モータルゴッドは三度重ねる - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

よしっ

るるる

走るるる!

きょこち(╹◡╹)久遠恭子

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち(╹◡╹)久遠恭子

藤の花

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち(╹◡╹)久遠恭子

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち(╹◡╹)久遠恭子

犬のしっぽ

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち(╹◡╹)久遠恭子

あなたのために

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

真清水るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

ほば

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

三浦果実

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

三浦果実

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

三浦果実

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

三浦果実

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

モータルゴッドは三度重ねる    

モータル モータル イモータル 三度唱えて神の国 言葉を三度繰り返す ひいふと、みいの、魔法にかかって 聖別されたる言葉の命 行為としての快楽 行為としての快楽 行為としての快楽 観察なき詩は虚ろの城か? 人の心は分光器 景色の分光で心を見つけ 心を分光すれば脳波となった 景色のすべては電気になりゆく 本質など、あるべきようなど、何一つ だから言葉で讃えよう 虚ろの神社に神を宿らせ 月よ月よとあかあかと 三度唱えて神の国 あかあかあかや あかあかや


作成日時 2021-08-04
コメント日時 2021-08-18

モータルゴッドは三度重ねる ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 20
P V 数 : 1468.5
お気に入り数: 2
投票数   : 1
ポイント数 : 0
#現代詩
項目全期間(2022/01/17現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:1468.5
2022/01/17 04時25分00秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

モータルゴッドは三度重ねる コメントセクション

コメント数(20)
15歳
15歳
作品へ
(2021-08-04)

タン、タン、タン、タン、の4テンポで進んできた詩が「行為としての快楽」で快楽なのにテンポが合わなくて不快な感じになってる。だから、そこで気持ち悪い感じを受けました。それがきっと作者の意図を示すものなのかな?それか、4テンポのまま読むとタン、タン、タン、ウンになるから主題の3にそこだけ合うようになってるってことかもしれない。ごめんなさい、リズムに惹かれて読んでたら、よく分からなくなっちゃいました。でも気持ち良く読める詩だな、と思いました。自由詩だとしても詩に何らかのリズムは必要だなと改めて学びました。

0
ryinx
作品へ
(2021-08-05)

とても僕の拙い理解力では言い表せないかもしれません。 冒頭の俳句のような響きからさまざまな宗教的要素が 光のスペクトルと表現したら良いのでしょうか、虹のように溶け合い。 素粒子のような小さな世界から 宇宙大のスケールと表現すればよいのでしょうか。 すべてが含み込まれているような 意味の世界から意味のない世界が同じであるような 様々な要素が折り込まれ、すべてが含まれ。 けれどもやっぱり、すべてがあり、すべてが分散し、 収斂されていくような、涙のように溶け合うような 確かにあるのに、それでいて無いような。 子供の頃よりさらに小さな頃のような 木々や森や動植物のように、自然のままであるるような そういったイメージが浮かびました。

0
キチガイの私
キチガイの私
作品へ
(2021-08-06)

初めてまして。言葉を失いました。 読ませていただき、ありがとうございます。

0
丸い箱
15歳さんへ
(2021-08-14)

コメントありがとうございます。 4テンポ、というのが自分にはちょっとわからなかったのですが、「行為としての快楽」でテンポが崩れているのは確かにわかりました。 リズムのいい文にすると自然と5・7・5に近い形になるため、それは詩より短歌や俳句の仕事なのではと思い、あえてリズムを途中から崩すよう心がけたのもあります。 「行為としての快楽」が自分にとって大事なキーワードだったので、無理をして入れた、というのも実はあるのですが。 詩のリズムというのも意識してみようと思います。 ありがとうございます!

1
丸い箱
ryinxさんへ
(2021-08-14)

コメントありがとうございます。 コメントまで詩的な文章で、漠然と美しいと感じました。感受性の強い方に読んでいただくのは興味深いことですね。 この詩は自分の作品の癖である「同じ言葉を三度繰り返す」ことの、自分から見た意味について書いたものです。 また、具体的な「モノ」について書くのではなく、抽象画のように概念的なものを詩で表現すること、詩を書くことそのものについての詩でもあります。 そんな概念の詩ですので、「意味の世界から意味のない世界が同じである」というコメントは、確かにそのとおりなのかもしれません。

0
丸い箱
キチガイの私さんへ
(2021-08-14)

コメントありがとうございます。 言葉を綴っている方に言葉を失っていただけるのは、ポジティブなことと受け取りました。 ありがたいです。

0
cold fish
cold fish
作品へ
(2021-08-15)

よくない。 はっきりいってやりたいことと技量とセンスが釣り合ってない。 身の丈に合った作品を書いたほうが良い。

0
丸い箱
cold fishさんへ
(2021-08-16)

>十分な理由を明示しない酷評/罵倒を禁ずる。(ビーレビガイドラインより) ということで、作者の「身の丈」がどういうもので、どういったことを書いた方がいいと思うのか、どういうところが良くないのか、もう少し理屈で説明してください。 でないと、何の中身もないコメントです。 何かを悪いと断ずるなら、そこはラクしちゃ駄目ですよ。

2
まさ
まさ
作品へ
(2021-08-16)

人の心は分光器からのくだりが面白かったです。 私たちは感動により脳に生じた電気信号を 脳波として数値やグラフで出力することができないので、 文章や絵画、造形にパフォーマンスなど さまざまな出力形式での変換を試みてきたのかもしれません。 そしてそれを芸術や表現と呼んでいるのかもしれない、と思いました。

0
cold fish
cold fish
丸い箱さんへ
(2021-08-16)

んー。じゃ、とりあえず有名な詩人の詩集たくさん読んで。これでいい? 何かを悪いと断ずる以前に、何が良いかすらわからない人に、何かを語るのは無理だと思ってるよ。 だって、あまりにも違いすぎるとたくさんの言葉を費やさないといけないけどそれをしたくなる、またはするほどの価値を貴方にも貴方の作品にも見出せないんだよね。ごめんね。 (自分である程度、知ろうともしないで、評価される場に作品を出してくる人なんて初めからたかが知れてるって思ってるよ。今の時代簡単に世紀クラスの天才の作品が読めるのにね。それすらできない人に、何かを語るだけの価値ってあるんだろうか。そういうわけで、単純に、評価以前のレベルだと思うよ、って話。まぁ小学生が書きそうな雑文だよね、くらいかな。)

0
cold fish
cold fish
丸い箱さんへ
(2021-08-16)

気が変わった。 自分が伝えたいことや、自分が面白い、と思ったことなんて大抵、面白くない、と思ったほうが良いよ。この世界には、とんでもない天才がいて、そういう人達の作品が簡単に読める現代では、実のところ、良い作品や、面白い作品、なんて限りなく少ない。貴方の作品もまさにそう。文体もなく、レトリックも語彙も発想も幼稚だと思う。本質がどうとか、脳波、観察なき詩、とかダサすぎて痛いよ。それ以前に、まともな描写、レトリックを書く事から始めたほうがいい。これ2chにはったら、100パーセント中二病扱いだよ。自分が書いているものをある程度、客観的の読むことができないと、詩はただただ痛いだけだからね。つーか、わかんない?俺の作品と貴方の作品の圧倒的なセンスの違い。それだけで、理由にならないかな? 魔法としての、 人、を、 分光器に、宿らせ、 そして、 三度の、 分光から、 聖別されていく、 景色の、 波となった、 言葉、 心は、 なりゆく、 人の、 虚ろな、 観察、 三度、繰り返す、 電気、すべては、 元ネタが致命的過ぎてここまでが限界かな。

0
丸い箱
cold fishさんへ
(2021-08-16)

コメントありがとうございます。 価値がないと言いながら最初にコメントをつけ、「有名な詩人の作品を読んで」という上から目線かつ説明を避ける言葉で逃げて相手より優位に立とうとしている印象は受け、結局のところ「こういう詩を好きではない」という感想なのだろうなと解釈しましたが、最初よりはきちんと言葉で話していただき、やや安心しました。 勝手に添削修正するところも、そもそも作品への理解やリスペクトがない、批評ですらない上から目線の指導であると思います。(コメントする方がされる方より偉いわけではありませんので、他ではやめた方がいいですよ) 自分はあなたの投稿詩には何らかの光るセンスは感じたものの、冗長で途中で読むのを諦めてしまいました。 「文章の吃音」というような読点の多さは個性で、読点の先に何か見えないものがあることを思わせる余韻があります。題材にも「現代らしい詩をやろう」というどこか切実な思いを感じました。ただ、読みやすさを犠牲にしてまで読点を多くしたり、非常に長くしたりする詩は、奇を衒っているだけでそれこそ実は中身のない詩とも感じられます。(別の方へのコメントや批評文を読ませていただき、「日常的で身近なテーマでありつつ、平易な詩より見た目としての奇をてらったもの」がお好きなのではないかと推測しました。ただこれは「見た目が奇抜なだけのものは詩ではない」という意見ではなく、自分は好きではない、ということです) 自分のこの詩が気軽に投稿したものであっても、仰るような「圧倒的なセンスの違い」は感じませんでした。 そもそも、一つの価値観だけで「良い悪い」を判断できないからこそ、あなたも自分も職業詩人ではなく、詩は文学の中では大衆受けしない方なのではないでしょうか? それを気軽に「センスがない」だけで終わらせるところに批評としてのセンスのなさを感じてしまうのですが。 これ以上は単にレスバになりそうなので、返信はこれで終わらせていただきます。 さようなら。

3
丸い箱
まささんへ
(2021-08-16)

コメントありがとうございます。 自分たちはネットで詩を公開しているので、「景色の全てが電気信号になっている」と言えなくもない気がしますね。 見たものを色々な方法で表現する人がいるのは面白いな、と思います。

1
きょこち(╹◡╹)久遠恭子
作品へ
(2021-08-16)

大槻ケンヂの、猿の左手、象牙の塔という詞を思い出しました。 ありがとうございました。

0
cold fish
cold fish
丸い箱さんへ
(2021-08-17)

ああ、やっぱり何も知らないんだね。 批評には、語源的に「批判」っていう意味があるんだよね。そもそも、批評は、外来語の翻訳だからね。逆に言えば、それすら知らない人が、都合よく「批評」っていう単語を使用しているんだよね。この時点で、お話にならないんだよね。また、前衛的な詩や、読み手の読解を拒否するような作風や構造の作品なんてのは、近代的な作品そのものでもあり、吃音、を「現代らしい」と読む時点で、すでに、貴方は何も知らないし、読んできていないんだよ。それこそ、吉増や吉岡実、にみられるような改行や読点の在り方すら知らないんだろう? なんで、いちいちこんなことを説明しないいけないの?または、これすら共有できていない相手に何かを語る価値なんてあるの?あまりにも違いすぎる相手に「批評」なんて恐らく成立しないんだよ。あと、何もわかってないけど、今の時代こそ詩は最も読まれ書かれてると思うよ。そもそも、古代だと、漢詩は特権階級の教養で、識字率低い民衆には読むことや書く事すらできなかった。それが今は、誰でもかけるし誰でも読める。未だかつてないほど詩は読まれているし書かれているよ。そもそも、詩が大衆受けしていた時代なんてのが幻想にすぎない。たしかに、18世紀までは、西洋では詩=文学ではあったね。でもこれは、韻文を前提とした詩だね。poemの語源がpoiesisであるように、文学=詩=創造することだけど、ここでいう創造に値するようなものを書ける人も限られているね。間違いなく貴方の作品ではないね。 小林秀雄などが行ったような初期ロマン派みたいな批評は、作品の良し悪しや、技巧的な指摘を超えて、作品の隠された意図を見出したし、それをさらに大きな文脈でとらえ直すようなもので、それは、対象となる作品を超えた批評それ自体がオリジナリティを持つものとしてあるわけで、誰もが簡単にできるものではないよ。むしろ、ほとんどの人はできない。なぜなら、センスと教養がないから。私は、批評なんてするつもりが初めからない。そして、このサイトで、「批評」と呼ばれるものが存在しているとすら思っていない。皆、感想や雑感は書いているね。私も同じだよ。ただ、わざわざ作品分析や、作品を読むための知識背景、構造分析を行いたいと思う作品なんて限りなくない。だって、天才の作品が簡単に読めて、天才の作品がネットに簡単にある時代に、投稿するってことは、そういう作品と見比べられるってことだからね。その時点で、センスがない、っていう一言も意味があると思うよ。 てっか、お前みたいなの単に頭悪いんだわ。うんざりするほど見てきてるし、このサイトの大半の人がそうだよね。自分が書いている詩、批評が、本来どういう意味で、どういうものであったかも知らずに、書いている。だってそれが分からないと、何がそもそも「詩」であるのか、なにか、または、批評であるのか、無いのか、って話だし、どいつもこいつも「自分がそう「感じ」たから」」を土台に話すよね。てめぇの才能ない視点やダサい感性なんて信じれるわけねぇよ、って話だよね。99%の人は才能がないし、センスがない、そのうえ、まともに文学も読んでない。そんな人たちに、何かを語る価値がある?俺はないと思うな。そういう人たちには、下手、センスがない、この一言で十分だよ思う。(だって、頭が良くて、センスやわかってる人はすでに、読んだり、読んできたり、知ろうとしたり、知ってるだろうからね。求めれば簡単に多くのものが少ないコストで手に入る現代で、それをしていない時点で、もうそいつの限界なんて見えてる。馬鹿にわざわざかける言葉なんて、情報量の多さで押しつぶして笑わせてくれるおもちゃ扱いするか、それとも簡単な一言ですますか、のどちらかしかない。だって、馬鹿以外の価値がないんだもん。作品もまともに書けない。反論もそれこそ前提となる認識や理解がない相手に何かを語るなんて馬鹿そのものだろう。まぁ、文学とかまともに読んできてないんだろう?別に構わないよ。でも、自分に書いてるものが幼稚なものだっていう自覚はもてよ。まぁないから投稿してるんだろうけど、貴方みたいな人には何を言っても無駄だろうけどね。)

1
cold fish
cold fish
作品へ
(2021-08-17)

やっぱり無駄だねぇ やめたわ 時間さく価値がないわな くだらない作品や作者は見ないことにしよっと、そしたらこのサイトは見る価値無くなっちまうな 書ける人なんつ片手で数える程度しかいないからなぁまぁいいや まぁ頑張ってね 俺は貴方の作品もう読むことは無いだろうけどね!

0
mmm
mmm
cold fishさんへ
(2021-08-18)

cold fishさん、いつもお世話になっております。運営のmmmです。 上記コメントですが、 >てっか、お前みたいなの単に頭悪いんだわ。 など、作者への敬意が感じられない、個人の攻撃のような表現が散見されます。 以前厳重注意とさせていただいているので、イエローカードを発行する予定です。 都合上、フォーラムでの発表は週末になりますが、上記、ご認識いただけますと幸いです。 とりいそぎ。 よろしくお願いいたします。

0
cold fish
cold fish
作品へ
(2021-08-18)

どうぞ!ぶっちゃけ、良い作品には敬意があるし、良い作品を書く作者には敬意はあるけど、それ以外には敬意はないんだよね。まともに応答できない相手にも勿論敬意はないし、間違いだらけの認識を平気で正しいという人間にも敬意はないね。これは、実生活でも同じでしょう。逆に言えば、このサイトが異常に、本来あるものを排除しているにすぎないんだよね。そういうのを当たり前だと思ってたり、それが正しいという人たちに敬意なんてあるわけないじゃん。お前らも実生活では、職場や町中、同僚や家族、親族、友人達の間で多くの人を軽蔑し、蔑み、影では小ばかに、笑いものにして生きてるんだろ?みたいなね。そういう人間俺は大好きなんだけど、皆は、自分自身をネットではまるで別の人格として切り離して認めたくないみたいだよね。そういう最高に好き!簡単に蔑んで軽蔑できるから! 最後に、運営の人には敬意はあるよ!

0
cold fish
cold fish
丸い箱さんへ
(2021-08-18)

あ、でも、丸い箱さん。ちょっとやりすぎたわごめんね! 貴方がもし、次作品を出したら、その時は、ちゃんとレスするよ。 詩は、とにかくたくさん書いてたくさん読まないと上達しない。 貴方の作品からは、まだ書きなれてない感じがとてもするね。 まだまだ、これからだと思うからたくさん書いてはたくさん読んでいくと良いと思うよ! それなのに、めちゃくちゃいっちゃってごめんね! 初心者っぽい貴方にこういう形でレスした俺が悪かったと思う。まじでごめんね! Twitterでメッセージ送っておくね!本当にごめんね!

0
AB
作品へ
(2021-08-18)

最後の三行、耳に残る感じでいい感じだな、と思います。とくに最終行はもうちょっとやりすぎるとくずれそうだけど、抒情がのっかっているように感じます。 それに対して出だしは、作者には思い入れがあるのでしょうけど、ちょっとつっかえるような感じがします。好みの話だと思いますが。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1