骨組みだけ残して絶望が持っていく……その幸福について - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

着順は知らない

まるでショートフィルム

駆け抜ける風を感じて

ピム

伝記びりびり

言語と身体のきしみ

緘黙のぼくは祖父母の目の前で伝記を破ることにした。

r

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

犬のしっぽ

    遍界不曾藏  犬がしっぽを振る世界

湯煙

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

name

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

yasu.na

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

骨組みだけ残して絶望が持っていく……その幸福について    

 一日が終わり目を閉じる。  するとどこからともなく絶望が私の枕元にやってくるのです。  それは影も無く形も無く、ましてや触れることも叶わず、ただただまるで剥ぎ取るように骨組みだけを残していつのまにか去っていくのです。  あとに残されるのはむき出しの骨。  路傍に晒されて風化しかけているようなボロボロのかつては生きていた動物の残滓であります。  何日も何十日も使って拵えた『着物』も涙を飲みながら取り込んだ『様々な肉片』もそんなものは存在しないのだと証明するように絶望が『私』という剥き出しの骨を露わにしてしまう。  そして私はというと朝になると、寒々とした空気に骨身を軋ませながら起き上がり、また『着物』と『肉片』をその身につけるために動くのです。  そしてまた夜が来ると絶望がそれらを持っていく。  なんと無駄なことでしょうか。  ですがそれを止めることはできないのです。  たとえ絶望が『肉片』を毟り取っていく痛みに打ち震えても、着物が剥ぎ取られて裸の『私』を見せられる屈辱に震えようとも、同時に私はある種の安心を感じ、またそれが私自身を動かすカラクリの糸になってしまっているのです。  ああ、人の情という『肉片』を無理やり取り込み、生活という名の『着物』を拵え、全てを夜には失う。  まさに骨身に染み渡るようなその『絶望の結果』こそが、『私』という剥き出しの存在がいることに気づかせてくれる。   そしてやはりそれは平素、私が味わうことの無い『幸福』という感情というものなのではないでしょうか?


作成日時 2020-06-11
コメント日時 2020-06-15

骨組みだけ残して絶望が持っていく……その幸福について ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 2
P V 数 : 538.4
お気に入り数: 1
投票数   : 0
ポイント数 : 6
#現代詩
項目全期間(2020/11/24現在)投稿後10日間
叙情性33
前衛性11
可読性00
エンタメ00
技巧11
音韻00
構成11
総合ポイント66
 平均値  中央値 
叙情性33
前衛性11
可読性00
 エンタメ00
技巧11
音韻00
構成11
総合66
閲覧指数:538.4
2020/11/24 02時03分28秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

骨組みだけ残して絶望が持っていく……その幸福について コメントセクション

コメント数(2)
三文字(マグネット/なろう)
作品へ
(2020-06-12)

「骨」というシンプルな言葉の周りに様々な概念の影が見え隠れしているような印象を受けました。 本音、エゴ、自我、欲望、裸体……様々な事を連想させられます。

1
白目巳之三郎
作品へ
(2020-06-15)

「いや、めちゃめちゃ深いっす」というのが読んだ時の感情でした。正直何について述べているのか、判然としませんが、それでも、それだからこそと言った方がよいのかもしれませんが、深く刺さる何かがありました。とても、個人的には好みの詩(小説?)でした。ありがとうございます。なかなかにグッときました。

1

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1