む ゆ う - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

エセ詩人

いでよ、エセ詩人!

コトダマ とはよく言ったものだ。 ハキダセ と 男は言う。 おまえは誰だ? わたしは何者だ?   

湯煙

硬派な作品

萩原朔太郎や中原中也のエッセンスを感じます。

千治

体験記『呆気ない宣告』

それはあなたの現実かもしれない。

大概のことは呆気なくドラマティックではない。そうした現実の丁寧な模写が作品に厚みを増している。

ほば

世界は自由だ━不死━

わかるということ

あなたにとっては何が、その理解が起きるピースになるだろうか?

ほば

ふたつの鐘がなるころは

鐘は明くる日に鳴る! いつでもそうだ!

運営在任中に出会った多くの作品の中のベスト。決して忘れない。

yasu.na

良い

シンプルに好き

あっす

パパの日曜日

パパの日曜日

いい

明林

終着点

生きる、その先に死地はない!

美しくさわやか、そして深い意味が込められたシーン、均衡の取れた心情と思想、強い意志で最終連へと迫る引き締まった展開、我が胸にこの詩文を抱いて!

yasu.na

九月の終わりを生きる

呼び覚ます声

夏の名残の暑さが去ろうとする頃、九月の終わりになると必ずこの作品のことを思い出す。

afterglow

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

るる

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち(久遠恭子)

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち(久遠恭子)

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち(久遠恭子)

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち(久遠恭子)

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち(久遠恭子)

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち(久遠恭子)

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち(久遠恭子)

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow



作品を
別枠表示

む ゆ う    

笑えていたシャツは 緩いままのネジで 僕の枕にくぼみだけを残す 水色の雨模様 集まりだした川が 宇宙船の光へと 束になって それぞれの傾向で ゆらりゆらりと 大陸の白い並木道へと 夢の中で落ちてゆく 胸の内に何故を作りすぎたら 拾い集めすぎた花の 名前を知らないみたいに 夢中な足どりにはなるけれど 進めない君が春の浜辺で 流れ着いた貝殻のかけらを 今日だけはと 真ん中に一つだけを包んで どうかしている気持ちを まだわからないままに 僕は愛している 捕まえて差し出せなかった小魚は 今頃海の中で幸せだったら 覚えたてのギターを僕は どこまで上手くなれるだろう 明日にはまた 明後日にはまだかな どうかしている気持ちを まだわからないままに バカみたいに愛している 飛ばして行方知れずになった魂が 今頃になって幸せになれるなら 覚えたてのギターを僕は どこまで上手くなれるだろう 明日にはまた 明後日にはまだかな


む ゆ う ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 21
P V 数 : 1117.7
お気に入り数: 0
投票数   : 7
ポイント数 : 17

作成日時 2023-04-25
コメント日時 2023-04-28
項目全期間(2024/06/25現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性70
エンタメ20
技巧60
音韻00
構成20
総合ポイント170
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性77
 エンタメ22
技巧66
音韻00
構成22
総合1717
閲覧指数:1117.7
2024/06/25 05時14分12秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

む ゆ う コメントセクション

コメント数(21)
黒髪
作品へ
(2023-04-26)

やや無理のある形容(「笑えていたシャツ」とか、「それぞれの傾向」とか)が、歌に乗せてみれば個性的で気持ちが伝わるようでもあるなと思いました。全体にリリカルで明るい雰囲気、音が端正でリズムがある詩文となっていると思います。3、4連のリフレインも効果的であり、あふれる気持ちが伝わってきます。小魚と海のところなど、思いやる気持ちが愛の詩にマッチしており読んでいると優しくなれると思いました。

0
つつみ
作品へ
(2023-04-26)

作品として読むというより、かなり私情が入るのでコメントを書くかどうか悩みましたが、みうらさんが1年半以上も続けていることを最初から見ている自分は泣いてしまう作品でした。 >胸の内に何故を作りすぎたら >拾い集めすぎた花の >名前を知らないみたいに >夢中な足どりにはなるけれど >進めない君が春の浜辺で >流れ着いた貝殻のかけらを >今日だけはと >真ん中に一つだけを包んで ここの比喩表現がすばらしいと思います。自分が集めたもの(情報)って、抱えすぎてどれを手放すべきか、どれを残すべきかわからないままに、例えば、弾き語りだってどうすればいいのか悩んでしまう。いろんな情報が頭の中にあって、わかってはいるけど、うまくいかなくて、それでも進もうとする様子がよくわかります。 でも、「あ!こういうことだったんだ!」って思ったこと、ひらめきとか、それに近いけど、それって、拾い集めたよくわからない「何故」を抱えているおかげなのかなと思います。何故を抱えてない人は、浜辺の貝殻には目につかないでしょう。「何故」の皆さんが、教えてくれた貝殻を耳にあてると、次へのステップへのヒントが聴こえてきて「これだ!」って信じて、また少し進んでいけるみたいな。 >捕まえて差し出せなかった小魚は >飛ばして行方知れずになった魂が 小魚の表現がよいと思ったので、魂、というより、なにか物質的なものがよかったかなと思います。なんだろう。たんぽぽの綿毛じゃメルヘンすぎますかね 続けていくことって、本当にもがき苦しむ毎日で、うまく行ったと思ったら、また新たな壁が立ちはだかる、それをまた乗り越えるために必要なものってやはり今やってることを「どれだけ愛しているのか」がとても大切なことだと思います。 おそらく、明日や明後日で上手くなると思ってないながらも、 >明日にはまた >明後日にはまだかな を2回使ってるところに、涙腺刺激する何かがあります。

0
m.tasaki
作品へ
(2023-04-26)

こんにちは。 タイトルが「むゆう」であり、一連目の最後に、 「大陸の白い並木道へと  夢の中で落ちてゆく」 とあるので、おそらく夢ともうつつともつかない、幻想のような内容なのでしょう。 ですから、一行一行の意味を考えるのではなく、全体の雰囲気というか色彩のようなものを受けとったほうがいい詩だと感じました。 詩全体に美しい鮮烈な表現が散りばめられていて、自分の心をもて余している若者の感覚が見事に表されています。特に、 「飛ばして行方知れずになった魂が  今頃になって幸せになれるなら」 というところは涙が出るほど美しいです。 このような詩を書ける才能が、正直なところ羨ましいです。

0
ryinx
作品へ
(2023-04-26)

いいですね。タイトルには少し、びっくりしてしまったけれど.. ✈︎ ほんとうは好きな事に理由はいらないんじゃないかと思いました。

0
田中恭平 new
田中恭平 new
作品へ
(2023-04-26)

凄い、主観で。 タイトルが「む ゆ う」なのですけれど「むちゅう」から、ち、血が通わなくなったそれかな と思いましたね。 血が通わない、そこにソウルとかもうないのだけれど、取り敢えず継続してゆく。反復して最初 夢中だったものが、ない、とか社会に通じている場合、これはわかるなぁ、と思うのですが いかんせん、詩人というのは社会通でない。野暮天である。夢遊、踊っていろ、という 寒空の下の咆哮、といいますか、それもしない、大人な詩だなぁと思いました。

1
田中恭平 new
田中恭平 new
作品へ
(2023-04-26)

すんません、仕事でバタバタしており再読すれば、やはりテキスト中「夢中」がありましたね。 要は、イメージの放出とか展開が読ませるんですけど そういうものが、現実の夢オチだったりに帰結してしまって出口が無いわけです。 ですから、これはイマジネーションの詩で無くて社会派な作品だと思う。 その前提は曲げないでおこうと思います。

0
三浦果実
黒髪さんへ
(2023-04-26)

コメントありがとうございます。優しくて気持ちいい獣にお互いなりたいものですね。

1
三浦果実
つつみさんへ
(2023-04-26)

コメントありがとうございます。たとえこの世界が朽ち果てようと、ささやかな幸せを、お互い握っておきたいですね。

0
三浦果実
m.tasaki さんへ
(2023-04-26)

コメントありがとうございます。まだ夏の風は海上で謳歌中ですが、春の嵐を心地良いものにお互いしたいですね。

0
三浦果実
ryinxさんへ
(2023-04-26)

コメントありがとうございます。夕暮れに大きな太陽をみつけたら、狂ってるのは世界のほうだと、お互い笑いたいですね。

1
三浦果実
田中恭平 newさんへ
(2023-04-26)

コメントありがとうございます。54歳になりました。まだ冒険者です。お互いに冒険者でいきましょう。

2
鷹枕可
作品へ
(2023-04-26)

初読では、あまり惹かれなかったのですけれど、 叙情の澄明性の、読み返す程に素晴らしく。平服を致しました次第でございます。 咽喉に淀みが見当たらない、類稀な作品である、と。 なにものにも手をそめていらっしゃらない(あろうことか、神などにも、)美しさを、どうか大切になさってください。

0
小夏 巣鳥
作品へ
(2023-04-27)

血の代わりに水彩絵具が流れているんだ。それ以外はよく分かりませんでした。

1
三浦果実
鷹枕可さんへ
(2023-04-27)

コメントありがとうございます。ネット詩に極意があるとしてそれに殉教する者でお互いありたい。

0
三浦果実
さんへ
(2023-04-27)

コメントありがとうございます。弱くてどうしようもない人に常によりそう者でお互いありたいですね。

1
三浦果実
さんへ
(2023-04-27)

コメントありがとうございます。愛が性愛でない域に到達することを50を過ぎて知りました。お互い賢者でありますよう。

1
三浦果実
小夏 巣鳥さんへ
(2023-04-27)

コメントありがとうございます。わからないままにお終いがくるとして、最期に笑える人間でお互いありたいです。

0
福まる
福まる
作品へ
(2023-04-28)

ギターを含め楽器が全然弾けない私にとっては宇宙船の行き先の行方ととギターの腕前の成長の行方両方未来が輝いている様に見えて羨ましく思います。

1
三浦果実
福まるさんへ
(2023-04-28)

コメントありがとうございます。いつか必ずよくなる日が来ますと、お伝えしたくなりました。お互いに。

1
エイクピア
作品へ
(2023-05-10)

不思議なテイストの詩ですね。三浦さんの詩はある程度まとめて読んだことがあるのですが、途中で挫折していました。一度全部読んで見ると分かるものがあるのかもしれません。

0
三浦果実
エイクピアさんへ
(2023-05-19)

ありがとうございます。今、「おまえのすべて」というタイトルで詩を書いております。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1