あるいはそれは - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

さ、さ、さ、

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

あるいはそれは    

日、やつれる兆しを見せるからには 青々、茂り始めた冷蔵庫の 台無しになったそれを 蒸したり、 焼いたり、 茹でたり、 チンしてみたりしては、 いけません。 カーテンの色は 黒 だなんて 笑っちゃうでしょう 観葉植物に水を ポトリ、と 入れたいのですが、 観葉植物なんて、ありませんでした 笑っちゃうでしょう カーテンの色は 黒 だなんて 変えちゃいましょうか 日、つかれたふりして見せるからには 青々、茂り始めたプランターの雑草 台無しになったそれは 部屋の隅に寝かしときましょう。 部屋の隅には脱ぎ捨てられた服々が 玄関に据え置いておくなんていかがでしょう だめです玄関は燃えないゴミや燃えるゴミでいっぱいです 困っちゃいましたね もうひと眠り ひと眠り プランターの土が、濡れる 困っちゃいましたね おやすみなさい、またあとで。


作成日時 2019-08-03
コメント日時 2019-08-13

あるいはそれは ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 11
P V 数 : 1978.6
お気に入り数: 0
ポイント数 : 44
#テキスト #アドバイス募集
項目全期間(2020/07/06現在)投稿後10日間
叙情性43
前衛性1919
可読性21
エンタメ55
技巧77
音韻55
構成21
総合ポイント4441
 平均値  中央値 
叙情性0.70
前衛性3.23
可読性0.30
 エンタメ0.80
技巧1.20
音韻0.80
構成0.30
総合7.34
閲覧指数:1978.6
2020/07/06 05時18分50秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

あるいはそれは コメントセクション


コメント数(11)
真清水るる (2019-08-05):

0
真清水るる (2019-08-06):

コメントを書いたつもりで なにも書かないで送信してしまいました。 失礼しました。個人的には、とても好きな詩です。 自傷気味に笑う感じから 都会でのひとり暮らしを連想しました。 話手は、「笑っちゃうでしょう」とか「困っちゃいましたね」といいながら「おやすみなさい、またあとで。」と言っているのですが、SNSで盛れるだけもって映える写真をつくりこんで載せてしまう人々とは対極にいる人の息遣いが感じられて好きでした。 真っ黒のカーテンの部屋で 電気もつけずに冷蔵庫を開けると 背徳感ただよう元生鮮食料品なんかが、だめ~な感じで 前衛芸術感をかもしだしているような気がして、フフフ。と、なりました。

0
ふじりゅう (2019-08-07):

これは・・・なんだろう 笑 だれかに宛てた手紙のようでもあり、独り言のようでもあり、しかしどこか殺風景な空間を想起させられる作品です。 ごみだらけの玄関、枯らしてしまった青々とした何か、これらが、ただ自堕落な人間として終わらせてくれない深みを与えているのが良い感じです。 思うに左部さんが渾身の力を込めた、スマッシュヒットを狙って作った作品ではなく、ある種実験的に、未開拓地を切り開こうとする作品のようにも思えました。勘違いであればすみません 笑

0
左部右人 (2019-08-08):

るるりら 様 『「笑っちゃうでしょう」とか「困っちゃいましたね」といいながら「おやすみなさい、またあとで。」と言っている』箇所に対して『SNSで盛れるだけもって映える写真をつくりこんで載せてしまう人々とは対極にいる人の息遣い』を感じていただけたとのことですが、なるほど。 その感覚は正直、私には分かりかねますが、『SNSで盛れるだけもって映える写真をつくりこんで載せてしまう人々とは対極』という感想はとても嬉しく思います。私にはない感覚ですので、コメント、面白く読ませていただきました。 重ねて、スレ違いで恐縮ですが、るるりら様の「ぬくい ≪令和元年八月版≫ 」のコメ欄に書いた「先入観なしで」、というのは詩を読むことで、書き手である作者の像が浮かんでくる、という意味です。例えば私は三角みづ紀氏やシルヴィア・プラス、ボリス・ヴィアンの詩集を開くとき、詩を先行して作者の像や感覚を自身にトレースして(したつもりになって)読み始めます。書かれた詩が「三角氏の作品である」という先入観を持って読んでしまうのですね。書き手の詩があまりに優れている(=単に好みである)場合、私にとっては作者の像を除いて詩を読むことは難しいのです。端的に言って「ファン」である、ということですね。ちょっときもちのわるい書き方になってしまったかもしれませんが、そういった意味合いになります。 コメント、ありがとうございました。

0
左部右人 (2019-08-08):

ふじりゅう 様 「これは・・・なんだろう 笑」 という感想、嬉しく思います。 また、「ある種実験的に、未開拓地を切り開こうとする作品」と思っていただけたようですが、そうかもしれませんね。私事で恐縮ですが、本作は私がB-REVIEW様に投稿した最初の作品「ハロー!」(https://www.breview.org/keijiban/?id=2212)よりも前に書かれた作品になりまして、「あるいはそれは」が自分的にも結構好きな作品だったということもあり、詩作にマジメに励むようになったという経緯があります。 2018年5月に書かれた作品にはなりますが、当時の私はおそらく「渾身の力を込めた、スマッシュヒット」を狙っていたと思います。が、ふじりゅう様はそのように感じられたということで、自身の力量のなさを改めて実感しているとことであります。 次こそは、「渾身の力を込めた、スマッシュヒット」を狙ってみたいものですね。 コメント、ありがとうございました。

0
せいろん (2019-08-12):

的外れかもしれないコメント失礼します! 日常が「疲労」とともに過ぎていく、という印象を受けました。 視覚の煩わしさのようなものも感じました。 前衛性のある作品だと思います! 良かったです!

0
黒髪 (2019-08-12):

左部右人さん プランターの存在感が、凄くて、可愛いです。話者が語るようになっているけど、家の中でいろいろと 動く詩で、面白い詩だと思います。永井豪『キッカイくん』みたいに、面白いなあと思いました。 しゃれっ気があるなあと思いました。自由さがいいです。

0
暗谷時宗 (2019-08-12):

自虐的な日常感を持っていてもなお、その生活のどこかにゆとりを感じてる。 私は、そう捉えてしまいました。 キチンとしていない生活を悪びれながらもニヒルな笑いを浮かべてる姿が思い浮かびました。 なんとも大人な魅力を感じる詩でした。

0
左部右人 (2019-08-13):

せいろん 様 >日常が「疲労」とともに過ぎていく という視点は本作にはありませんでしたので、「なるほど、そう読まれる方もいるのだな」と面白く、コメントを読ませていただきました。 また、「良かったです!」というご感想、とても嬉しく思います。 コメント、ありがとうございました。

0
左部右人 (2019-08-13):

黒髪 様 「可愛い」というご感想、とても嬉しく思います。余談ですが、私、日本の車ですとハスラーとかココアみたいな「可愛い」デザインの車が好きなんです。私が「可愛い」と視覚的に感じるものを、文章で表現出来ないかな、と思ったこともありました。その「可愛」さをユーモアに落としこむ、というイメージを持って書かれたのが本作になります。ですので、「可愛い」というご感想は、とても嬉しいです。 コメント、ありがとうございました。

0
左部右人 (2019-08-13):

暗谷時宗 様 主体の持つ「ゆとり」というのは、時として「滑稽さ」に変換できるのではないかと考えます。小説の例えで恐縮ですが、最近芥川賞を受賞した今村夏子氏の『こちらあみ子』では、語る主体は爛々とした「ゆとり」を抱いているように見えますがしかし、客体的に見ますと、どうも切迫した状況であるということが読めます。主体と客体の間にあるズレに、「おかしみ」(=ユーモア=ブラックジョーク的な切実さも勿論含まれます)を感じる、という作品です。で、私はそのような「おかしみ」を文学作品に関しては非常に興味深く読んでいまして、また自分もその「おかしみ」を書きたいなぁ、と常々考えております。 ですので、「キチンとしていない生活」と読まれていながらも主体の「ゆとり」を感じていただけたようで、とても嬉しいです。黒髪さんへ向けて書かせていただいた「ユーモア」のことですね。 コメント、ありがとうございました。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
投票不可

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2