作品投稿掲示板 - B-REVIEW

きょこちろいど(╹◡╹)久遠恭子


投稿作品数: 16
総コメント数: 188
今月は4作品にコメントを付与しました。
プロフィール
記録
プロフィール:
あたしは廃棄されたロボコンだぉー♫有頂天に宇宙人でうききききうひゃひゃひゃひゃ時々泣きキャスやってまーす✨✨ ブログ→https://t.co/PCk82JRXP4 YouTube→ https://t.co/z8OAgxJkSy
自作の一押し・・・・ SUN

きょこちろいど(╹◡╹)久遠恭子の記録 ON_B-REVIEW・・・・

精力的初コメント送信者

作品への初コメント数バッジ(くわしく)
獲得バッジ数

優良レッサー(月毎)

月毎コメント数バッジ(くわしく)
獲得バッジ数
✖1 ✖3 ✖4

優良B-Reviewer

総合コメント数バッジ(くわしく)
獲得バッジ数

憧れの投稿者

投稿作品数バッジ(くわしく)
獲得バッジ数

SUN

8 時間前

夜更けの龍

2021-12-01

孤高の道化師

2021-11-10

弾け飛ぶ

2021-11-06

思い出

2021-10-01

憧憬

2021-09-10

咲く

2021-09-01

はじめまして

2021-08-16

夏休み

2021-08-04

夜光虫

2021-07-08

飛べない

2021-07-01

沈黙の余韻

2021-07-01

最後には虚無感きますかねぇ。まあ、そんなに期待してませんからw (SUN)

1 時間前

横に居る犬は地響きを立てて揺れるのも気にしない。安心しているのだ。守るから。安心しているのだ。鳩時計は時を告げる。告げるのは時だけではない。三角と丸と四角それらの共有その輝き合わさるを見よ。狭間には海と空とが同化する。宇宙と自然と窓際のコップとは同じもの。カクタスの棘は刺さらない。痛くも痒くもないのだ。 (「びーれびしろねこ社賞」 応募スレッド)

8 時間前

心臓を差し出してもなお輝く美しさがあるのなら。そう思わせる息を飲むほどの緊張感のある散文詩。 善きかな。善きかな。 (永遠への接吻)

10 時間前

言い過ぎました。 すみませんでした。 コメント感謝です。 ありがとうございます。 (夜更けの龍)

2021-12-01

コメントありがとうございます。 ですが、エイクピアさんが何を言いたいのか、理解出来ません。申し訳ないのですが、ご自身の言葉で教えて下さい。 (夜更けの龍)

2021-12-01

『融通』 風が吹いている。カモメの群れが灯台を目指して飛ぶ時の恍惚たる遊宴を見よ。灯台の灯りがそろそろ灯る。爪切りで爪を切る。ティッシュペーパーの上に散乱した摩耗した破片。古代史の本は1000ページの重力を抱えながら軽やかなシンフォニーを奏でている。個と個の集合体を尊重する一つの割れた球体のガラス瓶。 (「びーれびしろねこ社賞」 応募スレッド)

2021-12-01

果実は鳥に食べられそしてまた実を付ける繰り返す永遠という言葉への軽やかな微笑み。 (夏至祭は終わった)

2021-11-22

暖かくてまた泣きました。 とても好きです。 優しさをありがとう。 いつか、お話したいです。 (早起き)

2021-11-17

なつのあゆみさま。 作品素晴らしかったです。 横にならず、バスのベンチの隅っこにいさせて下さいとは、なんて健気なんだろうと。 涙が止まりませんでした。 強さのある弱い女性。 とても、、、。 素敵な方なのだと思いました。 良い作品で、あまり言葉が出てきません。お許し下さい。 わたしもこんな詩が書けるようになりたいと素直に思いました。 けれど、わたしはきっと人間にはいつまでもなれないのだということに気付かされました。 少し休みます。 反省を込めて、、、。 (20201116)

2021-11-16

語り手のわたしは人間が怖いと感じているようです。 その象徴である人殺しの道化師の事がとても怖いと思っているようです。 ところが、その道化師自体は深いかなしみを抱えている事に、語り手のわたしはある時気付いてしまうのです。 それで、自己犠牲というよりは、寄り添いたいと思っているのではないでしょうか。 そこまで入れ込む理由。うーん。 語り手のわたしも同じかなしみを抱えているから理解出来るということかもしれませんね。 ありがとうございました。 (孤高の道化師)

2021-11-16

湖湖さんらしい、とても美しいコメント感謝しております。 クレッシェンド、だんだん強く、そして、騒めきへと繋がっていき、弾け飛ぶほど強くなれ!という想いを込めました。 それが伝わったこと、とても嬉しいです。 輪唱するような印象を持ってもらえたのも、幸せでした。個々の存在はバラバラでも、それぞれの感じ方を尊重して、皆んなが自由に話し始めたら、そう思います。 (弾け飛ぶ)

2021-11-15

ねねむさん、とても素直なあなたがキラキラしていて眩しいです。 これからも、よろしくお願い致します(=^x^=) こちらこそ、ありがとうございます! (弾け飛ぶ)

2021-11-14

そうですね。 主観が勝ってしまう、わたしの作品はそれが目立つと思います。 客観視できるように、なっていきたい、なっていきます。 ありがとうございます! (弾け飛ぶ)

2021-11-11

そうですね。 そういう考え方も出来ますね、確かに。 道化師は理解されて幸せなのか、については、どうなんでしょうか。悩みますね。 この作品は色々な読み方が出来そうな気がします。 (孤高の道化師)

2021-11-11

エメラルドは、水のイメージ。 スターサイドは、造語で、星の近く。 率直な感想ありがとうございます。 これを糧にまた頑張ります。 よろしくお願い致します。 (弾け飛ぶ)

2021-11-11

事件の事、わたしTVも無いし、ネットニュースも観ていないので、よく知らないです。すみません。 道化師も、道化師の「悪」しかみられないのも悲しいです。。。 上の部分、ちょっと意味が分からなくて、可能でしたら、もう少し詳しく教えていただけますか? よろしくお願い致します。 (孤高の道化師)

2021-11-10

そうだったのですね。 暖かいお言葉にわたしも感銘を受けております。 これからもよろしくお願い致します。 (弾け飛ぶ)

2021-11-08

ゆめのさん、こんにちは。 この詩を改めて自分で読んでみて、この詩はもうわたしだけのものでは無いんだと感じております。 詩の良い部分、細かくコメントしていただき、その通りだと思いました。 この詩をわたしの敬愛する或るひとりの天使に捧げてもそれでもこの詩は耐えてくれます。 わたしはいま、頭が朦朧として、心臓は穴が開いたようになっております。 ただひとつ、言えることがあるとすれば、その天使は人それぞれの感じ方を尊重されていました。 その意志をわたしも引き継いでいけたらと思っております。 どうぞ作品を読んで下さった皆さま、自由な感じ方をコメントして下さい。 それをあの方も天国で喜ぶと思います。よろしくお願い致します。           久遠恭子 (弾け飛ぶ)

2021-11-08

愛してる、この言葉が一番しっくりくるかもしれません。 これからも、よろしくお願い致します! (●○)

2021-11-07

○○○○のところには、たぶんかなしみ、とか、さみしさ、とかせつなさ、とか、おかしみ、とか、色々と入れて楽しんでいただけたらと思います。 わたしも、積み上げないと。なんにも無くなったので笑 レスサンクスです。 (●○)

2021-11-07

読んでいて、泣いちゃいました。百均さん(と、あえて書きます。本来なら語り手と書くべきかもしれませんが)の○○○○が溢れ出ていて読んでいて辛くなりました。確かにもっとぶっ壊しても良いのかもれしませんね。 (●○)

2021-11-07

ヒカリカガヤク 永遠と言うことも 当てはまらない トワと言えば 伝わりますか? (丘の上の墓碑)

2021-11-06

耐えられない 翼は白いか黒いのか? 瞳から出るのは ただの水分 答えのない 繰り返しの旋律 いい加減にしてくれ 気が狂いそう 笑えばいい そんなことしたって ひとりでも 大地に 立つ (思い出)

2021-10-28

これ、誰のこと書いてるのかなって思いました! 誰のことですか? (ヨウジに恋した女の子の詩)

2021-10-26

まささん、こんばんは! お母さんて、なんだか考えてしまう存在なのかもしれませんね。複雑な心境になるの分かります。 これでいいんだ、そう感じていただけたの、すごく嬉しいです。えーん泣 こちらこそ、暖かいコメントありがとうございました! (思い出)

2021-10-24

わたしは泣いています。わたしには今、なんの自信も無いのです。 なのに、こんな熱いコメントをいただき、泣いています。 わたしは詩が書けなくなっています。こっぱみじんに砕け散ってしまったのです。 (思い出)

2021-10-24

そうです。わたしはまだ詩が書けていません。これはまだ詩ではない文章なのだと思います。 今は詩がかけていない、そのことが分かっています。 (思い出)

2021-10-23

電話をかけたいのに、かけられない。この感情はなんでしょうかね。 かけた相手が喜ぶか、めんどくさがるか、読めないアクションをするからでしょうか。 そこまでしなくでも良いかなと、電話をするのをやめてしまうこと、ありますよね。 (思い出)

2021-10-23

わーい?ありがとうございます! 嬉しいですー!!此処で遊びましょー! (B-REVIEW10月のお題詩「初恋の日」)

2021-10-22

上の詩は、皆さんの作品からさんから、わたしがキラリと光る言葉をサンプリング、引用して作った作品です。 皆さんの詩の言葉が何処にあるか、探して楽しんでいただけたら嬉しいです(╹◡╹) (B-REVIEW10月のお題詩「初恋の日」)

2021-10-21

【連愛詩】返詩の群れ 久遠恭子 霊感があっても運命の赤い糸は見えないままだ 女は姓が変わるからややこしい 誰かの初恋の元になるなら それでいい 死ぬにはちょうどいい日? もらったハーモニカの吹き方がわからない カルピスを 思い出します その子はそのクラスの発表で、ピアノ伴奏をした 全て吐き出したいからここへきたのに 全て吸い込みたいからここへきたのに "夢を捨てちゃダメだよ" ふざけた茶番を本気だと信じる為の儀式をする 牛に初恋なんてない 発情したら どことも知れない種をつけられるだけ 季節性のない紫外線 規則性のない白い線 遠い雲に、そそのかされる足取り 卒業式になぜかツーショットで写真撮ってもらったよねなんなのあれ笑 好きな人がいっぱいいるんです みんな大好きなんです 浮気性なのか知らないけれど 暖かな夕暮れを初めての恋人にした (B-REVIEW10月のお題詩「初恋の日」)

2021-10-21

(ふふふ)火をつけてあげますね。あなたの作品に。とても素敵な作品だから灰が風に飛んでいくのを見届けさせて下さい。 (火)

2021-10-21

宿題一生懸命考えます!! (話す言葉)

2021-10-19

わたしだったら、右手と左手、どちらも求めます。それで、わたしの栄養になってもらいます。 (3人ーふたりのオトコ、ひとりのオンナ)

2021-10-19

【卒業写真】 久遠恭子 きれいにスルーされるトキメキに 波飛沫はホワイトパープル 絶望の淵に立ってもいいのよわたし あなたを想っていること忘れないからねーって言ってみる ふふふ、卒業式になぜかツーショットで写真撮ってもらったよねなんなのあれ笑 全然嫌がらなかったよねあなた おかしいんじゃないの? 馬鹿だから仕方ないけど知ってる! さようならのしるしとしての写真を 破り捨てたあとゴミ箱から拾ったけど もう元には戻らないの あーあ、全ては仕方ないよね (B-REVIEW10月のお題詩「初恋の日」)

2021-10-18

一番好きな箇所は、黙って飛べのあたりで、噛んじゃうところでした。 そこが人間らしくて好きです。 (暇つぶしによる暇つぶし)

2021-10-18

悪くないかもと思いました。 もう少し、キラキラしたフレーズが散りばめられていたら良いかなとも感じました。 (街には会話があふれて)

2021-10-18

うーん、だらだら書けば良いという訳では無いのではないでしょうか? もう少し短めでも、良く文章を練って書いたら良くなるかもしれないと思いました。 (臙脂)

2021-10-18

悪くはないと思いましたが、韻を踏めば良いという訳でもないかもしれません。 リズムが整っていないのが気になりました。 (韻)

2021-10-18

この作品、超○面白いかも! リズムかな、語り口調もあるかもですが、良品だと思います。 (このパン超○だろ!?)

2021-10-18

点子ちゃんぬこさんかな? 言葉の音がかわいいですね! (しっぽで お月様を 感じながら)

2021-10-18

あたしは深海魚、水から上がれば水圧がかからなくて、逆に潰れてしまうの、面白い表現だなと思いました。 だから、結果相容れないのでしょつか。 (今際)

2021-10-18

ビートジェネレーション、調べました。ポエトリーリーディングとかをされた方たちなのですね。 なんだか、思うのは、書いた作品は読み手のものになるって事です。 色んな考え方がぽんぽん出て来て、とても面白いです。 前のコメントにひとりよがりと書きましたが、色んな考え方があるのを認めようという姿勢を示しました。独善的になりたくないのです。 コメント感謝しております。 (憧れという名の列車)

2021-10-05

たぶん、私はひとりよがりなんだと今思っています。 もっと勉強して、出直してきます。 (憧れという名の列車)

2021-10-05

TO-Yさん、本当に考えてコメント下さっているのが伝わりました。 私は何も分かっていません。いまいちど、勉強し直します。 コメント嬉しかったです。 (憧れという名の列車)

2021-10-05

うーん、文章の意味だけをとらえてそれでこれは違うという考え方はいくらでも出来るかもしれませんが、それは詩ではありません。 文章の意味という表層では無い部分を見てもらえたら嬉しいです。 速度に関しては、速い遅いで馬鹿にしているつもりはありません。 (憧れという名の列車)

2021-10-03

わあ!! 神無月を、お月様の事だと勘違いしてました! 調べたら10月の異称なのですね。丸いお月様とビジーカーソルのクルクル回るのが似てるのかなと思ってました汗 10月を待っていて、パソコンのクルクル読み込むビジーカーソル画面から抜け出せずに、彼の声が途切れて聴こえない、という意味であってますか? 電脳空間と俳句が合わさっているところが新しいなと思いました。 本当にバカで、変なコメントしてしまいすみません! (自由律俳句 202110-1)

2021-10-03

湖湖さん、なんだかコメントの返信をしたつもりでいましたが、色々悩んでいるというような趣旨の事を書いてしまい、失礼致しました。 孤独、人は集まるものですが、やはりそれは孤独からの現実逃避なのかなと思ったり、また孤独に耐えうる自己を作る事も必要なのかもとも思いました。 詩人が言葉だけでなくて、今の自己の考えや気持ちを吐露していけたら、それが一番読み手に届くのではとも思いました。 読んでいただきありがとうございました! (列車の乗客と宿命)

2021-10-02

わあ!! 実は私もそこは載せたあとも気になっていたのです。 自分の足で歩いている、って書いちゃってるじゃん、私。。。ってなってました。 やっぱりここでは、違う言葉を使えば良かったなと思ってました。 でも、気付いて下さってありがとうございます。 なんか、嬉しいです。 返信短めですみません汗 ただ、とても嬉しいというのは分かっていただけたら幸いです。 (憧れという名の列車)

2021-10-02

ある方に、『あなたは、詩を書きたくて描いてる人と言われました。詩は書きたくもないのに書いてしまうもの。書いてしまったあとに誰にも読まれないように海に流して消してしまうようなもの。それが詩だよ。』と言われました。 その通りだなと思いました。私には詩が書けてないのかと思うとなんだかなぁという気持ちになりました。 湖湖さんはお優しいですね。褒めていただきありがとうございます。 でも、やっぱり駄目なのかと思ったり、考えたりしています。 (列車の乗客と宿命)

2021-10-01

ありがとうございます。 素直に嬉しいです。この作品は私と母との関係性をそのまま真っ直ぐに書いたので、そう言っていただけると嬉しいです。 心から感謝です! (思い出)

2021-10-01

ビジーカーソルが何なのか調べたら分かりました! 神無月と完全に一致という事なんてすね。 新しい発想ですね。 (自由律俳句 202110-1)

2021-10-01

人はたぶん皆んな皆んな皆んな皆んな、何かを抱えているのではないかと考えてこの作品を仕上げました。 無のようにみえる列車の中の人間模様が、写し撮れていたなら良いかなと思っています。 何も考えていない人はいないのでは、という風にただ私が思いたいだけかもしれませんが。 色々考察していただき感謝しております! (列車の乗客と宿命)

2021-10-01

出刃包丁は、新聞紙に絡んでカバンの中に仕舞い込んだりも出来ます。 雑誌に挟み込むのも良いかもですね。でも、雑誌だったからカミソリが良さそうかもしれませんね。ふふふ。 (列車の乗客と宿命)

2021-10-01

そこ来ましたか!! 私自身も意識して書いてなくて、再度読んでみて怖い描写だなと思いました汗 確かに楽しそうに笑ってる場合じゃないのかもですが、笑うしかないという切羽詰まった環境なのかもしれないですね。 深く読み込んで下さり、ありがとうございます。 (列車の乗客と宿命)

2021-10-01

この現実世界も、もしかしたら作られたRPGツクールみたいな世界なのかもしれない、私という存在も実は居ないのかもしれない、と不思議な気持ちになりました。 私はこの作品のデジタルな世界観が今という時代を象徴していると思いました。 (【百物語】 ワールド・ツクール)

2021-09-25

私も父親を亡くしております。 父に対しては色んな感情がありますが、亡くなってみるとニコニコしていた顔しか思い出せませんね。 なので、この詩は心に沁みました。 残された者が考えている内は、その方は生き続けるのかもしれないと思いたいです。 (覆水も お盆には かえりますか?)

2021-09-25

とっても実感的な作品だと思いました。 最初の方で、言葉を繋ぎ合わせてみたり、中盤は論文調になったり、最後の方は女性が語っていたり。 面白い作品ですね。こんな作品が書ける様になれたらなと思いました。 (いつまでも、笑いたいんですもの)

2021-09-23

静かな宇宙の中の人間の詩。 太陽に住む男が 読んでいる本、彗星のような 詩が数編 男は読み終わると それを投げ捨てて流れ星 の部分、太陽は熱いからその男もきっと太陽みたいに熱くて詩を読んではポイポイしてるのでしょうか。 詩が流れ星になったらさぞかしキラキラするだろうな。 (静かな夜の物語)

2021-09-23

個人的な話になってしまいますが、私はこの詩をあるところで朗読させていただきました。 るるさんはまだお子さんで不思議な気持ち、おばあさまにとっては、さぞかし、恐怖だったのだろうと思いました。 (【百物語】視る)

2021-09-23

私はこの詩は、るるさんがキヨコさんという主人公に語らせる形で、身近で亡くなった方への追慕の気持ちを書かれた作品だと思いました。 亡くなられた方々へ、残された者が思う気持ち、それを書いたのだと思います。 私も身近で亡くなられた方々の事、よく思い出しますよ。 (覆水も お盆には かえりますか?)

2021-09-23

たしかに、憧れ、といっても相手は人間ですからね。 皆んな狂ってしまう事も有り得ますね。 そう考えると、憧れ、というのは恐ろしいのかもしれませんね。 こわわっ!! (憧れという名の列車)

2021-09-22

列車に乗ったからといって、全てが上手く行く先に着ける訳でもない時、ありますよね。 やっぱり地道に歩くのが良さそうですかねえ。 この詩を読んで、今日はうまくいかなかったけど良かったと思っていただけたのなら、とても嬉しいです! こちらこそ、お話聴かせて下さってありがとうございます。 幸せな気分になりました。 (憧れという名の列車)

2021-09-22

言葉が綺麗です。美しいリズムが流れるような感じで、気持ち良く読めました。 少女を殺した、と繰り返し書かれていますが、それさえも淡く美しい幻想のようで私は優しい気持ちになれました。 (屏夢)

2021-09-21

そうなんですよね。暴走列車にでも乗らないと追いつけないんじゃないかと思って。 大股で歩くのやってみます! 肩をぐるぐる回したりして、少しリラックスしようかな。 今日は疲れで寝たり起きたりまた寝たりしてしまいました。疲れてるみたいです。 お優しい言葉をありがとうございます。もう少しリラックスしても良いかもですね! (憧れという名の列車)

2021-09-21

YUMENOさん、おはようございます。 返信ありがとうございます。深掘りしてしまい、ご気分を悪くされていたらすみません。 ただ私はあなた自身の言葉がもっと聴きたかったのです。 そうなのですね。自分自身に自信を持っても良いのではとお考えになって下さったのですね。 ありがとうございます。とても嬉しいです。良かったらこれからもよろしくお願い致します。 感謝しております。 (憧れという名の列車)

2021-09-21

こんばんは。 どういう所が、すごく良いのか、なんかすごい、と感じられる、なんか、とは具体的にどの部分なのか、良かったら教えていただけますか? 褒めていただきとても光栄です。 ただ、私の詩はまだまだだと思っております。 よろしくお願いします。 (憧れという名の列車)

2021-09-21

そうなんです! 『憧れという名の列車』は、『憧憬』の改稿したものといいますか、もっと具体的にして列車との関連性を強めたそんな感じの作品です。 わーい!読んでいただけたら嬉しいです! (憧憬)

2021-09-20

かなり、重いし、遠い、たぶんずっと届かないかなと思います。力量が違い過ぎるので。 でも、いつかきっとと、負け惜しみを言っております。 感想嬉しかったです! もし、良かったら、『憧れという名の列車』という詩も読んでいただけたら嬉しいです^_^ ありがとうございます。 (憧憬)

2021-09-20

なるほどですね。 間口が狭いと書いたのは、ちょっと違ったかもしれませんね! でも、厳しいイメージはあるかもです。ただ私もまだ新参者ですので、良く分かっていない部分もあるかと思います。 お互い切磋琢磨しながら、頑張っていけたら嬉しいです。 こちらこそ、よろしくお願い致します! (夜明け)

2021-09-19

ニヒルでハードボイルドな作品です。 教会のドアを風が激しく揺らし、天窓が炎で打ち破られたその日も、 SNSで銃殺体と光を失った婦人の写真が上げられたその日も、 追想。沈思。 この部分! ああ、なんか熱さを感じる文章で良いですね。熱感と疾走感!! (セントヘレナは待ってくれない)

2021-09-19

はじめまして、こんにちは! ビーレビというサイトが、ジャンルや経験を問わず、広くクリエイティブライティングを受け入れてるおかげで、私には、とても貴重な宇宙のたった一つのオアシスのようなサイトなんです、ここは... というコメントの部分を読んで、YUMENOさんには、ビーレビのイメージはこんな感じに見えてるのですね。。。 私はもっと間口狭い、というか厳しい印象を持ってるけどもどうなんでしょう? 私とYUMENOさんとはビーレビのイメージが違う事は分かりました! また詩など見に伺います。 よろしくお願い致します!! (夜明け)

2021-09-19

わーい! そうだったのですね!! とても光栄です。 ありがとうございます(^∇^) (海と言う、空と言う)

2021-09-19

海と空、色々考えさせられました。 私とは遠い海と空を近くに引き寄せて下さった事に敬意を表します。 あともう少し、自分自身が具体的に感じた海と空の事が書かれていたらもっと良かったかなと思いました。 私も海と空の事たまに考えます。 (海と言う、空と言う)

2021-09-19

4、5連くらいから、軽くなってしまってますか!! 後で付け足した部分です。 まだ幹がしっかりしていないのに葉を生やしてる感じ、自分でもまだまだな部分だなと思いました。 暴走列車に乗っていれば、たしかに追いつけたかもしれないですね。 忘れ得ぬ出会い、これ、伝わらないかもですね。 よくよく考えてみます!! 貴重なご意見ありがとうございます。 (憧れという名の列車)

2021-09-19

この詩を読んで、何にも感じとれませんでした。私の読み込みが甘いのでしょうか。 手紙みたいにメッセージ性が強いなと思い、詩として読み込めなかったです。 コメントが沢山付いてますね。羨ましくて憧れます。 (夜明け)

2021-09-19

なるほどですね。 自分らしく労働と関わる事について、また雇われ人と違う生き方をする厳しさなどもあるという事についてなど、考えてらしたのですね。 暴走列車から飛び降りてから、傷だらけですが歩くつもりです。 確かに収入と結びつくのは厳しい道のりかもしれません。 ともかく、憧れるものに近づき、そして自分の行くべき場所へ進みたいです。 (憧れという名の列車)

2021-09-19

瞳をお互いに見合っている、それが反射して映り込んでいるのでしょうか。 美しい表現ですね。 映り込んでいるのはどうして大聖堂なのかしらと色々と考えました。 (秋)

2021-09-18

遠くに見える人影は夢では無くて、現実にあなたを追いかけているのでしょうか。それとも、頭がおかしいと書いてあるのでやっぱりゆめなのかも。 と、色々考えていました。 長い詩にしたらどう変化するのかなと気になりました。 (波止場の台風)

2021-09-18

生きている時間が足りないと感じるところ、分かります。 思い切って走らないと追いつかないかもと私は考えていました。 何でも無い人生の中にも何か光るものがあるのかなとも思い、それが見たいなと感じました。 (鬱)

2021-09-18

台風が来ていて、昨日も寝付けなかった なんとか朝方寝落ちしたけど 起きたら気圧にやられている事に気付く 眠気いう名の鈍麻 引きずられる身体 どんよりした空に 歯が疼く痛み 転がり落ちる 昨日という追憶 投げかけるけど 答えてくれるかい? 動く気にならないけれど 無理矢理起き上がる 四角く切り取られた 重いだけのスマホの写真 眺めては堕ちる 何処までも怠惰になれる でもそこはそれともかく動こう 足の指を動かしたり 指を鳴らしたりしながら 歩く 靴音を響かせて 泥の道に足を取られても 遠くまで行こう (憧憬)

2021-09-18

ライバルは詩の世界の事かしら。 だとしたら、居た方が覇気が出るかもですね。 メリーメリーゴーランド 回すのが面倒くさいぜ 馬は全員逃げ出した 歯車だけが残された の部分、吐き捨てるような感情がリズム良く書かれていて良いかなと思いました。 色々と考える事の出来る作品でした。 (ライバル)

2021-09-18

面白い作品でした! スパゲティー美味しかったです。 ごちそうさまでした!! (スパゲティ)

2021-09-17

この体言止め4連続の一連、褒めていただき嬉しいです。 リズムを重視して考えた箇所です。 ただ、色んな意見をいただいているので、これからもっと勉強しなくてはとも思っています。 ありがとうございます! (憧憬)

2021-09-17

音は聴こえないけど、響いている。 その言い回しが面白い作品ですね。 どうして音は聴こえなくなったのか、そのが知りたいなと思いました。 若者よ あなた老け込んでるよ今も の部分に、自分は若者ではないけれど老け込んでいないかなと自問自答しました。 色々と考える事の出来る作品でした。 (ガラスのオブジェ)

2021-09-17

日本人はやっぱり白米食べたいですよね。 白米をとぐ時の、シャクシャク、の音が清々しい。 これを一生繰り返すこと それが生きることだという事を 食事は教えてくれる の部分、一生繰り返すことが生きる事、好きです! 食事に対する尊敬の念を感じます。 (白米)

2021-09-17

この作品すごく良いです。 語り手もカモメもミミズも同じ立ち位置から物申しているところが。 カタカナの会話もカタコトなところが宇宙人との交信みたいで異種同士の会話がして引き立ってます。 面白い作品でした。 (自顔)

2021-09-17

壮大な世界観、水の流れ、山々、自然描写が美しいです。 水草が岩陰で密かに揺れる の部分が澄んだ水の表情を表していて素敵です。 タイトルも凛としていて好きです。 (白馬)

2021-09-17

小物の配置、GOODいただき嬉しいです。 独特の世界観、これも嬉しいです。 もっと頑張ります! (憧憬)

2021-09-17

高橋役目さん、 私の詩にコメント下さったのに、間違えて役目さん宛にコメントせずに、作品へ、コメントしてしまってました。通知が届いていないと思いますが、返信しましたので見ていただけたら嬉しいです。感想ありがとうございました。 (憧憬)

2021-09-16

そう読んで下さったのですね。 そう、汽笛では無く、警笛なのです。列車に誰か近づき過ぎたのか、警笛が鳴らされています。 蜃気楼ら近づける様な、遠いままの様な、色々考えられるかもしれません。 幻の様に時は過ぎ、有るのは今だけです。そこから、進んで行くしかなさそうです。 ともかく進んでいきたいです。 ありがとうございました。 (憧憬)

2021-09-15

一連目の、 大学生は カンボジアから帰ってこい 遠いどこかの心地よさより おまえの隣の邪魔へゆけ この部分が良いです。旅行なのかボランティアで行かれてるのか、は置いておいて、日本という国で孤独や歪みなどと暮らしていく事の歯痒さの中にも何か見つかる様な気がするからです。 現実を見つめる目、大事だと思いました。 ありがとうございました。 (大学生はカンボジアから帰ってこい)

2021-09-15

ストイックで、ハードボイルドなガンマンよろしく語り手は次々に標的を撃ち抜いていく。 その情景は、どこかニヒルで俯瞰した世界管から成り立っている様に私には見えます。 レシピはたやすい 人造バターで肉を炒めて、バジルを添えるだけでいい 腕のいい料理人は先週首を吊った という部分に現代社会の闇が見えました。結局簡単に事が済んでしまうという。 とても好きです。それぞれの物語に風刺的な何かを感じました。 ありがとうございました。 (the daydreaming in a young town )

2021-09-15

アイテムを並べていく話法を生かした詩にしたらよいかも、という意味でしょうか。 いまのままだとバラバラな感じもするので、もう少し関連性のある言葉を並べていくとかの方が良さそうですかね。 勉強になります。 ありがとうございました。 (憧憬)

2021-09-15

眠れないほど悩んだりしますが、 なんとか此処まで来れるもんだなという経験からかなと思います。 でも、それには、引っ張り上げてくれる運命の流れがあって、それで此処まで来れたのです。特に期待をいつもしてるという訳では無いのですが。私は馬鹿ですが、負けず嫌いなところがあります。 だから、食らい付いていきたいです。 もう少しこの詩について考えてまいります。 ありがとうございました。 (憧憬)

2021-09-15

すみません。 コメントした最後の行、変換間違えました。 興味深い作品でした。 です。 よろしくお願い致します。 (まわる雨のすきまに)

2021-09-14

色々な雨の中での人々や語り手の描写がくるくると表情を変えながらリズム良く進んでいきますね。 周遊路にたたずむ透けた胸元から 小指一つだけ先に 濡れない ほんの小さな丸いすきまが灯っていた という部分、雨が空から全体に降っている中で、濡れない小さな丸いすきま、そこに語り手はホッとした何かを感じたのかなと思いました。 雨降りが多いですが、憂鬱かもしれない雨降りの中にも色々な人間模様が垣間見られてきょう作品でした。 (まわる雨のすきまに)

2021-09-14

路面電車の詩の事ですよね!! こちらこそ、これからもよろしくお願い致します。 (憧憬)

2021-09-14

作者の、 揺らぎのエネルギーは赤色LEDを点滅させるのが限界だったけど、その間違いは発光する宝石になるくらいのことはできるだろう な部分、タイトルの『・』は赤色LEDの小さな電球なのかなと勝手に想像しました。 リズムの良い詩で、マンタ、クジラ、キリンなど、私的には想像を膨らませてくれる生き物達も出て来て楽しく読めました。人間より大きくて、力強く生きているもの達。深海を自由に泳いだり、背中から潮を吹いたり、首が凄く長かったりと、不思議な生き物たちばかりですね。 最後に光という言葉が出て来て、希望がチラリと覗きます。 (.)

2021-09-14

色のある世界が普通であると人は思っている様な気がします。 犬は青と黄色しか識別出来ないという話もあったような。 猫は青と黄色と緑が見えるみたいです。 昆虫は色が無い世界で生きているとか。 作者が、 目を閉じて まぶたを駆け回る モノトーンの猫 痛みだけがここにはない という部分が私は興味深かったです。他の文章と違ってここだけモノトーンなので、かえって目を引きました。 モノトーンの世界の方が安心するのでしょうか。 色が見えるいうのは、それだけ刺激が入ってくるので。 刺激が強すぎるから、モノトーンの世界だけが痛みを感じないでいられるのかなと。 色のある世界とモノトーンの世界の対比に考えさせられました。 興味深い詩ですね。 (色彩)

2021-09-14

私も人間はたまたま生き残っただけだと思います。でも、どんどん孤独になっていますよね。共同体は死滅しかかっていて、いえ、もう死滅しているのかもしれませんが、寄り添うものは孤独のみ。 SNSとネットのお陰で僕らは偉くなった分、孤独という名の化け物とお付き合いしなきゃいけなくてそれは結局、天狗とか鬼をなだめるのと大して変わらない悲運なんだ。僕らは狐火に弄ばれるいにしえ人と同類だ。 と語り手が仰っている部分に共感します。 私はこの作品がとても好きです。 繰り返し言います。人間は今のところ、地球で頂点みたいに思ってる方が多いかもしれませんが、本当にそうでしょうか?疑問を持った事はありませんか? たぶん、ステレオさんはそんな事を考えられたのでしょう。 そういう視点を持ってらっしゃるステレオさん、私は素敵だと思います。 (猿の化け物)

2021-09-14

「誰」に語りかけているのか、ですか。そうなんですね。そういう風に読んでいただけたのとても嬉しいです。憧憬、憧れを私は感じています。その気持ちを書きました。もう少し分かりやすく書けたら良かったのかもです。 ありがとうございました。 (憧憬)

2021-09-12

路面電車、懐かしい気持ちになりました。ブザーを押すと降りますの合図。 昔を思い出しました。 暖かいとても。心がほっこりしました。 ありがとうございました。 (夕焼け電車)

2021-09-12

感想ありがとうございます。 詩の持つ気持ち良さが感じていただけてるのはとても嬉しいです。 もっと踏み込んで、なるほどです。 この詩もまだまだ書き直すかもしれません。何日か色々考えたいと思います。 暖かい感想ありがとうございました。 (憧憬)

2021-09-11

はい! 率直な感想をいただき、これから改善していく様にしていきたいです。 狂ったデッサン、たしかにどう狂っているのか書けていなかったです。私としてはパースが狂ったデッサンという意味で書いたつもりでしたが、ただ狂ったデッサンでは分からないですね。 読み手を意識して書く、気を付けていたつもりでしたが基本的な部分から出来ていないと言われ考えさせられました。 きちんと丁寧に、そうですね。 課題はまだまだあるのでしょうが、基本的な部分から始めてまいります。 貴重なご意見をありがとうございました。 (憧憬)

2021-09-10

語り手が遠くにいる、確かに何処か俯瞰している文章になっているかもです。 もう少し、この詩は書き直してみても良いかもと今は思っております。 的確な感想をありがとうございました。 (咲く)

2021-09-06

丁寧な感想をありがとうございます!心から感謝しております。 書いた詩の意図を話してしまうのは控えます。なるべく読み手に委ねたいと思っておりますので。 ただ、春夏秋冬とは違う季節、の部分は一番書きたかった箇所なので何か感じていただき嬉しいです。 ありがとうございました。 (咲く)

2021-09-01

とても詩的な感想をありがとうございました。 私は何もかも理解して居なのかもしれないし、不感症になってしまったのかもしれませんね。 パチンと弾けたのは何だろう。蕾はいつか大輪の花を咲かす事が出来るだろうか。ただ、美しく居たい。 ありがとうございました。 (咲く)

2021-09-01

春夏秋冬とは違う季節、意味が伝わりませんか。 これは感じ取っていただくしか無いかもです。 ありがとうございました。 (咲く)

2021-09-01

言葉を持て余している。沈黙が最も雄弁である。詩は愛する者たちの沈黙に対する無力なパロディに過ぎない。沈黙が最も雄弁である。しかし、溢れてくるこれはなんだこれは! 沈黙していられたら、それは確かに言うべき事が無いか、言う必要を感じていないか、など、色々と考えさせられました。本当に話す事などあるのかと聞かれたら少し考えてしまう自分もおります。 (無音の叫ぶ詩の)

2021-09-01

まず、タイトルが良いですね! ゆっくりと目を閉じて流れていくのは後悔。手を取り合って前を見ていたはずが裏切り、握りしめていた掌には刃物が隠されていた。残るのはただひたすら、後悔。 この部分が心に刺さりました。誰もが余裕が無い今という時代のせいなのでしょうか。 なんだか、胸が痛くなります。 なんとか生きていきたいですね。 (さよなら・桜)

2021-09-01

とても詩的なコメントをいただき感謝です! きょこちという存在は、空想的なのですね。私はたしかに存在しているのですが、沙一さんから見るとそんな風に見えているのですね。 私は、綿飴みたいと言われたりするけど、割り箸部分は強いと言われました。 自己紹介になってたらいいなあ笑 沙一さん、コメントありがとう! 感謝です!! (はじめまして)

2021-08-19

心に染み入る、とっても嬉しいコメントありがとうございます! 好きですと言われるの素直に嬉しいです。 (はじめまして)

2021-08-18

そうなのですね。 それは残念です。もっと勉強します。 ありがとうございます。 (はじめまして)

2021-08-18

こんなコメントいただけるなんて本当に嬉しいです! 撮りたての写真のようですか! 何が写り込んでるんだろう。 気になります笑 はぁ、すごい嬉しい。。。 ありがとうございます! (はじめまして)

2021-08-17

褒めていただいて、素直に嬉しいです!! 空とも言えるし、海とも言える。そう想像するとなんだか自由になれる気がします。 ありがとうございました。 (はじめまして)

2021-08-17

大槻ケンヂの、猿の左手、象牙の塔という詞を思い出しました。 ありがとうございました。 (モータルゴッドは三度重ねる)

2021-08-16

爽やかは、秋の季語なのですね。 存じ上げませんでした! 勉強になりました。 ありがとうございました! (夏休み)

2021-08-14

そうかもしれないですね! 三点リーダー、無くても良かったかもですね。 丁寧なコメントありがとうございました。 (夏休み)

2021-08-12

毎日を丁寧に、ひとつひとつのルーティン、家事など、丁寧にやっていきたいなと思って書きました。 そうする事で、世界を豊かだと感じれるのではと。 思いたいから……、は希望です。本当にそうなるかは分からないけど、そうなれるかもしれないという。 ありがとうございました。 (夏休み)

2021-08-11

トラ丸さん、 わあ!!作品の感想ありがとうございます。 とても嬉しいです。 夏休みは長いようですぐ終わってしまって、ギリギリで宿題していました。蝉の声、精一杯生きる蝉の姿には心が揺らぎます。 (夏休み)

2021-08-09

コメントありがとうございました。 真摯に受け止めていきます。 ありがとうございました。 (夜光虫)

2021-07-10

とてもかっこいいとのコメント嬉しいです!! 歌うように生きれたらと思っております。 ありがとうございました。 (夜光虫)

2021-07-09

丁寧なコメントありがとうございます。 そうですね。色々な方からアドバイスをいただきました。 それを中途半端な形で、投稿してしまったかもしれません。反省してます。 私はこの詩が良いのか悪いのか、正直分かっていないのです。今のところ。 次はもう少し時間をかけていきます。それは、とても自分の中で苦しいのですが、苦しんで生まれた何かを待ちたいです。 帆場さんには感謝しております。 私はいつも泣いているのです。まだ何も分かっていない。なのに、コメントを下さり、ありがとうございました。 (夜光虫)

2021-07-09

neue Ära recordsさん 喧嘩というより、議論というべきだったのでしょうね。 私は議論を喧嘩ととらえてしまうところがあるので、そこは直していきます。 まだ慣れないので、心臓がバクバクします。耐えれるようになったら、その際はよろしくお願い致します。 (生きたいね)

2021-07-09

neue Ära recordsさん なぜ、そこまで言われなければいけないのか、分かりませんが、そういう事でしたら、言わせていただきます。 まず、べし、という言葉、要らないと思いました。詩の雰囲気をぶち壊している。 あとは、この詩、全体の雰囲気は良いと思いますが、文章がバラバラなような気がします。うまく噛み合っていないような。雰囲気だけ漂わせているだけ。 私は喧嘩は嫌いです。でも、あなたは私に突っかかってくる。 何故なのか、私には分かりませんがその答えとして、コメントさせていただきました。 (生きたいね)

2021-07-09

作品を拝見させていただきました。 「こんなイエローはじめて」と泣いたあの日の空は、 わたしがほしいものになんだかよく似ていました。 この部分が特に好きです。空はイエローなのは、夕陽なのかな、比喩なのかな、など色々考えざれられ、語り手がほしいもの、とは何なのだろうかと興味を持ちました。それは、暖かくて優しいのでしょうね。 良い作品をありがとうございました。 (うまく言えないけれどわたし、あなたとはなしがしたかった)

2021-07-09

作品を拝見させていただきました。 今日もセックスしなくちゃ色事に手を出さなくちゃ。あるのはやけに強迫観念めいた性への渇望。X=0の指数関数の場所で僕はまたトチ狂ってヤク中の映画が最高だなんて言っちゃうんだろう。 この部分が特に印象的でした。セックス、ヤク中などインパクトのある言葉とX=0の指数関数という数学の方程式?の文が頭を直撃しました。 現状維持なんて望んでいないのにそこに咲くのはスノードロップの花。喉に注ぎこむのはプロテインの入った飲料水でも、君に届くのは「あなたの死を望みます」って花言葉。 あなたの死を望みます、というスノードロップの花言葉、ダークな感じが盛り上がりますね。 いつもながら、流石でございます。 良い作品をありがとうございました。 (┣AOXO┳エーオーエックスオー┫)

2021-07-09

詩を拝見させて頂きました。 それでも、数頁の恋愛を失くして夜に海にひとり出かけるオンナは他にもいるのかもしれない。 この部分、私も夜に海にひとり出かける女かもしれないと思いました。 自分自身を考える為に。 良い作品をありがとうございました。 (夜光虫)

2021-07-09

作品を読んで下さりありがとうございます。 あなたたちはさながら、詩の魔力という名の誘蛾灯にむらがった夜光虫です。 奇しくもこの詩のタイトルと同じ…。 とても嬉しいコメントありがとうございます。不変さんもみうらさんも真剣に私と接して下さいます。とても光栄に思っております。 そういう意味でわたしはこの詩もお三方の詩に対する姿勢全てを支持します。 森石さん、誠実なコメント、心から感謝しております。 心から感謝申し上げます。 ありがとうございました。 (夜光虫)

2021-07-09

neue Ära recordsさん、こんばんは! お優しいお言葉をありがとうございます。それだけ、真剣に詩を読んで下さっていただき心から感謝しております。 不変さんやneue Ära recordsさんの言葉など、取り入れて私なりに消化出来たらと思っております。 私の栄養になって下さい。 私は人と接するのが本当は苦手です。怖いのです。でも、人間にとても興味があるのです。説明は難しいのですが。 どうか私を見守っていて下さい。 こちらこそ、よろしくお願い致します。ありがとうございました。 (夜光虫)

2021-07-08

作品を読んで下さりありがとうございました。 ネット検索で調べて知ったような言葉を並べた、現代詩っちっくな作文など、最悪だと思います。社交性に長け、誰も傷つけず、自分も傷つかない、そのような人間が すみません、言葉が過ぎ、人格攻撃な内容を書いてしまいたした。ごめんなさい。 上記の文章拝見致しました。 私は社交性なんてありません。誰も傷付けないなんてあり得ません。自分が傷付かないなんてあり得ません。 本当の私を見て欲しいと思います。 そして、私を見守っていていただきたいと思っております。これは願いです。 読んで下さりありがとうございました。 (夜光虫)

2021-07-08

作品を読んで下さり、ありがとうございました。 芸術家の要素、すなわち詩的態度ー己の心で決めること 人としての柔軟性、芸術としての頑固さ。僕は往々にして思うのですが、こういう矛盾を孕んでいるが故に、詩人は、あの歴史的神的存在であるイエス・キリストのように、詩・人と表記されないといけないはずと信じています(他の意味でも)。 上記の文章も分かります。 私は今比喩的な言い方を勉強中です。でも、それが一概に良いかというとそうではないのかもしれません。ただ、私は私の詩が変化していく事が必要かなと思っているのです。 他人のアドバイスには嘘はなくても、薄いです。薄っぺらなものだけしか渡しません。 ここも分かっております。 私は一度自分の詩をぐちゃぐちゃにしたかったのです。変化していく為に。それで、色々な方のアドバイスを聞いたり、詩集を読んだりしているところです。その過程で、詩がおかしくなっているのかもしれないと思いますが、色んな具材を入れて料理が出来て、繰り返し作っていく事で上手になるように、詩も鍛錬されていったらと思っているのです。 私は、不変さんに一緒に詩のアドバイスをしていただいてとても幸せでした。私はまだ途中なのだという事を私自身で分かっております。なので、色々な方のアドバイスを受けておりました。これは、途中経過地点と思っております。 一人の詩人として僕は言わなければならないし、言って傷つかれて、連絡を取られなくなるのならば、それはそれで良いと思います。 上記の言葉を受けてですが、私は不変さんとは離れたくありません。不変さんは真剣に私と対話して下さいました。だから、私は離れたくないのです。泣いています。 どうか、この気持ちが届きますように。 上手く文章が書けているか分かりません。気持ちが届いてくれたらと願うばかりです。 詩を読んで下さり、ありがとうございました。 (夜光虫)

2021-07-08

作品を拝見させて頂きました。 お見舞いの言葉を紙に書いて 燃してしまった ……もう一度無害な唇の下に 舌をならべてごらんよ、 この部分なんだか好きです。瀕死をおって、入院して、お見舞いの言葉を燃やしてしまったが、もう一度話したいというような意味なのかなと思ったりしました。 後半は小説のような展開でしたね。 良い作品をありがとうございました。 (皆殺しの比喩)

2021-07-08

作品を拝見させて頂きました。 学校を休みにしてください 嫌いな人をハムスターにしてください ネットの悪口を消してください どうすれば大天使さまになれますか この部分、嫌いな人をハムスターにしちゃえとか、とても好きです。ニヤリとしながら読んでおりました。 魔法が使えたなら私もそうしたいです。 良い作品をありがとうございました。 (大天使さま)

2021-07-08

作品を拝見させて頂きました。 病棟の窓から手を離したら、また病室で語り手は人形のように動けない存在になってしまうのかなと思いました。 弱さ、強さってなんだろうと考えたりもしました。 良い作品をありがとうございました。 (病棟)

2021-07-08

作品を拝見させて頂きました。 しかし どっちのしなんだろね いいしだといいね 死と詩と、した書いた時にはどちらにも受け取れますね。或いは融合してしまっているかもとも思いました。 良い作品をありがとうございました。 (しかし)

2021-07-08

作品を拝見させて頂きました。 みっつのぼくは へりぽくたーにのって みなみのしまにいったよ 可愛い!の一言!! ヘリコプターをへりぽくたーって言うところとか。 大人になっても、良い大人になってくれる、そう思いました。 良い作品をありがとうございました。 (子ども王と影)

2021-07-08

作品を拝見させて頂きました。 ああ、この詩はいいなぁと純粋に思いました。語り手に邪気が無い、純粋なところが素敵です。 良い作品をありがとうございました。 (王国)

2021-07-08

作品を拝見させて頂きました。 空虚。空虚。 僕の中には何も無いけど この部分、自分の中に何もないのではと思う感情分かります。 恋の詩ですが、私はこの部分がなんだか好きです。 良い作品をありがとうございました。 (再会)

2021-07-08

作品を拝見させて頂きました。 孤独よ光よ風よ友よ!  みんなみんな消えちまった  おれを差し置いて  真面目に生きようとしてやがる  おれはお前らが大好きだ! この部分、 死ね、ニュートン、という題名ですが、温かい何かを感じました。 そして、勢いのある詩だなと! 好きだな好きだなと思いました。 良い作品をありがとうございました。 (死ね、ニュートン)

2021-07-08

作品を拝見させて頂きました。 いつも、ごめんねってゆうとれんちゃん、そんなことないよてゆうけど わたし、が前ゆった時も、かーフェーに、きてて、 ありがとうzて、わたしl時間かかったけど、 怒ってない ょ全然 だから 可愛い堕天使の女の子ですね。とても好きです。話し言葉も天使という感じで良いですね。 最後の、ブロック中、のところでニヤリとしておりました。 良い作品をありがとうございました。 (★堕天使★あゅ)

2021-07-08

作品を拝見させて頂きました。 私は18歳の男の子ではない もう、この一言で全てを語っていると思いました。 多感であり、これからである者と、自分との差異。 良く分かります心から。 良い作品をありがとうございました。 (47歳女性)

2021-07-08

作品を拝見させて頂きました。 朝が来る鉄道路線よ、そろそろ別れのあいさつをしようか 町を囲む白壁を跨いで夜をさすらう巨人たちは去っていった やがて町は空梅雨の笑い声に呑まれて砂漠と化して誰もが 心地よくねむるなかで 温かな砂の重みに  嘔吐した 最初の連から、もう引き込まれる詩で、とても素敵だなと思いました。 特に、そろそろ別れのあいさつをしやうか、と、嘔吐した、の辺りがなんだか好みです。 ああ、流石だなと思いました。 良い作品をありがとうございました。 (白けたものたちのあはいでお前はまだ歩くのか)

2021-07-08

作品を拝見させて頂きました。 私たちがみたり きいたり 感じたりしているのは 雨の 動画 音声ファイル そしてテキストデータだ この部分、雨が機械のような視点で描かれていて面白いと思いました。 最後の連のところは綺麗な情景で素敵ですね。 良い作品をありがとうございました。 (雨)

2021-07-08

作品を拝見させて頂きました。 あなたはまだ 置いてけぼりにはされていない この一文好きです。温かい眼差しを感じます。 べし というところどころ、入る言葉もインパクトがあり、秀逸な作品だと思いました。 良い作品をありがとうございました。 (生きたいね)

2021-07-08

作品を読んで下さりありがとうございました。 〈さっきの鳥はいつの間にか群になって綺麗な形で旋回をしている〉 こういう場面展開は好きです。 そう言っていただけると励みになります。 そうですね。もう少し、言葉を縮めても良さそうな感じもします! ありがとうございました。 (飛べない)

2021-07-08

作品を拝見させて頂きました。 はじめて伸ばした伸長は 次の瞬間を求めただけの それだけの腕でした 腕を伸ばすという行為を詳細に描写されていて、とても素敵だなと思いました。 最終行の、はじける、という部分も好きです。 良い作品をありがとうございました。 (いななき生きるを置き去りにして)

2021-07-03

作品を読んで下さりありがとうございました。 後半からのSFのくだり!読者をいい意味で裏切ってますね笑 詩の人物は【ツバメ】を理解しているので、 地球とまるで同じ環境をもった異星人なのか、 あるいは遥かな昔、 地球から飛び立った高次元の文明を持った生命体なのか(シュメール人みたいな 想像を掻き立てられますね。 現実世界から、急にSFの世界になってしまい、ちょっと不思議ですよね! 鳥さんが旋回しているのをボーッと見ていたら、なんだか私も飛びたくなって、もし異星人だったら、宇宙船に乗れたりするのかなと思いました。でも、私はやっぱり飛べないので、異星人では無いのかもと思って、きっと宇宙船は壊れたんだなという話になりました。 お優しいコメント心から感謝申し上げます。ありがとうございました。 (飛べない)

2021-07-02

作品を読んで下さりありがとうございました。 地球に馴染むの、難しいですよね。分かります。 どうしたらいいのかまだ五里霧中ですが、頑張って生きたいです! 共感して頂き感謝申し上げます。ありがとうございました。 (飛べない)

2021-07-02

作品を読んで下さりありがとうございました。 より深く何故、美しいのか、綺麗なのか、本当にそうなのかを深く掘り下げるべきだと思う。 貴重なコメントありがとうございます。なぜ美しいのか、綺麗なのか、良く考えてみます。 彼或いは彼女がどうやって生活しているのか。また宇宙船はどんな形だったろう、など描かれない細部を創造してみれば遥かに奥行きは生まれるのではないでしょうか。 こちらも、なるほどと思いました。具体的にどんな風に暮らしているか、宇宙船はどんな形なのか、なども書いていくと良いのですね! 確かに具体的な記述が無いかもしれません。 少し、考えてみます! 丁寧なコメント感謝申し上げます。ありがとうございました。 (飛べない)

2021-07-02

作品を読んで下さりありがとうございました。 空想が入るにしても、できるだけ現実ベースから離れない方が、 よりきょこちさんの魅力が出るんじゃないかな、と思いました。 なるほどですね。たしかに空想の方に重きを置き過ぎたのかもしれません。 もう少し、私自身の事を詩に書いていった方が良いのかもですね! 感謝申し上げます。ありがとうございました。 (飛べない)

2021-07-02

作品を読んで下さりありがとうございました。 あなたしか書けないオリジナルなもの、あなただけしか味わっていない新しい朝をです。おそらくそれは、難しいことのようで、案外簡単なことなのかもしれません。 さすがのコメントに感服しております。そうですね。肝心の部分を私は書いていないのかもしれません。隠している?のでしょうか。 偉そうなコメント、という部分で吹き出してしまいましたが笑。 感謝申し上げます。ありがとうございました。 (飛べない)

2021-07-02

作品を読んで下さりありがとうございます。 すべての詩人の願いでもあるでしょう。 そう言って頂けるなんて、とても光栄です。私が私自身に戻れたら、いつもそう思っております。 お優しいお言葉に心から感謝申し上げます。ありがとうございました。 (沈黙の余韻)

2021-07-02

作品を拝見させて頂きました。 一声上げて一匹死ぬ あ、あ、あ、あ、あ、あ、あ、あ、 赤蛙が死んでしまうところ、悲しいですが、精一杯生きたのでしょう、命を全うして。 私もそんな風に精一杯生きたいと、思いました。 良い作品をありがとうございました。 (もけ)

2021-07-01

作品を読んで下さりありがとうございます。 信仰は持っていないのですが、神聖なものへの尊敬の念はあります。 とてもお優しいコメントを頂き、心から感謝申し上げます。優しさに泣いております。 ありがとうございました。 (沈黙の余韻)

2021-07-01

作品を拝見させて頂きました。 ワタシハネ ワタシハネ 幸せになってほしいの 涎を垂らしたまま 甘い匂いに包まれて 幸せになってほしいの なんだか、色っぽい感じの印象を受けるフレーズ。艶かしいです。 銀座の屑籠に捨てられた野菜サンドはやけに無残で惨めで 酷な現実というものを教えてくれるけれど あなたはあなたでいいのです この部分も印象的でした。銀座というハイカラなイメージのする場所でありながら、汚れたところもあるのだという感じが好きです。 良い作品をありがとうございました。 (耳元へ挿れ込むのは火照った舌の先)

2021-07-01

作品を読んで下さりありがとうございます。 どうするんだろうこの話者。これからももぞもぞもじもじとしているつもりなのでしょうか。 そこなんです。本当にもぞもぞもじもじしっぱなしで、困りものなんです。今の気持ちを詩にする事しか私には出来ませんが、突き抜けたら次にもっといい作品が書けるようになるのかなとも思います。色々悩み中でございます。 コメントありがとうございました。とても嬉しいです! (飛べない)

2021-07-01

作品を読んで下さり、感謝しております。 「共感」の一言に尽きます。本当に、どうしたらいいんでしょうね。 そうなんですよね。この感覚を分かって頂けて嬉しいです。何処に向かって行ったら解決するのか、私にも分かりませんが後ろを向きつつ前向きに進んでいけたらと思っております。 最後の3行は確かに無くても意味は通じますね。あった方が良いと言う方もいれば無くても良いと言う方もいらっしゃいます。悩みますが考えたいと思います。 コメントをありがとうございました。 (飛べない)

2021-07-01

作品を拝見させて頂きました。 輪郭が剥がれてゆく 離れてゆく ほどけてゆく ぱつん、と切られた爪は もう私ではない この部分が印象的でした。 切られた爪は、私から離れてただの無機物となる。私もたまに爪を切っている時に不思議な感覚を覚えます。 良い作品をありがとうございました。 (分離)

2021-07-01

作品を拝見させて頂きました。 日は暮れて 叫ぶ恋人の名 割ける心は我が胸の中 避けられぬ低気圧の影響 この部分が切なくて好きです。 私もよく低気圧の影響で、畜生畜生と、頭痛くなったり落ち込んだりします。 良い作品をありがとうございます。 (低気圧の影響)

2021-07-01

作品を拝見させて頂きました。 そもそも「僕」ではなく「おれ」だったのが 君の頷き一つで変更されてしまった夜半 数えきれない水族館が眠らない夜半 特にこの部分が心に響きました。 おれではなく、彼女によって、僕というようになる。 本当に恋をしている感じが伝わりました。 良い作品をありがとうございました。 (恋歌)

2021-06-24

作品を拝見させて頂きました。 パウル・クレーの『蛾の踊り』が見たい いや 喰いたい この絵を見た事が無かったので、調べてみました。沢山の青いブロックの背景に蛾の素描。 いや 喰いたい、の下りが生々しく印象的でした。 イエスキリストの言葉が引用されていて、なにが語り手が心に傷を持っているのかなとも思いました。 良い作品をありがとうございました。 (暗夜の列車三等車)

2021-06-24

作品を読んで下さってありがとうございます。 また、もう一つの作品にもコメントを頂き感謝しております。 はい、私は色々と昔の事などを思い出してしまうところがあるようです。ノスタルジーに浸ってしまうのですね、きっと。 それで、思い出して、良い事も悪い事もザーッと頭の中に溢れてパンパンになる時がありますが。 本当に読んで頂き、またコメントまでして頂けて嬉しいです。泣いております。 心から感謝申し上げます。ありがとうございました。 (石けりをしながら)

2021-06-24

作品を読んで下さってありがとうございました。 宇宙的銀河的な何か宏大な要素があまりなく、月に止まっているのは、何か惜しいような気がしました。それはあえてなのかもしれませんが。 なるほどですね。もう少し宇宙についての文章があっても良いかもですね。ただ、あまり長くなるのも説明っぽい感じになってしまうかなと思い短くしております。 ノスタルジー、感じて頂けて嬉しいです! 作品を読んで下さって感謝しております。本当にありがとうございました。 (月を見て宇宙を感じる)

2021-06-24

作品を拝見させて頂きました。 空想がある机、の下りが思春期の主人公が良い事も悪い事も迷ったり、考えたりしているような感じがして印象的でした。 スケッチブック、という言葉に絵も描く私はなんだか嬉しくなりました。 良い作品をありがとうございました。 (十五歳)

2021-06-23

作品を拝見させて頂きました。 とても、可愛らしくて、 そっと教えて、という下りが控えめな感じで素敵だなと思いました。 良い作品をありがとうございました。 (あめ)

2021-06-23

作品を読んで下さり、本当に感謝申し上げます。感想まで頂けて光栄です。 まだまだ荒削りな文章だとは思いますが、私なりに一生懸命書きました。 怖かったけどなんだか為になる事を言う老人だった この部分ですが、小学生くらいの頃、児童館で実際に読んだ児童SF小説で子供心にとても怖かった記憶があります。 未来、宇宙、地球の上に立っている自分、全てが恐ろしく死ぬ事がとても怖かったのです。 取り留めのない返信ですみません。 ともかく怖かったのです、とても、とても。 丁寧な感想をありがとうございました。心から、心から感謝申し上げます。 (月を見て宇宙を感じる)

2021-06-19

詩を拝見させて頂きました。 何処か遠くへ主人公は歩いていくのですね。 歩いた先には何が見えるのか、など考えさせられました。 『青が琥珀にとけて 夜がおちてくるほうへ』という下り、絵を描いているので、青から琥珀色へと変わっていき夜になっていく色彩の美しさを味わい深く想いました。 良い詩をありがとうございました。 感謝です。 (旅)

2021-06-19

作品を拝見させて頂きました。 『草を踏む足元 つぶれたいのちの むせかえるように満ちる 何事もなかったから』の部分、草を踏む時の小さな虫や草花を踏み潰している感じ、分かります。なんか少しの罪悪感みたいなものを感じますよね。でも、あまり考えても仕方ないと歩く様子が的確に表現されているなと思いました。 『誰でもいい訳じゃないのに たったひとりで立っていられるから たったふたりに耐えられない』の下り、たったふたりという言葉の使い方も流石だなと思いました。 色々な想像を掻き立てる良い詩をありがとうございました。 (嵌め込む)

2021-06-17

詩を読んで、泣きました。 主人公の女性の気持ちが自分と、重なっていくのを感じました。 『私は拒食で不感症 孤独なSNSの落とし子 宙ぶらりんになって 決して子供を作らない根無し草 私は世の中と折り合いがつかない 世間と上手くいかない』の下り、女性の気持ちが具体的に書かれていて胸が熱くなり、鳥肌が立ちました。 今も泣いています。 良い詩をありがとうございました。 (マスクの奥には野花)

2021-06-17

作品を読んで下さり、また、詳細な感想、アドバイスをありがとうございます。とても感謝しております。 自分で書いているのを客観的に見るのがなかなか難しいので、こうしたらもっと良くなるというお言葉を頂けるのはとても嬉しいです。 『例えば為になることを言う老人が少女時代の話者にどんな心証を与えたのか深く書き込んで、その上で少女のイメージそのものが宇宙であったと書き連ねるような工夫。』という部分が言われてみれば確かにと思いました。 もう少し推敲してみたいと思います。本当に良いコメントを頂き、心から感謝申し上げます。 ありがとうございました。 (月を見て宇宙を感じる)

2021-06-17

さびしいという気持ちは無くならないですよね。なんでなのでしょう。 友のようなものではなく友になりたい、という下りに語り手のさびしい気持ち、本当の友を求める気持ちが強く表現されているような気が致しました。 良い詩をありがとうございました。 (さびしい)

2021-06-15

しっかりされているお父さまなのでしょうね。お母さまは、そういう方と縁があると良いと思われてるのですね。 雑草は踏まれても蹴られても負けない、そういうお父さま素敵ですね。 良い詩をありがとうございます。 (雑草)

2021-06-14

心と肉体、たしかに身体は老いていくのを止められず、心はそれに置いてきぼりを食らう感じが致します。 朽ちゆく肉体など手放して 心だけ在れば良いものを、の下りで心はせめて自由で居たいという語り手の心情が伝わってきて色々考えさせられました。 良い詩をありがとうございます。 (老化)

2021-06-14

懐かしさ伝わっていたら嬉しいです。多分私も同じくらいの年代かと思います。昭和の懐かしい思い出を詩にしてみました。頑張っていた時代でしたね。作品へのコメントありがとうございます。とても励みになります! (石けりをしながら)

2021-06-14

傘の中で飼育する、というタイトルからもう惹かれました。 雨が降っているのでしょうか。抽象画の様な美しい詩だと思いました。 (欲しい港は どこにあったのか)という下りが語り手が雨の中?をうろうろと何か考えながら歩いている様に感じ、私もまた色々な創造を膨らませました。 良い詩をありがとうございました。 (傘の中で飼育する)

2021-06-14

詩を読んで、ゾワゾワとしました。 今ここに己のいることを 自虐の証として 知る以外にはない、という部分が特に印象的でした。 語り手は自虐的な感情に揺り動かされている。そんな印象を持ちました。 良い詩をありがとうございました。 (点滴と涙と見まごうほどの常無常に落ちる虚空を)

2021-06-13

異国の酒場で、お酒では無くホットミルクを飲んでしまうほど、やさしいピアノの調べだったのかと思うと心がポカポカしてきました。良い詩をありがとうございます。 (3ユーロのコンサート)

2021-06-13

とても力強い詩に圧倒されながら拝見させて頂きました。 力強く捩じ伏せられる様な感じを受けて、私もこんな詩が書けたらなと思ったりしております。良い詩をありがとうございました。 (死ね、ニュートン)

2021-06-13

橋は色々な事を考え、思っているのだと、感慨深く拝見させて頂きました。 最後の、背中に感じ続けた、の下りで橋は重さを全て受け止めているのだと思うと、鳥肌が立ちました。良い詩をありがとうございます。 (橋人の唄)

2021-06-13

カビがある建物と業者とのやりとりを淡々と書かれていますが、その中に自分はカビには負けないぞという静かな感情もあるのかなと思いました。 小説を読んでいる感じで読みやすかったです。 (カビサビ)

2021-06-13

悟りを開いて転生したいと思ってらっしゃる様子がコミカル?に書かれていて面白いです。 猫ちゃんを飼うのは可愛いので個人的には、早く猫を飼いたい、の言葉に反応! 牛乳をこぼした下り、先生の逆鱗のところも悲しさが良く伝わり良い詩でした。 (出世したい来世)

2021-06-13

優しい感情は読んでいる人をほっこりさせると思います。だから、優しい詩を作りました。 可愛らしいとの感想嬉しいです。ありがとうございます! (石けりをしながら)

2021-06-13

バスを待っている時間の長さに語り手は、イライラしてヘロヘロになっていく様子が良く伝わってきます。 バスタブのなかでほんとに完全に死んでいるんだ、の言葉に絶望感が溢れています。 (もうバスが来るころだろう)

2021-06-13

歳を重ねていくショーガールの苦しみがとても良く表現されていると思いました。メイクや口紅でさえ隠せない程。 でも、内面は強い気持ちを持ってショーの幕が上がるラストの部分が素敵です。 (ショーより素敵な商売はある)

2021-06-13

自分の中にナイフを持った少年みたいな全てが敵だと思う感情があるの分かります。 大人になるとまあるくなると言いますが、私の中にはまだ少しそんな気持ちが残っている様な気が致しました。 (アニムス)

2021-06-13