覆水も お盆には かえりますか? - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

よしっ

るるる

走るるる!

きょこち(╹◡╹)久遠恭子

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち(╹◡╹)久遠恭子

藤の花

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち(╹◡╹)久遠恭子

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち(╹◡╹)久遠恭子

犬のしっぽ

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち(╹◡╹)久遠恭子

あなたのために

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

真清水るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

ほば

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

三浦果実

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

三浦果実

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

三浦果実

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

三浦果実

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

覆水も お盆には かえりますか?    

その橋の欄干から身を乗り出し 清らかな流れを キヨコさんは見ていました 凪のせいでしょうか 賑やかな繁華街を抜け出し 元安橋は 陽の光にあふれていました 「このあたりは ながいこと ほんとうに臭かった」 なにもかも 覆された街 木々は煤けて 人々も爛れて あれから古地図を買いました 私には架空の街 廣島 キヨコさんに おやさしかったお父さまも いらした街 あの日 あの橋から身を乗り出し 悪臭を思い出す前の ほんのわずかな瞬間のことですよ  キヨコさんは 笑ってはいませんでしたか?少女のように すぐに 凍りついてしまわれましたが

scroll


作成日時 2021-08-05
コメント日時 2021-09-27

覆水も お盆には かえりますか? ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 30
P V 数 : 2183.5
お気に入り数: 2
投票数   : 0
ポイント数 : 10
#現代詩 #ビーレビ杯不参加 #縦書き
項目全期間(2022/01/17現在)投稿後10日間
叙情性43
前衛性00
可読性32
エンタメ00
技巧11
音韻10
構成11
総合ポイント107
 平均値  中央値 
叙情性1.31
前衛性00
可読性11
 エンタメ00
技巧0.30
音韻0.30
構成0.30
総合3.33
閲覧指数:2183.5
2022/01/17 03時41分25秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

覆水も お盆には かえりますか? コメントセクション

コメント数(30)
AB
作品へ
(2021-08-05)

言い古されてた感想ですけど、思い出すことが、帰ってきてくれることなんですよね。

1
キチガイの私
キチガイの私
作品へ
(2021-08-06)

こんばんは。 読んでいて、その場に居合わせたような感覚になる詩。こういう経験は初めてでした。ありがとうございます。

1
真清水るる
ABさんへ
(2021-08-07)

八月六日に広島で開かれた式典で、毎年 小学生がスピーチをするのですが、今年は 「本当の別れは会えなくなることではなく、忘れてしまうこと」 という言葉がありました。思い出すことが、帰ってきてくれること。 小学生で挨拶をすることとなった子も、一所懸命に考えて その言葉を選んだのだと思います。AB さんのいっておられることと同じで、はっとしました。ありがとうございます。

1
真清水るる
キチガイの私さんへ
(2021-08-07)

毎年八月には ヒロシマについて書こうとしてきたのです。 毎年、脳裏にまず浮かんでいたのは、この詩で描きたかった なにげないシーンのことでした。 今年は、 この詩の場に居合わせたような感覚を得たといっていただけて嬉しいです。 ありがとうございました。

0
yamabito
作品へ
(2021-08-07)

世界で初めて原子爆弾を被弾したのは日本でしたが、戦争は本当に悲惨なものだと思います。どんな形であれ、戦争はやってはいけません。そういった戦争の残酷さや悲惨さを見事に元安橋という背景で表していると思いました。

1
cold fish
cold fish
作品へ
(2021-08-07)

正直、こういう語り口での戦争に対する物語はうんざりするほどあるし、安易な描き方なんじゃないかな。もう、こういう語り口では通用しないと思うよ。だってありふれてるもの。

2
沙一
作品へ
(2021-08-07)

廣島(旧字体の広島=過去の広島)を架空の街と云ってしまうことに大胆さを感じました。もはや想像するしかないほどに、現在の実感からはかけ離れた過去の世界。それでも想いを馳せればかえってくる。ユーモラスなタイトルも、シリアスさを中和しているようでよかったです。

1
まさ
まさ
作品へ
(2021-08-08)

「私には架空の街 廣島」 この言葉がとても印象に残りました。 歴史って当事者でなければすべて架空なんですが、 当事者の話や、 当事者から聞いて語り継ぐ人の話を耳にした以上は、 なかったことにはできずに、 想いを巡らしたり、想像したりする、 それが今を生きる人間に できることなんじゃないかと思いました。

1
真清水るる
yamabitoさんへ
(2021-08-10)

私は、ある年から 毎年 八月には原爆に対する詩を書こうと決めています。 どんな形であれ、戦争について考える時間を持とうと決めたからです。 広島は川の街で、市のマークも川がモチーフです。橋も数多くあります。 元安橋は そのひとつで、中心地にある橋です。読んでいただきありがとうございます。

0
真清水るる
cold fishさんへ
(2021-08-10)

わたしも この詩は、よくあるシーンをとらえた平凡な詩であると思います。 しかし、通用しないとは どうのような意味でしょうか? この詩が、どのようなステージに通用しないと おっしゃっているのか わかりかねます。 私も人様の詩と比べて、この詩が優れているとは思いませんが、私は この詩で人様と優秀さを競うつもりはありません。実際の話、ビーレビ杯も不参加の作品として上げさせていただいております。 お目汚しだったようですね。失礼しています。しかし、私は 書きたいから書いたにすぎません。 ありふれたモチーフやありふれた書き方であったとしても 私は、書きたいと思うことを書きたいように書き続けていこうと 思っております。

4
真清水るる
沙一さんへ
(2021-08-10)

廣島を架空の街と言い切ってしまうのは、大胆だったかもしれません。 廣島には原爆が原因で、町名ごと消滅した町もあります。 繁華街の路地に、ちいさま碑があり 現在ではとても賑わっている場所に小学校があって、大勢亡くなったことを悼む碑が置かれていて はっとすることもあります。まるで、ぢかう景色があったに違いないのですが、想像するのに苦心するほど 現在の様子と開きがあることがあるのです。それでも それでも想いを馳せればかえってくるのかもしれません。ユーモラスなタイトルと言っていただいて ちょっとほっとしました。ありがとうございます。

0
真清水るる
まささんへ
(2021-08-10)

詩には書いていませんが、当事者の方の心の傷の深さを、おもいがけず 感じ取ることが私にはありました。 そしてそれは、私にとって 受け入れがたいことでした。 ですから、この詩の なにげない風景を描けたことは、私には じつは嬉しいことなんです。 平和とか書かなくてはとかの意味でなく、今を生きるためには 過去は今の土台であるので、 必要なことのような気がしています。ありがとうございます。今という視点を得ることができました。

1
cold fish
cold fish
真清水るるさんへ
(2021-08-10)

書きたいと思うことを書くことは否定してないよ。 ただ、自分が体験したことない事、例えば、戦争体験などを語る際は注意が必要なんじゃないかな。当事者の心の傷の深さなんて「感じる」ことなどできない。なぜなら、感じたら貴方はまさに爆撃でやけどを負った痛みを感じるわけないじゃないし、子供や親を失う痛みや悲しみを感じるわけでもないじゃない。 そういう意味で、貴方の詩には、嘘しかないから何も通用しないってことかな。創作として割り切って読んだとしても、あまりにも軽いし、あまりにも幼稚だと思うよ。戦後、多くの文芸にかかわる人は、自分の戦争体験を詩や文学にしてきた。それらを一切無視して、好きなように書くことはできるし、それを否定はしないが、「私は知っている」んだよ。だから、私は、貴方の作品に対して一切の何も感じないし、むしろ、ひどい出来栄えだぁ、という印象しかない。好きなように、好きなものを書けばいいさ、でも、「私は貴方が知らない当事者たちの書いたものを知っている」だけなんだよ。この「だけ」が貴方と私の大きな違いでもあるし、貴方の作品は、「知っている私」には一切通用しないよ、ってだけかな。

0
cold fish
cold fish
真清水るるさんへ
(2021-08-10)

追記しおくと、 嘘であっても、結果的に、事実をより強くするものもあるし、事実の描き方は多様だし、当事者以外描くな、という話でもない。ただ、戦争や死の体験は圧倒的に強いものだから、それを扱うならそれなりのものをかかないと通用しないってことだよ。好きなものを、好きなように書いて、それができるのは天才だけだから、ほかの人は、好きなように、好きなものを書いてもいいけど、馬鹿にされたり、けなされたり、相手にされないとか、するから、そのために努力しようねとは思うね。でもこのサイトにはそういう人は少ないね、才能ない人ばかりなのにね。

1
真清水るる
cold fishさんへ
(2021-08-12)

丁寧な返信を ありがとうございます。 自分が体験したことない出来事を、つまり他者の体験を 自分のことのように「感じる」ことは、できません。だから、人様の体験を語るときは、注意が必要だというご意見に 私も 全くそのとおりであると思います。 私は、この詩で 作中の話し手が 戦争でお父さまを亡くされた方のお気持ちを おもんばかろうとしている詩を書きました。話し手は、原爆が投下される前の廣島は 経験のない者にとって【架空】であると、私は言わせています。つまり、私も 廣島でおきたことは嘘にしか感じられない。と、詩文の中で すでに語らせているわけです。 私は、この詩の中で 戦争の実相について なにひとつ語っていません。{たとえば、爆撃でやけどを負った痛みであるとか、子供を失う痛みや悲しみとかを}書いていないのは、そのような体験をしたのない私には、「感じる」ことが、できないことだからです。 では、人は 自分の経験のない事柄からくる他人の痛みの激しさを ほんとうに解ることはないのでしょうか?私は、人は 他人を分かろうとする唯一の動物であると信じます。 たとえば、事故や災害で たいへんお辛い境遇を体験をされた方が、PTSDとも思える反応をしめしておいでの場合があるとします。その場合には 他者にでも、ああそれほどまでに 深い傷を負われたのだなあと、おもんばかることができるではありませんか?心理カウンセラーでもなんでもなくとも、ふと ああ この方には 本当に深い心の傷がおありだと、感じることは あります。 私事となりますが、私は ある年に 一年のうちに三人(弟、父それと祖父)の血縁者を亡くした年がありました。そして、その頃にも戦争に関わる詩を書きました。簡単に内容を申せば<家族が同時に三人亡くなるということは、戦争だ。戦争とは、これが 世界規模で おこるということなのだ>という内容でした。そのときも 悩みました。戦争を知らないのに、自分でも生意気だと思ったからです。 この詩のいたらなさについても、これから ゆっくり 自身の胸のうちに 時間をかけて、悩んでいこうと思います。 たいへん参考になるご意見を いただきました。ありがとうございます。

2
cold fish
cold fish
作品へ
(2021-08-15)

>>詩には書いていませんが、当事者の方の心の傷の深さを、おもいがけず 感じ取ることが私にはありました。 天才と言われたツェランは戦後、アウシュビッツから生き残ったが自殺したね。唯一の動物じゃないね。むしろ、人間だけなんじゃないの?自分たちだけが、唯一、他人をわかるとする動物なんていう理解をするのがね。戦争でもないのに、この国では、当たり前のように計画的に犬や猫が大量に殺処分されてるね。保健所の犬達は何かにおびえる様にしているよ。まるで、死を前にした人のように。 貴方みたいな人には何を言っても無駄だとは思うけど、戦後詩は、戦争体験をつづってきた。大岡は人食いを野火(嘘か本当か知らないけれども彼はインタビューで食料がなく人を食う、っていうことを語っていたね)を書いたし、三島も戦争に縛られていた。田村もそうだし、たくさんいるね。多くの戦争を体験した当事者たちが多くの小説や詩を残している、そしてそれを知ることができるのに、ただ「好きなように書きたいことを書く」なんていう動機で、どうやって、そういう戦争体験者の作品たちと向き合うつもりなのかなって思う。そこに、「他人」なんているのだろうか。まぁ、それ以前に圧倒的に技量が足りないよ。足りない技量は才能で埋めればいいけど、それもないのなら、努力しないとね。

0
真清水るる
作品へ
(2021-08-15)

コメントありがとうございました。 広島の現在は、大雨後か 大雨中なのかの 瀬戸際にあるため。返信を しばらくしない失礼をお許しください。

2
真清水るる
作品へ
(2021-08-17)

ご助言ありがとうございます。先人の詩は 少しづつ読み深めていこうと思っています。 貴方と私との会話に齟齬が生じているのは、貴方と私とでは 重点を置いている点が違うことからきていると思います。 貴方は、良い詩を書くには どのようにしたら良いかを語っておられます。そして、戦争というものは先人の詩人から学べと、私に助言をしておられます。  それに対して、私は良い詩を書こうとしてはいません。私は、リアルに出会っている戦争体験者の方と どのように接したいかを 書いています。それが解りたいために私がいままでにしてきたことは、読書ではありませんでした。より多くの普通の人々(詩人でもなんでもない人という意味の人)の証言を聞こうとしたり、資料館に足を運んだりというリアルに則したことを 見聞したいと思って行動してきました。それもこれも現実に生きておられる方とのコミニケションのための見聞と比べて、詩作のための勉強は 私にとっての優先順位が 低いかったのが、私の現実です。現実を打破するために、書いているので、「好きなように書きたいことを書く」といういう言葉を発するに至りました。そして、いまも ひとつの私自身の精神的節目を得たという点で、私は この拙詩を書いてよかったと 今も思っています。  しかし、これからは、すこしつづ 先人の詩人たちの描いてこられた戦争の詩も読み深めていきます。ご助言ありがとうございました。

1
室町礼
室町礼
作品へ
(2021-08-29)

他人からすればなんとつまらないことをいうようですが、 一行目の"橋の欄干から”身を乗り出”"すという描写に不意をつかれ 詩行に新鮮なものを感じました。

0
夏村木
夏村木
作品へ
(2021-08-31)

空襲時は川やその橋の下に避難する人々が多かったと何かで見たことがあります。 それは空襲する側も知っていて、そこを狙って焼くと。 蛍の墓だったかな。 おぼろげですが戦争と橋といえばこれを思い出します。

0
夏村木
夏村木
作品へ
(2021-08-31)

すみません火垂るの墓でしたすみません。

0
田中宏輔
田中宏輔
作品へ
(2021-09-01)

悪臭を扱っておられるのがめずらしいと思いました。

0
きょこち(╹◡╹)久遠恭子
作品へ
(2021-09-23)

私はこの詩は、るるさんがキヨコさんという主人公に語らせる形で、身近で亡くなった方への追慕の気持ちを書かれた作品だと思いました。 亡くなられた方々へ、残された者が思う気持ち、それを書いたのだと思います。 私も身近で亡くなられた方々の事、よく思い出しますよ。

1
真清水るる
室町礼さんへ
(2021-09-25)

"橋の欄干から”身を乗り出”"すに、注目していただきありがとうございます。 この詩には、モデルとなった方が 実際におられまして、"橋の欄干から”身を乗り出”"す動作を実際にしておられた姿が なぜだか とても印象に残っていたものですから、書かせていただきました。私も欄干から身を乗り出すことはありますが、通常であれば 魚つりの人が居るとか 鳥や魚を見つけたときですが、そのときは なにかが それらとは違っていました。

0
真清水るる
夏村木さんへ
(2021-09-25)

夏村木さんコメントありがとうございます。火垂るの墓は、私も見たのですが おっしゃっているようなことが あの作品で言われていたかは、記憶にないです。けれど、廣嶋の原爆の場合は 相生橋という 美しい名前の橋が投下の目印となっていたという話は、私も聞いたことがあります。 日本の国土はほとんどが山で、人が集まる場所のほとんどに川があります。広島の場合だと、現在の市のマークが川をモチーフとしているくらいです。当然 橋もたくさんあります。原爆が落ちたのは たくさんある三角州の中でも その中心にある三角州でした。海までは かなりの距離がある場所でしたが、投下直後は 海が見えたようです。つまり、たくさんの建物がすべて焼き尽くされ、海が見えるようになっていました。そんなに燃えたのですから、爆弾による爆風と その後の二次災害の火事で かなりの灼熱であったことでしょう。 水を求めて 多くの人が川に 逃げようとした聞いています。かなりの火傷を負った人が急に水に飛び込むと、身体がかなりの打撃を受けます。川に飛び込んだせいで、すぐに亡くなったという方も多かったとも聞いています。

0
真清水るる
田中宏輔さんへ
(2021-09-25)

匂いは、体験した方でないと 解らないことかも しれません。 この詩のモデルの方は、見ていたのではなく その匂いを嗅いでいたのかもしれません。

0
真清水るる
きょこち(╹◡╹)久遠恭子さんへ
(2021-09-25)

きょこちさん コメントありがとうございます。亡くなられた方々へ、残された者が思う気持ち、私は それを書いたつもりです。 私自身も父を亡くしています。この詩のキヨコさんは お父様を亡くされました。 私も父のことは、よく思い出します。私もこの方も 父親のことが好きです。

1
きょこち(╹◡╹)久遠恭子
真清水るるさんへ
(2021-09-25)

私も父親を亡くしております。 父に対しては色んな感情がありますが、亡くなってみるとニコニコしていた顔しか思い出せませんね。 なので、この詩は心に沁みました。 残された者が考えている内は、その方は生き続けるのかもしれないと思いたいです。

0
真清水るる
作品へ
(2021-09-27)

きょこちさん お父さまの大切なお話をしてくださって ありがとうございます。 おもえば、私は この詩に於いて 自分の話を まるで書いてませんでした。 自分が欠落した詩でした。もっと 父に笑顔になってもらえるものを書くべきでした。 ふかい気づきをいただきました。ありがとうございます。

0
エイクピア
作品へ
(2021-09-30)

悪臭は強烈に印象に残ると思います。キヨコさんの見ている清らかな流れ。故人のお父さんも住んでいた町。最後の一行が示唆的ですね。笑うと凍る。少女から大人の女への脱皮を暗示しているのかもしれません。

1

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 3