作品投稿掲示板 - B-REVIEW

キチガイの私


投稿作品数: 4
総コメント数: 23
今月は0作品にコメントを付与しました。
プロフィール
記録
プロフィール:
運営者様>アカウント凍結希望です

キチガイの私の記録 ON_B-REVIEW・・・・

活動的初コメント送信者

作品への初コメント数バッジ(くわしく)
獲得バッジ数

活動的レッサー(月毎)

月毎コメント数バッジ(くわしく)
獲得バッジ数
✖0 ✖1 ✖1

活動的B-Reviewer

総合コメント数バッジ(くわしく)
獲得バッジ数

活動的投稿者

投稿作品数バッジ(くわしく)
獲得バッジ数

コメントありがとうございます。 テクニックがないので、今は稚拙な表現しかできません。思いを汲み取ってくださり、感謝します。 (永遠のキチガイとしての私)

2021-08-07

コメントありがとうございます。 そうですね、葛藤かもしれません。 愛とか夢とかを他人に要求してくる人こそ、 あなたが思うそれらは幻想なんじゃないの?脆いものじゃないの?と思ってしまいますね。 (永遠のキチガイとしての私)

2021-08-07

こんばんは。 タイトルも内容もシンプルで、それが良いです。ちなみに私も大股になります。なぜだろう‥ (遊び心)

2021-08-07

こんばんは。タイトルの「本気の朝ごはん」からの、心の叫びが詰まった内容が、なんだかとてもアンバランスで、しかしとても魅力的ですね。 (本気の朝ごはん)

2021-08-07

初めてまして。言葉を失いました。 読ませていただき、ありがとうございます。 (モータルゴッドは三度重ねる)

2021-08-06

ぼくと僕が交互にやってきて興味深く読みました。最後は、ぼくと僕が一致してボクになって、ボクはボク自身も大好きになれたのかしらと思いました。 (ぼくと僕から君へ)

2021-08-06

こんばんは。 言葉の選び方1つ1つが丁寧で、私のような者は決して書けないです。良い作品をありがとうございました。 (無明)

2021-08-06

コメントありがとうございます。 ただただ勢いで書いた作品なので、少々恥ずかしいです。読んでいただき嬉しいです。 (永遠のキチガイとしての私)

2021-08-06

こんばんは。 素直な作品はいいな、と感じました。「みんながこれからいい人生を送れますように」の締めで、幸せになれました。 (キレイゴト)

2021-08-06

こんばんは。 作品全体から、人のあたたかみを感じました。タイトルの「離れながら近づいてみる」、素敵な表現ですね。 (離れながら近づいてみる)

2021-08-06

こんばんは。一生の孤独、一生の寂しさ、みたいものを感じ取りました。 (独り)

2021-08-06

こんばんは。 「書きましょう 書きましょう 生きている限り 書き続けるのです」の部分が印象的です。ふと作品に目がとまって、一気に読んでしまいました。 (ステップ踏みましょう)

2021-08-06

こんばんは。 コメントする事すら勇気が必要で、勇気を振り絞ってコメントします。 「スヌーピーの、犬小屋の上で迎える、 信仰、が、」を、愛おしく感じました。とにかく圧倒されて、これ以上何も言えません。 (戦後詩君、君と切腹するね、ポエムちゃんはメンヘラだ、現代詩君は童貞だった)

2021-08-06

こんばんは。 読んでいて、その場に居合わせたような感覚になる詩。こういう経験は初めてでした。ありがとうございます。 (覆水も お盆には かえりますか?)

2021-08-06

こんばんは。不思議な世界観で、引き込まれていきました。 読みが浅くてすみません。 語り手の僕と、君、との間に、主従関係が存在しているのかどうか。君という存在が、ただ扱いやすいという意味での犬なのか、本当にただの犬なのか、色んなことを考えてしまいました。 (根拠のない優しさという名を持つ君は)

2021-08-06

とても素直で、素敵な作品でした。 学生の方とのこと、これからの作品がますます楽しみですね。またお邪魔させてください。 (循環の地図)

2021-08-06

「私に生まれてよかった」 バカ正直なコメントですみません、最後の言葉で、心を突き刺されました。すごくヒリヒリします。語り手は強い人だ、と感じました。良い詩をありがとうございます。 (わたしなりに)

2021-08-06

こんばんは。 冒頭で大爆笑して止まらなくて、なかなか読み進められなくて。ひとしきり笑い、読み進めるうちに、ただ笑うだけでは読みが浅いのだ!と気付きました。良い作品をありがとうございます。 (それでいいのだなのだ。)

2021-08-06

コメントありがとうございます。 1人でも何かを共有していただけたなら、作品を投稿した意味がありました。 (安定的に不安定なカケラ)

2021-08-06

読みが浅いかもしれませんが 思わずコメントしたくなりました。 半分夢を見ているような、 ふわふわと、居心地よさそうな、 なんだか幸せな気持ちになりました。 公園のブランコ(触覚?)は遠い 午後の食卓(味覚?知覚?)は近い みずのいろ(知覚)は近い 読めば読むほど、考えさせられました。 ( 夜)

2021-08-05

てんま鱗子様 貴方様の感性の豊かさを、これからの作品に生かします。ありがとうございます。 (七色の光)

2021-08-05

雨の表現が上手だなと感じました。 まるで人体は‥の表現が好きです。 (七月の雨)

2021-08-03

てんま鱗子様 貴方様の作品を日頃拝見しております。実力差が段違いで、ただただ読ませていただいています。今回コメントありがとうございます。 ご質問もご感想もすごく鋭くて、一体なんて答えたらいいでしょうか‥‥。くすんだ茶色に、いま違う色を加える術も、いま新しい色を創造する術もないので、そういう意味で答えはNOですね。 (七色の光)

2021-08-03