食べ物と死ぬ人 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

さ、さ、さ、

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

風景を食む

我々も本作の出来に食まれていく

この良さは読まぬと分からぬが、読むと確実に心が仕留められる。独特の風景の描写は人の記述がないからこそ冷涼な空気を作り出す。

ふじりゅう

失踪

現代詩が現代であることを実感できる

古風な詩作品から一線を画した作風に我々は驚く。

ふじりゅう

お別れの挨拶

&氏による待望の一作

ロシヤ、という響きの不思議さに、貴方はもう逃れられない。。。

ふじりゅう

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

食べ物と死ぬ人    

朝の跡 飲み干していく 死ぬ人 最期の食べ物 食べぬよう 生きる人 泣いて 生きる人 きりもみで 落っこちていくと 静物的で巨大でスロウリー まるで港のような時間感覚で 船の見送りみたく 朝にテープを投げ ひっぱって いつまでも切れなくて 手に残る傷 ぎざぎざした 手の傷は 癒えない 恥さらしは得意だから 得意は恥さらしだから だから船は 朝という船は いつまでも出航できないのかもしれない テープが切れないし 見送りの客足も途切れない 朝へ手を振るだけでなく 無賃乗車する者も 波もない あるのは朝という船だけ でもじきに 朝は消え舞う 朝はまぶたに濾過されて (涙と吸われ) そして舞い消える 春の嵐の音 飲み干していく 死ぬ人 犬の一大事 飲み干していく 死ぬ人 最期の食べ物 食べぬよう 生きる人 慌て 生きる人 苦手な人と 手を繋いだ夏 汗がいつまでも引かなくて 偽者だと ばれる夢(「嘘なんだよね?」) 手には犬のリードの跡 あなたと手を繋いだ夢をみた 君の言ってたこと ほんとのほんとだったね (「これはジュラ紀の化石です」) その手 強く 握ってて 滑るから 滑って滑って夏の昨日へ置いていかれるから 夏の昨日はすべての前日 戻れそうで 今はまだ戻れないから すべてが今はほんとのほんとに 嘘だから 夏はこうじゃなかったと 苦手な人は言い続けるから だから苦手なんだ すべてはさらにほんとのほんとのことで あれはただの石ころで あるいは彫刻科の生徒の課題作品 つまり偽物だ!(「嘘なんだよね?」) 夏の一大事 飲み干していく 死ぬ人 全員が燐寸で燃やし 飲み干していく 死ぬ人 最期の食べ物 食べぬよう 生きる人 早く 生きる人 時間のかかる 夢をみた秋 陸橋から見た月 肌寒さ 昔にやめたたばこを吸うよ 結局 この夜が 最期だと思いこんでいたから 眼球 黄色い砂 月 しゅわしゅわ 星越し 遠くまで いったら いい お前なんて知らない 泣かないで 僕が泣く 点々 ぱっ 点々点々 ぱっ 灯の蝋を首筋につけて ちゅっ 食べるもの 食べる人 秋の貨物列車の風 暗闇とぶ風の鳥の目 ずっ 鼻水吸う 忘れさせてくれ 枯葉を集めて 全員で燐寸で燃やし 飲み干していく 死ぬ人 灯油の花火 飲み干していく 死ぬ人 最期の食べ物 食べぬよう 生きる人 うまく 生きる人 夜が深い 長靴の底で 雪がいつまでも溶けなくて さらさらする 靴下は 濡れない 雪が融けないから 融けない雪だから だから長靴の中が湿って感じるのは 君の僕らの汗かもしれないし おしっこかもしれない 降り積もり続ける雪 溶けることはない だが 春はやってきます 深い夜のうちに あるいは深い朝の木立の翳に 冬の花火 飲み干していく 死ぬ人 ああ もう食べるのも あきるなあ

scroll


作成日時 2020-05-09
コメント日時 2020-05-25
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

食べ物と死ぬ人 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 21
P V 数 : 2487.7
お気に入り数: 5
ポイント数 : 53
#現代詩 #縦書き
項目全期間(2020/06/06現在)投稿後10日間
叙情性1313
前衛性55
可読性55
エンタメ55
技巧77
音韻77
構成1111
総合ポイント5353
 平均値  中央値 
叙情性2.21.5
前衛性0.80.5
可読性0.80.5
 エンタメ0.80.5
技巧1.20.5
音韻1.20.5
構成1.81
総合8.84.5
閲覧指数:2487.7
2020/06/06 08時28分06秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

食べ物と死ぬ人 コメントセクション


コメント数(21)
石村利勝 (2020-05-09):作品へのコメント

これは、大変な傑作であります。もっとしっかり読み、本当に意味のある言葉が十分に練られない限りは何も言うべきではないと思いますので、今はそれだけを記しておきたく思います。

4
ガムのくつべらガムのくつべら(2020-05-09):作品へのコメント

久しぶりにフレーズの断片ではなく最初から最後まで詩情の繋がった詩を読んだ気がします。そして霊性のある詩に出会った気がします。 ありがとうございます。

3
多宇加世 (2020-05-10):石村利勝さんへの返信

照れます。ありがとうございます。

0
多宇加世 (2020-05-10):ガムのくつべらさんへの返信

お礼を言うのはこちらのほうですよ。批評、ありがとうございます。

0
夜野 群青 (2020-05-10):作品へのコメント

何度も多宇さんの詩を音にだして読んでみたけど、不思議さは抜けません。 詩の構成に法則がありそうそうでいて、ない。(見つけられない) 言葉たちが重力から解放されて、なんて自由なんだろ。 「灯油の花火」なんて誰が思いつくでしょうか。 この詩を読んでグッときた方は、多宇さんの小説もぜひ読んで頂きたい。 (ニュー・ハートシェイプトボックスなんか詩の断片がゴロゴロ転がっていて、おすすめなんじゃないでしょうか?笑) > 眼球 黄色い砂 月 しゅわしゅわ 星越し > 遠くまで いったら いい > お前なんて知らない > 泣かないで 僕が泣く > 点々 ぱっ 点々点々 ぱっ > 灯の蝋を首筋につけて ちゅっ この部分、とても音が面白くて別の作品かとも見紛うくらい独立してると感じました。 詩の中に単独のお話が重ねてあるようにも感じます。あなた(君)との会話の部分など。 イメージがイメージを呼んで、無限に広がるようで、ずっと読んでいたくなります。 詩の良さを他者に伝わるように言語化できない自分がもどかしいです。 でも。この詩が好きだ、で充分かもしれませんね。

3
多宇加世 (2020-05-10):夜野 群青さんへの返信

感想寄せてくださって嬉しいです。 踏み込んだ解釈や小説『ニュー・ハートシェイプトボックス』の宣伝まで!! 感謝です。 この詩を好きになってくださってありがとうございました。

0
沙一 (2020-05-10):作品へのコメント

これは文章というより音楽ですね、それもせきららな情感をともなった。タイトルからも印象づけられる言葉が主調となっているのですが、ながれとともに言葉がずれていくことで、妙なる音階を生んでいる。たとえば静かな港のような時間感覚がいつまでも出航できない朝という船であったり、手を繋いだ夏と犬のリードの跡の類推をみせたり、偽者だとばれる夢が彫刻科の生徒の課題作品つまりは偽物であったり、など、換喩的にずれていくことへの詩情の愉悦があり、そこに旋律がきこえてきます。春夏秋冬を一巡しておわる曲、傑作です。

2
多宇加世 (2020-05-10):沙一さんへの返信

「ながれとともに言葉がずれていくことで、妙なる音階を生んでいる」 「換喩的にずれていくことへの詩情の愉悦があり、そこに旋律がきこえて」 嬉しいコメントです。ありがとうございます。

0
石村利勝 (2020-05-12):作品へのコメント

 何度か読み直し、漸く何か言うべきことが頭に浮かんできましたので、本作の感想を述べます。  一読、誰にもわかるのは、この作品がクラシック音楽のソナタ楽曲を思わせるような、堅固かつ緊密な形式で構成されていることです。仮に、以下のようにこの作品の構造をアナリーゼしてみましょう。 ①第一主題「朝の跡 飲み干していく 死ぬ人」 ②第二主題「最期の食べ物 食べぬよう」 ③第三主題「生きる人 泣いて 生きる人 きりもみで」 ④主題と季節をモチーフとする自由な展開部 ⑤第一主題の回帰  上記のパターンが「春」「夏」「秋」「冬」の四季にわたって繰り返され、「ああ もう食べるのも あきるなあ」のコーダ(終結部)で閉じています。その点で見れば、これはソナタ形式の四楽章というより、歌曲や歌謡の1番、2番…というのに該当するでしょう。  また、第一主題と第三主題が2番(夏)3番(秋)4番(冬)で再帰するたびに必ず変化が加えられており、その変化が④の展開部に反映されています。上記⑤で繰り返される第一主題についても同様です。  構成の面のみならず、展開部においてもこうした「繰り返し」が巧みに活用され、読み手を惹き込む力となっているのが印象的です。第三主題そのものが「生きる人」のリフレインによって強い推進力を持っていますし、それぞれの連においても例えば、1番の: >恥さらしは得意だから >得意は恥さらしだから >だから船は 朝という船は では、「恥さらし」と「得意」の入れ替えによるリフレインと行末の韻により、実に強靭で印象的なリズムを生んでいます。同様に、2番でも: >その手 強く 握ってて 滑るから >滑って滑って夏の昨日へ置いていかれるから 「滑る」というモチーフのリフレインと「から」の韻により同様の効果を生み出しているのがわかります。3番、4番にもこのパターンが効果的に織り交ぜられています。  繰り返しとは「予測可能な動き」です。予測可能であるために、受け手はその動きに参加できます。歌や舞踊などに見られる通り、リズムや主題の「パターン」とは、受け手を動きに巻き込むために、この繰り返しの力を活用することです。  また、パフォーマンスの受け手は、繰り返しに身をゆだねる安心感と同時に、それとは相反する「変化」の要素を同時に求めます。これが巧みに行われれば、繰り返しは受け手の参加の度合いを深め、高揚感をもたらします。  筆者は、こうした繰り返しの効用を非常に巧みに駆使して、堅固な形式感を生み出すとともに、絶妙なさじ加減で繰り返しに変化を加え続けることで、パターンの繰り返しが陥る陳腐さ、マンネリズムを回避しています。そうした変化が恣意的で必然性が感じられなければ逆に受け手を白けさせるでしょうが、本作の筆者はむろん、そのようなヘマはしていません。  上記は外形を表面的になぞった分析にすぎませんが、これを踏まえた上で、本作においてまず称賛されるべきなのは、 1.のっけから読み手を惹き込むインパクトがあり、かつ4つのパートでの展開に堪えるだけの可塑性と強靭さを備えたすぐれた主題(上記①~③)を得た筆者の霊感、 2.それらの主題を四季の表題と絡めて柔軟自在に展開し、読み手を牽引していく筆力の確かさ、緩みのなさ、 3.結果として読み手に、芸術作品として「完璧」という印象を抱かせるほどの作品の完結性、完成度の高さ、 であると言えるでしょう。  ひとりの書き手としての視点からは、本作は全く文句の付けどころのない傑作です。まるで、ピアノの名手がショパンの難曲を楽々と弾きこなし、技巧の面でも表現や情緒の面でも非の打ちどころのない演奏をきかされたかのような読後感。  その上で、単なる詩の一読者として、読者には許されるであろう贅沢な注文をひとつだけ付けるとすれば、本作の堅固で緊密な構成には、読み手が己の想像や感慨を自由に遊ばせることのできる空間と時間が見出しにくい。俗な言葉を使えば「余韻」「余情」にひたる余地があまりないように感じられる、ということです。  むろん、各連の展開部で作者は自由自在でめくるめくような想像力を飛翔させており、読み手はそれを存分に味わうことができます。これは、決して本作が堅苦しくて息苦しいという意味で言っているのではありません。むしろ、作者のパフォーマンスの見事さに惚れ惚れしながらも、そこで自分が視るもの感じるものすべてが、名手の手の内でコントロールされているような感覚――とでも言えるでしょうか。これは全く一読者の勝手な感覚にすぎませんし、芸術作品が必ずそのような要求に答えるべきだとも思いません。あくまで、作者にとってひとつの参考となればという思いから、蛇足として付け加えさせていただきます。  以上、一向に要領を得ぬ長文にて失礼致しました。

2
白川 山雨人白川 山雨人(2020-05-12):作品へのコメント

抽象的に見ている一連、具体的になる二連、小さな反転の生じる三連、再び抽象視点へと戻る四連という風に読みました。表現の仕方で、似た雰囲気の世界が連続しているように感じられますが、巧みに視点をずらしていっていることが、飽きさせずに読ませるところなのかなと思いました。全体には不思議な世界がまだまだ広がっていて、楽しいです。個人的には、 >夏の昨日はすべての前日 が、すとんと落ちる好きな表現でした。

1
多宇加世 (2020-05-13):石村利勝さんへの返信

「その点で見れば、これはソナタ形式の四楽章というより、歌曲や歌謡の1番、2番…というのに該当するでしょう」そうですね。自分もこれには同感です。深いところまで踏み込んだ解説、誠にありがとうございます。ご意見も参考にさせていただきます。 もっと、このように言うことが許されるとしたら、この詩のリズム・メロディは、現代的なJーpop、あるいはインディーズポップという位置づけとして、作者としては捉えています。そのリズムに喃語を載せた、といいましょうか。 自分の詩は喃語なのです。この詩一つではその理由はつかみ取れないかもしれませんが。 今後も、発表していくつもりですので、よかったらウォッチしていてください。ありがとうございました。

1
多宇加世 (2020-05-13):白川 山雨人さんへの返信

「全体には不思議な世界がまだまだ広がっていて、楽しいです」嬉しいです。ありがとうございます。 感想お寄せいただいてありがとうございます。

1
石村利勝 (2020-05-13):多宇加世さんへの返信

>自分の詩は喃語なのです。 ああ、なるほど!となぜか腑に落ちました(笑)。御作を読んでいるときに覚える独特の感覚がうまく捕まえられずにいたのですが、お言葉を拝見して、何が本当に分かったわけでもないのに不思議にすっきりしました。ありがとうございます。

1
帆場 蔵人 (2020-05-13):作品へのコメント

これはなんて贅沢な四季だろう。多くの方が言われているように緻密に作られた音楽のようだ。以前、詩は楽譜なんです、と教えられたことが思い出される。この作品は朗読する快感がある。(もちろん、この作品の意味もいずれは馴染みみえてくるのだろうけども、いまはまだ味わいきれないフルコースに溺れている) 特に初めて読んだ時、 >朝の跡 飲み干していく 死ぬ人 >最期の食べ物 食べぬよう >生きる人 泣いて 生きる人 きりもみで >落っこちていくと 静物的で巨大でスロウリー >まるで港のような時間感覚で のっけから圧巻でした。この詩の流れのなかに自分も取り込まれていく。特に下の抜粋では、パッパパパッ、と本当に目の前で何か音が弾けるようでした。 >眼球 黄色い砂 月 しゅわしゅわ 星越し >遠くまで いったら いい >お前なんて知らない >泣かないで 僕が泣く >点々 ぱっ 点々点々 ぱっ >灯の蝋を首筋につけて ちゅっ 朗読しては録音してそれを聞き返して何か構造や詩の意味なんかを書き上げようとしたのですが、残念ながら言葉がありません。ちゃんと語れるのはどれぐらい先だろう?それが悔しくもありますが、今はとりあえずこの詩の素晴らしさに拍手を送るつもりでこのコメントをさせて頂きます。

2
多宇加世 (2020-05-14):帆場 蔵人さんへの返信

感想よせていただきありがとうございます。 自分の詩は音楽に憧れているのだと思います。あるいは初恋がずっと続いている。 そんな感じが自分ではします。

1
ryinx ryinx (2020-05-19):作品へのコメント

抒情:0 前衛:0 可読:0 エンタメ:0 技巧:0 音韻:0 構成:0  
0
ryinx ryinx (2020-05-19):作品へのコメント

申し訳ありません。 誤ってタップしてしまい 低評価(ポイント?)のようなログが残ってしまったのですが、 削除方法が分からないので 是非、時間をかけて読ませて下さい、すみません。

0
aasha (2020-05-24):作品へのコメント

頭が軽くなって心が愉しくなります

1
多宇加世 (2020-05-25):aashaさんへの返信

僕も、詩を書いているときは(軽くなりすぎて)頭のことなどは忘れてしまいます。 たのしく読んでくださって嬉しいです。

0
藤 一紀 (2020-05-25):作品へのコメント

うーん。なんというか、何度読んでもわからない。というか、わからなくてもいいんじゃないかとさえ思えてくる。そうですね、若くて粗さも多分に残してるのに、それが魅力なモデルがその人用に作られたトップデザイナーの服を纏ってショーにでているのを観ているようです。わざとらしさもなく、どんなパフォーマンスにも嫌みがない。のっけから目を奪われる。見とれているうちに終わってしまいます。こういう人気モデルは追随者をつくりそうですが、追いつけない位置に立っていてほしいかな。

1
多宇加世 (2020-05-25):藤 一紀さんへの返信

コメント、ありがとうございます。 「こういう人気モデルは追随者をつくりそうですが、追いつけない位置に立っていてほしい」これに関しては、詩人のだけじゃなく、他人のだけじゃなく、自分の言葉というもの自体を大事にする人ばかりの世の中になることを、僕からは願うばかりですとしか言えません。 もちろん、これからも頑張ります。 ありがとうございます。

1
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
投票不可

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2