遡及Ⅰ - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

狂気、ファック、バイ、そし……

自由 暴力 そして 輝き

素敵。 邂逅と官能、詩。  現場からでした。

湯煙

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

大人

ただ  納豆  は苦手

生き返る、 笑いながら、 台所で、 さばかれるキミ、さあ、明日から食わず嫌いはやめよう。

湯煙

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

ヘビと戦う

家に蛇は、居つくことがある。

子どもの頃、蛇は家を守るから 粗末にしてはいけないと、聴きました。 なるほど、そういうことか。

真清水るる

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

風景を食む

我々も本作の出来に食まれていく

この良さは読まぬと分からぬが、読むと確実に心が仕留められる。独特の風景の描写は人の記述がないからこそ冷涼な空気を作り出す。

ふじりゅう

失踪

現代詩が現代であることを実感できる

古風な詩作品から一線を画した作風に我々は驚く。

ふじりゅう

お別れの挨拶

&氏による待望の一作

ロシヤ、という響きの不思議さに、貴方はもう逃れられない。。。

ふじりゅう

フィラデルフィアの夜に Ⅻ

フィラデルフィアシリーズ最新作!

羽田氏のフィラデルフィアシリーズ最新作が公開された。その完成度には毎度驚かされるばかりだ。

ふじりゅう

この作品は読んだことがありません。


遡及Ⅰ    


作成日時 2019-12-09
コメント日時 2019-12-19

遡及Ⅰ ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 14
P V 数 : 1424.1
お気に入り数: 0
ポイント数 : 36
#テキスト #画像
項目全期間(2020/03/31現在)投稿後10日間
叙情性44
前衛性97
可読性11
エンタメ44
技巧66
音韻44
構成88
総合ポイント3634
 平均値  中央値 
叙情性0.70.5
前衛性1.51.5
可読性0.20
 エンタメ0.70.5
技巧10.5
音韻0.70
構成1.30
総合63.5
閲覧指数:1424.1
2020/03/31 05時06分41秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

遡及Ⅰ コメントセクション


コメント数(14)
渡辺八畳 (2019-12-09):

本日、早稲田の交流バー「あかね」にて主催したイベント「絵で書く。詩で描く。 ~詩絵両交番外編~」にて作った作品です。 そのイベントでは今年が生誕120周年でダダイズムの詩人である萩原恭次郎の詩にて絵を描き、ネオダダの画家であるラウシェンバーグの絵にて詩を書きます。 本作はラウシェンバーグの「retroactiveⅠ」で作りました。 来年1/18に企画している「詩絵両交」2回目では詩人と画家がその場でコラボして合作をつくっていきます。参加者を募集していますので、ぜひご連絡ください。 絵で書く。詩で描くの様子→https://twitter.com/yoinoyoi/status/1203639023589195776?s=20 詩絵画交1回目の様子→https://twitter.com/kawanoartasami2/status/1201769142610726913?s=20

0
渡辺八畳 (2019-12-09):

「retroactiveⅠ」の画像はこちら https://00m.in/Duw40

0
真清水るる (2019-12-10):

インパクトのある作品ですね。鼻がとくに 際立って書かれていてます。鼻という漢字は バカボンのパパみたいな形をした文字だと思ったことがあるのですが、鼻 鼻 鼻。って どうしたものだろうかと 立ち止まりました。No BaCKだの ONE WAYだの そして、YES WE CANに 前衛でありたいという願いと勢いを感じました。鼻は顔の前にしかついてませんので、前に進むのみだという勢いにも 想え、なかなかの刺激をうけました。

0
渡辺八畳 (2019-12-11):

真清水るるさん ONE WAYはラウシェンバーグの作品に多く出てくる言葉でして、ぜひともってことで使ってみました。 これも広義の二次創作です。自分の選語センスに無い単語を持ってこれるのが二次創作詩のよいところ。

0
AB (2019-12-11):

連続でなく分断であれば色彩も独立する は、いいですね。科学的にも隠喩、直喩としても格好いい。 ご本人の言葉ですか?

0
つつみつつみ(2019-12-11):

手書きはとてもいいですね。伝わり方が違います。 特に、 -----NO BACK----→ ←---ONE WAY---- が心にグッサリきました。 私も次は書くだけでもいいから 手書きにしてみようかなと思いました。

0
せいろん (2019-12-11):

NO BACKには点線が混じっていて、長い時間があることを意味しているのでしょうか。 そこがとても気になりました!ONE WAYにはありませんでしたので。きっと意図するものがあるんでしょうね。 さらっと前衛的なものを書ける人は魅力を感じます。画像だけというのも潔いし、面白いと思います。良かったです!!

0
渡辺八畳 (2019-12-13):

仲程さん >連続でなく分断であれば色彩も独立する はまさしく私の言葉ですよ。光のスペクトルを意識しました。 けっこう私は詩中で光の表現をしましてね。詩中空間を演出するのに光の当て方は非常に重要だと思っています。 光は波長の長さによって色が変わるじゃないですか。長いのから短い々で変化がシームレスなのが虹であって。だから、波長が分断すれば色が独立する。

0
渡辺八畳 (2019-12-13):

つつみさん 真清水氏への返信でも書きましたが、ONE WAYはラウシェンバーグの作品に頻出していた言葉です。 ところで、詩において行は不可逆な時間の流れを表していると思うんですよ。漫画で言うところのコマが詩の各行であって、一つ進むごとに時間も強制的に進められる。 これ、逆を言えば行が同じ言葉たちは時間軸も同じってことになるのでは。この考えを使ったのが「喜びを増やすより悲しみを減らしたい」(https://www.breview.org/keijiban/?id=3466 )でした。左(上)の文と右(下)の文は世界は異なるものの同時間で展開されている。

0
渡辺八畳 (2019-12-13):

せいろんさん つつみさんへの返信で書いたよう、行の進行による時間の経過は不可逆ですから、それに逆らおうとすれば当然のように不都合は起こります。点線ぐらいは簡単に現れてしまうでしょうね。

0
ふじりゅう (2019-12-13):

これはいい作品だと思います。 例の如く元作品は存じあげないのですが、今までの作品では使われていなかった言葉が効果的に出されているように感じます。 また、視覚詩として、詩文もさることながら絵画的なセンスも感じさせる作品です。言葉と言葉のダブり具合は名状し難い芸術を感じます。 個人的には、アンドロメダの使い方が良いと思いました。時の概念を前半持ってきて、アンドロメダで宇宙の映像へぶっ飛び、真理へ戻るダイナミックさが魅力的に思います。

0
ライ麦ライ麦(2019-12-17):

なにかとても重要なことから目を背けて逃げてしまっている気がしました。詩にとってとても重要な何かから。

0
渡辺八畳 (2019-12-19):

ふじりゅうさん >今までの作品では使われていなかった言葉が効果的に出されている 真清水るる氏への返信で書いた通りです。他者の作品を借りてくる理由はそれ あと、私は結局1回しかやっていないが、国語辞典を携えてランダムで開き、出てきた単語から連想して30分で1篇作るってのも効果的です こういうのを乗っけたかったから画像投稿を推し進めましたからねぇ

0
渡辺八畳 (2019-12-19):

ライ麦さん いやまぁ、「なにか」ではわからないのは確かですね

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2