作品投稿掲示板 - B-REVIEW
お知らせ

この世界が大好き   

作成日時 2019-07-01
コメント日時 2019-08-17

こんなにもこの世界は美しく 私をぐっと引き寄せて魅了する この世界が大好きなんだ でも私はこんな世界を欲しいなんて 人生を与えてくださいなんて 一言も発してない この世界が大好きだからこそ言いたい もう勘弁してくれ いい加減にしてくれと 私のことを誰かに覚えていてほしいな ここが好きだったから ぜひこの世界を創った方に 私はいつも窓ぎわに立っていた 今も窓ぎわに立ってるよ もう我慢できない 私はこの世界が大好きです でも駄目だった 私が私だったから この世界が好きで好きで 好き過ぎて殺めるように 私自分を放り投げるんだ


項目全期間(2019/10/23現在)投稿後10日間
叙情性50
前衛性40
可読性42
エンタメ00
技巧21
音韻00
構成11
総合ポイント164
 平均値  中央値 
叙情性1.31
前衛性10
可読性11
 エンタメ00
技巧0.50.5
音韻00
構成0.30
総合44
閲覧指数:949.9
2019/10/23 14時43分43秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。


コメント数(11)
ふじりゅう (2019-07-11):

分かりやすい自殺というか自傷の詩と捉えました。普通は、世界が嫌いであり、憎み妬み死ぬイメージがありましたが、世界が好きであるからこそ、死ぬ、というのは新しい発想だなと感じました。

せいろん (2019-07-11):

ふじりゅう様 コメントありがとうございます。 自分的には良く出来たと思っていても、やはり皆さん的には良い出来ではなかったのかな、と思っていたところだったので、ふじりゅうさんからコメント頂いて嬉しいです!! いつも暗い詩ですみません笑 ありがとうございます。

なつなつ (2019-07-11):

好きすぎるからこその思いをかんじました。

黒髪 (2019-07-12):

世界への愛を、共有する人がいるのかなと、そういう問題を考えました。 美しい心が感じられ、この詩は、魅力が放射されているようだと思いました。 この歌を思い出しました。 「神歌」永久 ーeikyuー 作詞・作曲 桑名晴子 https://www.youtube.com/watch?v=RfkdTnOec6U

せいろん (2019-07-12):

なつ様 コメントありがとうございます。 確かに、そういった意思を込めました! くみ取って下さってありがとうございます。

せいろん (2019-07-12):

黒髪様 コメントありがとうございます。 そんな、勿体無いお言葉です!! でもとても嬉しいです。美しい心だなんて… リング先伺います!貼って下さってありがとうございます。感謝いたします。

杜 琴乃 (2019-07-12):

私、「窓際」って好きなんです。日当たりがいいけど、部屋の端っこなイメージが。見ている「この世界」が、部屋の中心なのか、それとも窓の外の世界なのか。読み方を変えると全く異なる情景が浮かんできてとても興味深かったです。 好きすぎて苦しい、手に負えないほど好きという感情に埋もれて、沈むように落下する/したい衝動が、どこか瑞々しさをもっていて魅力的に感じました。

せいろん (2019-07-13):

杜 琴乃様 コメントありがとうございます。 なるほどですね〜。杜琴乃さんの文章から知的な印象を受けます。推察力というのでしょうか。嬉しい限りです! 瑞々しさ…ほんとに、ほんとに私は心がまだ幼くて。瑞々しさ、と表現されて私自身を掴み取られた気分になりました!すごいと思います。 ありがとうございます!

るるりら (2019-07-25):

今月の一番 はじめに本作品を拝見しました。けれど、今日までなにも書けずにいました。でも、私は よくアーカイブスを利用するので、アーカイブスだと一番上にある本作品を なんどとなく読んでいます。 まず、「清い」って感じました。この世界が好きで好きで好きすぎ。そして、ご自分を放り投げる。と、書いておられる。ここが私がコメントできずにいた理由になった箇所です。 世界に対しての憎悪からの自暴自棄になる話なら、よくきく話なのです。でもこの詩の場合は、世界に対する賞賛から ご自分を放り投げる。という境地です。わたしにはコメントが難しかった。本当は、思いついてたことはあるにはあるのです。いうと おばさん臭いと言われそうで 言わずにいたことなんです。今日は、勇気をだして ソレを書きますね。 禅の言葉に【放下着(ほうけじゃく)】という言葉があることを 思い出しました。 放下は「投げ捨てる」「放り投げる」の意味で、着は強調を意味し、放下着で「捨ててしまいなさい」という意味だと、禅の言葉を集めた小冊子で読んだことがあります。 あれやこれや考えず 捨ててしまいなさい。って禅は言うてるみたいですよ。 この詩は、自死の願望を書いておられるのかしら。どうなのかしら。そうではなく、 なにかと比べてお辛いなら、いっそ 比べることを 全部 ほうりなげておしまいになれたら良いのになあ、と 感じたのです。 失礼がありましたら、ごめんなさいです。

せいろん (2019-07-25):

るるりら様 コメントありがとうございます。 そんな解釈をして頂けるなんて思っていませんでした!…恐縮です!! るるりらさんの博学で純粋な解釈は、とても私にとって宝物になります!ありがとうございます。 この詩は、この世界は美しいし、人間にとってとても順応できる素晴らしい所だけれど、私は人間じゃないと思えるくらい自分自身が順応出来なかった。駄目だった… だから、この世界は好きだけれど、窓の外へ体を放り投げる私は今も大嫌いだし、弱かった。 ただ、宣言するならば この世界が大好き ということかな…と思って書きました。 前者の、自死の願望なんです。 拙い詩でるるりらさんにとっては良くなかったかもしれないし、このコメントで良くなるかもしれないし、それは分かりませんが、深く考察して下さったこと感謝します。 ありがとうございます!

カオティクルConverge!!貴音さん (2019-08-17):

窓際族って言葉がありますが そのように必要とされていない人達 ある日突然、自殺してしまう人の心情を再現できているように思えます。 私がこのような人達に思うのは 飛び降りる為ではなく羽ばたく為に窓を開けて欲しい事です。 自由に生きてもらえたらなあと思いました。

投稿作品数: 1