作品投稿掲示板 - B-REVIEW

ryinx


投稿作品数: 3
総コメント数: 13
今月は1作品にコメントを付与しました。
プロフィール
記録
プロフィール:
表現に対して関心を抱いています。 いつか、できればそれを造形的(絵画的)な形式であらわす事ができれば.. 詩に関してはまったくの素人、初心者です。

ryinx の記録 ON_B-REVIEW・・・・

初コメント送信者の燈火

作品への初コメント数バッジ(くわしく)
獲得バッジ数

B-Reviewerの燈火

総合コメント数バッジ(くわしく)
獲得バッジ数

活動的投稿者

投稿作品数バッジ(くわしく)
獲得バッジ数

Untitled

2020-06-04

untitled

2020-05-21

20200519°

2020-05-19

はじめまして、即興的に綴ったつもりだったのですが、 改めて読み返してみると、なんだか微妙な感じ、 つまり自分で自分の文章がよく分かっていないような… コメントありがとうございます。 もう少しコツコツと練習をしたいと思います。 (Untitled)

2020-06-05

失われていくものや流れ去り、やがては消えていくかもしれないもののなかになにかを結晶化させたいような想いを感じました (Crazy chou cream)

2020-05-29

返信先の固定を間違えてしまいました。 コメントありがとうございます。 なにか でっかく壁にペイントでもしてみたいものです。 (untitled)

2020-05-23

これはコンテンポラリーアートとしても、成立していないと思います。 でもいつか(⇦いつだよw) いつかは、微々たる形でも という思いはあります。 この文章に関してもし、なにかがあるとすれば、詩情や洞察等ではなく 個人的な感情や感覚でしょう。 なので 表現としての普遍性は無に等しいでしょう。 ですので壁にポスターとして貼る類のものでもなく、本来メモ帳にでも書き留めておくべきだったのかもしれません、 いずれにせよ、なにかを触れられる形式で、書いてみたいと、ふと思ったのです。 コメントありがとうございます。 壁に飾るのであればもっと違ったものをw (untitled)

2020-05-23

冒頭の、えらいのは からはじまる文章.. 何かの例え、たとえば造るものと別のなにかの関係性の比喩なのかなって思い読み進めていました。 けれども  繰り返し読んでいるうちに、  その誰かは  君自身でないことを願う 特に、  その誰かは  君自身でないってことをつよく願うよ から、また文章を遡ると 文章全体に漂う優しさを感じました。  君 から始まる他の行もとても印象的です。 (つよさ予報)

2020-05-22

コメントありがとうございます。 数にはとても弱くて、けれどたまに宇宙や科学のドキュメンタリー等をぼんやり見ていると、とても落ち着きます。 文章内の数字は音をイメージしていたような気がするのですが、 いずれにしても、良い天気の日にのんびりと散歩でもするような、穏やかな日常的な気分を大切にしたいと、文章を書き終えてから思いました。 (untitled)

2020-05-21

コメントありがとうございます。 実は xxよ、のような言い回し、 は普段使う事がありません。 自分で今、読んでみても、何か じれったいような違和感を感じます。 僕は何かを意図的に表現出来る人間だとは思えないのですが、 確かに前半部分の xxよ、から 後半部分の ないが語尾につく部分、 今確認してみると、たしかに ないで終わるフレーズが続いていました.. けれども、- 馴染んできた世界が変貌してしまったことに対する受け容れがたさが感覚知覚の変化 - という感覚はたしかにあって、何気なく書いたつもりの文章に、.....ことばって不思議ですね。 (20200519°)

2020-05-20

返信に敬称が欠けていました。たびたび申し訳ありません.. (20200519°)

2020-05-20

ありがとうございます。 大変に恐縮です、 最近眠れない日が続いて朝方に 不意に思いたってカタカタと キーボードを回していたような文章です。 頭がほとんど働いていなかったので コメントへの返信含め、 お恥ずかしい限りです。 多宇加世の作品も是非拝見させてください。 (20200519°)

2020-05-20

申し訳ありません。 誤ってタップしてしまい 低評価(ポイント?)のようなログが残ってしまったのですが、 削除方法が分からないので 是非、時間をかけて読ませて下さい、すみません。 (食べ物と死ぬ人)

2020-05-19

さえ、の多用のみならず、 戸口のくだりさえ無自覚でしたが、 そういった点まで丁寧に指摘して下さり、 ありがとうございます。 全く寝むれてない朝方に書いた文章を ここまで丁寧に読んでくださり、逆に申し訳のない感覚ですが、 また、是非、今後の参考にさせて頂きたく思います。 ありがとうございます。 (20200519°)

2020-05-19

ありがとうございます。 人はなにかの瞬間に、 感覚がぼやけたり、あえて麻痺させたりする事があるかもしれません。 けれど意識的に考えれば考えるほど、なにか迷路のような場所に引き込まれてしま場合が時としてあるような気がするのです。詩というからにはそういった感覚を含めてこそなのかもしれません。 (20200519°)

2020-05-19