明るい朝の歌 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

着順は知らない

まるでショートフィルム

駆け抜ける風を感じて

ピム

伝記びりびり

言語と身体のきしみ

緘黙のぼくは祖父母の目の前で伝記を破ることにした。

r

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

犬のしっぽ

    遍界不曾藏  犬がしっぽを振る世界

湯煙

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

name

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

yasu.na

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

明るい朝の歌    

よく生きているひとは ぼくは好きだ 朝焼けを背に鍬で畑を掘り返す老婆 肌着姿で自転車を走らせる老爺 昨日と今日の夢のあいだで背を伸ばしている子ども 駅のホームで サラリーマンは曇っている 煙草のけむりは捩れた鉛の不平 制服の娘はイヤホンをつけて騒々しい世間に耳を塞いでいる それでも 電車がくれば乗り込んでしまうのだ よく生きているひとは ぼくは好きだ 夏に街は 熱を浮かべて門を閉ざしていく たくさんを知り尽くして万能を指向しながら 世界はいずれひとのものではなくなるだろう かといって飛び立った世紀だ 自然に帰れるわけがない そんな日に よく生きているひとは ぼくは好きだ 生きていれば間違いなんか腐るほどある だが怯んだところで 悔いたところで 何変わることがあるものか 堂々としくじりたまえ それが正しい道だ よく生きているひとは ぼくは好きだ 不幸にして禍々しい波に呑み込まれ 浮かんでこれずじまいだった人々も よく生きたひとは ぼくは好きだ

scroll


作成日時 2020-10-28
コメント日時 2020-11-25
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

明るい朝の歌 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 33
P V 数 : 5986.0
お気に入り数: 6
投票数   : 4
ポイント数 : 27
#現代詩 #縦書き
項目全期間(2020/11/26現在)投稿後10日間
叙情性97
前衛性22
可読性42
エンタメ11
技巧32
音韻33
構成54
総合ポイント2721
 平均値  中央値 
叙情性1.81
前衛性0.40
可読性0.81
 エンタメ0.20
技巧0.60
音韻0.60
構成11
総合5.44
閲覧指数:5986.0
2020/11/26 12時28分32秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

明るい朝の歌 コメントセクション

コメント数(33)
r
作品へ
(2020-10-28)

「よく生きている」のニュアンスが、冒頭から末尾にかけて、しだいに普遍的になっていき、生きている「みんな」への歌となっているところが良いと思いました。 ただ、タイトルがなぜ「明るい朝」なのか読み込めませんでした。

1
クヮン・アイ・ユウ
作品へ
(2020-10-28)

拝読しました。素晴らしい作品だと思いました。 どうか嫌な感じに伝わらなければ幸いなのですが、一連目を読み始め感じたことは、読み易くて、健康的で、もしかしたら自分にもいつか書けるかも知れない詩だなということでした。ですが違いました。 >昨日と今日の夢のあいだで背を伸ばしている子ども この箇所を見て、あ、これは自分には書けない詩だと感覚的にわかりました。そこから読み進める内にどんどんと加速度的にこの詩のすごさや素晴らしさがしみてゆきました。 作者の方のこころの眼が向かう先に驚かされましたし、それを正確に表現する技術の高さにもまた大変驚かされました。 藤さんの今作からは、詩作の基礎のようなものをひたすら誠実に磨き続けた達人の一太刀や正拳突きのような美しさが感じられました。 心が柔らかくなった上に勉強にもなりました。ありがとうございました。

2
ryinx
ryinx
作品へ
(2020-10-28)

とても素敵な詩だと思いました。 多くの日常を生きる人々が描かれ、 季節の単語、夏。という言葉が使われていますが、僕の中では夏、特に夏の終わりにはとても切ない感覚があります。 この詩で特に印象に残ったのは  よく生きている人は の「は」の部分です。 印象に残ったというより、この言葉の使い方が特に好きです。 声に出してみると、とても言葉の音が綺麗で、 けれど一般に明るさでイメージされるような情景が並んでいるわけではなく よく生きているひと が と特定の生き方や人物に限定することなく  それでもよく生きている人は  僕は好きだ という言葉からは、いっそう言葉の世界に広がりを感じるのです。 特定の価値や状況や生き方や具体的な限定は個人的には感じず、それでも  よく生きているひとは  僕は好きだ  よく生きたひとは  僕は好きだ なにかより大きな広がりを持ったイメージを感じるのです。  そんな日に と一箇所いつかの日を想起させる箇所があり、 その後に続く  よく生きているひとは  僕は好きだ の流れが作中でも一番好きです。  

1
つつみ
つつみ
作品へ
(2020-10-29)

>よく生きているひとは >ぼくは好きだ 「よく生きている」とはどういうことなのだろうと想いを巡らせました。 第2連の厭世的な雰囲気漂う朝の駅に、規則的に停まる電車。ぼんやりと何便もやり過ごしてしまうことなく、この電車に乗り込んでしまうことが「よく生きる」ということなのかも知れません。 第3連は正直どう読めばいいのか考えこみました。 >熱を浮かべて門を閉ざしていく は、コロナ渦で閉店していく商店街が目に浮かびました。 >たくさんを知り尽くして万能を指向しながら >世界はいずれひとのものではなくなるだろう これは、AIが大量のデータベースから知識を習得し、人間がやってきた仕事ができるようになったこと、さらにコミュニケーション能力も発達し、人間を超えるかという議論などが頭に浮かびました。そんな世の中でも、人間が得意とする分野で活躍しようとしている人は「よく生きる」ことなのかなと思いました。 第4連は作者の強い想いが満ちあふれており、読みやすかったです。 >それが正しい道だ 自分の歩いてきた道は正しいのだ、と自分のことを信じながら生きていこうと思わせてくれる詩でした。

抒情:5 前衛:1 可読:1 エンタメ:0 技巧:0 音韻:2 構成:3  
1
藤 一紀
rさんへ
(2020-10-29)

こんにちは。読んで下さってありがとうございます。これを書いたきっかけは朝に見た光景にたまたま目がとまったことでした。それで割りとパパッと書いた。10年前になります。少し手を入れましたが当時は別のタイトルでした。今回投稿するにあたって、「好きだ」と肯定的に言う時はやはり明るいものだろうということでタイトルを変えています。コメント、ありがとうございます。

0
藤 一紀
クヮン・アイ・ユウさんへ
(2020-10-30)

こんにちは。読んで下さってありがとうございます。また過分な言葉をいただき幸甚です。先に書いたようにこれは10年前に他の場所に書いたものでした。当時はどちらかというと、「自分にも書けそうだ」と読み手が思うような書き方をしておらず、もう読みにくいものを書いていました(ありふれた、と思うような書き方を忌避するのはある程度共通したあり方なのかもしれませんね)。ところが近所のおじさんが畑で野菜だかの出来を眺めているのを見て、その光景を「なんかいいなあ」と思った。初めて見た光景でもないのにその時どうしてそう思ったのかはわからないけど。そのうちに「よく生きているひと」という言葉が出てきたというわけです。あとは割りとパパッと出来たように思います。告白体で平明で読みやすい、なんというか当時としては小っ恥ずかく避けていたスタイルですが、「書いたものはしようがないな、えい」という感じでアップしたように思います。今回投稿するにあたって粗さや甘さを残しつつ、若干手を入れました。また10年を経過した現在の考え方に変化がない(嘘がない)と読み直してみて思ったので、投稿に踏み切った次第です。泣いている子どもでも酔っ払っているおじさんでも、よく生きてるなあ、と思う時嬉しくなり、気持ちがほぐされるのを感じることがあります。 コメント、ありがとうございます。

1
藤 一紀
ryinx さんへ
(2020-10-30)

こんにちは。読んで下さってありがとうございます。「よく生きているひとは」の「は」、ホントなんで出てきたんでしょうね。自分でもよくわかりません。でも、いま思うに「よく生きているひとが」とした場合、やはり御指摘にあるように、「よく生きているひと」はどんなひとかという特定が必要になるからではないかと思います。けれども、どんなひとが「よく生きているひと」なのかわからないわけで、言えばみんな「よく生きている」かもしれない。そういうところから「は」にしたのだろうと思います。そこはぼくもよく出てきたものだと思うので、目をつけて下さって嬉しく思います。夏の終わりは鼻がむずがゆくなりますね(^^) コメント、ありがとうございます。

1
藤 一紀
つつみさんへ
(2020-10-30)

こんにちは。読んで下さってありがとうございます。これを書いた10年前はコロナウィルスはもちろん東日本大震災も発生していませんでしたが、金融危機が起こり、多くの工場が稼働しなくなったり派遣切りが横行したくらいの時期だったように思います。小林多喜二の「蟹工船」が読まれたり、共産党に入党する若者が増えたといわれたのもこの時期ではなかったかと記憶します。そういう意味ではなかなかにしんどい時代ではあったと。そのような状況を傍目に社会は前に進み、それでも踏ん張って毎日を生きている人たちがいると思った。もしかしたらこれを書くきっかけになった近所のおじさんの、長年いろいろあった中で生きてきてそこにある姿と、大変な状況のなかでへこたれながらも生きている様子とが重なって「よく生きているひと」という言葉が出てきたのかもしれません。いま、つつみさんのコメントから振り返って考えてそのように思い至りました。細部まで入って読んで下さって、書いたものととして有難い限りです。ありがとうございます。

0
もなか
作品へ
(2020-11-01)

「よく生きているひと」「ぼくは好きだ」と繰り返し書かれている事が逆に、現状の自分に対する悔悟という風に読めました。繰り返される事によって浮き彫りになる対比構造というか。 「よく生きて」おらず、「好き」になれない自分をこれからどうしていくのか。 「正しい道」だと断言されている言葉にも、言い訳めいた自己擁護が混じっているようにも感じられ、総じて「明るい朝」というのは、「明るくあろうとして、朝を迎えた」挫折と屈辱に満ちた話者の途方に暮れている様子に光を当てたものと読む事もできます。 時節柄なのでしょうか、とても興味深く拝読いたしました。

2
藤 一紀
もなかさんへ
(2020-11-02)

こんにちは。読んで下さってありがとうございます。ぼく個人としては悩みを漏らすひとが周りにいて、苦境に立たされながらもなんとか凌いで頑張っているのを見ていたので、書きながらやっぱりどこかでそういう人たちを思い浮かべていたように思います。しかし、自分で読み返している時になんだか自分に言い聞かせているような気もしてきて、無意識に「そういう人々」のなかに自分も入っていたのではないかしらんと思いました。まあ、自分もなんとかかんとかという感じでしたので。ただ、書いている時はそこまで明確な意図はなかったですね。言われてみればそのようにも読めるなあと頷かされました。参考になります(^^) コメント、ありがとうございます。

1
杜 琴乃
作品へ
(2020-11-08)

応援歌のようであり、鎮魂歌のようでもあります。 他の方もあげてますが、 >昨日と今日の夢のあいだで背を伸ばしている子ども この一行は本当に美しいですね。心臓を撃ち抜かれました。 「ぼく」という人物が、いまどういう状況で、どんな人生を送ってきたか、いま悲しいのか悔しいのか嬉しいのか、そういうことは一切書かれていなくて、ただ目に映る景色を肯定するやさしい眼差しだけが描かれています。この「ぼく」になら、いまぜんぜんうまく生きていない私(読者)のことも肯定してくれるんじゃないか、という気持ちにさせてくれます。包容力を感じました。 まだ低いところの朝日が放射状に満遍なくまぶしく街を照らしていくその明るい朝に、目を細めつつ人々の生活を見つめる眼差しもまた、朝の日差しのようだと思いました。

1
AB
作品へ
(2020-11-09)

ポイントはすぐに入れてましたが、なかなかコメントは難しい作品だなと。青臭いのかもしれないこともわざと青臭く表現されているようで、そういうことも含めて、僕は好きだ。

2
藤 一紀
杜 琴乃さんへ
(2020-11-09)

こんにちは。読んで下さってありがとうございます。「なんかいいなあ」と感じた事実を皮切りにして、「よく生きているひとは ぼくは好きだ」という言葉がでてきて繫がった。あとはそれを響かせるためにどうするかで言葉を選んでいったと思います。引用していただいた箇所は恐らく、老婆、老爺とつづいてきて、老婆が朝で老爺は昼という流れから夜の子どもが浮かんだのだろうと推測します。で、書いた当人は、響かせるための言葉選びや流れの側になんとなく耳を傾けて素直に書いていたから、引用していただいた箇所がいいのかどうか、まったくもってわからないのです。コメントを拝読して「ああ、そうなのか」と感じているくらいです。 >「ぼく」という人物が、いまどういう状況で、どんな人生を送ってきたか、いま悲しいのか悔しいのか嬉しいのか、そういうことは一切書かれていなくて、ただ目に映る景色を肯定するやさしい眼差しだけが描かれています。 この点については「ぼく」が世界に向けて(また恐らく自分に向けても)「よく生きているひとは好きだ」(そういうひとは好きなんだなあ)と得心しながら発話することがメインになっているので、「ぼく」の個人的事情などは混ざっていないのだと思います。そこに《肯定するやさしい眼差し》を見て取ってくださって、これも非常に嬉しく思います。 もういったいぜんたい、なんとお返ししてよいやらで色々書きましたが、コメントに感謝します。ありがとうございます。

1
藤 一紀
ABさんへ
(2020-11-09)

こんにちは。読んで下さってありがとうございます。 青臭いですよね笑 いや、スコーンと突き抜けたように青臭いものを書いてしまったのです。たぶん、それまでのどこか「ぶったような書き方」や「どこかしらにつきまとう上から目線的な書き方」に飽き飽きしていたんじゃないかと思います。肩の力抜いて素直でストレートなものをやりたかった時にたまたま出てきたのかな。読み直してみて、今なお小っ恥ずかしいのですが。笑 ときにABさんの『ネジ 締めたろか』は10月の月別表示に隠れたんですね。もうしばらく前から、たしかもっと以前に投稿されていたはずだと思い、比べてみようと遡っていたのですが見つけきれませんでした。「あっれれー、おかしいぞー」というコナン君的なつぶやきを繰り返していたのですが、結局見つからなかったので後日コメントさせていただきたく思います(^ ^)

1
AB
藤 一紀さんへ
(2020-11-09)

あれれ? ほんとだ よくわからない仕組みがあるようですね。 失礼しました。

1
穴秋一
作品へ
(2020-11-10)

よく生きているひとが ぼくは好きだ ではなく よく生きているひとは ぼくは好きだ になっているところが好きです。

2
かずや
かずや
作品へ
(2020-11-11)

何でしょうね。 湿気た夏の朝。 まだ、暑くなりきらないけれど蒸し暑い一日になるそんな予感を十分に感じました。 濁っているかも知れないがこの世界は限りなく美しい。 そんな心象です。

1
戸ヶ崎朝子
戸ヶ崎朝子
作品へ
(2020-11-12)

藤さん、今日は。コメント有り難うございます。「明るい朝の歌」のように頑張って生きたいものです。浮かんでこれずに終わってしまう人生こそすごいと思います。野の花のような生き方を見習いたいものです。とても共感出来る作品ですね。一日の始まりにこんな詩に出会えたら、その日はきっと素敵な日になるでしょう。

0
藤 一紀
穴秋一さんへ
(2020-11-13)

こんにちは。読んで下さってありがとうございます。挙げていただいた箇所、リンクスさんへの返信にもなんとなく思い浮かぶ理由を書きましたが、実際のところ、自分でもよくわかりません。でも「よく生きているひとは」でないといけなかったのだと思います。その後に「ぼくは」ときて、「は」が続くので一般的な日本語表現としてはおかしなところもあるような気がしますが、そこは「他の誰がなんと言おうと」という意をもたせるために、多少妙ちくりんでもそれを選んだように思います。コメント、ありがとうございます。

0
藤 一紀
かずやさんへ
(2020-11-13)

こんにちは。読んで下さってありがとうございます。ぼくが暮らしている土地は盆地なので湿度も高く夏場はかなり蒸し暑くなります。そういった気候のなかでの生活が言葉を選ぶ際に知らず現れたのかもしれないですね。濁りや汚れと感じるものがあるからこそ対比として美しいと感じることもあると思います。この世は限りなく美しいかどうかはわかりませんが、限りなく美しいと「感じられる時」はごくまれにあります(^^) コメント、ありがとうございます。

1
藤 一紀
戸ヶ崎朝子さんへ
(2020-11-13)

こんにちは。読んで下さってありがとうございます。書いた本人としては特に共感を狙って書いたものではないのですが、そう言っていただけるのは嬉しく思います。共感されることって滅多にないと思っているので。 > 一日の始まりにこんな詩に出会えたら、その日はきっと素敵な日になるでしょう。 作者冥利に尽きる言葉と言う他ありません。そのような詩に運良くめぐり会ったことはありますが、言われるだろうとは思ったこともないので。苦笑 とても励みになります。コメント、ありがとうございます。

0
田中宏輔
田中宏輔
作品へ
(2020-11-14)

よく生きているひと こころに響く言葉でした。

2
帆場 蔵人@⚰
作品へ
(2020-11-14)

あまりにストレートにみえる、よく生きているひと、という詩句ですが考えれば考えるほどに拡がりがあり心が身体が引き伸ばされては戻りストレッチされてほぐれました。ただいま、感想が言葉にならない状態でして、とりあえず、浮かんだものを書き連ねました。

1
沙一
作品へ
(2020-11-14)

明るい朝のうらには、暗い夜があったのでしょう。よく生きているひとのうらには、うまく生きられないじぶんがいるのでしょう。 外をみつめることが、内をみつめることにつながっている詩だと思いました。

1
滝本政博
作品へ
(2020-11-15)

優しい気持ちのこもった作品だと思います。 直球勝負。ズバンと心のミットに届く感じでした。

0
藤 一紀
田中宏輔さんへ
(2020-11-15)

こんにちは。読んで下さってありがとうございます。「心に響く言葉」と言ってくださって嬉しいです。ありがとうございます。

0
藤 一紀
帆場 蔵人@⚰さんへ
(2020-11-15)

こんにちは。読んで下さってありがとうございます。考えてみたらおかしな感じですよね、「よく生きている」って。なんなんだろ。ぼくはとりあえずうまいこと解説ができません笑。コメント、ありがとうございます。

0
藤 一紀
沙一さんへ
(2020-11-15)

こんにちは。読んで下さってありがとうございます。ああ、そうか。「よく生きているなあ」というのはすぐ出てくる感慨ではないですね。なかなかうまいこと生きられなくてヒイヒイやってる期間があって、それを抜けたところでようやくポロンと出てくるものかもしれない。 >外をみつめることが、内をみつめること なるほどです。勉強になります。 コメント、ありがとうございます。

0
藤 一紀
滝本政博さんへ
(2020-11-15)

こんにちは。読んで下さってありがとうございます。書いた言葉が、優しい気持ちを持ったものみたいにつながっちゃったのかな。直球勝負ってコワイものありますね。 コメント、ありがとうございます。

0
アオ
作品へ
(2020-11-22)

日常を訥々と描いた作品と見受けました。生活に対する愛が詰まっていて、読んでいて心地よいです

1
二ノ宮橙子
二ノ宮橙子
作品へ
(2020-11-22)

藤さんの他者への暖かい眼差しを感じられました。

1
藤 一紀
アオさんへ
(2020-11-25)

こんにちは。読んでくださってありがとうございます。結局薬局、日常の外には出られないので、日常ってやつをもっときちんと愛せたらいいのになあ。なかなかうまくはできないもんです笑 頑張ります。コメント、ありがとうございます。

0
藤 一紀
二ノ宮橙子さんへ
(2020-11-25)

こんにちは。読んでくださってありがとうございます。「他者への暖かい眼差し」というのを持てる時がごくごく稀にあります。もしかしたらこの時はそんな状態だったのかなと思ってみました。その程度にはほぼ気紛れでいい加減なやつでございます(^^) コメント、ありがとうございます。

0
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2