遺構の見せる夢 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

着順は知らない

まるでショートフィルム

駆け抜ける風を感じて

ピム

伝記びりびり

言語と身体のきしみ

緘黙のぼくは祖父母の目の前で伝記を破ることにした。

r

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

犬のしっぽ

    遍界不曾藏  犬がしっぽを振る世界

湯煙

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

name

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

yasu.na

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

遺構の見せる夢    

白いタイルの壁に埋められた 鈍い光を放つ小さな扉がある 横に伸びる銀色の取っ手が誘う  レバーを動かさないこと  赤いランプが点灯した時は    扉を開かないこと  一辺が28cmを超えるものを    投入しないこと 薄ら寒い文字に目をやって 思い切りレバーを掴み 下げながら一気に押し開く  内側に広がる暗がりは  腐る思いを受けとめる  打ち捨てられた墓場だ 投入されるものなどなにも無く 縦穴はひっそりと静まり返って 覗き込む人をずっと待っていた 気がつけば歯磨きしていて いつも通り閉まったままの 小さな扉はすまして見えた

scroll


作成日時 2020-05-09
コメント日時 2020-06-05

遺構の見せる夢 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 12
P V 数 : 1496.4
お気に入り数: 1
投票数   : 5
ポイント数 : 6
#現代詩 #縦書き
項目全期間(2020/11/25現在)投稿後10日間
叙情性11
前衛性00
可読性21
エンタメ31
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント63
 平均値  中央値 
叙情性0.50.5
前衛性00
可読性11
 エンタメ1.51.5
技巧00
音韻00
構成00
総合33
閲覧指数:1496.4
2020/11/25 05時37分00秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

遺構の見せる夢 コメントセクション

コメント数(12)
小林素顔
作品へ
(2020-05-09)

拝読いたしました。 ダストシュートを思わせるような描写が続いたあと、ダストシュートの扉を作動させ、その様を描写していますが、「気がつけば歯磨きしていて」という、ある意味ダストシュートがありそうな場所からは遠い行動が描かれている辺り、このダストシュートは心象風景、もしくは「夢」なのかなと思いました。 段落を下げた第2連、第4連は「遺構」となったダストシュート側からのメッセージでしょうか。それに釣られなかった語り手は「気がつけば歯磨きしていて」と最終連であるので、ダストシュートの誘惑を振り切ったような悟りを感じられます。 「遺構の見せる夢」というタイトルそのものも魅力的ですが、作中の描写も構成もしっかりした、素敵な詩だと思いました。

1
ガムのくつべら
ガムのくつべら
作品へ
(2020-05-09)

作者と詩の言葉との距離感が丁度よく、主体が遺構としての装置の見る夢のようにしっかりと感じることができました。

1
afterglow
小林素顔さんへ
(2020-05-10)

身近にあるもので一番遠いものを描いてみたくて、この作品を書きました。 調べてみると、このダストシュートは35年ほど前に作られたもので、少なくとも直近2年間は使われているところを見たことがありません。とはいえ、目張りされている様子もないのでとても気になるのです。ちょっと怖いけれど。

0
沙一
作品へ
(2020-05-10)

日常にあるものをふと違う視点でとらえてみる感覚は好きですね。そこでのぞき見た暗闇は、現実とは異なる深淵につながっていたのかもしれない。 文体がおとなしいので、出すところは出して引くところは引くように緩急をもたせていたら、さらに説得力が増していたように思います。最後に歯磨きをもってこれた発想力なら、あとすこし踏み込んでいたら、たとえば白昼の明るさとその死角の暗さを際立たせるようなコントラストを、文体にも凝らすことができたのではないでしょうか。

1
ふじりゅう
作品へ
(2020-05-10)

惜しい作品と評価します。 まず、個人的に良いと思える部分から入りますと、そもそもの世界観がかなり魅力的です。 白いタイルの中、扉が一点映るのみ。意味深な忠告文をそっちのけで、開けると暗闇と謎の墓場。現実に舞い戻ったかのように歯磨き、という行動が差し込まれる。作中世界自体が詩として表現するしかない未知なる世界であり、これでもか!と未知なるものを未知なるままに表現している作品に思えます。 また、そういった非現実の世界と対比するかのように、主人公の行動や感情が「無言の現実」を知らしめてくれています。無言の現実といいますのも、具体的にこう感じた、などの描写は「薄ら寒い」の一点に集約されており、ゆえに他の行動に対しては読者が感情を想像するしかありません。無言で扉を開けるし、無言で閉めて歯磨きをする。このような行動のひとつひとつが、より一層作中世界の意味不明な感触を押し上げていると考えます。 * 個人的な読解に入りますと、まず、扉やその中身自体は読み解く類のものではなく、作中世界の現実そのものであると考えられます。であるならば、想像すべきは主人公の行動と感情です。まず、主人公は違和感をバッチバチに感じつつも、ついつい扉を解放してしまいます。これは単純明快に、好奇心であろうと想像できます。しかし、解放した瞬間「腐る思い」が漂う「墓場」を目の当たりにします。それは誰かの墓でもあるのだろうし、誰かが行き場のない感情を捨てたたまり場のようなものなのでしょう。 主人公は歯磨きをします。どういうことかを想像するのは容易で、「腐る思い」が「口から出たもの」だと考えるならば、私はそこへ再び向かわないよう、そしてそういった感情が口からはみ出してこないよう、衝動的に歯磨きという行為へ向かわせたのだと考えられます。しかし、最終的に主人公が扉へ視点が向かっている点、そもそも歯磨きをせざるを得なかった点より、主人公にも「腐る思い」が内在していて、最後までその扉に心が引っ掛かっているのだと推測できるのです。 * 本作の内容自体がかなり魅力的でありながら、文中の表現や視点描写がそれを殺してしまっているような印象を受けます。 ①扉が中心の話であり、扉に意識が持っていかれていながら、扉の色が描かれていない。色が描かれていないが「鈍い光」が描写されているので、鈍い光を放つ扉の実像が曖昧である点が非常に引っ掛かる。 ②「赤いランプ」という明らかに注目して然るべき注意書きがなされていながら、主人公は赤いランプに一切の注意を払わない。 ③扉の向こう側を覗けば「腐る思いを受けとめる」墓場であることが伝わってくるにも関わらず、「投入されるものなどなにも無く」と「何も投入されていない」ような描写を行っている点に違和感を感じる。「投入するものなど・・・・」ではないのか、と考える。 以上の違和感は小さいものではありますが、積み重なって作中世界への導入を妨げているように感じます。無論、扉の向こう側を描き、それを受けた主人公を描くのが本作の最重要事項であるとは考えますが、他の細かい点を詰めていくことで、それらをより一層克明に描けると考えます。

1
afterglow
ガムのくつべらさんへ
(2020-05-11)

お読みくださりありがとうございます。小さな扉を挟んで見る、束の間の夢を書き留めることができてよかったなと思っています。

0
afterglow
沙一さんへ
(2020-05-11)

お読みくださりありがとうございます。歯磨きをしている主人公がほんのひと時見る白日夢を淡々と書いてみたいと思いました。 鈍色の扉は白いタイルの壁(現実の世界)とダストシュートの内部の闇(虚構の世界)の境界で、実際には開かれていないのです。

0
afterglow
ふじりゅうさんへ
(2020-05-13)

詳細な点までお読みくださりありがとうございます。歯磨きについて言及される方が多かったのですが、その中でもふじりゅうさんの読解が一番興味深かったです。 さて、後半に列挙された点について少しお答えしたいと思います。 ①扉は鈍い光を放つ金属製です。取っ手と同じ色ですので、省きました。 ②赤いランプに主人公が一切の注意を払わなかったのは何故か、もう一度注意書きを読んでみてください。ランプは点灯していないからです。ですから扉を開けてしまうのです(実際には開けていないのですが)。 ③本作品で描いた扉の向こう、つまり縦穴とは「遺構」であるダストシュートです。高層ビルの各階にある扉からはかつてゴミが投入されていた時代があったのでしょう。そして現在その扉の前で歯磨きしている人々の中で、そんなことを空想しているのはこの主人公だけなのです。 違和感を感じつつも、作品世界に魅力を感じてくださったことを嬉しく思います。

1
帆場 蔵人@⚰
作品へ
(2020-05-14)

これはほどよい距離感で書かれていますね。出てくるダストシュートらしきものが最後には夢のなかでの出来事であったかのような流れで描かれていますが、読後に感じるのはその遺構の忘れられた装置に自分も組み込まれたかのような不思議な空気が作品全体を包み込むようです。書き手の感傷ではなく確かにそこにある物と主体を繋いで世界を創り出しているところが好ましい作品です

1
afterglow
帆場 蔵人@⚰さんへ
(2020-05-15)

お読みくださりありがとうございます。 前回投稿作に寄せられたコメントで距離感についてのご指摘がありまして、わからないなりに試してみました。 ダストシュートの概要についてある程度調べてから書き始めましたが、実際に内部を覗いたわけではないので、読者にどの程度イメージを伝えるべきなのか悩みました。世界観を共有できたのならば、嬉しいですね。

0
藤 一紀
作品へ
(2020-06-04)

あれれ、コメント入れてなかったんだ、この作品。と、ちょっと驚いたうっかり八兵衛。 よいですね。「薄ら寒い」という語り手の心が動きだすところ、それまで淡々としていた言葉が、ここから動きはじめる、それを感じます。その先に《ひっそりと静まり返って》いるもの。そこは現在はなにもないのだけど、現在はなにもないものが〈ある〉ということを語っている。虚ろであることを書くことがそこに充満するものを(幻想として)露わにする時、そこには遺構が現前するように思う。良いです。

1
afterglow
藤 一紀さんへ
(2020-06-05)

3週間ほど流れたまま忘れられてしまっていたようでしたが、貴方様に見つけて頂けてとても嬉しい思いでいっぱいです。 扉が押し留めているもの、またその内側に満ち満ちているものに、お気づきになったのですね……これで7人目でしょうか (遺構より)

1

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2