きのうにさらさら - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

のいえられこーず

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

のいえられこーず

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

のいえられこーず

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

のいえられこーず

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

のいえられこーず

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

のいえられこーず

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

きのうにさらさら    

きょうあめがふらなければいいのにね  きのうときょうのちがいがわかればいいのに ね たいふうにめなんてないのに  ただ くうきがつよくうなりをあげているのかもしれないね わたしは常に間ちがえて。 きのうあめがふらなければいいのにね  きのう雨が降らなければいいのにね  ふればいいのに。 しかばねになるよりはましだというロックンローラーよりは ましではいたいのかもしれないね  ふれば   いいのに。 きのうあめが   雨が。   昨日雨がふっていたのかもしれないね        きのう  

scroll


作成日時 2020-11-12
コメント日時 2020-11-19

きのうにさらさら ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 20
P V 数 : 1423.6
お気に入り数: 1
投票数   : 0
ポイント数 : 5
#画像 #ビーレビ杯不参加 #縦書き
項目全期間(2021/02/28現在)投稿後10日間
叙情性22
前衛性00
可読性00
エンタメ11
技巧11
音韻11
構成00
総合ポイント55
 平均値  中央値 
叙情性22
前衛性00
可読性00
 エンタメ11
技巧11
音韻11
構成00
総合55
閲覧指数:1423.6
2021/02/28 18時05分46秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

きのうにさらさら コメントセクション

コメント数(20)
宵月
作品へ
(2020-11-13)

きのう と きょう の違いがわからなくなって、でもあめがふればいいのに、ふらなければいいのに、そして最後に、雨が降っていたのかもしれない という、昨日と今日の違いに気づき始める終わり方、細く心寂しくなるような雨が降っているのを、窓から眺めているような気持ちになる、胸がキュッとなる気がしました。

1
ryinx
ryinx
宵月さんへ
(2020-11-13)

なんとなく書いた文章なのですが 基本的に雨は苦手で、 (気圧の変化に気づくから) いえ、やっぱり昨日と今日の違いは分かりにくいかもです。。 一番分かりにくいのは多分、明日の事なのだと思うのですが、、 コメントありがとうございます?

0
ryinx
ryinx
宵月さんへ
(2020-11-14)

失礼しました。僕のスマホから投稿やコメントの返信をすると、高い頻度で文字化けや、書いた文字とのズレが生じてしまって。 先のコメントの最後の? は出来たらあまり気にしないでください。 作品を読ませていただきました。 とっても繊細な感覚をお持ちなのですね。

1
宵月
作品へ
(2020-11-14)

ありがとうございます。 そんなふうに言ってもらえて嬉しいです。

1
のいえられこーず
作品へ
(2020-11-14)

こんばんは。比喩とか詩句ってなんだろうねと時々考えるんです。明け方が近い今頃の時間に、音楽のメロディ作ったりするのが楽しい今日この頃のこんな暁前に、また僕はそんなことを考えながらこちらの作品を再び開けて読みました。リンクスさんの新作かあって、昨日ちらっとみて、わるくないねとおもいながらもコメントはいいやあってなっていたんですが、書き込みすることにしました。この作品にはリンクスさんの息遣いがある、って思った。 比喩って、その人の営みからしか出ないんだと、どこかで気がついた時があって、例えば、ということ。他人に伝えたいことがあって、なんだか言語化が頭の中で絡まってしまってもどかしくなる時、このコメントなんかもそう。博識で詩の勉学をしてる方々はしっかりかけていいね、ぼくはそんな風には書けない。でも羨ましくもない。なぜなら知識で組み立てられたコメントには、比喩がない。いや、あったとしても、その人の営みから出ている例えばの話ではないんですよね。リンクスさんのこの作品には営みから出てくる比喩があって、それを息遣いと僕は呼んでる。話はまったく逸れちゃうけれども、九月の大賞を受賞してる彼方からの手紙という作品、あれいいね。あの作品、なんでいいかというと作者の営みからしか出し得ない息遣いがあるからだよね。例えばねって他人に伝えるときのオリジナルなこと。リンクスさんの営みにあるロックンロールも、それと同じようにこの作品にあって、オリジナルな比喩だと感じました。リンクスさん、これからもオリジナルさ大事にどうぞご健筆ください。 正直にいうと、昔々に死んだ母親の妹さん、その叔母さんは熱心なクリスチャンなんだけども、その叔母さんからのめっちゃ長い聖書の譬え話が書かれた手紙が二週間前に届いていて、放置してたんですが、これから返事書くかなあって感じで、その前にこちらにコメント書いちゃいました。長々と。詩文みたいなコメントを(笑) 作品の画像も、もちろんわるくなかったです。

1
湯煙
作品へ
(2020-11-14)

明日への希求でもあるのかもしれません。境を失うとりとめない感覚のような。ロックンローラーという多分に言葉と感情と身体のメジャーな存在への自虐か皮肉でしょうか、の挿入やさらさらとさよならという、言葉から喚起されるイメージなどが裏側から作品の詩情を支えている要素の一つであるようにも感じました。

1
湯煙
作品へ
(2020-11-14)

追記になります。 視覚の面でも流れ落ちる不規則な雨が音とともにつながりあう様が見えるようで趣を感じさせました。

1
帆場 蔵人@⚰
作品へ
(2020-11-14)

昨日と今日の境い目がわからなくなって、そのとき多分だけど二度と逢えない人や行けない場所にまた行けたような、行って帰ってきたような気分になりました。よくわからないコメントで申し訳ないんだけどこの詩に流れているものに僕はとても安らかな気分になった。

1
沙一
作品へ
(2020-11-14)

きのうときょうの差異に想いを馳せるとき、雨が降っていたか降っていなかったかという天候のちがいでしか判断できないほどに曖昧になってしまった、生きていることの不確かさ。それはあたかもメランコリーに陥っていることにさえ気づいていない不感症のよう。 幽閉された高窓から眺めているかのように小さな空の画像も相まって、無機質な生活に囚われている心を想いました。

1
ryinx
ryinx
のいえられこーずさんへ
(2020-11-15)

僕は思うのです。  のいえられこーずさんのコメント自体が(適切な言葉が見つからないので仮に)表現なのではないかと。 なんだかとても悲しい?ような  ちょっとよくわからないのですが、複雑な気持ちが伝わってくるのです。 思い出しました。 僕、書籍よりも図書館や本屋さんが好きだったのかもしれないと そこにはなにか深い、 ありえないような深淵のようなものが広がっていたような気がしたんです。かつては それを知る事ができたら、もっとなにかがわかるんじゃないかっていう 詩は、厳密にはよく分かりません。だから面白いんです。そこに憧れが微かにでもあれば、やっぱり憧れていたいんです。 よくよく考えてみれば、世の中わけのわからない事だらけですが、 はたして僕はなにかを誰かに伝えようと思った事があっただろうか なにかのひっかかりがあって、延々とそのイメージ(郷愁という言葉に近いと思います)を辿っているのではないかと、少し。 それはあまりに個人的、私的にすぎるので、表現かと問われたら、わからないですし、オリジナルである事や、作文をして何かをなそうという意図もあまりなくて、  憧れや懐かしさ(未来へ向ける志向と過去への)と 考えが少し散漫になってきてしまいましたが、僕は、のいえられこーずさんのコメントのが、とても文章として洗練されていて、それがひとつの表現として成立しているのではないのではないかと思います。 あと画像はちょっと微妙です(汗)

1
ryinx
ryinx
沙一さんへ
(2020-11-15)

コメントありがとうございます。 沙一さんのコメントはいつも的確で、その時に気づく事が出来なくても、後になって、はっとさせられる事がたびたびあります。 僕はどちらかというとずっと過去の事を、昨日のように、思い出したりしてしまうのですが、だから幼い頃の自分の目線と今現在が直接的に繋がっているような感覚もあります。 けれど、あらためてコメントを読んでみたら、あれ? そのとおりなのではないかという気持ちになってきました。 言葉を通過して、言葉の向こう側や、見えないものを可視化(言語化)するような繊細な感性の方なのかなと思いました。 なんだかコメントにコメントしてるみたいで、すみません 汗。。

0
ryinx
ryinx
帆場 蔵人@⚰さんへ
(2020-11-15)

昨日と今日に、はたして境目があるのかないのか、僕には不思議なのですが、帆場さんのコメントを読んで、なにかフレーズというかイメージが浮かびました。 もう逢っているし、既に行っているし、これからも行くでしょう 時間ってとても不思議です。

0
ryinx
ryinx
湯煙さんへ
(2020-11-15)

文章を書いている時は、だいたいの場合、なにも考えていないのですが、確かに後になって読み直してみると、さらさら に さよならが、妙に散らついてしまいます ^ ^

0
ryinx
ryinx
湯煙さんへ
(2020-11-15)

湯煙さんの詩、少し拝見させて頂きました。 特に感覚的な部分で 興味深く思う部分があったので、 もう少し時間をかけて拝見させて頂きたく思います。  追記に対する返信です。

0
滝本政博
作品へ
(2020-11-15)

きのうの中に迷い込んだ気になります。 室生犀星の詩を思い出しました。「昨日いらつしつて下さい」という詩です。ご存知でしたらすみません。 きのふ いらつしつてください。 きのふの今ごろいらつしつてください。 そして昨日の顔にお逢ひください、 わたしは何時も昨日のなかにゐますから。 きのふのいまごろなら、 あなたは何でもお出来になつた筈です。 けれども行停りになつたけふも あすもあさっても あなたにはもう何も用意してはございません。 どうぞ きのふに逆戻りしてください。 きのふいらつしつてください。 昨日へのみちはご存じの筈です、 昨日の中でどうどう廻りなさいませ。 その突き当りに立つてゐらつしやい。 突き当りが開くまで立つてゐてください。 威張れるものなら威張つて立つてください。

1
ryinx
ryinx
滝本政博さんへ
(2020-11-16)

はじめて知った作品です。文芸(特に詩作品)には疎いので、 もう少し時間をかけて読ませてくださいね。  コメントありがとうございます。  

0
藤 一紀
作品へ
(2020-11-17)

こんにちは。 《きょうあめがふらなければいいのにね》と《きのうあめがふらなければいいのにね》では後者の方が、日ごろ当たり前に使う言葉としては気持ち悪くてムズムズします。そこが《きのうときょうのちがい》ですよね。ちょっと違っただけで体感として全然違うというか前後ろ逆に袖を通したような違和感がある。 というのは屁理屈で、この《きのうあめがふらなければいいのにね》という言葉の意味の通らなさに、意味の通った言葉では伝えようのないものを抱えている「わたし」を感じました。

2
田中宏輔
田中宏輔
作品へ
(2020-11-18)

ふつうに使われる言葉で詩行ができている。 第一行目から、つかみは、抜群。

2
ryinx
ryinx
藤 一紀さんへ
(2020-11-19)

今、11月19日で、 藤さんのコメントが17日、 という事は、 おとといの藤さんに こんにちは、 藤さんのコメント日時からはあさっての僕が返信をしています。  時間ってとっても大切で  意味が不明瞭で、実用的で  そしてやっかいで、  不思議な、ことだと思います。  

1
ryinx
ryinx
田中宏輔さんへ
(2020-11-19)

コメントありがとうございます。 どちらかというと、 言葉はあまりなにも考えずに書いていたいのですが、何故かというと  そのほうがいいと思うからです。 もともと読書は好きなのですが、 それをアウトプットした経験があまりなくて、そういった開かれた領域のようなものを その場所に疎い僕からは感じます。 だから、あまり言葉や言葉の定義に...  つまり感覚の中では自由でいたいのです。  そして、出来る事なら  人の感覚も、自由であって欲しいのです。  僕自身に経験はないのですが、人が自分を保っていられる間は、有限で、それ以降の事は、不明らしいのです。  

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 3