クレアおばさんゆさゆさ - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

帆場 蔵人@⚰

ねね

私は、こんな詩に出会いたい。

読者が 作品世界に囚われて、しばし 動けなくなるような 動けない時間を持つことで、自由を得るような そんな詩に わたしは 出会いたい。

真清水るる

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

neue Ära records

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

neue Ära records

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

neue Ära records

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

neue Ära records

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

neue Ära records

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

neue Ära records

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

クレアおばさんゆさゆさ    

ここは寒すぎて コトコト煮込んだシチュー恋しく 焦りながらの帰宅道は 普通の少年のようだった たった2℃熱いコーヒーも欲しがり サンタクロースのような 土っぽい自販機は ガシャ と 無神経に商品を 投げ落とすだけだった ドクロの模様に近い交差点の 日の差さぬ電線の真下に ホントに意味がなくても 花束を括りつけた オドロロ オドロロ たまに来る自動車が離れては消え 離れては消え また近づいては 下道を彩っている ここは寒すぎて ブーとメールが来て それで、クレアおばさんの笑顔と 諸々を揺らしながら 空き缶を捨ててあくせく帰宅する僕は まるで普通の少年の様だったのかもしれない。


作成日時 2019-03-27
コメント日時 2019-04-13

クレアおばさんゆさゆさ ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 8
P V 数 : 1310.1
お気に入り数: 0
投票数   : 0
ポイント数 : 15
#テキスト
項目全期間(2021/04/17現在)投稿後10日間
叙情性43
前衛性33
可読性11
エンタメ11
技巧00
音韻55
構成11
総合ポイント1514
 平均値  中央値 
叙情性0.61
前衛性0.40
可読性0.10
 エンタメ0.10
技巧00
音韻0.71
構成0.10
総合2.12
閲覧指数:1310.1
2021/04/17 23時31分54秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

クレアおばさんゆさゆさ コメントセクション

コメント数(8)
入透
(2019-03-27)

どこかコミカルな、淡々とした語りが進むにつれ、"普通の少年のような僕"を包む不思議な空気が浮き彫りになっていくように感じました。ドクロに見える交差点で括りつけられた花束について、深く考えさせられる作品です。個人的に"オドロロ オドロロ"という自動車の音がとても好きです。

0
ふじりゅう
(2019-03-28)

入透さん、ありがとうございます。 僕としても、自動車の音は我ながら好みです。 「普通の少年」を演じる主人公の周りの「普通っぽい景色」の中で、その裏にある「普通じゃない何か」というテーマが鈍く光る、そんな詩を書いてみました。お褒めのお言葉ありがとうございます。

0
せいろん
(2019-03-30)

きっと、深い意味が込められているんでしょうね。花を添えるのも、交差点がドクロなのもなにげにリアリティがあり、一方でゆらゆら幻想的で、追随して構成もとてもしっかり出来ていると思いました! 私には汲み取れないものでも、このサイトの方々なら大丈夫だと思います! いい作品でした。

0
ふじりゅう
(2019-03-31)

せいろんさん、ありがとうございます! 最近は「想像する余地」のある作品を目指していまして、本作もその一つです。とはいえ何も意味を持たずに言葉を選んでいるわけではないので、仰る通り深い意味のある作品です。 構成がしっかりしているとのお言葉、ありがたく頂戴致します。嬉しい限りです。 ゆらゆら幻想的、たしかにそうかもしれません。現実か非現実か、そんな境目をさまようゆらゆら感が本作にはありそうな気がしてきました。 ありがとうございました!次も頑張ります!

0
天貫 勇(Amanuki Isamu)
(2019-04-12)

感想 死んだ少年の幽霊、もしくはその魂。 それか、大人になった「僕」が少年だった頃の「僕」を見ている。 そんなようなことを感じました。 批評(?) 「サンタクロースのような 土っぽい自販機は」 サンタクロースは嬉しいイメージが一般的ですが、土っぽい自販機と合わせるのが良さを感じました。 「最後の6文」 詩の全体の要素を含んでおり、読み終わってから最初からまた読ませるような、つくりになっていて技術的な効果を感じました。 ありがとうございます。

0
哀愁亭
(2019-04-13)

普通を演じていながら、ちょっと非日常なことをしてみて「本当の自分はそうじゃない」とも思っている少年。だけど彼の目に映っているものは結局グリコのシチューだったりコカコーラの自販機だったりといった「商品」でしかない。 とても皮肉で、でも、だからこそとてもリアリティのある作品だと感じました。

0
ふじりゅう
(2019-04-13)

天貫さん、コメントありがとうございます! 僕 の存在は読者に委ねている所もありますが、やはり「普通でない存在」であることで 僕 の謎めいた雰囲気をクローズアップ出来たのではないかと考えています。 サンタクロースの部分は、元々土っぽいという表現はなかったのです。付け足して良かったです。 最後の連ですが、私は最初の連の形や内容を最後に持ってくるのが結構好きでしばしばやってしまいます。効果的に働いているようで安心しました。

0
ふじりゅう
(2019-04-13)

哀愁亭さん、ありがとうございます。 僕 は普通を演じていますね。普通の少年のような僕に安心している僕は、普通の少年の様だと安心している部分が既に普通でないことの紛れもない証であると。その意味で確かに皮肉かなとも思いますし、リアリティを感じてくださって何よりでございます。 お楽しみ頂けたようで幸いです!

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1