古びたデジタル時計への愛の詩 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

狂気、ファック、バイ、そし……

自由 暴力 そして 輝き

虹がある。 邂逅と官能、詩。  現場からでした。

湯煙

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

大人

ただ  納豆  は苦手

生き返る、 笑いながら、 台所で、 さばかれるキミ、さあ、明日から食わず嫌いはやめよう。

湯煙

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

ヘビと戦う

家に蛇は、居つくことがある。

子どもの頃、蛇は家を守るから 粗末にしてはいけないと、聴きました。 なるほど、そういうことか。

真清水るる

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

風景を食む

我々も本作の出来に食まれていく

この良さは読まぬと分からぬが、読むと確実に心が仕留められる。独特の風景の描写は人の記述がないからこそ冷涼な空気を作り出す。

ふじりゅう

失踪

現代詩が現代であることを実感できる

古風な詩作品から一線を画した作風に我々は驚く。

ふじりゅう

お別れの挨拶

&氏による待望の一作

ロシヤ、という響きの不思議さに、貴方はもう逃れられない。。。

ふじりゅう

フィラデルフィアの夜に Ⅻ

フィラデルフィアシリーズ最新作!

羽田氏のフィラデルフィアシリーズ最新作が公開された。その完成度には毎度驚かされるばかりだ。

ふじりゅう

この作品は読んだことがありません。


古びたデジタル時計への愛の詩    

デジタル時計の突然の疲弊 何の音もない空間に何の音もせず 徒に静止して何の表情も示さない ごめんねの一言は喉から出ない ごめんねの震えを喉ぼとけは感知しない だってそれはデジタル時計 命令に忠実なだけのデジタル時計 たまにミスするデジタル時計 時間の相対性が証明されたあとで 淡々と生まれた時計のひとつ くるくる針がまわっちゃあ 三半規管が壊れちゃいそうだって そうやってぼくはデジタル時計だけを 愛することに決めたんだっけ そうだっけ 君の液晶はダークマターのように 何一つ皮膚で感じられない smartphoneで見る時計は綺麗で アイツがたまにする計算ミスもなくて 世界中の時間を瞬時に計算してくれて 就寝時刻にそっと声をかけてくれて アイツにできない実務をしてくれて 疲れてもすぐに回復するパートナーらしい オーロラ色の夕日が差し込む時間帯 君の角ばった頭を撫でてみた それは、ただのデジタル時計 それは、たまに計算ミスをする それは、この場所の時間しか計算できない それは、就寝時刻にも私を無視する それは、突然疲れ果て、突然だんまりだ それは、おおよそ、過去の遺産のような扱いらしい


作成日時 2020-03-17
コメント日時 2020-03-26
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

古びたデジタル時計への愛の詩 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 7
P V 数 : 897.3
お気に入り数: 1
ポイント数 : 18
#現代詩
項目全期間(2020/04/02現在)投稿後10日間
叙情性55
前衛性44
可読性22
エンタメ22
技巧22
音韻00
構成33
総合ポイント1818
 平均値  中央値 
叙情性11
前衛性0.80
可読性0.40
 エンタメ0.40
技巧0.40
音韻00
構成0.61
総合3.63
閲覧指数:897.3
2020/04/02 15時13分48秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

古びたデジタル時計への愛の詩 コメントセクション


コメント数(7)
千才森 万葉千才森 万葉(2020-03-22):

 お邪魔します。  どうしてこんなにも難しい話題を選んだのだろうか、と言うのが最初の印象でした。わたしなら、この話題を作品に出来る腕がないので、まず手を出さないです。  デジタル時計とスマートフォン。一昔前なら、チクタクのアナログ時計と無音のデジタル時計の対比だったんでしょうけども。正直、すこぶる難しいです。使い古されたネタですし、半分まで読むと恐らく大抵の人が最後までの流れを読めてしまうので、読ませる作品まで昇華させようとすれば人並み以上、更に数段上の視点や発想を求められるでしょう。平易ゆえに、とんでもなく難しい。  本作品は技術の練習を兼ねているのかなと読めました。  説明→感情→説明→感情の流れから入って、雰囲気に鋭さを射し込むダークマターやsmartphoneの単語。よそよそしいスマホの説明と、デジタル時計の現実味の籠もった説明。繰り返しの「それは、」。 らしい、の使い方もスマホとデジタル時計では違いますね。誰かから聞いて述べているかのような自分の意見と、自分とは異なる周囲の感想。  色々な手法が使われています。  わたしの感覚ですけども、形は間違っては無いんですよ。ただ、いまいち効果を発揮できていないように見えます。用法用量を間違っているような。どこがどう機能していないのかを書ければ良いんですけど、わたしも正確にはわかってないのです。あ、ただ、「らしい」の使い方は凄く上手だなと思いました。  日常を作品に出来たら、間違いなく有利に働く。ネタが尽きることは無いですからね。普段見聞きしているものを興味深く書けたら最高だとわかってはいるんですけど、わたしはよく諦めてファンタジーに逃げてます。ふじりゅうさんは現実の話題の方が強そうですね。これは羨ましいです。

0
AB (2020-03-23):作品へのコメント

おそらく30年以上前に、世の中に液晶デジタルが浸透した頃に、あの人はアナログ、デジタルと呼び分けはじめたことが、これからもくりかえされてくのかな。と感じました。

0
AB (2020-03-23):作品へのコメント

あ、万葉さんのコメントとにかぶってますね。すみません。

0
ふじりゅう (2020-03-24):千才森 万葉さんへの返信

ありがとうございます。 確かに難しい題材かもですが、それをものにしたかった悔しさが非常にあります。 分析痛み入ります。恐らく、何となく培った技巧的な何かはあるのですけれど、そんな小手先で作品を纏めようとしてしまっていて、自分が目指している、捻れた世界と感情と人、を全く意識していなかったような気がします。 勉強になります。頑張ります。

0
ふじりゅう (2020-03-24):ABさんへの返信

ありがとうございます。 優しい世界、或いは、いわゆるラブアンドピース的な何かを書こうとした、つもりの作品です。忘れられていく時計への、忘れられることへの情を、失念したくない気持ちで書きました。ただ、作品へもうひとつ向き合えていなかったのかもしれません。 今一歩頑張ってみます。

0
せいろん (2020-03-26):作品へのコメント

>それは、この場所の時間しか計算できない >それは、就寝時刻にも私を無視する >それは、突然疲れ果て、突然だんまりだ この「過去の遺産」とふじりゅうさんが仰っているもの、その通りだと思います。 過去に活躍していたスポーツ選手の持っていた記録のようなものですよね。いずれ塗り替えられるのがほぼ確定しているような… ふじりゅうさんの着眼がとても冴えているなあと驚きました! そして、とても読みやすく優しい作品でした。 また読ませてください。

0
ふじりゅう (2020-03-26):せいろんさんへの返信

ありがとうございます。ある先輩は、自分の部屋に時計をひとつも設置していない、時間の把握は全てスマホで行っているというお話をされたことがあり、自分にとってかなりの衝撃だったことを覚えています。そのエピソードが土台となっておりますが、もう少し濃密な展開にできたのではないかと、自己反省をしております。とはいえ、おほめにあずかり光栄です。

1
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1