魔法はある 犬ver - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

真清水るる

時の名を考える

奇妙な味わい

時の名前、おもしろい発想です。黒髪ワールド炸裂です。

yamabito

声明 流木から

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

魔法はある 犬ver

うまいと感じました(内容は15禁)

レスが少ない順から眺めていったんですが、埋もれてましたので掘り出しました。

yamabito

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち 久遠恭子

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち 久遠恭子

初恋

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち 久遠恭子

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち 久遠恭子

藤の花

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち 久遠恭子

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち 久遠恭子

犬のしっぽ

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち 久遠恭子

あなたのために

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

真清水るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

ほば

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

魔法はある 犬ver    

※当然、凡てふぃくしょんです 凛とした出会いが訪れたのは私が生理中のことで、それはなんだか、彼と私の先々を暗示して居た。空は時雨れて、私の胎内に降る赤い雨と同様に、世界にも雨が降って居た。それから。 夜行ばすが新宿たーみなるに到着すると必ず彼は、黒くて艷やかに光る、端正な甲虫のような外車(車に詳しく無い私には車種が判ら無い)で待ってくれて居て、六本木までふぇらするのが会話よりも先。仕方無い。私は彼の1つの遊びでしか無い。 ふぇらをする時に、何処がこの人の喜ぶぽいんとだろうと探るのはまぁ癖で、でも、大体の男はかりの付け根のあたり、丸いつるつるとそれを支える茎の境目あたりを舌で刺激すると喜ぶ(ことを教えてくれたのは昔の男だ)、車内にはきーす・じゃれっとのぴあのがぽろぽろと流れて、ぺちゃぺちゃ私がしゃぶる音、犬だから、でも、彼は他の男みたいに「あー」とか呻いたり「キモチイイ」とか口走ったりしない、口の中のぺにすの膨らみ方は彼の体が喜んで居るのを伝えて居たけど、それよりも私は彼の視線が気になった、私にふぇらをさせながら、彼はずっと車の窓の外を見て居た、その顔にはあまり表情というものが浮かんでなくて、六本木の路上に停められた車の窓の外、は、ねおんに染められてなお深い夜、闇の色しか見え無くて 彼のぺにすを咥えながら、私は彼の見て居るものが見たかった 甲虫のような車が最終的に辿り着くのはいつも深夜のぷらいべーと・すたじおで、それはまんしょんの一角にある、ごく普通の(とは言え、田舎の貧乏娘の私からすると高級そうな)まんしょんの扉を開いた先に、その空間は広がって居る、抑えられた照明は静かな陰影を伴い、こんくりーと張りの床は何処までも無機質さと清潔を保って居る、機材は収まるべき場所にきちんと収められ、天井を始め様々な場所には厳選された木材があしらわれて居て、洗練された上品な空間、けれど、何処かひんやりとした部屋、の空気、気配を、私は何度訪れても、巧く掴むことが出来無い、出来無いままに、すたじおの奥に置かれた黒い布張りのそふぁの上で、行為はいつも始まる、殆どなんの会話も無いままに、 さっき車内のふぇらで射精したはずのぺにすはもう固くなって居て、不思議に思う、彼から、私に向かう、その感情も熱意も感じ取ることは出来無い、言葉も表情も、与えられるものは何も無い、なのに今私の目の前には彼の白く細い筋張った裸があって、勃ち上がってこちらを向くぺにすがある、つるつるの硝子を探るような行為だ、ただ、ひんやりとした感触が何処までも続く、だけ、なのに、そこだけは熱くて、私が望めば、痛みさえ与えてくれる、体を弄られながら、乳首を噛んで欲しい、と私は言った、乳首、あんまり感じ無いんです、けど、噛まれると感じるから、すぐに胸にちくりとした痛みが走って、彼の頭が私の胸の上に乗って、その薄い唇の中の歯が私の乳首を噛んで居るのがちらりと見えて、その暴力的な位にえっちな光景に、その視覚情報の方に私は感じてしまう、何度しても意味が判ら無かった、どうして、私が彼とせっくすして居るのか、どうして、私の勝手に熱くなる肉を割り開いて、彼のぺにすが入って来るのか、いつも微笑んで居るような表情を消すと妙に冷酷に見える細い目が、私の目の前にあるのか、画面越しにいつも見て居た長い首やふわふわぱーまのかかった髪が、すぐ傍で揺れてるのか、何の意味も判ら無いままで、私はいつも、いつの間にか、ぐちゃぐちゃに濡れて居る 首を絞められると意識が遠くなるのが気持ち良い、顔にくっしょんを被せられて押し付けられたまま、奥を何度も突かれると、息が出来無くなって苦しくて熱くて汗がべったり顔に張り付いて、死んでしまいそうになるのが好き、お尻を強く打たれたり、お腹をぎゅうっと大きな手で圧迫されながら中をごつごつぐりぐり抉られるのも好き、もう2時間以上殆ど無言のままでそれらが続いて居て、私の意識は飛びそうだった、というより、殆ど飛んで居た、それでも、私の中の理性のようなものが、違和感を感じ続けて居た、拒絶感にさえ近い何かだった、涙と涎と汗でぐしゃぐしゃの顔を晒して、体中汗でびっしょりで、なのに私の心が、何かを拒絶して居るような気がした、全身で彼を受け入れながら、 今日のせっくすは、今までで1番激しい気がする かちゃ、と音がして、彼が挿入したまま腕を伸ばして、べるとを掴んで居た、さっきまで彼が履いてたずぼんに巻かれて居た、細いしなやかな革製のべるとだった、それが、私の首に巻きつけられる、少しひやりとした感触がして、力が、込められる、私のお腹の中にある彼のぺにすが、今までで1番奥にねじ込まれて、首に食い込んだべるとが、ぎゅうぎゅうと締め上げられて、視界がぼやけて、音が遠ざかる 「どうして、何も言わないの?」 彼が、言った。ぼやけた視界でも、遠ざかる音の中でも、はっきりと判る、あの細い目が、私を見つめて、あの低い声が、私の耳を打つ 私の魂を挿す、刺す、射す、 そして 私は意識を失った どうして、何も言わないの 明け方、ぼんやりとした半覚醒の光の中、耳元で、囁くように歌う声が聴こえた 私は彼の見て居るものが見たい 失われて行く朝、 失われて行く夜 私は彼の見て居るものが見たい 鮮やかな色は君に見せた幻 illusion is mine illusion is mine illusion is mine illusion is mine 今目を開ければ 奇跡的な幻 illusion is mine illusion is mine illusion is mine illusion is mine illusion is mine/凛として時雨


作成日時 2022-02-11
コメント日時 2022-03-15

魔法はある 犬ver ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 11
P V 数 : 1283.3
お気に入り数: 0
投票数   : 2
ポイント数 : 7
#現代詩
項目全期間(2022/05/21現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性10
エンタメ20
技巧31
音韻00
構成10
総合ポイント71
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性0.50.5
 エンタメ11
技巧1.51.5
音韻00
構成0.50.5
総合3.53.5
閲覧指数:1283.3
2022/05/21 01時59分40秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

魔法はある 犬ver コメントセクション

コメント数(11)
yamabito
作品へ
(2022-03-09)

大作ですね。でもレスがないっていうのは、どうなんでしょ?信じられない。 内容については、自分個人的には苦手なジャンルですが、ひらがなを用いてうまくぼかしている風。 文体もほぼ失速することなく流れていました。ただ後半の落とし方が今一つ私にはわからなかったかな・・・ってところです。

0
柳煙
作品へ
(2022-03-09)

現代男性はAVの見過ぎでこれを読むことはできないのである。

0
三浦果実
作品へ
(2022-03-09)

男性が勃起してしまうのは、女性がセクシーな格好をすることがそれを促進するものだと勘違いされていたりする。セクシー下着とかがそれ。バレンタインとかに初めてふたりでホテルにチェックインして、はいスカート脱いでみました→セクシー下着。←これって男子諸氏は判るとおもうのだけれども、興奮しないよね?男性からすれば、この時履いていてもらいたい下着は普段から履いてるやつ。(下着つけてこなかった!は、私の場合は◯) こちらの作品、魔法はあるのオリジナル作者からすれば、投稿された当初に当たり前に読んでいた。なぜにコメント出来なかったかというと、つまり、セクシー下着だから。セクシー下着で商店街を歩かれても、誰もやりたくならない。逆に引いてしまう。エロい書き物って難しいんだよね。

0
白犬
yamabitoさんへ
(2022-03-10)

お読みくださり、有り難うございます。 大作、でしょうか。私は元々BL2次小説書きだったので、散文の形であれば、そこそこ長いものを書くのも苦では無いです。yamabitoさんは、文極の頃から、自然の描写や独特の文学性を持つ文章が好きな方なので、こうして褒めていただけること、とても嬉しいです///まして、苦手なじゃんるであるのに、評価していただいて、とても有り難い。。。掘り起こしていただき、ぴっくあっぷまで書いてくださり、感謝です(たぶん、ぴっくあっぷして貰ったの初めて!えろ文だけど、悔いは無い!) 後半から終わり方についてですが、書き終えた今となっては、えろ部分は前座で、自分が書きたかったのはそこだったのかなぁと感じて居るので。そこが伝わら無いかーと、ちょっと悔しいですが。自分が1番書きたかった部分だからこそ、もっと表現を試行錯誤してみたいです。たぶん、1つの詩を超えて、自分自身にとって、とても重要な箇所な気がする。。。 感想・ご批評くださり、有り難うございました。

0
白犬
柳煙さんへ
(2022-03-10)

お読みくださり、有り難うございます。 BLとげい動画ばかり見て居たら、こんなん書けちゃいましたw(これは一応男女もののつもりですが)えろは好きなのですが、難しいですね。自分で書くと、似非えろ、似非しりあすになってしまい、全然興奮出来ず悔しい。がっつりえろを書ける人は昔から尊敬してて、勉強したいのですが、男女物のえろはあまり鑑賞しないので判らずで。良かったらおすすめAV教えてくだはい…w 感想・ご批評くださり、有り難うございました。

0
白犬
三浦果実さんへ
(2022-03-10)

お読みくださり、有り難うございます。 最初の2連を書いて、続きを書けと焚きつけた人が、何しれっとただの読者面してんのwww(投稿にあたり、その部分は私風にりらいとさせて貰いましたが) せくしー下着はお好みじゃ無いという三浦さんの嗜好は了解しましたが、私にとって、今回それはわりとどうでも良くて(もちろん、文章を書く以上、読者の情感に訴えかけたい、今回はえろ文であり、しこい文を書きたいという野心というか、願いはあり、そうした意味での参考にはなりますが)私が本当に願うこと、本当に書きたいこと、に手をかけられたという、その部分が大きくて。もちろん、普段の詩も、正直な自分の感情を大事にして必死で書いてるのですが。何処かで、せーぶして居るというか。。。叶わない欲望に苦しむことを、私は強く恐れて居て、だから、自分の内奥にある本当の欲望、願望のようなものから、目を逸らして居るのかも知れない。と、今回の散文詩?を書いて、気づかされました。たぶん、今回の文章は、私の中で色々と掟破りで、その中で、自分の欲望に気づき、向き合い、少し開放することが出来たというか。その意味で、人から見たら単なるえろ文(しかもいまいちな)であろうが、私の中ではかなり大きな、重要な意味を持つ作品になったかも知れません。実際、読んでくれた人の中に、そう言ってくれた人も居て。それを書くきっかけを与えてくれた三浦さんには、とても、感謝して居ます。有り難う。 ちなみに、私は、綺麗なお姉さんのせくしー下着姿を見るは嫌いじゃ無いです。自分は絶対身につけ無いけど!えろは難しいは同感! 感想・ご批評くださり、有り難うございました。

0
きょこち 久遠恭子
作品へ
(2022-03-10)

恍惚を覚える文体で良かったです。ちょっと長いかもしれません。エクスタシーを感じるまでの長さは、キチンと考えた方が良いかもしれません。すみません、少しふざけました。この作品、好きです^_^

0
柳煙
白犬さんへ
(2022-03-11)

おすすめのエーブイは残念ながらありません。以前、男の方のを咥えたことがあるのですが、射精してくださいませんでした。髭をちゃんと剃っていなかったからかもしれません。お酒でよって、アホなことをしました。

0
白犬
きょこち 久遠恭子さんへ
(2022-03-15)

お読みくださり、有り難うございます。 恍惚を覚える文章だったのなら良かったです!でも、時間を置いて読み直したら、わりと荒いなと感じたので(突貫工事で書いたのもあったし)機会があったら、丁寧にりらいともしてみたいなと思いました。長かったですかねー。私はいったん始めるとわりと本能のままに動くたいぷなので、あんまり計算が出来ない。。。詩を書く時の話ですw好きと仰ってくれて、有難うございます/// 感想・ご批評くださり、有り難うございました。

1
白犬
柳煙さんへ
(2022-03-15)

お読みくださり、有難うございます。 無いんかい!!!口でイかせるのって、結構難しいですよね。。。私やったこと無いけど。。。文中に書いた通り、丸いとこと茎の間は狙い目の1つです。。。技術を磨いて、れっつ再とらい!!!(?)でも、男でも女でも、ほんとに好きな人とするのが理想かなとは思いますー。取り敢えず、私のおすすめAV貼っておきますね。 https://sp.nicovideo.jp/watch/sm12392374 再びのこめんと、有り難うございました。

1
白犬
柳煙さんへ
(2022-03-15)

あ、再こめなので、「お読みくださり、有難うございます」は要らなかった!みすです、すみません!

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1