ラストシーン - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

風景を食む

我々も本作の出来に食まれていく

この良さは読まぬと分からぬが、読むと確実に心が仕留められる。独特の風景の描写は人の記述がないからこそ冷涼な空気を作り出す。

ふじりゅう

失踪

現代詩が現代であることを実感できる

古風な詩作品から一線を画した作風に我々は驚く。

ふじりゅう

お別れの挨拶

&氏による待望の一作

ロシヤ、という響きの不思議さに、貴方はもう逃れられない。。。

ふじりゅう

フィラデルフィアの夜に Ⅻ

フィラデルフィアシリーズ最新作!

羽田氏のフィラデルフィアシリーズ最新作が公開された。その完成度には毎度驚かされるばかりだ。

ふじりゅう

この作品は読んだことがありません。


ラストシーン    

魔法の水を飲んだあと ふわっと私を見たあなた 瞳がとても輝いて 美しいきれい しかし狂っている 大真面目で冷静で 準備万端だった 「すごいでしょ僕」 と言ってすぐ もうこの世にはいない 血を吐いた あなたを超えられない


作成日時 2020-02-14
コメント日時 2020-02-21
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

ラストシーン ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 4
P V 数 : 469.6
お気に入り数: 0
ポイント数 : 9
#テキスト
項目全期間(2020/02/25現在)投稿後10日間
叙情性55
前衛性11
可読性00
エンタメ00
技巧11
音韻00
構成22
総合ポイント99
 平均値  中央値 
叙情性1.31
前衛性0.30
可読性00
 エンタメ00
技巧0.30
音韻00
構成0.50
総合2.31.5
閲覧指数:469.6
2020/02/25 17時01分55秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

ラストシーン コメントセクション


コメント数(4)
黒髪 (2020-02-14):

ダイヤモンドの粒の中の世界のように映ります。 人の中の、ラストシーン。それが、ぐるぐる回っているような気持になりました。 イメージがはっきりとしていて、それで涙の中でおぼれているような気持になりました。 個人的に最近、ひとつずつやっていければいいのかなと思うことが多いのですが、 この詩の中で、闘っているような意識が書いてあるように思えます。 詩を書くために必要なものは、何なのだろうと思いました。 生きるために必要なことと、同じだと思います。 でも、生きることと詩を書くことは、違っているところもあるとも思います。 生きることが難しいから感情を思うこともあると思います。 生きることと詩を書くことでは、必要な条件は、違っていると思います。 だからこそ、詩を書く特別な意味が、あると思います。 違った世界が、それぞれに可能です。 はっきりとはわからないのですが、この詩にたくさんの可能性がある、ということを、 感じて、痛みが沢山あるようにも思いました。

0
せいろん (2020-02-15):

黒髪さん コメントありがとうございます! こんなに丁寧に沢山の気持ちのこもったコメントを頂いていいのかと、感謝しかないです。 私は、詩が人に与える力なんてあまり無いと思っていました。私が変わらないし、私の詩でも多分変わる人はいないからです。 でも >はっきりとはわからないのですが、この詩にた>くさんの可能性がある、ということを この一文が嬉しくて、それが本当に嬉しかったので、まだ頑張れる気がしました。 ありがとうございます。

0
AB (2020-02-21):

くりかえして読むと、感情が塗り重ねられて、強くなっていきます。 これから読まれる方も、お試しください。なかなかすごいと思います。 と、勝手に失礼しました。

0
せいろん (2020-02-21):

ABさん コメントありがとうございます! 本当ですか!?嬉しいです。 何度も繰り返して読んで下さり、感謝です。 お褒めの言葉もありがとうございます。 またいつでもコメントよろしくお願いします!!

0
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1