気まぐれな茜 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

さ、さ、さ、

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

気まぐれな茜    

気まぐれな茜がぽつんとある ビルの眩い窓群と添い寝したのだろうか 届き来た真南風と溶け込んだ私が なぜだか コンクリートの上で見ている 産まれたばかりのコンビニ袋も 真っ赤な陽を孕み あかんぼうのような面持ちで その情景の構成物と化している さわ さわ … さわ さわ … 踏まれ尽くし色の消えた都会 働き虫はせっせと東西を駆ける 死んだ都市から僅かに逸れれば 焼き魚の匂いとだんらんの声 安住を探してまた 炭火を加熱す コンビニで陳列された 栄養バランスの崩壊したおにぎりを みるみるうちに着火剤とする 私達は摩耗した蒸気機関の メンテナンスを常に忘れているらしい 青ペンで少しずつ 少しずつカレンダーに 積もらされ続けるバツ印は 私の体内時計をジリジリと 追い詰める役割しか持たない 気まぐれに重なり紡がれる茜 私では遠く敵わない熱が心地良い どこかで嫌われたのか コンビニ袋吹き飛ぶ さよなら 気が付けば 瞬く間に 躊躇なく 戦争の警鐘響く なるべく地雷を避けるけど 隣でまた一人 この世界から消滅する 西から空爆だ 東から敵軍だ 帰宅難民達が 燃える男の目の前で写メっている ぱち ぱち … ぱち ぱち … 北から風が吹き 残りカスを浴びた この世に遺しようのない身体が スマホを帰る場所にしたがっていた 気まぐれな茜はこの場所にしかない 何故か立ち尽くす エンジンを止めている 同じ風を掬って飲む 無駄な身体 無為な爪痕 東西は枯れた ぺこぺこ音をたてるペットボトルの 中身も真っ赤な液体 を 飲み干す メールを受信した その瞬間 私の元に 現れた littlegirl が 炸裂


作成日時 2019-08-04
コメント日時 2019-09-12

気まぐれな茜 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 18
P V 数 : 2073.5
お気に入り数: 0
ポイント数 : 16
#テキスト #アドバイス募集
項目全期間(2020/07/13現在)投稿後10日間
叙情性41
前衛性32
可読性00
エンタメ11
技巧43
音韻11
構成31
総合ポイント169
 平均値  中央値 
叙情性0.70.5
前衛性0.50
可読性00
 エンタメ0.20
技巧0.70.5
音韻0.20
構成0.50
総合2.72.5
閲覧指数:2073.5
2020/07/13 19時20分29秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

気まぐれな茜 コメントセクション


コメント数(16)
みうら (2019-08-05):

これ良い作品だと思います。予定調和を裏切った流れがあると思う。そのプロットにはあざとくないふじりゅうさんらしさもあって。

0
survof (2019-08-08):

自分の中にある言葉のリズムやイメージの連想の流れと全く別種類のリズム、流れのなかで書かれたもの、自分のなかにはない感性で書かれたものってなかなかどう読めばいいのかわからず当惑しますが、何回も読んでいるうちに少しずつ作者の感性が見えてきたりすることもあり、まったくダメな場合もあります。そういう意味では、作品そのものや「どう読むべきか」ということよりも「作品そのものをどう読みたいか」という読者の姿勢がもしかしたらとても大事なのかもしれなくて、そこには作品を書くことと同じ以上の、あるいはそれ以上の想像力なんだな、と感じます。私が今は本当に大好きで何回も聞くような音楽も最初はまったく意味不明だったようなことを思い出したりもします。変拍子が多用されている、とあるアルバムを好きになるまでに私は30回くらい聞いた覚えがあります。そういう意味では自分にとって理解できないものを理解しようとするほうがより自分を広くするのかもしれない、と感じるのですが、やはり体力のいるものです。 そしてふじりゅうさんのこの作品は私にとっておそらくそういった種類の作品です。今の段階では何回読んでもうまくそれぞれのパーツが繋がらないところがある、でもそれは作品そのものが技術的にどう、ということよりもまず先に私のなかにふじりゅうさんが持っている視点や感性、もしくは言葉のリズムがまだないということなんだと思うんです。でもいくつかとてもいいな、と思った表現がありました。 >この世に遺しようのない身体が >スマホを帰る場所にしたがっていた >同じ風を掬って飲む >ぺこぺこ音をたてるペットボトルの >中身も真っ赤な液体 >を 飲み干す 「炸裂」の直前の連は「〜た」と体言止めの連続が緊迫感をだしていてとても好きです。そして特に上記の表現、とても生々しいですが、いろいろな形で安易に消費されていく命を想いました。最後は手榴弾でしょうか。littlegirlはlittleboyにかけてるのかな?とか、彼らはなにと戦っているのだろう?とか少しずつ想像を膨らませてみると戦場のシーンと都会の日常がコラージュされていくようですこしずつ景色が見えてくるのでした。

0
舞浜舞浜(2019-08-09):

読んでいて、ビートと音が頭の中でガンガン鳴りました。スピード感もすごくてどきどきさせていただきました。

0
ふじりゅう (2019-08-10):

みうらさん、ありがとうございます! こんな悲しい世の中で生きていくですとか、私辛いでしょ系で作品を終わらせたくない気持ちがあります。 あざとくないとのお言葉、ありがとうございます。らしさを感じて頂き光栄です。

0
ふじりゅう (2019-08-10):

survofさん、ありがとうございます! 本作が読みにくい理由のひとつとして、1箇所ミスがあります。 >栄養バランスの崩壊したおにぎりを >みるみるうちに着火剤とする >私達は摩耗した蒸気機関の >メンテナンスを常に忘れているらしい の、着火剤とする「から」を抜いてしまっていました。この痛恨のミスが本作を読みづらくしている一因だろうなと感じています。 仰る通り、何回も読んで味のある作品を目指したいとは思っていますが、そこに至るまでには、さら読みした時の圧倒感が必要だとも感じていて、これがなければただ人を寄せ付けないだけの作品になってしまうだろうなとも感じています。その意味では、本作は人を寄せ付けづらい作品なのだろうなとも考えていて、中々両立は難しいものです。 他方、詩は読み解くものであり、読者によってその読み方が多様に変化するとも考えていまして、その意味では「作品そのものをどう読みたいか」は言い得て妙です。ただ、だからといって書き手が意味なく、言葉の響きのみで選んで、あとは解釈に任せるといった投げやりな詩を書いてしまうと魅力は(自分の作風では)ほとんどないだろうなとも思っていますので、一つ一つに意志を与えています。 あくまで私の込めた思いですが、本作は「働き虫」がベースにあり、戦争の描写も働き虫の生き死にの姿であります。 ご明察の通り、littlegirlはlittleboyとかけてあります。しかし、わざとgirlにしたのは、そこに無機質な爆弾を想起させたくなかったからであり、着信と相まって、人の衝撃、そして人による死を連想させたかったからであります。 長文ありがとうございました。次作も後期待ください。

0
ふじりゅう (2019-08-10):

舞浜さん、ありがとうございます! 仰る通り、スピードはけっこう意識しました。1連目の静止した穏やかな茜と、対比するかのように後半加速度的に増す労働風景、そして再び静止、から動へ、このリズムは意識したところですので嬉しい限りです。 コメントありがとうございます!

0
エイクピア (2019-08-11):

イメージの速射砲みたいな印象で、主題の茜が諸イメージによって炙り出されるような期待感を持って読みました。

0
ふじりゅう (2019-08-12):

エイクピアさん、ありがとうございます! そうですね、茜を土台に、様々な具体的な、あるいは抽象的なイメージで茜を色濃くしていく手法が結構好きでしばしばやっちゃいます。期待感とのこと、光栄に存じます。ありがとうございます。

0
せいろん (2019-08-14):

拝見しました。 茜はふじりゅうさんの中で赤のイメージなんでしょうか。私は紫っぽいイメージなんですが、赤の表現が多く出てくるので、そうなのかな?と感じました。 little girlの、炸裂は薄っすら戦争のイメージを持たせてあり、上手いと思います。 良かったです!また新作待ってます。

0
ふじりゅう (2019-08-15):

せいろんさん、ありがとうございます! 自分にとって茜は、なんとなく赤のイメージですね。紫も多少あるかもしれませんが。 littlegirlはまさしく戦争のイメージですが、そこに無機質さを含ませないようにはしました。 ありがとうございます!次回もがんばります。

0
AB (2019-08-15):

すみません。コメントが消えてしまいました。コメント数の違いも出てますね。 先程いれましたコメントまとめると、 祈りのある詩は書かれるべきもので、本作はそれが言葉以外から感じられるいい作品だと思います。というようなことを、、、 失礼しました。

0
ふじりゅう (2019-08-16):

タカンタさん、ありがとうございます! じつは、これ、戦争はテーマじゃなくて比喩なのですよね。しかしながら、たしかに非常に分かりにくく書いちゃったな、という後悔はあります。 ともあれ、返詩ありがとうございます。女に対する主人公の心情、それとリンクする戦争の殺伐とした描写の繋がりなど、やっぱめっちゃ上手いと思いますね。ぜひ次作もよろしくです!

0
ふじりゅう (2019-08-16):

仲程さん、ありがとうございます! 主人公は戦争と見まがうほどの現代社会から逃げ出すように、何も思考せずただ茜を眺める。その様に、言葉にできない祈りもあるのかもしれません。 良い作品とおっしゃって頂きありがとうございます。がんばります!

0
藤 一紀 (2019-08-16):

おはようございます。主人公の、世界をどこか遠くから見ているような虚ろな視線や足取りが一貫した、まとまりのある作品になっていると思います。ただ、救いようのなさでいうとこれでよかったのかな、という読後感はありました。私としては終始心情的には立ち尽くしたままでいる主人公の姿を見てしまうから、こうした読後感になってしまっているのだけど、やっぱり何かしら答えなり明るさにつながるものを見いだしてほしかったな、と思います。 “little girl”と《炸裂》が、それまでの主人公の世界に対する感受のあり方を壊す役割として登場していると読めば、主人公のそれまでとは異なった新しい視座の獲得可能性へ開かれた作品だと考えることもできるけれど、流れとしてそう読むのが適当かどうかは判断が難しいところです。我が儘なだけですが笑。

0
ふじりゅう (2019-08-16):

藤一紀さん、コメントありがとうございます! たしかに、本作がハッピーエンドかと言われると、必ずしもそうではない(し、ハッピーエンドかもしれない)という微妙な立地に着地してしまった感はありますね。 わがままどんとこいですね 笑 読者によって作品の是非や難点と思われる部分は違ってくると思うので。 ちょっと、読み手がどこへ向かって読み解けばいいのか判断が付きにくい作品を作ってしまった感じはあるので、さらなる良作を目指してがんばります。

0
いまりいまり(2019-09-12):

何回も読まないと自分のなかで形にならない印象を持ちました。 これは、いい意味で、です。 とても、言葉に長けているなと、切り取るのに長けているなと、わたしなんかよりずっとずっと、書き続けて来られているんだろうなと、そう感じました。 ただ、眠い。そして体調がよくない。 なので、一回だけ真剣に読むのが精一杯でした。 中途半端なコメントすみません。気が向いたらもっともっと、まじめに読んで出直したいと思います。ありがとうございました。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
投票不可

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2