「中央公園より」 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

伝記びりびり

言語と身体のきしみ

緘黙のぼくは、祖父母の目の前で、伝記を破り捨てることにした。

r

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

name

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

yasu.na

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

「中央公園より」    

世の中、くだらんね。 「今度男の人が使うやつ買ってきてあげる」 あれは二万ぐらいすると教えてやる 「えっそんなに高いの?大変だねえ」 しかもさ いつも一瞬でイっちゃうんだよ。 ウィルスが流行ってるから俺たちは公園で飲む。 黒人のクソガキがヒップホップ流してベル鳴らしてる。 そいつらに精神病のおっさんが突っかかってく。ウケる。 巡回するおっさん。 筋トレの兄ちゃんにタバコの煙を吸わせようとしてる。縄跳びトんでる女の子をチャリで追い出す。路駐の車にもなんか言ってる。 「キスしたら大変なことになるからなっ」 俺たちもお言葉を頂く。 「おっぱいは揉んでもいい?」 おっさん、なーんも分からない。 「おまえら、人の気も分かろうとしないで」 ひとりで繰り返しぶつくさ。 あー確かにな、どっちだろうな。 俺にも分からねえや。 最高最高。 可愛いのがくっついてきて言う。 「あのね、 最近、耳鳴りがひどいの。 あと朝絶対四時に起きちゃうの。 小鳥がすごくうるさいのよ。 あいつらってば 人の気持ちも分かろうとしないで 人の気持ちも分かろうとしないで 人の気持ちも分かろうとしないで」 おほっ。おっさんが伝染した。 俺も復唱してやる。 なあ、そうだよなあ! あいつらってば 人の気持ちも分かろうとしないで 人の気持ちも分かろうとしないで 人の気持ちも分かろうとしないで ふふふ、から 俺たちゲラゲラ笑った。 アホのおっさんも誘われて笑う。 なあ、おっさん。 またアイツらベルやってるぜっ。

scroll


作成日時 2020-06-11
コメント日時 2020-07-11

「中央公園より」 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 17
P V 数 : 2226.0
お気に入り数: 2
投票数   : 0
ポイント数 : 31
#現代詩 #縦書き
項目全期間(2020/10/28現在)投稿後10日間
叙情性51
前衛性30
可読性21
エンタメ101
技巧90
音韻10
構成10
総合ポイント313
 平均値  中央値 
叙情性1.71
前衛性11
可読性0.71
 エンタメ3.32
技巧31
音韻0.30
構成0.30
総合10.36
閲覧指数:2226.0
2020/10/28 14時14分57秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

「中央公園より」 コメントセクション

コメント数(17)
白目巳之三郎
作品へ
(2020-06-11)

いや、めちゃめちゃかっこいいっす。すり切れたリアルを感じたというか、個人的には好きでした。情景がすぐ浮かんできたのは、最近あまりそういう詩の経験がないので、真新しかったです。詩、としてどうなのか、という点については分かりませんが、でも、この線で新しい感じの詩を追及したら、かなり面白いのでは、と(僕はこの感じ書けないし書いたとしてもこんなにリアルにならないと思って)単純に尊敬した感じです。一つ言えるとしたら、もっと過激でもいい、と僕としては思いました。どちらにせよ、新鮮な雰囲気にはっとさせられました。ありがとうございます。

1
/舜舜
/舜舜
白目巳之三郎さんへ
(2020-06-12)

俺にとってコメントは ラブレターみたいなもん。 嬉しいね。 あのさ白目ちゃん、 俺はね 詩としてどうかとか言う前に 人間としてゴミ屑なんだ。 この詩はね 「Imagin Maximum Fucking Poets」 日本語訳は 「もうイっちゃうの? 糞ポエム、ブリっちゃう!?」 結局な 俺たちみんな うんこたれじゃないか。 ただのうんこたれだ。 しかしこいつは たれたうんこじゃなくて うんこたれの書いた詩なんだよ。 Some like it hot 過激なのがお好みだったら、俺の過去作品に同じタイトルがあるからそっちのがいいかもね。 あと次コメントしてくれる時はさ 尊敬の代わりに 拳銃を持ってきてよ。で、 そんときゃ打ち合おうぜ。 LOVEを込めてな。 中央公園より。

1
鈴木夜道
鈴木夜道
作品へ
(2020-06-26)

   中央公園   中国人がいっぱい   コロナ後の最近はどうなのか知らないけど  いっそ  中国人も黒人のクソガキも  精神病のおっさんもばばあも  筋トレの兄ちゃんも引き連れて  初台のデニーズでビールで乾杯してみたい。  タバコ吸うふりして外に出て  さっさとトンズラこいて  店長がにがりきってるその顔の  哀しくもおかしいことといったら(爆笑)

1
/舜舜
/舜舜
鈴木夜道さんへ
(2020-06-27)

中央公園より 初台のデニーズに S君がやってきたら 小春子はキャッとこっち見て 「彼はね、時々赤ちゃんになるの」 西口のヤングインで 火星ちゃん17号にしゃぶりつくハタチ 春ちゃんはどん底で拾ったよ、とS君 ホ部屋の名前は イエスタデイ ワンス モアだと(笑 細った脈ばかりはほんとう心細く ずりずり1キロミートル初台 また全身撮られて尚しかし ああ、愛しき20号!と、 テディジュニアジュニアが 歌いながらソウルジャンプ そいつがあんまりに ウェットな着地音だったこと 忘れたよ、 気がつきゃ中央公園 分かろうとするなら 分かろうとするなって なんて言ってる間に 夜道がまた詩を書いたらしい タイトルは 「カラの器からカラカラ歌」 読みたきゃ来ればいい どうせ誰も来れやしないさ なあ、夜道! コメントどうもありがとう!!

1
沙一
作品へ
(2020-06-27)

人の気持ちもわかろうとしないで、なんて言う人自身も人の気持ちをわかろうとしていなかったり、そもそも気持ちをわかってほしいのかどうなのか、そんな人たちばかりが集まっている中央公園という場、そこにはソーシャル以前の根本的なディスタンスがあるように思います。けど、わかるとかわからないとか、そんなのべつにいいから、集まったもん同士で笑いあおうぜ、なんていうハッピーなメッセージがこめられているように感じられました。それはなにも、中央公園のことに限ったわけじゃあなく。

1
/舜舜
/舜舜
作品へ
(2020-06-28)

根源的なディスタンス。うふ。そう、ディスタンスは初めから当たり前にある(だから自分だって自分の中にある) あたかも俺がそのディスタンスを発見してやったぜや、ディスタンス無いぜ、なんて言葉を吐くことは感覚殺し。 とはいえだ、そうして自分の外に自分を置くことはなんて楽で気持ちいいことだろう。詩もその方が書きやすい、星もきらきらキレイ。 俺だって本当はそこにいたかったのに。 だけど、そこにいて、そこでしか会話しない男や女は虚しくって、そこでは味もへったくれもない出会いと行為が繰り返されるだけだから。 ハッピーならなおいいけど、 ただ自分と他人がいる中央公園。 それでいい。あなたの言う通り! 勘違いした奴はいない、或いは俺だけ。それは中央公園に限ったことじゃあなくね。 ねっ、沙一しゃん。

1
かずや
かずや
作品へ
(2020-07-02)

「知らない人」に教えてあげるふとした喜びと嘘、自分の戦う現実の苦しさと訳の分からなさ。そうしたものを感じ面白く読ませていただきました。

1
/舜舜
/舜舜
作品へ
(2020-07-04)

かずやさん ありがとうこざいます。意味を汲んでくれる方に、受け取って頂けたようで嬉しいです。これはふとした喜びです。現実は苦しいけど、現実は最高だと思います。暗闇で自己紹介し続けてるわけじゃないですからね!これは嘘かなあ。どうかな。

2
鷹枕可
作品へ
(2020-07-04)

初読の衝撃と、爽やかな侮蔑。 人間は読む様にしか読まれない為に、平等を喚く者(私も)の抑圧された差別営為が浮彫りになる仕掛。 感性が若いのは佳いこととも。

1
/舜舜
/舜舜
鷹枕可さんへ
(2020-07-05)

「分かってないのか、分かろうとしないのか、分からせたいのか。なにを。だれに。俺だけか。おっさんだけか。クソガキだけか。あーさ、おっぱいやわらけえ。なあさ、ところでなに君は?」 鷹枕可さん初めまして。コメントありがとうこざいます。舜舜です。 “俺”ね、何て言うか、“普通”に、コメント返せなくって。返信返そうと文字書いてると、むらむらむんむんしちゃうの。 でも、貴方のコメントの内容はしっかり受け取りましたし、鋭いなあと思いました。 本物の詩人がタダでコメントくれるサイト、ビーレビーレ!最高! 言いたくなっただけです。 あなたの作品が読みたくなったんですが、お茶の水に着いてしまうので、また今度にします。

1
羽田恭
作品へ
(2020-07-05)

即興で短歌を。返詩として。 草生える 「ダメな奴いるw」 笑い声 中央公園 最高な夜  

0
帆場 蔵人@⚰
作品へ
(2020-07-05)

分かろうとしないで、というひともわかろうとしていない、刹那的にどいつもこいつも笑っている。わけわからんけど笑いが伝播してくる間隙みたいな瞬間があるんだけど、これは鮮やかにそれを切り取ってると感じます。このよい意味での軽さ、笑い声が聴こえてきそうだ。

0
/舜舜
/舜舜
羽田恭さんへ
(2020-07-06)

わあ、ありがとうこざいます。即興にしては、もったいないですよ。是非あなたも中央公園を。あなたも。

0
/舜舜
/舜舜
作品へ
(2020-07-07)

Hoba san, ありがとさんです。 うふふ

0
鷹枕可
作品へ
(2020-07-08)

しつこくて、申し訳ございません。 何か違和感がございまして。 些か、茫漠たる疑問符に浮びました事などを。 多分、当御作はバンクシーの諷刺絵画に似ているのではないかと。 具体的に申しますなら、バンクシーが大衆に迎え入れられ、周知する処の現代美術家と為り得たのは、 その皮肉‐諷刺が万人の理解を容易に受けられる様に、(わかりやすさ)と(過激性)に徹し、衒うことに於いて奏功を呈し、今に到って在る、 その様相を想起、聯想致しましたものですから。 しかしそこに一つの問題がございます。バンクシーは、或は舜舜氏は、その観衆を如何なる感情を懐き、観察をしていたのか、と言う問題でございます。 私は、そこに浅はかな――他人の目を以て諷刺する――観衆へのただならぬ侮蔑意識が存在している様に、思われるのです。 それはよもや、純粋な悪意でもあるのではないか。群衆への醒め切った冷笑でもあるのではないか。 そう思いますと、身も凍る様な心持ち(屹度妄想でございましょう)が致しましたものでございますから。こうして管を巻いている次第でございます。 以上、蛇足でございます。甚だしく失礼な表現もあるかと存じます。合評マナーに抵触する、箇所も幾多、あるかも知れません。 それらを覚悟の上で記述をさせて頂きました。 どうか、読み飛しつつ笑って遣って下さりましたなら幸いでございます。

0
/舜舜
/舜舜
鷹枕可さんへ
(2020-07-11)

名前さ、 shunshunにしようかな。 ねっ。 鷹枕可さん。 改めまして。 笑いながら返信してるので、 無礼は勘弁。 ねっ。 奴がどうなのか知らないけど 毎日、見ず知らずの人に 失礼なことやっちゃうんですよ。 なぜか。 あれですかね。 バンクシーもそういう感じだったり? 俺も迎え入れられたりします?大衆。 丁寧な文章で大変に分かりやすかったから 俺も分かりやすく返信させてもらうなら 観衆に対する侮蔑意識は深くあります。 どう思われてもいい。 どう思ってもいい。 そう思うのと同じように 観衆を観察する俺やバンクシーの中には 観衆へのただならぬ侮蔑意識が存在している それは 俺の中に 確かに存在しています。 あなたの中にはどうですか。 これ読んでる他の方はどうですか。 観衆へのただならぬ侮蔑意識、 あるかい? 俺はね、 本当に誰からも非道と言われても 仕方ないようなことを思いながら 人間たちを観察してるし、 詩を書いてるし、 そうやって生きて。 違和感トけました?

1
鷹枕可
/舜舜さんへ
(2020-07-13)

最後になります。 私は――、自作品を通読なさって下さられた読者の皆様方を、侮蔑したことは。一度たりとてございません。これは明瞭と言い切れます。 舜舜様も、そうではございませんか。 読者の皆様と、観衆の皆様の差異は。一見無関係にも思える観衆の皆様が若し、舜舜様の熱心な読者でもあったならば。 その境界線を、割り切れましょうか。 私には、割り切れません。 面倒臭いと思われましたならば、ご返信は不要でございます。 度々の非礼の程を心より、お詫びさせて頂きます。 わたし観察するもの、蔑みも仰ぎ見もせず、ただ見る者であることを。願わくば。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2