お知らせ

透明度   

作成日時 2019-04-15
コメント日時 2019-04-19

1 空がひたすら透明だから 僕の記憶はかすかな音楽をともなって 遠い深海の生き物から 温度を奪い去り 肥え太る 2 ささいなことにまで順番を 付けていくこの生活に はたしてはじめから 未来なんてあっただろうか たまったゴミが捨てられないのも 生きてることだなんて言わないでくれ 3 午後の海辺に現れるという さびれて乾ききった町は 夢の中では故郷に見える 土が匂う家々の中 白いうなじが 産毛とともに揺れていた 日に日に薄れていく火傷の痕を 僕は愛おしくなでた 4 電車に飛び乗ってこい あとは寝てるだけでいい 鈍行に踏みちぎられていくのは 優しいだけの間抜けばかりと夢見てろ そう お前そっくりの 5 今日 思いっきり笑ってみたけれど 鏡が無いから本当かどうか分からなかった おい 今僕のこと笑ったな 刺す


項目全期間(2019/07/20現在)投稿後10日間
叙情性55
前衛性66
可読性66
エンタメ00
技巧77
音韻00
構成44
総合ポイント2828
 平均値  中央値 
叙情性1.30.5
前衛性1.51.5
可読性1.51.5
 エンタメ00
技巧1.82
音韻00
構成10.5
総合77
閲覧指数:1053.7
2019/07/20 14時54分11秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。


コメント数(6)
帆場蔵人 (2019-04-15):

これ、いいなぁ。二連目で順番をつけることに言及してるから各連の頭の数字に嫌でも目が引きつけられる。例えばらばらに並んでいても数字がある限りぼくらそこを無視できない。まだうまく言葉にならないがよい。惹かれました。

鈴木歯車 (2019-04-16):

帆場蔵人さん、コメントありがとうございます。正直これは深く考えずに書いたので、うまく言葉にならないというのには、作者ですが同感します。

はさみ (2019-04-17):

全体通して「いいなあ」と思えました。 なんでこの詩が「いい」のか、理屈を説明しようとすればできる気がしますが、その行いに何の意味もないと思えました。 4が一番好みです。

鈴木歯車 (2019-04-17):

はさみさん、ありがとうございます。 4から転調を狙ったつもりです。

せいろん (2019-04-19):

5連目の全てが好きです!笑 その前に 「電車に飛び乗ってこい あとは寝てるだけでいい」 とあり、コメント欄で「転調を狙った」と拝見してなるほどと納得。 いい詩ですね!

鈴木歯車 (2019-04-19):

せいろんさん、コメントありがとうございます。 4・5連目はわりとストレートすぎたかなと思ったのですが、他の連がふわふわしていたので採用しました。

投稿作品数: 2