは多分私が落ちるためにある ここで足がヒュンとなる落差を感じました 好きです

0
せいろん (2019-09-05):

るるりら様 コメントありがとうございます。 やさしさに包まれたなら、有名なのでタイトルは存じ上げております! とても非常識なことですが、その事象「自殺」というのが、表現する上で敬遠されることもしばしばありますが、魅力を放っているのも否めないと自分は思ってるんです。 自分は現に自殺未遂をしているからかな、とも思ったんですが、元からそういう面が隣り合わせに心の側面に子供時代からあったような気がします… 話がそれてしまい、すみません。 温かいコメントありがとうございます。

0
せいろん (2019-09-05):

楽子様 コメントありがとうございます。 初めてコメント頂きますね!嬉しいです。 そうですか。そういったご経験があるんですね。私も以前は半分死んだように生活していたものですから、引きこもりの経験もあるようなものです。 嬉しいコメントありがとうございます。

0
カオティクルConverge!!貴音さん (2019-10-06):

真実とかを知るときの躊躇いと結末を感じました。 ベタかも知れませんが扉の方が説得力あると思います。 カーテンは確かに考えずに開ける事が多い。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1