絶景 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

さ、さ、さ、

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

絶景    

師走の風が、水面を撫ぜる 波紋は 幾重にも広がり 水中に潜む 数百もの目玉を 一斉に躍らせる 水草が、 痙攣する指先のように、 ゆらゆらと 揺蕩う。 河川敷では、赤子が泣いて 涙は 母親が拭い捨て 眼球に潜む 自らの瞳には 一筋の水跡 赤子は、 水平線をなぞるように、 だあだあと 手を伸ばす。 肌をさす風に、隣人の温もりを思う 夕陽は 郷愁を誘う絵画のように、 水面を照らす。 明々と照らされた赤子を見た隣人は 「かわいい」 と、 明々と照らされた頬をほころばせ、 指先に力を込めた。 私の背にした水面には、 幾重にも広がった波紋が、 明々と、 照らされているのだろう。


作成日時 2019-10-09
コメント日時 2019-11-17

絶景 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 10
P V 数 : 1408.8
お気に入り数: 0
ポイント数 : 39
#テキスト #アドバイス募集
項目全期間(2020/07/13現在)投稿後10日間
叙情性120
前衛性32
可読性41
エンタメ00
技巧124
音韻20
構成60
総合ポイント397
 平均値  中央値 
叙情性21.5
前衛性0.50
可読性0.70.5
 エンタメ00
技巧22
音韻0.30
構成11
総合6.55
閲覧指数:1408.8
2020/07/13 19時13分33秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

絶景 コメントセクション


コメント数(10)
せいろん (2019-10-19):

とても惹かれる詩です。 指先に力を込める、という一見何でもなさそうな表現ですが、その前に赤子が登場している訳ですから、簡単には使えないようで、さらっと表現していて、技術を感じました。 全体的に読みやすく、読み手にとって情景が浮かぶ美しい作品でした。 良かったです!!

0
左部右人 (2019-10-22):

せいろん 様 〉情景が浮かぶ美しい作品 という感想、とても嬉しく思います。 お読みいただいてありがとうございました。

0
千才森 万葉千才森 万葉(2019-10-22):

 お邪魔します。  わたしは、こっちの絶景の雰囲気が好きですね。記号を用いた作品は、ちょっとわたしには難解なこともありまして。  そして、これはどっちなのだろうかと、かなり悩みました。幸せなシーンで良いのだろうか? それとも不幸を予感させるシーンなのだろうかと。  無垢な赤子は何も知らず、朝日なのか夕陽なのかさえ知らずに喜んでいる。それは良いのですが、周りの情景がどうにも不穏と言いますか。単純に、わたしが単語をそのまま読むタイプだからかもしれませんけども。  師走の夕暮れ。冷たい風が吹く中、赤子を抱いて河原へ赴く。無数の目玉がこちらを向いて、水草が伸ばした手指のように揺れる川。わざわざ隣人と呼ぶ相手、その子供。 >指先に力を込めた。  この文の先に幸せが待っていた事って、わたしの記憶にないんですよね。  そして、最後の連。これが……。  うーん、読み違えたかな。  この雰囲気でしたら、風景描写に関しては目一杯美しく、郷愁を誘う絵画と書かれてますから純朴かな、そんな感じに仕上げても良かったかもと思いました。赤子と同じく純粋な物として扱うのもいいのかなと。もしくは、あくまで中間の位置に立っている存在として。読んだ印象としては、どことなく恐ろしさがありました。  あー、でも、風景って見る人の心理によって大きく印象が変わりますからね。うーん。  絶景。この漢字、改めて眺めてみると面白いですね。  言葉の使い方が巧みな方ですから、土台の安定感があります。ズレを深読みするんじゃなくて、仕掛けられた言葉や文を深読みするのは、やっぱり面白いなーと。間違えていたとしても、思考している道筋そのものが楽しいと思えますね。 

0
左部右人 (2019-10-31):

千才森 万葉 様 大変に面白いコメントをありがとうございます。 >風景描写に関しては目一杯美しく、郷愁を誘う絵画と書かれてますから純朴かな、そんな感じに仕上げても良かったかもと思いました。 というご感想、真摯に受け止めたいなと思います。絶景というのは、その光景を目の当たりにするまでの過程も大事だと思っておりまして、「不穏」さを漂わせているからこそ、最終連が「絶景」として活きるのでは、と思い書き連ねた次第です。「風景って見る人の心理によって大きく印象が」変わる、ということと繋がっていますね。 「絶景」という漢字、面白いですよね。ちょっと最近、詩のレベルが頭打ちしている気もするので、しばらくは納得いくまで「絶景」を書いていきたいと思います。 「言葉や分を深読み」するのは、面白いですよね。拙作を読んでいただき、ご感想までくださいまして有難うございました。

0
エイクピア (2019-10-31):

比喩が巧みで、一幅の絵画を見させらているような気になりました。水草、赤子、隣人、私の背など。比喩が揺蕩いながら、曖昧でありながら、明確な輪郭を持って心に迫ってきます。

0
左部右人 (2019-11-03):

エイクピア 様 比喩をお褒めいただきまして、ありがとうございます。また、心に迫ってくる、というご感想は非常に嬉しいものです。 拙作をおよみいただき、感想までいただいてしまいまして、ありがとうございました。

0
渡辺八畳 (2019-11-05):

特徴的なのは、大きく分けて ① >師走の風が、水面を撫ぜる >肌をさす風に、隣人の温もりを思う ② >一斉に躍らせる >母親が拭い捨て ③ >波紋は >明々と、 という行分けを使い分けているところだろう ①は文、②文節が複数、③は単体の文節だ。 また、行の最期に読点がついているかどうかの違いもある 行分けや行末の差は黙読のリズムを変調させ、それこそが起伏のある、飽きさせない読感を生んでいる。 他者の作品だと「トビウオ」(https://www.breview.org/keijiban/?id=2359)「秋」(https://www.breview.org/keijiban/?id=4058)なんかも行分けの妙が効いている。 ただ一つ苦言を申せば、「絶景」という題はこの場合はやめたほうがよかったかもしれない。「赤子」は未来を担う大事な存在である社会全体で守らなくてはならず、だからこそ常に肯定しなくてはならない。という言説に異論はないが、まぁポリコレっぽいというか道徳的というかそういう臭いはあるわけで。「絶景」はもちろん赤子の存在を肯定するだけの詩ではないが、絶景=赤子という陳腐な連想をされかねないなと。もはやいちゃもんに近いがそれは思った。左部氏は「絶景」という題で他にも投稿しているため、それらも読めばまた感想は変わってくるかもしれないが。 余談:「絶景」と読んで一番先に思い浮かんだのはヒカシューのライブでした。

0
AB (2019-11-05):

寂しいとか、悲しいとか、いろんなものをしょって生まれてきたのかね、と何となく問いかけたくなる。そのぶん可愛いとか、愛らしいとか。水面にうつるその子は生まれて、生きてこれたのだろうかとか。いろいろ思えてきます。いい作品だと思います。(絶景4まで拝読しました)

0
左部右人 (2019-11-17):

渡辺八畳様 コメント、ありがとうございます。リズムに着眼いただいたこと、嬉しく思います。 ポリコレっぽい、なるほど。 絶景=赤子 というつもりで書いた訳ではないので、そこに主眼を置いて読まれてしまうと確かに私の思う「絶景」を読んではもらえないことになりますね。 「絶景」と題したことに悔いはありませんが、、、今後「絶景」と題して書く上で参考にさせていただきます。 Twitterでのご報告まで含めて、ありがとうございました。

0
左部右人 (2019-11-17):

仲程様 「絶景」4作も読んでくださってありがとうございます。それから「いい作品」だと思ってくださって嬉しく思います。 また、「問いかけたくなる」というお言葉、ありがたく頂戴致します。私は絶えず、自作に対して切実さを読んでいただきたいと思っているのですが、「問いかけたくなる」「思えて」くるというコメントから、そのような感情を抱いてくださったのかなと勝手に判断しました。 コメント、ありがとうございます。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
投票不可

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2